『吉田松陰先生の遺言』連載スタート
                                                 古訪未夢



     
   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング
 



 吉田松陰は幕末・長州藩の貧しい下級武士の家に生まれ、山鹿流兵学師範の吉田家

養子として入った。幼いころから学問に励み農作業にも従事したため、松陰は武士と

農民の気持ちを理解することができた。 

 時は幕末、
欧米列強の脅威迫る中、松陰は日本全国を旅し書物を読み外国の状況

を知り、有識者と出会い国難について意見交換し、庶民の暮らしを知り、
身分制度を廃

して天皇を中心にして日本全体が力を合わせて、外国の脅威から日本を守る必要性

を感じた。


 吉田松陰先生は外国の優れた文明を学ぶために下田で海外密航の失敗→→

萩にて入獄
→→自宅幽閉→→松下村塾の開校→→弟子の養成→→弟子への遺言

→→
憂国の志士としての死、となりました。

 
憂国の志士である吉田松陰先生が何を思い、何を考え、何を実行しようとしていたの

か。松陰先生の目指す国づくりとは……。




   せんけん  めい
 ※先見の明(未来予測)が優れていた吉田松陰先生についてもっと知りたい方は、

   『松下村塾友の会』に入会して会報「草莽」を読んでください。新しい世界が開け

   ます。






  古訪未夢の世界         歴史サークル        松下村塾友の会