う た
        クロウ・ヨシツネ、決起の詩 H29、1

                                            古訪未夢

                       
 や み
  やまとの国に悪がはびこり   暗い闇に包まれようとする時 

  
  クロウ・ヨシツネに 『決起せよ!』 という天命が下る。

                                              

  あきらめないでほしい   やまとの国を見捨てないでほしい。 

        
 たみ
  世の多くの民がそなたの復活を待ってる。 


  そなたが勇気を持って決起すれば 


  そなたの決起を待ち望んでる人たちは必ずや力を貸してくれるだろう。

                                    
 
  立ち上がれ   クロウ・ヨシツネ。

                
てっつい             
  正義の剣で悪人たちに鉄槌を下せ。


  あきらめないでほしい  やまとの国を見捨てないでほしい。 


  多くの民に希望と夢を与えてほしい   勇気を持ってほしい。


  悪のはびこる世の中を許してはならない。


  立ち上がれ   クロウ・ヨシツネ。  


  天命ついに下る   英雄ふたたび。


 

 ※史跡めぐりをしていた時には歴史を感じると、ポエムを書いていました。現在は作品内で

   義経と共に旅をしているので詩が浮かび、その思いを書いてみました。




  (古訪未夢の世界)       (源義経ファンクラブ)