『新・歴史活動圏』の紹介 

                                  ‐ 平成26年4月より
  
   

   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング



   歴史活動圏の活動を1ケ所集中方式から地方分散方式に変更します。

 現在の社会経済状況は日帰りの活動でないと参加者の確保が難しくなっ

 ています。そのため便宜上、全国を西日本、関西、中部、関東、東北に

 分けますが、日帰りで活動できる範囲(都道府県1〜複数)で歴史活動圏

 を設立し活動します。10代〜60代の歴史ファンが歴史活動圏の設立と

 活動に参加できます。なお、新・歴史活動圏の活動は、『旅行クラブ、飲み会

 クラブ、インターネットクラブ』の3要素を排除して、健全で研究心のある歴史

 ファンだけが入会し活動に参加できます。活動していない地域は会員候補の

 人数を掲載しています。母体のホームページは
『古訪未夢の世界(新)』です。

 
  〔活動範囲〕

 
(西日本地区)
  
 
 @『瀬戸内海、歴史活動圏』(『瀬戸内海クラブ』

 ・代表、日高孝市(愛媛)…『日本史愛好会』『松下村塾友の会』

                  『源義経ファンクラブ』会長


 ・副代表、村上宏之(愛媛)…『日本史愛好会』副会長(古代史クラブ代表)

 ・会員ーー3名

  『瀬戸内海・歴史活動圏』の活動範囲は愛媛、広島、香川、岡山、山口


  で、活動実施グループが『瀬戸内海クラブ』です。『瀬戸内海クラブ』が

  中心になり、瀬戸内海の中心地・しまなみ海道の大三島にて春に会合

  (研究発表、意見交換会、親睦会)、秋に瀬戸内海周辺の史跡めぐりを

  行ないます。瀬戸内海には美しい景色と温泉、明治維新発祥の地・長州

  (山口)、源平合戦(一ノ谷、屋島、壇ノ浦)、古代史、南朝、戦国、近代史

  などの史跡がたくさんあります。皆で力を合わせ役割分担して自分たちの

  希望を実現しましょう。

  
『瀬戸内海クラブ』の活動(大三島の大山祇神社、大島の村上水軍資料館)
   
    を平成29年4月後半に実施予定で参加者(10代〜60代)を募集中です。 


 A南四国、九州、山陰地区で希望者は歴史活動圏を設立できます。




  (関西地区)

 @関西地区は活動範囲や歴史ファンが多く、一人のスタッフでは健全な

   活動を実施できないので府県別で歴史活動圏を設立してください。

 
※活動会員の候補


  (中部地区)

 @中部地区は東海、甲信、北陸に分けて歴史活動圏を設立してください。


  (関東地区)

 @関東地区は活動範囲が広く歴史ファンが多いので、北関東、南関東に

   分けるか
都県別に歴史活動圏を設立してください。

  ※活動会員候補ーー1名。



  (東北地区)

 @『源義経ファンクラブ』『義経夢の会』(源義経北行伝説研究家の

  
集まり)と協力して東北地区歴史活動圏(奥州ク ラブ、源義経王国)

  
設立の準備中です。なお『義経夢の会』が毎年秋に行なっている

  日帰りの『源義経北行伝説バスツアー』に『源義経ファンクラブ』会員も

  希望すれば参加できます。



  〔制度と規則〕

 @活動を一ヶ所集中方式(全国大会)から地方分散方式にする。
 
   全国を便宜上、西日本、関西、中部、関東、東北地区に分けます。

   その中で都府県1〜複数で設立できます。


 A歴史活動圏の代表は副会長を兼任し、活動実施時には会長代行

   として健全な活動を行なうための権限と義務を持ちます。


 B歴史活動圏の活動では活動案内状と報告書(活動レポート)を会長

   に提出
できる体制ができれば活動を開始できます。提出できなければ
  
   活動が終了します。活動案内状と報告を会報やホームページに掲載

   すれば新会員の入会促進に繋がり、自分達の活動にも役立ちます。

   また、会報の充実や歴史サークル活動の活発化に繋がります。

 C歴史活動圏への参加者は『日本史愛好会』『松下村塾友の会』『源義経

   ファンクラブ』の3つの歴史サークル会員と仲良く活動できる人に限定し

   ます。


 D歴史活動圏の活動の基本は役割分担と費用のワリカンです。活動主催

   者は会員の役割分担を決め歴史サークル活動を理解していると判断す

   れば本人の希望を実現できるように手助けしてください。活動費用でレン

   タカー代、駐車場代、有料道路料金代などはワリカンです。

 E歴史活動圏の活動では会長、スタッフ、会員はそれぞれの立場で活動

   し越権行為を行なってはなりません。役割の変更を希望する場合は会

   長に申し出てください。

 F歴史活動圏の活動では活動直前や当日に活動内容の変更や追加を

  禁止しています。活動案内状を作成するには半年や1年前から調査、

  準備をして緻密な計算により成り立っています。活動内容への意見は

  早い段階で主催者へ連絡してください。

 G歴史活動圏の活動では飲酒を禁止しています。飲酒の席では冷静な

   判断が出来ないので歴史サークル活動の本道から外れる恐れがあり

   ます。また事故に繋がる恐れがあります。

 H歴史活動圏の活動では活動に参加した時のみ、今後の活動の希望

   について参加者から聞きます。

 I歴史活動圏の活動では地域クラブを結成し、(瀬戸内海・歴史活動圏

   → 瀬戸内海クラブ)3つの歴史サークル会員を『会員』、一般参加で参

   加費を少し多く(300円)納めて活動のみに参加する人を『準会員』と

   しています。どちらも活動に参加し、2回目からは会員(準会員)登録

   しなければ活動に参加できません。規則破りなどで周囲に迷惑をかけ

   た場合は登録抹消され活動には参加できません。

 J歴史活動圏の活動では自家用車を提供した人は、参加者からガソリン

   代相当の費用を分担して負担してもらいます。一人当たり4時間で500

   円(史跡めぐり全体の時間)が目安です。

 K歴史活動圏の活動は、「目先の欲求にとらわれず、大局を見て行動す

   る」 (自分の欲求を無理に実現しようとして周囲に迷惑をかけ、活動が

   継続できなくなる)心がけが必要です。

 L歴史活動圏の活動では自分の問題行動が、自分の好きな人物や住ん

   でる地域のイメージダウンに繋がることを常に心がけて言動・行動して

   ください。

 M歴史活動圏の活動では、自分の希望を50%程度に押さえ、残りの50%

   は順次実現を目指すか、個人活動で実現を目指してください。グループ

   活動の基本は会長、スタッフ、会員など周囲との協調行為が必要です。


 ※歴史活動圏の活動では、会員のアドバイザー担当が会長になりました。

   皆さんが安心して活動に参加できるような制度と規則にてセーフティー

   ネットを確立しています。わからないことがありましたら会長まで手紙で

   問い合わせてください。活動の希望についてはすぐに実現できるものと

   時間がかかるものがあります。


   
 [歴史活動圏の設立方法]お茶会からはじめよう

  『歴史活動圏』の設立について方法を紹介しますので参考にしてください。

 @各地域で歴史活動圏の活動会員候補が3名を越した所に、会長の方から

   各自の意思を確認し、代表希望者(いない場合は年長者)が他の会員に

   呼びかけ、日時と場所を決めて結成大会を開きます。なお事前に会長から

   歴史活動圏の資料(制度、規則、範囲)を代表に送ります。代表は活動

   実施毎にコピーして参加者に送ります。そして代表や副代表、活動内容、

   活動範囲の地域、地域クラブ名を決めて会長へ報告します。

 A会長はそれを会報に掲載し、インターネット・ホームページへ簡単に掲

   載します。ホームページの連絡先は会長経由になります。会長から

   代表に活動案内状や報告書の参考例を送り、作成方法を指導します。

 B歴史活動圏の活動を行なう時は事前に代表が会報に簡単に活動案内

   を投稿します。会報の発行1ケ月前までにわかる範囲で書いて送ってく

   ださい。

 C会長はそれを会報に掲載し、ホームページにも簡単に掲載します。

   ホームページでの連絡先は会長経由になります。

 D活動の実施が決まれば代表は活動参加者にくわしい案内状を送ります

 E歴史活動圏の活動が終了すると1ケ月以内に活動報告(レポート)を

   代表から会長へ送り、会長は会報へ掲載し、ホームページにも簡単に

   掲載します。

 F活動毎に参加費を余分に300円納入して活動のみに参加する準会員

   は代表が活動参加者を募集できます。なお歴史活動圏の制度、規則は

   適用されます。

 ※活動案内、活動報告を定期的に会報とホームページに掲載することで、

   活動実績を宣伝できて会員の増加を期待できます。また会員の作品

   制作技能と意欲の向上に繋がります。歴史活動圏の活動にて会員が

   問題行動を起こし、代表が注意しても効果がない場合は会長と相談

    して必要な処置を取ってください

 ※歴史活動圏の設立について問い合わせ、相談があれば遠慮なく連絡

   してください。

    (スタッフの役割)

 ・代表ーー活動案内状・活動報告書の制作が必要なので文書作成能力

        が必要です。参加者への対応(問い合わせへの応答、案内状

        の送付)

 ・副代表ーー活動準備(史跡資料の収集、交通ルートの調査)

         活動実施補佐(車担当、地理案内)など、複数名。



   
(準会員制度の紹介)

 @歴史活動圏では主催者の判断で
『準会員制度』を採用できます。

 A歴史サークルに入会せず活動参加ごとに参加費300円を余分に

   納めます。

 Bホームページ『古訪未夢の世界』→『新・歴史活動圏』で活動案内、

   報告を知ります。

 C準会員も歴史活動圏の制度・規則が適用されるので、主催者の

  判断で準会員の登録・抹消ができます。

 



 『日本史愛好会』   『松下村塾友の会
   『源義経ファンクラブ』


  『瀬戸内海クラブ』 
 『古訪未夢の世界』