ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:青色戦隊ブルーレンジャー


ショートコント:青色戦隊ブルーレンジャー
(2003/10/25〜31作)


    突発的新連載!

青色戦隊ブルーレンジャー


第一話 ブルーレンジャー登場


平和な町に突如現れた謎の怪人都こんぶ男は
町の人々を恐怖のどん底に陥れていた!

   ?   「そこまでだ怪人都こんぶ男!」
都こんぶ男「お、お前たちは!」
   ?   「メタリックブルー!」
   ?   「パステルブルー!」
   ?   「ハワイアンブルー!」
   ?   「ディープブルー!」
   ?   「マリッジブルー!」
都こんぶ男「最後のお前絶対間違ってる」

    突発的新連載!

青色戦隊ブルーレンジャー


第二話 戦えブルーレンジャー

怪人都こんぶ男とブルーレンジャーの戦いの火蓋が
今まさに切って落とされようとしていた!

都こんぶ男「ぐっふっふ。貴様らに俺様が倒せるかな」
パステルブルー「初回登場のザコの癖に生意気な」
ハワイアンブルー「目に物見せてやる」
メタリックブルー「行くぞ、みんな」
ディープブルー「おう!」
マリッジブルー「ごめん、俺今ちょっと戦える気分じゃない」
メタリックブルー「帰れお前」

    好評連載中!

青色戦隊ブルーレンジャー


第三話 必殺ブルーレンジャー

酢酸ビームに苦しめられたブルーレンジャーだったが
ついに怪人都こんぶ男を追い詰めた!

都こんぶ男「くっ…そんなバカな、俺様がこんな青二才どもに…!」
パステルブルー「うまいこと言うなお前」
ハワイアンブルー「確かに青いもんな、俺たち」
メタリックブルー「ようし、一気に必殺技で決めるぞ!」
ディープブルー「おう!」
マリッジブルー「決めちゃっていいのかな。他にもっといい人がいるんじゃないかしら」
メタリックブルー「お前もう喋るな」

    好評連載中!

青色戦隊ブルーレンジャー


第四話 ブルーレンジャー大勝利

長い戦いの末、ブルーレンジャーは
とうとう怪人都こんぶ男を倒したのだった!

都こんぶ男「ぎゃあああ!どかーん」
パステルブルー「やった、倒したぞ」
ハワイアンブルー「一時はどうなることかと思ったぜ」
メタリックブルー「ようし、勝利の決めポーズだ」
ディープブルー「おう!」
マリッジブルー「もういやだ。死にたい」
メタリックブルー「お前一人で空気変えるなよ」

    好評連載中!

青色戦隊ブルーレンジャー


第五話 分裂ブルーレンジャー

町の平和を守ったブルーレンジャーだったが、
彼らに最大のピンチが忍び寄っていた!

パステルブルー「なあ。なんでメタリックブルーがリーダーなんだ?」
メタリックブルー「なんだよ突然」
パステルブルー「お前がリーダーだなんて納得行かねぇよ」
ハワイアンブルー「やめろよパステルブルー」
パステルブルー「いつも一人だけ目立ちやがって」
ディープブルー「俺なんかいつも「おう!」しか喋ってないぞ」
メタリックブルー「つまんないことでガタガタ言うなよ。実力の差だろ」
ハワイアンブルー「ちょっと待て。今の発言は聞き捨てならない」
パステルブルー「そうだそうだ。俺たちのどこがお前に劣るって言うんだ」
ハワイアンブルー「おいマリッジブルー、お前も何か言ってやれ」
マリッジブルー「じゃあ俺がリーダーってことでいい?」
四人「なんでやねん」

    好評連載中!

青色戦隊ブルーレンジャー


第六話 決戦ブルーレンジャー

リーダーの座をめぐって議論するブルーレンジャー。
そこに現れたのはブルーレンジャーを組織した女司令官・葵であった!

葵司令官「なんだか騒がしいねー」
メタリックブルー「あ、葵さん」
パステルブルー「葵さん、なんでこいつがリーダーなんですか」
葵司令官「あれ、ダメ?」
ハワイアンブルー「納得できません。理由を聞かせてください」
葵司令官「んーと、あみだくじ」
メタリックブルー「えー!嘘ぉ!」
葵司令官「本当」
パステルブルー「じゃあ決め直してください。俺がリーダーってことに」
ディープブルー「抜け駆けすんなよ。俺だってリーダーやりたい」
ハワイアンブルー「こうなったら実力で決めようぜ」
パステルブルー「いいだろう。望むところだ」
メタリックブルー「仕方ない。俺の力を見せてやろう」
マリッジブルー「じゃあ誰からサイコロ振るー?」
葵司令官「あ、あたし一番に振りたーい」
メタリックブルー「何の競技するつもりだ」
パステルブルー「ていうかそもそも葵さんはリーダー関係ないじゃん」

    感動の最終回!

青色戦隊ブルーレンジャー


第七話 決戦ブルーレンジャー

とうとう仲間同士で戦うことになったブルーレンジャー。
リーダーの座は誰の手に!

パステルブルー「く、くそッ」
メタリックブルー「俺の勝ちだな」
葵司令官「うーん、さすがメタリックブルーは現リーダーだけあって強いねー」
ハワイアンブルー「いや、あみだくじで決めたんでしょ」
メタリックブルー「所詮パステルカラーごときがメタリックに勝てるわけなかったんだよ」
葵司令官「塗料の値段も高いしね」
メタリックブルー「これで全員か?俺がリーダーってことでOK?」
ディープブルー「いや、まだマリッジブルーが残っている」
マリッジブルー「マリッジブルーが残っています。吹っ切れません。はぁ」
メタリックブルー「相変わらず陰気だなお前。ようし行くぞ」
マリッジブルー「どこに?」
メタリックブルー「そんなジュラ紀のギャグかましてんじゃねぇ。戦うぞ」
マリッジブルー「そんな気分にはとてもなれない」
メタリックブルー「じゃあ試合放棄ってことでいいんだな?」
マリッジブルー「待って。気持ちを整理するから」
メタリックブルー「早くしろ」
マリッジブルー「うん。ごめんね。ちょっと部屋で休んでくる」
メタリックブルー「……」
パステルブルー「……」
ハワイアンブルー「……」
ディープブルー「……」
葵司令官「……」
ハワイアンブルー「遅いなあいつ」
パステルブルー「何してんだ全く」
メタリックブルー「部屋で震えてるんじゃねーの?みんなで迎えに行こうぜ」
葵司令官「そうね。早くしないとそろそろお夕飯のお買い物に行かなくちゃいけないし」
ディープブルー「おう」
メタリックブルー「コンコン。おーいマリッジブルー。早く来いよー」
パステルブルー「あれ、鍵が開いてるぞ」
ハワイアンブルー「入るぞマリッジブルー。ってあれ」
葵司令官「あれ。いない」
ディープブルー「おい、机の上に置手紙が」

「自分を見つめなおすため旅に出ます。探ちないで下ちい マリッジブルー」

メタリックブルー「もう帰ってくんな。それと、さの字が逆」