ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:夜伽話


ショートコント:夜伽話
(2006/08/21作)


母「さぁ、もう寝なさい」
子「はーい。ママ、何かお話して?」
母「いいわよ。うーん、何の話をしようかしら…」
子「わくわく」
母「むかーしむかし、ある所に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。夫婦じゃないけど」
子「え、夫婦じゃないの?」
母「籍は入れてないの。同棲中なのね」
子「いい年こいて青春してるんだね」
母「二人は毎晩のようにハッスルしましたが、子供は授かりませんでした」
子「…いい年こいて元気なんだね」
母「ある日、二人はいつものように出かけました。おじいさんは山へしばきに
子「しばきに!?」
母「あ、芝刈りに」
子「びっくりした…誰をしばくんだと思った」
母「おばあさんはカバの洗濯に
子「何洗ってんのおばあさん!」
母「おばあさんが洗濯をしていると、川上から大きな大きな…」
子「桃が流れてきたんだよね」
母「津波がどんぶらこ」
「おばあさん逃げてー!」
母「おばあさんは手に持っていた洗濯板の上に乗り、華麗に波乗り」
子「おばあさんすげぇ」
母「華麗に転覆」
「おばあさーーん!!!」
母「気が付くとそこは龍宮城でした」
子「すごいとこまで流されたんだね」
母「龍宮城の乙姫様に歓迎を受け、おばあさんは酒池肉林の毎日」
子「何やってんの、おばあさん」
母「その頃おじいさんは山で山狩りにあっていました」
子「えー! 何で追われてるのー!?」
母「さて軽く一週間ほど龍宮城で楽しく過ごしたおばあさん」
子「居座りすぎだよ。図々しいよ」
母「乙姫様からたくさんぶぶ漬けをご馳走になりました」
子「それさっさと帰れって言われてるんだよ。気づこうよ」
母「さすがに家に帰ることにしました」
子「良かった。やっとおばあさんわかってくれた」
母「観たいドラマがあったから」
子「わかってない! ものすごく自分本位!」
母「乙姫様はお土産に玉手箱をくれました」
子「少しだけ乙姫様の悪意を感じるね」
母「要らなかったので、ふただけ開けて龍宮城に放置して帰りました」
子「龍宮城が大変だー!」
母「その頃おじいさんは丸刈りにされていました」
子「なんで!?」
母「地上に戻ったおばあさん。罠にかかった鶴を見つけました」
子「ああ、助けたら恩返しに来てくれるんだね」
母「美味しかったです」
子「食べちゃったー!」
母「家に向かって歩いていると、途中で鬼に出会いました」
子「普通に道端に鬼がいるんだ」
母「ヘイ彼女、一緒にお茶点てない?」
子「ナンパするなよ。しかもちょっと風流」
母「アラ嫌だ。あたしはそんな蓮っ葉な女じゃないワ」
子「何キャラだ、おばあさん」
母「そこに颯爽と現れたわれらがヒーロー!」
子「え、誰?」
母「その名も一寸法師!」
子「またよりによって小さいのが来た」
母「待て鬼! おばあさんが嫌がっていプチ
「一寸法師ーー!!」
母「一寸法師は彼らの心の中で生き続けるのです」
子「登場10秒でいきなり過去の人になっちゃったよ」
母「まぁ鬼もおばあさんも彼に気づいてはいなかったんですけれど」
子「心の中にも生きてない!」
母「その頃おじいさんはブルガリの時計を売りさばいていました」
子「なんで!?」
母「さて鬼と懇ろになったおばあさんですが」
子「懇ろになっちゃったんだ」
母「二人で原宿を流していると、お地蔵様が現れました」
子「なんで原宿にお地蔵様が…いや、それ以前に原宿て」
母「とげぬき地蔵です」
子「巣鴨じゃん! 確かにおばあちゃんの原宿だけども!」
母「お地蔵様は二人にこう言いました。悪い子はいねーがー」
子「それ、なまはげの台詞」
母「二人はお供えを用意していなかったため、おばあさんの手ぬぐいをかけてあげました。股間に」
子「ただの悪戯じゃん」
母「するとどうでしょう。お地蔵様が喋り始めたではないですか。不思議!」
子「え。さっき普通になまはげっぽいこと喋ってたよね?」
母「あなたがかけてくれたのはこの金の手ぬぐいですか。それとも銀の手ぬぐいですか」
子「嫌だよそんな手ぬぐい」
母「それともこの鉄の手ぬぐいですか」
子「硬い硬い! そんなの手ぬぐえない!」
母「はい、その鉄の手ぬぐいです」
子「嘘つけ!」
母「あなたはとても正直者です。褒美にこのつづらを差し上げましょう」
子「つづら?」
母「大きいつづらと小さいつづら、どちらにしますか?」
子「ああ、こういうのは欲張って大きい方を選ぶと駄目なんだよね」
「両方お願いします」
「超欲張り!」
母「あなたはとても正直者です」
子「悪い意味でね」
母「大小二つのつづらを抱えたおばあさんは家に帰り着きました」
子「結局両方貰えたんだ」
母「鬼とおばあさんは早速つづらの開封に取り掛かりました」
子「おじいさんの帰りは待たないんだね」
母「つづらはからくり箱になっており、開錠に一週間かかりました」
子「お地蔵様、なんでそんな意地悪を…」
母「その頃おじいさんはハンガリーにいました」
子「海外!?」
母「さて、いよいよつづらを開けます。まずは小さいつづら」
子「どきどき」
母「と思ったけど、やっぱり大きいつづら」
子「そんなフェイントは要らない」
母「ごめん、やっぱり小さいつづら」
子「優柔不断だよ。どっちでもいいから早く開けてよ」
母「小さいつづらを開けると、そこには可愛い可愛い赤ん坊が入っていました」
子「わあ」
母「一週間つづらの中に閉じ込められていたので危篤状態でした」
「わあああ!!」
母「とりあえず赤ん坊は鬼に預け、大きいつづらを開けました」
子「鬼もいい迷惑だ」
母「そこにはおじいさんが入っていました」
子「奇跡のイリュージョン!!」
母「そのおじいさんはガリガリに痩せ細っていました」
「わああああああ!!」
母「おばあさんと鬼は、その後末永く幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」
子「…え? おじいさんと赤ん坊は!?」
母「…………………知りたい?」
子「な、何その沈黙」
母「おじいさんと赤ん坊……二人は…」
子「…………ゴクッ……」
母「………二人は………」
子「………………………」


「お前の後ろだよ!!」
「きゃあああああ!!」


母「はい、お話終わり。じゃ寝ましょうね」
子「寝れるかーー!!」