ユイノットらぶ式会社 > 作品 > ショートコント:ふしぎちゃんと歌手への道


ショートコント:ふしぎちゃんと歌手への道
(2014/12/12作)

「れーじくん」
「どうしたの」
「あたし、歌手になろうと思うんだ」
「そう。がんばってね」
「うん」
「……」
「……」
「……」
「うっす! リアクションうっす!」
「何か不満でも」
「不満だらけだよ! 何よりあたしがツッコミに回ってるのが一番不満だよ!」
「そこかよ」
「歌手だよ歌手! げーのーじんだよ!?」
「うん」
「もっとホラ、あるじゃん? 『はぁ!?』とか『なんで!?』とか」
「はぁ…なんで?」
「何その端々から溢れ出る言わされてる感! 文字は合ってるのに!」
「いや、なんかもう… めんどい
「酷っ! あたしの葛藤を四文字で片づけられた!」
「いや、そもそもさ… 本気で言ってんの?」
「あたしはいつでも本気だよ! マジと書いて本気と読むよ!」
「逆だからねそれ」
「本気と書いてマジと読むよ!」
「はーいよくできました」
「あっ。あたし今馬鹿にされてる」
「ふしぎちゃんさ…カラオケの時、皆からどう呼ばれてるか知ってる?」
「ジャイアン」
「解ってるんじゃん。ハイ解散」
「なんでジャィアンだと解散するの?」
「そこまで言われて解ってなかったか…」
「解らないね。解りたくもないね」
「解ってるんだね」
「しまった」
「解ってるなら話は早いでしょ。歌手になんかなれるわけないじゃない」
「現代科学を舐めちゃだめだよ」
「デビュー前から現代科学に頼る前提はやめようね」
「これは個性だよ」
「歌が下手っていう個性は歌手に向いてないね」
「光浦靖子よりはマシだよ」
「慰めにもならないね」
「時代を先取りしてるんだよ」
「じゃあ、その時代になってからデビューしようね」
「ぐぬぬ。さすがにれーじくんは口先でごまかせないか」
「ごまかしてまで歌手になる意味ある?」
「だって、なりたいんだもん!」
「なんでまた…」
「あたしだって握手券とか配りたいもん!」
「はい、握手」
「あ、うん、握手」
「……」
「……」
「……」
「…そ、そうじゃなくて! いや…これは…これで…」
「どっちだよ」
「……っ」
「……」
「…ひぇやぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「痛たたたたたた!」

「違うわ! ええい違うわこの虚け者め!」
「どこの武士だよ。いってぇ…力いっぱい握られた…」
「握手券だよ! 握手したいわけじゃないんだよ!」
「握手したくないのに握手券配るの?」
「そ、そこは! 握手するけども! するんだけども!」
「ふしぎちゃんがこんだけパニクってるのもなかなか珍しい」
「握手したくないわけじゃなくて! 握手したいわけでもなくて!」
「はいはい、要するに握手券を配る行為自体をやりたいんでしょ」
「そうそれ! それなんだよ! 行為をやりたいんだよ!
「なんかエロくなった」
「あと投票券も売るんだよ。CDとかもうどうでもいいから」
「一人なのになんの投票するのさ…」
「…不信任投票?」
「一周回って面白いなそれ」
「限定版も売り出して小銭を稼ぎたいところだね」
「限定版CD?」
「ううん、限定版投票券
「勿体無くて投票できないね。あと、今更だけどCDどうでもいいとか言うのはやめよう」
「えー、だってCD要る?」
「その発言…ネット配信とかそういうことでもなさそうだよね」
「うん。歌わない歌手っていうのも斬新じゃない?」
「何その『不射之射』みたいなの」
「まぁ、そこまで言うなら歌ってあげてもいいけどさー?」
「謎の上から目線だね。ジャイアンの癖に」
「むぐぅ。そんなに下手かなあたし」
「うーん。下手っていうか……自由?
「自由」
「うん」
「この道しかない」
「いや、自由民主党じゃなくて」
「よくわかんないよ」
「だろうね。正直、僕もうまい表現が思いつかない。独特過ぎて」
「どういうことだろう」
「例えば前にカラオケ行った時」
「うん」
「ユーミン歌ったよね」
「あったね。そんなことも」
「なんでシャウトしたの?」
「パンチが足りないかなって」
「あと、aikoも歌ってたよね」
「定番だよね」
「なんでサビがデスボイスだったの?」
「ボーカルに厚みがほしくて」
「ラルクも歌ってたよね」
「ビジュアル系もイケるくちなんだよ」
「なのになんで終始ラップだったの?」
「ごめん、それは本気でメロディ忘れたんだ」
「それで最後まで歌い切ったのもある意味すごいよ」
「照れるね」
「ハイハイすごいすごい」
「あっ。あたし今馬鹿にされてる」
「そうかと思えば唐突に美空ひばり入れたよね」
「昭和の歌姫だからね」
伴奏無視してレリゴー歌いだすから何事かと思ったよ」
「急に歌いたくなったんだよ」
「その割に、サビ以外の歌詞が全部『ふふふー』だったよね」
「細かいことはいいの」
「間奏で突然ホーミーしだした時はさすがにびっくりした」
「フフン、参ったか」
「というか、なんでホーミーできるんだよ」
「いや、なんか。やってみたらできた」
「そんな簡単にできる歌唱法じゃないと思うんだけど…」
「そういう個性だよ」
「便利な言葉だね、個性」
「歌手になれる?」
「ホーミー限定なら」
「やった! いや違うやってない!」
「あ、今回は気づくの早かった」
「ホーミー限定って、歌詞もメロディもないじゃん!」
「ないことはないんじゃないの。試しに歌ってみたら?」
「『みょぇーーーーーーーーーーーー』」
「わー上手上手」
「あっ。あたし今馬鹿にされてる」
「いやまぁ、ホーミー単体で言えば本気ですごいんだけどさ」
「嫌だよ! あたしは歌手で握手券配りたいんだよ!」
「…握手券配りたいだけなら、別に歌手じゃなくてもいいんじゃないの?」
「え?」
「需要があるかどうかは別として、花屋や公務員が配ったっていいんじゃ」
「……」
「……」
「れーじくん」
「どうしたの」
「あたし、握手券屋さんになろうと思うんだ」
「そう。がんばってね」