ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:音階戦隊音レンジャー


ショートコント:音階戦隊音レンジャー
(2006/01/16〜02/12作)


◇新番組予告◇


平和な世界に突然怪人ノイズが現れた!

「ザザザザザー!」
  「きゃー」   「うわー」

ノイズは怪音波を出して町の人たちを苦しめる!

「そこまでだ、怪人ノイズ!」
  「ザザ!?」

そこに颯爽と登場した七つの影!

「♪ドレンジャー!」
 「♪レレンジャー!」
  「♪ミレンジャー!」
   「♪ファレンジャー!」
    「♪ソレンジャー!」
     「♪ラレンジャー!」
      「♪シレンジャー!」


「♪七人揃って、音階戦隊オトレンジャー!」


新番組、音階戦隊オトレンジャー。
第一話「オトレンジャー、歌いながら出動!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇

圧倒的な強さで怪人ノイズを倒したオトレンジャー。
 しかし、そこに謎の男が現れた!

   「貴様、何者だ!」
  「私の名はコピーコントロール将軍。秘密結社ジ○スラックの幹部よ!」

 コピーコントロール将軍は謎の怪光線でノイズを巨大化させてしまう!
  危うしオトレンジャー!

    「ザザザザザー!」

「くっ。こうなったらアレで行くぞみんな!」
 「わかったわ、アレね!」
  「アレですか。準備は万端です」
   「わぁ、いよいよアレやるんだぁー」
    「アレか。ふっ、やってやるぜ」
     「えぇー、アレやるのぉー?」
      「…アレ…ふふふ…」

次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二話「音階ロボ・ゴセンフマン、フォルテシモで出撃!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇

熱血なドレンジャーと素直になれないレレンジャーはいつも喧嘩ばかり。
 そんなある日、パトロールに出たドレンジャーは
      子供を襲っている怪人チョーオンパに遭遇する!

   「ビヨンビヨンビヨン」
       「あっ危ない!…うわぁぁっ」

  子供をかばって負傷したドレンジャー。
    レレンジャーはドレンジャーの看病をしているうちに
       自分の本当の気持ちに気付く…

                  「私、本当はドレンジャーのことを…」

   「ビヨンビヨンビヨン」
       「あなただけは絶対許さないわ!
               レレンジャー後ろ回しキーック!」

 「ありがとう、レレンジャー!」
   「ふ、ふんっ、勘違いしないでちょうだい。
     私は正義の味方として当然のコトしただけなんだからっ」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第三話「恋する乙女のハーモニー!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇

オトレンジャーのメカニック担当ミレンジャーはIQ 300の天才小学生。
 それ故、心に壁を作ってしまい彼には友達がいなかった。
  そんな彼の学校に、怪人ハウリングが現れる!

「えー、皆さんも通学時には変な人に十分注意をsキーーーーーーーン
       「うわー、なんだこの音!」
    「校長先生のお話の途中にっ!」

  駆けつけたオトレンジャーたちもその強烈な音に苦しめられてしまう。

 「キーーーーーーーン」
     「ハウリングとは、スピーカから出た特定の周波数の音声を
       マイクが再帰的に拾うことによって増幅され続けた結果、
         巨大な音になってしまう現象ですから、つまり
        マイクかスピーカのどちらかを破壊してしまえば
                    この音を止められるはずです!」
 「キーーーーーーーン」
        「ミレンジャー、何言ってるか聞こえないよー!」

   「やったな、ミレンジャー!」
     「すごいやミレンジャー!」
    「ミレンジャーは僕らの自慢の友達だよ!」
                    「あ、あの、ボク、本名は…」
   「これからもよろくしな、ミレンジャー!」
                    「う、うん…」

次回、音階戦隊オトレンジャー。
第四話「孤高の天才小学生、華麗なるミキシング!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  「く、くそっ…オトレンジャーめ…」
    「あれ? きみ、どうしたのかな?」

オトレンジャーの活躍により敗れた怪人コウシュウハは一人の少女に介抱される。
 しかし彼女は、寝過ごして戦いに参加していなかったファレンジャーだった!

       「なんてことだ! あんたが…オトレンジャーだったなんて!」
             「あれ? きみ、誰だっけ?」
          「忘れてるー!?」
            「うそうそ、覚えてるよ。えーっと…コ…コウ……怪人さん!」
        「ごまかしたよね!? 今ごまかしたよね!?」

  ファレンジャーの優しさが、怪人の心を溶かす!

      「畜生、みんなぶっ殺してやるーー!(高音)」
           「悪いことしたら、めっ、だよ」
         「え。あ。えと。あの。はい、ごめんなさい」
                   「天然には勝てないわね…」(レレンジャー談)


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第五話「彼女に届け、怪人のファルセット!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  「イェーーーー! 行くぞお前らーー!」
      「おおおォォォォーーーー!!」
                「ぎゅいーーーーーーん!!」
       「うわぁぁぁぁっ。なんだぁぁぁぁっ」

   ロックコンサート会場に、怪人ディストーションが現れた!
     オトレンジャーの攻撃はことごとく歪められ、まともに当たらない。
 しかし、ソレンジャーだけは諦めていなかった!

「ぎゅいぎゅいぎゅいーーーーーーん!」
     「貴様…スクラッチを多用すればクールだなどと思っていないか?」
           「ソレンジャー!?」
 「ぎゅい!?」
            「いや、ギターで返事すんなよお前」
     「ロックは心(ハート)だ。俺のバッキングを見せてやろう!」

  いつもクールなソレンジャーが見せた意外な一面とは!?

      「こ、この完璧なサスティーン…まさかやつはあの……!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第六話「伝説のギタリスト、華麗なるフィードバック奏法!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  「実は俺……シレンジャーのことが好きなんだ」

オトレンジャーのムードメーカー、ラレンジャーがシレンジャーに恋をした!
  それを聞いた他のメンバーは、ラレンジャーを応援する事を約束する!

  「やっぱ正面から告白すべきだろ!」
     「いえ、食事に誘っていいムードを作る所から始めるべきよ」
    「吊り橋効果を応用してみるのはどうでしょう」
               「パン咥えて街角でぶつかると良いと思うよ」
       「まずは身だしなみを整えるんだ。不潔な男は嫌われるぜ」

   「俺の為に…ありがとう、おまいら!」
     「いや、電車男ネタはいいから」

 しかしその時怪人ドップラーが現れる!

    「シレンジャー、危ない!…うっ」
         「ラレンジャー!」「ラレンジャー、大丈夫か!?」
       「だ、大丈夫。シレンジャー、怪我はないか」
            「……(コクン)。…ありがとう……」

  果たしてラレンジャーの恋は実るのか!?

        「シレンジャー、俺とつきあってくれないk」「嫌」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第七話「届け、純情青年のラブソング!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 謎多き美少女・シレンジャーをもっとよく知るべく、
   まだ諦めていないラレンジャーはカラオケ大会を企画した!

「いやー、みんなでカラオケなんて久々だね、シレンジャー!」
     「…(コクン)。八人揃って行くのは久しぶり…」
   「は、はは、いやだなぁ、八人じゃないだろ?」
      「…(コクン)。今九人になった」
    「えええー!?」

           「シレンジャー、何飲む?」
                    「…養命酒」
          「すみませーん、養命酒一つ…ってそんなんあるかーい!
             ナイスギャグだね、シレンジャー!」
     「養命酒、お待たせいたしました」
          「あるのかよ!」

                「さて、シレンジャーは何の曲を入れたのかなー?」
                     「…♪十五、十六、十七とー、私の人生暗かったー」
                 「……い、いい曲だよね。うん。いいよね、藤圭子」

   しかしその時突然カラオケの機械が大音量になる。
    それは怪人ボリュームの仕業だった!

       「うわぁぁぁぁっ!」「み、耳が…!!」「くそっ!」

  ピンチに陥ったオトレンジャー。だがそんな中シレンジャーが前に出る!

   「…私の歌の途中で邪魔をした…許さない!」
       「そんな独善的な理由で!?」
     「し、シレンジャー、無茶だ!」

 「末代まで呪ってやるッッ!!」   「えええー」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第八話「驚愕の異句格闘戦! 音量vs怨霊」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 ドレンジャーの誕生日。
  レレンジャーはドレンジャーとデートしていた。
        しかしその時、二人は怪人フェードに襲われてしまう!

   「フェェェエエエーードッ!」
      「きゃあっ」 「危ない、レレンジャー」

              ガシャァッ!

        「…あ…ドレンジャーへのプレゼントが…」
            「なんだって?」
   「フェ、フェ、フェ」
          「……許さんぞ怪人め……」
      「フェ?」
         「俺の灰皿をよくもー!!」
       「!? フエエエェェェェェーーーー……」

 ドレンジャーの怒りの鉄拳が怪人に天誅を食らわす!
  そしてレレンジャーの手作りケーキを灰皿と間違えた
                  ドレンジャーの運命やいかに?


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第九話「ドレンジャー、怒りのグリッサンド!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  「あっ、そのボタン押したらダメです!」 「ほえ?(ピッ)」

     ぼむっ!

   「…はえー。ごめんなさぁい」
  「もうファレンジャーはボクのラボに入らないで下さいっ!」

いつも興味本位にコンピュータを弄っては壊してしまうファレンジャー。
 ついにミレンジャーの堪忍袋の緒が切れた!

  「まぁまぁ、ちょっとくらい許してやれよミレンジャー」
「だって今ので巨大ロボ・ゴセンフマンが出動できなくなったんですよ?」
   「ちょっとどころの騒ぎじゃなかった!!」

 お約束で巨大化した怪人パンに対し、オトレンジャーたちは
   生身で戦わなければならなくなってしまった!

  「今こそみんなで力を合わせるべきだ! あの技を使うぞ!」
    「…仕方ありませんね。行きますよ、ファレンジャー!」
      「うん! がんばろう!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十話「必殺、和音攻撃! 唸れ、Fmajor7アタック!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 怪人ボコーダの攻撃を受けたソレンジャーとラレンジャーは
   異次元空間に閉じ込められてしまった!

「ここは一体…」
 「どうやら自力では出られなさそうだね」

    「そういやお前とこうして二人きりで話すのは久しぶりだな」
      「そうだね。高校の時以来じゃない?」
     「…ふっ」
        「? どうしたの?」
  「いや、あの頃からバカなヤツだったなと思って」
     「ははは、ひどいや」

   思い出話に花を咲かせる二人。
      ドレンジャーたちが二人を助けようとするが、
          そこにまたしても怪人ボコーダが現れる!

 「くっ…ラレンジャー、手を放せ。そうすればお前だけは…」
     「いやだ! 絶対に放さない! 二人で帰るんだー!」
  「お前だけは死ぬかもしれないが俺は生き残れる!」
    「絶対にいやだーーー!!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十一話「美しき竹馬の友のシンフォニー!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


    連敗続きで業を煮やしたコピーコントロール将軍が、
                ついにオトレンジャーに牙を剥いた!

 「おのれ、オトレンジャーめ。貴様らのせいで
     秘密結社ジ○スラックでの私の立場は悪くなる一方だ!
           月給もついに手取り20万を切ったんだぞ!」
   「それだけ貰ってりゃ十分だ!
         俺らなんかこれだけ地球のために戦って時給650円だぞ!」
       「…二人とも、哀しい戦いは止めようよ…」

しかしコピーコントロール将軍のCDドライブ破壊攻撃の前に
     トレンジャーたちは苦戦を強いられる!

         「くっ、そんな…認識すらされないなんて…」
          「また大量のエラービットよ! 気をつけて!」

      オトレンジャーたちの運命やいかに!?


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十ニ話「ピンチ! オトレンジャー、決死のリッピング」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 コピーコントロール将軍の猛攻でピンチに陥ったオトレンジャー!

         「あははは。こら待てー」
             「私を捕まえて御覧なさーい。うふふふ」

しかしミレンジャーの機転で将軍の攻撃を防ぐことに成功した!

      「あのね、この横縞のハンカチがね、一瞬で縦縞になるっていう」
            「フジテレビの社長、すごく嬉しそうだよね」

  和音攻撃に追い詰められて将軍は巨大化。

              「お前の家、傾いてない?」
       「呪文を唱えると女性にもてるようになると知った」

  オトレンジャーも巨大ロボ・ゴセンフマンで立ち向かう!

                               「…バルス」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十三話「セロハンテープで勝利のファンファーレ!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  ついにコピーコントロール将軍を倒したオトレンジャーたち。
     だが秘密結社ジ○スラックの魔の手は衰える気配がなかった!

       「ボボン! ボンボン! ボボンボン!」

「うわあああ! 低音が内臓に響く!」
          「悪酔いしそうだ!」
     「大音量の重低音は騒音性難聴の原因にもなるので危険です!」
   「なんて地味ながら辛い攻撃なんだ!」

 怪人テイシュウハのウーハー攻撃の前に
     為す術もなかった彼らを、意外な人物が救う!

      「…昔の借り、返しに来ました。ファレンジャー」
    「あっ、キミは…………………・・・ ・  ・  ・ ・・・………………?」
       「やっぱ忘れてるんすねー!!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十四話「怪人の恩返し! テイシュウハ vs コウシュウハ」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


コピーコントロール将軍の後を継いだアイポッドゼイ博士は、
   オトレンジャーを倒すため怪人サイレントを送り込んできた!

   「…………」
  「……………………!!」
      「………………!?」

      音を消された世界の中で、オトレンジャーたちは
           変身のコールを叫ぶことが出来ず苦戦する!

              「………!」
         「…………………!?」
                 「………………」
           「…………………………!!」
      「………………!」
           「…………………!!!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十五話「変身できない!? 恐怖の4分33秒!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


オトレンジャーの強さの秘密は友情だと考えたアイポッドゼイ博士は、
  怪人ディスコードを送り込んで不協和音波を街中に流させた!

 「何よ! シレンジャーのことチラチラ見てたくせに!」
    「レレンジャー、それは誤解だって!」

          「ファレンジャーはラボに入ってきちゃダメですっ!」
        「うー、ミレンジャーのけちんぼ!」

    「ラレンジャー、焼きそばパン買って来い」
      「またパシリ? 仕方ないなぁもう」「お前の金で」「待てコラ」

  険悪なムードが漂うオトレンジャーたち。
        このままでは和音攻撃ができない!


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十六話「乱れるコード! 乱れるチームワーク!」
お楽しみに!
                「…みんな、いつも通りだと思うけど」

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


      「ヤッホー(ヤッホーヤッホーヤッホー…)」
   「なに!? 怪人が増えた!」

  怪人エコーの分身攻撃にオトレンジャーは翻弄される!

      「ぶ、分身ってレベルの数じゃないぞオイ」
    「2の累乗を馬鹿にしてはいけません!
        20回繰り返すだけで軽く百万人を超えてしまうんです!」

「ホーホホホ、これぞ"塵も積もれば山となる"作戦じゃ!」

     恐るべし、アイポッドゼイ博士が考案した質より量の戦略!

  「くっ、一体一体倒していてもキリがない。
       みんな、特訓で編み出したあの技行くぞ!」
     「えっ、アレを使おうって言うの!?」
            「無茶ですドレンジャー、アレはまだ未完成で…」
       「気合でなんとかなるっ! むしろなんとかしろーっ!」
        「ええええー」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十七話「吼えろ、必殺・ドッペルドミナント攻撃!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


  ソレンジャーに頼まれた買い物の帰り、
      ラレンジャーは一匹の子犬に出会った!

    「クーン、クーン」
  「野良犬かな。お腹が空いてるのかい?」
     「クーン…」
   「焼きそばパン、食べる?」

しかしその子犬の正体は、怪人ならぬ怪犬アンプだった!
   隙を見てアンプがラレンジャーに襲い掛かる!

          「はぐはぐ」
       「あはは。可愛いなぁ」
            「クーン、クーン」
          「飼いたいなぁ。みんな許してくれるかなぁ」

 果たしてラレンジャーはこのピンチを乗り切れるのか!?

      「俺の焼きそばパンを犬に食わせただぁ!?」
         「ご、ごめん、つい…」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十八話「アマービレな刺客! どうする? ワンダフル!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 オトレンジャーたちの前に、なんとオトレンジャーが現れた!

      「なっ、お、俺!?」
        「なんであたしがいるの!?」
    「これは…ディテールまでそっくりですね」
         「びっくり。私双子だったんだ」
      「ふむ、やはり俺はかっこいいな」
          「僕はやっぱりパシらされてるんだね…」
              「…ドッペルゲンガー……」

シリーズに一回はお約束の偽者戦隊。
  その正体は怪人インスパイアが作り出したコピー戦隊だったのだ!

  「失敬な! インスパイアしただけでこれは俺のオリジナルだ!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第十九話「オトレンジャーvsオトレンジャー!? 泥沼のパクリ訴訟!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。
※明日はウガンダ国会中継のため、次回は明後日になります。
  ウガンダ国会が雨天中止になった場合、
  通常通り「音階戦隊オトレンジャー」を放送いたします。


◇次回予告◇


 恐るべき能力を持った怪人ダカーポが現れた!
   ダカーポはダメージを受けたり攻撃に失敗すると時間を巻き戻し、
      なかったことにしてやり直してしまう!

       「く、くそっ。なんで攻撃が当たらないんだ!」
          「しかも、こっちの攻撃まで読まれてるみたいだぜ…ッ!」
   「カポカポカポーー!」
◇次回予告◇

 恐るべき能力を持った怪人ダカーポが現れた!
   ダカーポはダメージを受けたり攻撃に失敗すると時間を巻き戻し、
      なかったことにしてやり直してしまう!

       「く、くそっ。なんで攻撃が当たら
◇次回予告◇

 恐るべき能力を持った怪人ダカーポが現れた!


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十話「ダカーポを打ち破れ! トゥコーダ」
お楽しみに!

※予定は変更する場合がありま◇次回予告◇


◇次回予告◇


 オトレンジャーの前に現れた怪人リタルダント。
    彼は物の動きをゆっくりにしてしまう特技を持っていた!

「くそっ、攻撃を全て避けられてしまう!」
    「物理的な攻撃は不利です!」
     「レーザーで一瞬動きくらいなら止められそうだぜ」
  「じゃあその後、全員の力を合わせてあいつをやっつけるのよ!」
    「みんなでボコるってことだね!」

  オトレンジャー究極の技が完成する!!
 その頃アイポッドゼイ博士は、ある計画を実行に移そうとしていた…


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十一話「友情合体! 究極必殺技アルペジオ攻撃!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


   「お願いしますこの通りです付き合って下さい何でもします」

 その日もラレンジャーは土下座でシレンジャーを口説き続けていた。
  全員が哀れみの目で見守る中、異変が走る!

      「………………いいよ」

         「 「 「 「 「 「!?」 」 」 」 」 」

  シレンジャーの衝撃発言に、全員がうろたえた!

   「さささては貴様、シレンジャーの偽者だな!」
       「幻聴が聞こえたわ…近所に耳鼻科あったかしら…」
「す、数論の無矛盾な公理系は必ず決定不能な命題を含んでおり…」
 「シレンジャー、何があったか知らないけど人生捨てちゃダメだよ!」
       「そうか、俺はまだ夢を見ているんだな。うん」
   「リバリバ。え、新しいギャグ?」

     「皆しておかしいよ! 事実だよ! 認めろよ!」

果たしてシレンジャーの真意は?
    そして今さり気なく混ざっていた怪人リバーブに、
        オトレンジャーは気付くことが出来るのか!?


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十ニ話「迫り来る崩壊の予感と革命のエチュード」
お楽しみに!
           「いや、そのサブタイトルもなんか酷いよね!?」

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


ついに秘密結社ジ○スラックのアジトの場所を
   突き止めたオトレンジャーたちは、進入計画を練る。

  「速達でーすって言えば開けてくれるんじゃないかな?」
       「ファレンジャー、アンタは黙ってなさい」
    「うにゅー」

      しかし計画はアイポッドゼイ博士に筒抜けだった!
           オトレンジャーたちは逆に罠にかかってしまう。

 「オッホッホ、ご苦労でした、シレンジャー」
       「な…なんだってー!?」
           「お前が情報を流したのか!?」
   「…ふふ…今頃気付くなんて、甘いわね…」
        「畜生! どうしてだシレンジャー!」

 思いがけないシレンジャーの裏切り!
          オトレンジャーたちにかつてないピンチが訪れる!!

 「…彼氏ならあなたもこっちにいらっしゃい、ラレンジャー」
       「そ、そんな…僕には仲間を裏切るなんてこと…!」
  「…来なさい」「はい」
                   「弱っ」

次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十三話「裏切りのプレリュード第六番ロ短調!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


 かつてシレンジャーの両親はジャス○ック総統に殺された。
   それ以来彼女の胸のうちには復讐の炎が燃え続けていたのだった。
  仲間になった振りをしてジャス○ック総統に近づいたシレンジャーは、
         暗殺計画を実行に移す! しかし……!!

      「……!」
    「ふん、貴様の考えていることなどお見通しだ!」

その頃、アイポッドゼイ博士にこき使われていたラレンジャーは
     隙を見て怪犬アンプに牢屋の鍵を持たせ、
              投獄されていたオトレンジャーを助け出していた!

       「よーし、よくやったぞアンプ!」
        「ほんと、偉いわ!」
         「後でご褒美をあげないといけませんね」
          「キミは誰かさんと違って役に立つねー」
           「お前も立派なオトレンジャーの仲間だぜ!」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十四話「シレンジャー、哀しみのオーバチュア!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


牢屋を脱出したオトレンジャーたちはついにジャス○ック総統と対峙する。

    「うわああぁぁぁぁぁっ!!」
     「きゃあああぁぁぁぁっ!!」

         「ふはははは、この私に敵うとでも思っているのか!!」

   「く、くそっ、なんて強さだ!」

 一方その頃、傷ついたシレンジャーは
       アイポッドゼイ博士とラレンジャーの元に運ばれていた。

     「オッホッホ、これは良い素材じゃ。
         さてどんな怪人に改造してやろうかのう」
   「!! ……シレンジャーを怪人に…
                   そ、そんなこと…
        …そんなこと、許さぬぁ、ないぞ!!!」
         「そこで噛むなよ」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
第二十五話「逆襲! ア・テンポ、オトレンジャー!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


◇次回予告◇


     ジャス○ック総統との戦いから二年。

それぞれの人生を歩んでいたメンバーたちは、
                    その日久しぶりに再会した。

  「えっ、ミレンジャー、ファレンジャーと付き合ってんの!?」
       「はい! ゆくゆくは結婚の予定も」
   「いやいや、お前あんだけファレンジャーのこと嫌ってたじゃん」
        「うーん、機械ととことん相性が悪いことに、
                逆に興味をそそられたって言うか」
  「ファレンジャーも、まだ彼中学生だけど…」
      「んー、ショタって胸きゅん?」
   「……」

          「やぁ、久しぶり。ドレンジャー、レレンジャー」
       「えーと…誰?」
         「僕だよ僕。ラレンジャー」
      「うそん!? 何その指にいっぱい嵌めた指輪!」
        「事業が波に乗っちゃってさー。今では某アパレル会社の社長」
     「ええええー!?!?」
   「そ、そう言えばシレンジャーとはどうなったの?」
        「へへ、去年結婚したんだ。おーい、シレンジャー」
      「なーにぃ? あっ、レレンジャーじゃん! キャー☆久しぶりぃー♪」
    「キャラ変わってるーー!?」

        「それでは、新郎新婦のご入場です」

 「おめでとうー!」 「おめでとうー!」
  「おめでとうソレンジャー、ジャス○ック総統!」

    「サンキュー!」「ありがとうー☆」


次回、音階戦隊オトレンジャー。
最終話「感動の最終楽章! オトレンジャーよ永遠に!」
お楽しみに!

※予定は変更する場合があります。


オトレンジャーの活躍により、平和な世界が戻った…
         しかし、まだ悪は滅びていなかった!!!!

                !!特報!!

      あの音階戦隊オトレンジャーが、
                      劇場に帰ってくる!!

「なっ、お前たちは…!」
  「確かオトレンジャー採用試験の時に一緒だった…」

 「そう…俺たちはオトレンジャーになり損ねた。
   だが、決して俺たちはお前らに劣っていたわけじゃない!
  それを今、証明して見せる…ッ!! 」

     「チスレンジャー!」
       「ディスレンジャー!」
         「フィスレンジャー!」
           「ギスレンジャー!」
             「ベレンジャー!」

 「五人合わせて、
   半音階戦隊ハンオンレンジャー!
                                  「…語呂悪っ」
        「誰だ今語呂悪いとか言ったの!」
           「そうデース、謝りなサーイ!」
             「し、ししし、失礼なんだな」
          「むむぅー! おしりペンペンしちゃうぞっ」
            「お前…背中が煤けて見えるぜ…」


劇場版「音階戦隊オトレンジャー」
       「激突! 半音階戦隊!!」
              みんなで劇場へ見に行こう!

                        「いや、でも時給650円だぜ?」
                               「…え、まじで?」

※予定は変更する場合があります。