ユイノットらぶ式会社 > 作品 > 擬人化シリーズ




擬人化シリーズ



 ニュースで「ユカタン半島」って地名が読み上げられるたびに「ユカたんの半島なんだ…」って考えてしまう胸の内を擬人化してみました。





 C言語において、extern文の最後にはセミコロンをつけましょう、という自戒をこめて擬人化してみました。





 何気に金髪青眼が描きたかったこともあって擬人化してみました。





 切り刻めば切り刻むほど増殖する面白生物プラナリアへの愛を擬人化してみました。





 各種ひらがな一文字一文字に宿っている、キャラクター的なイメージを擬人化してみました。ビックリマンみたいと専らの評判です。

  
 
 




 神秘的なイメージと平和への祈りをこめて擬人化してみました。





 現代人の冷えた心に一筋の癒しと安らぎ、そして暖かみを供給すべく擬人化してみました。火傷しそうとか言ってはいけません。





 登録商標だけど全く気にせず擬人化してみました。





 押しちゃ駄目だけど押したくなる心の葛藤を擬人化してみました。





 「簡単」だけに簡単に擬人化してみました。





 トルコなんだかアラブなんだか香水なんだかよくわかんないけど擬人化してみました。





 引っ張るだけのコンビニおにぎりを擬人化してみました。ちなみにたらこはオイラが一番好きな具です。





 おめでとうございます、いつもより余計に回っておりますな感じで擬人化してみました。
 「旧元たん」は「がんたん」の幼少の砌。

 



 例え腐ってるような匂いがしても好き嫌いは良くないよ、ということで擬人化してみました。





 もうひとつ中華料理を擬人化してみました。イカではありません。





 これまた登録商標ですが、気にせず擬人化してみました。何気に「かぜぴタン」がエロイです。

  



 そのままでも萌える「もじぴったん」の黄色い四角たちを擬人化してみました。はいすこあ、こうしん!





 松屋のメニューを見て真っ先に思いついてしまったので擬人化してみました。とりあえずエロいと巷でウワサです。





 和のテイストを重んじて擬人化してみました。松・梅・桜の三つ子です。松が元気っ子、梅がクール、桜が天然という設定です。ちなみに花札はよくわかりません。





 1年の中で最も日数が少ない2月が不憫だったので、擬人化してみました。さらに不憫なことになりました。