ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:ふしぎちゃんとしーちゃん


ショートコント:ふしぎちゃんとしーちゃん
(2010/06/12作)

「おーい、ふしぎー!」
「しーちゃん。久しぶりー」
「久しぶりー」
「このシリーズ自体も久しぶりー」
「何の話?」
「ん。メタ発言、かな」
「そう。よくわかんないけど… まぁ、貴女はいつもわけわかんないし」
「照れるね」
「褒めてないからね。今から授業?」
「うん」
「何の?」
「大学の」
「うん、それは知ってる。科目を聞いてるの」
「えーと。宇宙物理学」
「…貴女、文学部でしょ? なんでそんな授業採ってるの」
「宇宙人語を勉強しようかと…」
「なんかツッコむのもバカバカしくなってきたわ」
「照れるね」
「褒めてないからね。ちょうどいいわ、一緒にご飯食べに行かない?」
「え、でも授業が…」
「ふしぎ」
「はい」
「その授業受けてても、宇宙人語は出てこないよ」
「!!!!」
「私はむしろ貴女のその『マジで!?』ってリアクションが信じられない」
「ものすごくショックだよ…」
「そもそも宇宙人語って何よ、宇宙人語って」

  :

「いただきまーす」
「いただきます」
「んー。こうしてしーちゃんとご飯食べるのも久しぶりだねー」
「そうね。そして相変わらず貴女の昼ごはんは意味不明だわ」
「え、なんで? 美味しいよ、水炊き」
「お弁当箱で水炊き食べる人初めて見たわ」
「ポン酢が効いてるよ」
「そう。で、中学生の彼氏とはどうなの?」
「え?」
「どうなのってば」
「んっとねー、あたしが12勝でれーじくんが25勝かな」
「…ごめん。何の話?」
「マリオカート」
「ああ、そう。まぁ仲良くやってるんだってことは解った」
「照れるね」
「褒めてないからね。そうじゃなくて、恋人としてどうなのって話よ」
「え、恋人だと勝率が変わるの?」
「いや、とりあえずマリオカートから離れて」
「うん、わかった」
「…そうね、貴女には曖昧な質問しちゃダメなんだった。忘れてたわ」
「照れるね」
「褒めてないからね。えーと。デートとかしてるの?」
「してるよ。いろんなところ行ってるよ」
「へぇ、そうなんだ」
「愛の逃避行だよ」
「何から逃げてるのよ」
「現実…かな…」
「なんで突然後ろ向きなのか解らない」
「こないだはあそこに行ったよ。えーと…」
「ん、どこどこ?」
「ファッション………ホテル?
「えっ。ちょっと待って何それ詳しく」
「あ、違う、ファッションビル」
「何だ…びっくりさせないでよ…」
「ん?」
「いや、解ってないならいい」
「可愛らしいお洋服がいっぱいあるから、いろいろ買っちゃうんだよ」
「あー、貴女の買い物に付き合わせてるわけね」
「ううん、れーじくん用」
「あんたは彼氏に何を着せようとしているんだ」
「れーじくんも喜んで着てくれるよ?」
「本当に?」
「『もういい、好きにして…』って」
「それ喜んでないからね。完全に諦めモードだからね」
「それから、ゲームコーナーで一緒に遊んだりするの」
「へー」
「もぐら叩きとか」
「貴女できるの? のったりしてるうちに0点とかなってそうなんだけど」
「むー、失礼な。あたしだって、もぐらくらい叩けるもん」
「本当に?」
筐体ごと叩き壊しちゃったけど
「は!?」

「若気の至りだよ」
「いや…そんなに前の話じゃないよね…?」
「照れるね」
「褒めてないからね」
「あとUFOキャッチャーは魔物だね」
「あー、よく言われるわね。ついついお金を使いすぎちゃうって」
「倒したら経験値とお金がもらえたよ」
「え、比喩じゃなくて!? 本当に魔物だったの!?」
「その後出てきたもっと強い魔物に負けてお金取られちゃったけど」
「あ…あぁ、そう…」
「本当強いね。あの『店長』っていう魔物」
「魔物違ー! それ筐体破壊して弁償させられてんじゃない!」
「…よく解ったな」
「…貴女店に迷惑かけまくってんじゃないの…」
「あたしにもよく解らないよ。あたしが触った機械はなぜか壊れちゃうんだ」
「そういえば昔から貴女そうだったわよね…」
「照れるね」
「褒めてないからね。それにもぐら叩きは叩き壊したって自白してるし」
「鋭い。さすがしーちゃん。伊達におっぱい大きくない」
「さらっとセクハラ発言しない」
「伊達に濃くない」
「何が!? ていうか、こんな公共の場所で変なこと言うのやめてくれる!?」
「照れるね」
「褒めてないよ! 本当やめて!?」
「ご、ごめん…」
「絶対よ? 全くもう…」
「うん、れーじくんだけに言うことにするよ」
「……」
「…しーちゃん顔怖い」
「…言ったの?」
「…言いましたね」
「…グーで殴っていい?」
「…できれば穏便に済ませていただけると助かりますね」
「…反省は?」
「…雰囲気的にした方が良さそうなので、しています」
「……」
「…えへっ?☆」
「…はぁ、もういい。私、貴女の彼氏にもう顔合わせられないわ…」
「…ごめんね?」
「はいはい。もう変なこと言ってないでしょうね?」
「お尻にほくろあるって言った」


 ゴッ(打撲音)