ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:赤鼻のトナカイ


ショートコント:赤鼻のトナカイ
(2005/12/14作)


「あっ、ルドルフだ」
「ルドルフだ」
「赤っ鼻のルドルフだ」
「変なやつ。なんで鼻が赤いんだ」
「これがシャア専用ってやつですか?」
「やーいやーい」

「…はぁ。なんで僕は鼻が赤いんだろう。いつも皆に笑われる」
「ふぉっふぉっふぉっ。どうしたんだいルドルフ。落ち込んでいるようだが」
「あっ、サンタさん」
「元気を出しなさい。元気があれば何でも出来る。いちにぃさんだー。じゃよ」
「棒読みで言われても元気出ませんよ」
「何かあったのかね」
「はい…僕は見てのとおり鼻が赤いので、皆に笑われてしまうんです」
「ふむ、なるほど。じゃあマジックで塗り潰すか
「いやいやいや。その力技はいくらなんでも」
「墨汁?」
「塗料の問題じゃない」
「ふむ。まぁ人には個性というものがあるからのう」
トナカイですけどね。でもどうして僕の鼻は赤いんでしょう」
「霜焼けじゃね?」
「かなりの高確率で違うと思います」
「そういえば、こんな話を聞いたことがある」
「なんでしょう」
「わしのひいじいさんの孫から聞いた話じゃ」
「素直にお父さんと言いましょうね」
「さっきの表現だと、おじさんという線もあり得るじゃろ」
「あ、おじさんなんですか?」
「いや、父の話じゃ」
「素直にお父さんと言いましょうね」
東北のある村に彦兵衛という若者がおった」
「まさかサンタさんの口から日本の昔話が語られようとは」
「その者は村の若い娘と結婚し、息子と娘を一人ずつ儲けた」
「はぁ」
「しかし息子には生まれつき肩にあざがあったのじゃ」
「なるほど」
「んで、なんだかんだあってその二人の子供は逮捕されましたとさ。めでたしめでたし」
「そこを端折るなよ! しかもなんで逮捕されてんの!」
「あざが蝶の形だったんじゃよ…」
「遠い昔を懐かしむような目で、ファミコンネタに持っていかないでください」
「で、なんの話じゃったかの」
「だから僕の赤い鼻の話ですよ。今の昔話にもなっていない昔話がどう関係するんですか」
「ん。関係ない。ただの雑談」
「あんたやりたい放題だな」
「実はな…お前はコピーロボットだったのじゃ!」
「ええっ」
「…という展開はどうじゃろう」
「知らないよ! 一瞬ドキッとした自分がバカみたいだよ!」
「じゃが真面目な話、ルドルフよ。お前の赤い鼻も意味があるんじゃよ」
「えっ」
「それは赤い鼻のお前にしか出来ないことなのじゃ」
「な、なんですかそれは。教えてください!」
「例えば、暗い夜道を走っていたとしよう」
「はい」
「その時お前のそのピカピカの赤い鼻が役に立つんじゃよ」
「そうだったのか…」
「夜道を照らし、私たちを安全に導いてくれる灯火となっているんじゃ」
「な、なんか自信が出てきました!」
「うむ。その赤い鼻、誇りに思いなさい」
「はい!」

「あっ、ルドルフだ」
「ルドルフだ」
「鼻がライト代わりのルドルフだ」
「変なやつ。なんで鼻が光るんだ」
「これが鼻からビームってやつですか」
「やーいやーい」

「…あの、サンタさん、前より変なヤツ扱いされてるんですけど」
「うん。そりゃそうだよね。鼻がライトて」