ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:ふしぎちゃん 〜クリスマス編〜


ショートコント:ふしぎちゃん 〜クリスマス編〜
(2006/12/25作)


「ぱーん。れーじくん、おかえりー!」
「わ、びっくりした。なんだ、ふしぎちゃんか」
「あはははは。お誕生日おめでとー!」
「え。いや、僕の誕生日今日じゃないんだけど…」
「うん、知ってるよ。ほら、今日はクリスマスじゃない」
「ああ、なるほど。確かに本来の意味で言えば誕生日だね」
「でしょっ。サンタさん、お誕生日おめでとー!」
「いやいやいや。それは間違えてる」
「あれ? トナカイさんの誕生日だっけ?」
「そんなわけないだろ。クリスマスはイエス・キリストの誕生日」
「誰?」
「うわ」

「まぁいいじゃんいいじゃん。ほら、パーティーの準備したんだよー」
「お、すごい豪華じゃん。これ、ふしぎちゃん一人でやったの?」
「えっへん」
「すごいなぁ」
「業者に頼んだ」
「すごくないな。なんで威張ったのか解らない。豪華じゃなくていいから自分でやろうよ」
「難しいこと言うね」
「そんなに難しいこと言いましたか僕」
「でも、じゃーん。お料理はあたしが作ったんだよー」
「へぇー」
「ほらほら、早く食べてみて」
「うん、じゃあいただきまー…」
「ばちん!」
「いたっ」
「ダメでしょ! ご飯の前にはお手々洗わなきゃ!」
「いや、自分が食べろって言ったんじゃん」
「はい、亀の子石鹸」
「今時亀の子石鹸のある家も珍しいよね…ていうか誰も知らないんじゃないか、もう」
「はい! じゃ改めていただきまーす」
「いただきまーす」
「ほらほら、美味しいよ。あたしお手製の精進料理」
「えー!? なんでー!? どうしてクリスマスに精進料理!?」
「ほえ?」
「いや、クリスマスって言ったら普通チキンとかターキーとかさ」
「…ぐす…」
「え」
「…お豆腐、嫌い?」
「いや、嫌いじゃないけど…んー、まぁいいか。精進料理でも」
「枝豆、美味しいよ」
「うん、美味しいね」
「えへへー。あ、そうだ、せっかくクリスマスなんだから音楽かけよう音楽」
「あー、いいね。陽気なクリスマスソングで盛り上がろう」

「♪I'm dreaming of a white christmas...」

「いきなり暗い曲来たね。いや、確かにいい曲だけども」
「んー、やっぱにぎやかな方がいいかな」
「うん、その方が絶対いいと思うよ」
「よし、じゃ一緒に歌おう」
「歌うんだ。CDかけるんじゃないんだ」
「あたしの持ってるCDって、後は森田童子くらいしかないから」
「意外すぎてリアクション取れないよ」
「じゃあ、ジングルベルを歌おー!」
「ベタだけど、そういうのがいいね。おー」
「せーの。♪ジンジンジングルベル、ジンジンジングルベル、メッリークリースマス」
「森高千里じゃん。ベタどころか世間の人が覚えてるかどうかも怪しいよ」
「♪真っ赤なお花のー、彼岸花ー」
「違う。何もかもが違う。漢字も違うし季節も違うし何より歌詞が違う」
「♪きーよしー、にーしかーわー」
「なんできよし師匠を称える歌になってるの?」
「あっそうだ。ねねね、サンタさんってなんで赤い服着てるか知ってる?」
「ああ、それはコカコーラ社が…」
「ぶっぶー。真っ緑な服だと気持ち悪いからです」
「人の神経を逆なでするクイズだね」
「あっそうだ。ケーキ買ってあるの」
「いいね。食べようか」
「うん! はい、ウェディングケーキ」
「クリスマスケーキ買おうよ!」
「あ、大丈夫。見た目でっかいけど、食べられるところは一部分だけだから」
「そんな問題じゃなくて!」
「はい、苺あげる。あーん」
「あ……あーん」
「美味しい?」
「う、うん…」
「やった。はい、今度はダミー部分のボール紙、あーん」
「食べれないよ!」
「あとねー、プレゼントもあるんだよー」
「えっ」
「大好きなれーじくんのために、頑張ってくすねてきましたっ
「既に不穏な空気が漂っているんですが」
「はいっ、USJにある日本一のツリーのてっぺんの星」
「戻してきなさい」
「えーっ」
「えーっじゃないよ! 取ってきちゃダメでしょそれは!」
「ぶー。そんなに怒らなくってもいいじゃん。冗談なのに…」
「え。あ、なんだ、冗談だったの?」
「うんっ。これは自分へのプレゼント」
「戻してきなさい。今すぐ。ただちに。即行で!」
「もう! 何よ! さっきから怒ってばっかり!」
「え」
「せっかく楽しいパーティーにしようとしてるのに! もう知らない! れーじくんのばーか!」
「あ、いや、その」
「ふんっだ」
「…ごめん。謝るから、機嫌直してよ」
「知らない!」
「あ、そうだ。実は僕もプレゼント買ってきたんだよ、ほら」
「え…あ、これって…!」
「うん。ふしぎちゃん、前から欲しがってたもんね」
「うんっ。わぁ、嬉しい嬉しい! ありがとう!」
「でも本当にそれが欲しかったの?」
「もちろん! 大事に使うね、ハムスターの籠についてるカラカラ回すやつ
「うん、良かった、喜んでもらえて。何に使うのか知らないけど」
「えへへ。…あのね、これ、れーじくんへの、本当のプレゼント…」
「えっ」
「初めてチャレンジしたからあんまり上手じゃないんだけど…頑張って編んだんだ…」
「えっ、えっ。じ、じゃあ、ふしぎちゃんの…手編み?」
「うん」
「すごい。やった。わぁ、嬉しいな」
「へたくそだけど、笑わないでね?」
「うん、もちろん。笑うもんか。誰だって最初は初心者だよ」
「恥ずかしいな…えへへ。はい、どーぞ」
「わぁ、ありがとう!」
「うん! れーじくんも大事に使ってね、そのメガネ!」
「えー!? なんで!?」