ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:天使の導き


ショートコント:天使の導き
(2006/07/20作)


 私は天使。
 間違っている人を正しい道に導くのがお仕事なの。
 ほら、今日もまた、私を必要としている人がいるわ。

「ううっ。どうせ、どうせ俺なんて」
「元気出せよ。女にふられたくらいで」
「俺もうだめだよ。一生独り者で生きていくんだ」
「きっともっといい女がいるさ。世の中の人間の半分は女なんだぜ?」
「そ…それもそうだよな!」
『違いますよ』
「だ、誰だお前!?」
『私は天使。間違っている人を正しい道に導くのがお仕事』
「て、天使…?」
『はい。世の中の人間の半分は女性…それは間違いです』
「へ」
『世界の人口を統計で見ますと、大体男:女の割合は七:三が相場
「は、はぁ」
『男の数は女の二倍以上、世の中男は過剰気味なんですねー』
「……やっぱり俺、一生独り者なんだ…ぐすん。ぐすん」
「お、おいお前っ、せっかくこいつが元気出しかけてたのに…」
『はい、お勉強になりましたね。では、さらばですっ』
「ちょ、待てこら」
『しゃららしゃらりこきらきらりーん』
「なんだそのふざけた消え方はっ!!」


「はいみなさん、いいですかぁ。注目。
 人という字は、このように人と人とが支えあってできています。
 人は一人では生きられません。支えあい助け合って生きていかねばならないのです」
『それは違いますよ、先生』
「あ、あなたは、なんですかぁ!」
『私は天使。間違っている人を正しい道に導くのがお仕事』
「天使!?」
『人という字は人と人とが支えあっている形からできた…それは間違いです』
「な、なにを言っとるんですか君はぁ」
『人という字は、本来人が歩いている姿から作られた漢字なのですよ』
「え。あ、いや」
『あと、人は一人でも生きていけますよ。戦後何十年も一人でサバイバルしてた方いましたよね』
「いや、そりゃいましたけど! 今はそういう話をしているわけでは…」
『はーい、勉強になりましたね。ではさらばですっ。どろろーん』
「ごほっごほっ、煙幕!? いや、チョークの粉!?」


「アハハ、笑点はやっぱり面白いなぁ。明日からまた頑張ろうって気になるよ」
『あ、それ放送作家がシナリオ考えてるんですよ』
「頑張る気萎えたー!」


 私は天使。
 今日もまた間違っている人たちを正しい道に導いたわ。みんなも困っている人がいたら助けてあげてね。
 いいことすると、本当気持ち良いわ!