歴史、『瀬戸内海クラブ』案内
     日高孝市

             (瀬戸内海・歴史活動圏)

 

   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング




 

                                  瀬戸大橋(しまなみ海道)

 (会則、活動案内)

 
  『瀬戸内海クラブ』(瀬戸内海・歴史活動圏)は瀬戸内海の美しい景色(海、山、川、

 瀬戸大橋)を楽しみながら、史跡めぐりを車にて日帰りで実施するグループです。

   平成23年2月1日に結成され、会合(研究発表、意見交換会、親睦会)も行ないます。

 平成26年5月18日より活動を開始しました。私は吉田松陰先生の教え源義経の奇跡

 を参考にして瀬戸内海の中心地・しまなみ海道の大三島に、瀬戸内海地域の歴史ファン

 だけでなく、全国の歴史ファンを集めて会合(研究発表、意見交換、親睦会)、史跡めぐり

 を毎年春に行います。秋には瀬戸内海周辺の史跡めぐりを行ないます。時代別、地域別

 のお茶会や史跡めぐりも行います。瀬戸内海周辺の歴史ファンの皆さんの活動参加と協力

 をお願いします。母体のホームページは
『古訪未夢の世界(新)』です。


 ・結成日       平成23年2月1日

 ・活動開始日    平成26年5月18日

 ・スタッフ      代表、日高孝市(愛媛)
                『日本史愛好会』『松下村塾友の会』『源義経ファンクラブ』会長

             副代表、村上宏之(愛媛)
                  『日本史愛好会・副会長』「古代史クラブ」代表  

 ・会員        3名

 ・準会員       0名

 
※会員、準会員、参加者の募集中です。活動内容の問い合わせ、希望も受け付けています。

 〔郵便用]

 (連絡先)〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 日高孝市


   
(会則)

 @活動範囲は瀬戸内海周辺とし、参加者の地域は制限なしです。


 A自家用車、レンタカーを利用して日帰りにて『史跡めぐり』を行ないます。

 B瀬戸内海の中心地・しまなみ海道の大三島にて春に会合(研究発表、意見交換会、

   親睦会
)を定期的に行ないます。秋には瀬戸内海周辺にて史跡めぐりを行ないます。

 C『瀬戸内海クラブ』は「日本史愛好会」「松下村塾友の会」「源義経ファンクラブ」内の

   瀬戸内海・歴史活動圏として活動しますが、参加者は会員、準会員、一般参加などです。


 D『瀬戸内海クラブ』の活動に参加希望者は活動に参加後、『会員』登録し(10代〜60代)

  役割分担を決め活動への希望を出せます。3つの歴史サークルに入会せず、参加費を

  少し多く納入し、活動のみに参加する『準会員』(10代〜60代)も活動に参加できます。

  一般参加後、本人が希望すれば会員、準会員にもなれます。

 E『瀬戸内海クラブ』内の連絡は手紙、急用時は電話を利用します。

 F活動参加費は会員200円(文書通信費) とし、準会員と一般参加は500円(文書通信、

   活動企画費)、車代は自家用車利用の場合は1日一人1000円(半日は500円)、

   レンタカー利用の場合は割り勘 となります。

 
 G春と秋の1回づつ参加者が確保できれば活動を実施します。定期的に活動案内・報告を

   行なうため宣伝になり、参加者も少しづつ増えていくと思います。

 H活動主催者が日帰りで動ける範囲で地域)内の活動を主催します。そのためスタッフ、

   会員、準会員を募集します。


   (準会員制度の紹介)

 @歴史活動圏では主催者の判断で
『準会員制度』を採用できます。

 A歴史サークルに入会せず活動参加ごとに参加費300円を余分に

   納めます。

 Bホームページ『日本史愛好会』→『新・歴史活動圏』で活動案内、

   報告を知ります。

 C準会員も歴史活動圏の制度・規則が適用されるので、主催者の

   判断で準会員の登録・抹消ができます。


  (瀬戸内海の主な史跡、写真集)

           
         
た た ら
   (道の駅『多々羅しまなみ公園』)     (しまなみ海道『多々羅大橋』)
   ・海鮮レストラン(大三島)          大三島にて


         
     
おおやまずみ
    (大山祗神社)大三島          大三島、(大山祗神社の国宝館)

        
                             
 た  た  ら おんせん
    お土産店(村上井盛堂)            (多々羅温泉)大三島
    
よしつねよろいもなか
    (義経鎧最中などあり)
     大三島                                

          

                               のしま
  宮浦港(近くに大三島・役場、公民館あり)   能島城跡(村上水軍の根拠地)


        

   能島の桜                    飛鳥の湯(道後温泉別館)
  (能島城跡に咲く桜は、年2日、桜の     (飛鳥時代に聖徳太子が道後温泉を
   時期に大島から出る臨時のフェリー      を訪ねたことから、飛鳥の湯は屋根
  で訪ねることができます)             にシラサギとシビを備えた建物です。)


      
                                         しらさぎ
  道後温泉本館(松山市)             湖と紅葉(松山、白鷺湖)

  (飛鳥時代から天皇家の保養地として    (冬が間近の紅葉が見える湖、
   岩風呂があった所の近くに道後温泉     湖の水が緑に見える自然の
   があり、現在の建物は明治時代に       美しさ)
   建築したものでした。)



 (活動報告)

 @ 『大三島、歴史ファンの集い』 H26  古訪未夢

   5月18日(日)にしまなみ海道の中心地・大三島にて『大三島、歴史ファン

 
の集い』を実施しました。当日は古代史ファン〜幕末ファンの男女が活動に

 参加し、歴史についての意見交換、史跡めぐり、参加者の親睦を図り楽しい

 ひとときを過ごしました。今後の活動についても意見交換をしました。


 (瀬戸内海の史跡探訪)
   
の  しま
 
@『能島城跡』探訪 H28  古訪未夢

  
 4月初、能島(村上水軍の城跡)を花見シーズンにのみ運行する大島からの

  臨時フェリーを利用して訪ねました。上記に
史跡『能島城跡』の石碑能島の桜

  
の花の写真を掲載しています。能島は小さな島で村上水軍の基地としては『ハリ

  ネズミ』のようなイメージです。村上水軍は瀬戸内海航路の管理(通行料の徴収)

  や陸の武将の依頼で戦いの手助けをしていました。


 A
『飛鳥の湯(道後温泉別館)』探訪
 H29 古訪未夢 
 
  
 12月初、最近、道後温泉別館として建築された
『飛鳥の湯』を訪ねました。

  道後温泉は飛鳥時代から
天皇家の保養地として岩風呂があったことから、

  立派な建物が明治時代に建てられました。ここには幕末の風雲児
高杉晋作

  も訪ねてきました。飛鳥の湯の屋根にある
シラサギ』は古来、シラサギが温泉
                                
  で傷を治したことから、また菊間瓦でつくられた
『シビ』は宮殿の屋根に使われた

  ものを再現したものです。温泉の中は木を多く使うなど古風でした。


 (今後の活動予定・
企画案)  

 @『岡山、歴史ファンの集い』

  
岡山市にて『岡山、歴史ファンの集い』を行ない、秀吉の水攻めで

  有名な『備中・高松城跡』を訪ね、古代史ファン〜幕末ファンが食事の

  時間やお茶の時間を利用して、歴史についての意見交換を行ないます。

  また主催者から『備中高松城の水攻め』についての逸話秀吉側、

  毛利側)
『本能寺の変』についての検証を紹介します。参加希望者は

 
会員、準会員、一般参加として 歓迎します。10代〜60代の方の参加

  を期待します。参加希望者が3名になれば実施します。問い合わせ、

  参加希望者は主催者まで手紙で連絡してください。

  ※主催者、『瀬戸内海クラブ』代表、日高孝市

  (連絡先)〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地

                                   日高孝市

 A『大三島にて会合、テーマ…吉田松陰先生の残した物

   しまなみ海道の中心地・大三島にて『春の会合イン大三島
、テーマ

 
…吉田松陰先生の残したもの』で、テキストは主催者が、
『吉田松陰

 
先生が残した言葉ベスト15』の解説付き、『吉田松陰先生の遺書・

 留魂録』の解説付き
を用意します。明治維新への指針を示して弟子

 たちの明治維新への活動を成功させた吉田松陰先生についての教えを

 主催者から参加者に内容を説明し、 参加者の意見も聞きます。

   参加希望者は会員、準会員、一般参加として歓迎します。10代〜

 60代
の方の参加を期待します。参加される方は吉田松陰についての

 書物を1冊程度は事前に購読しておいてください。参加希望者が5名に

 なれば実施します。

   問い合わせ、参加希望者(会員、準会員、一般参加)は主催者に手紙

 で連絡してください。
 
 ※主催者、『瀬戸内海クラブ』代表、日高孝市

  (連絡先)〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 

                                   日高孝市


 B『大三島にて会合、テーマ…源義経の奇跡』

   瀬戸内海を協力な水軍にて支配していた平家をわずか1年余で倒した

 源義経の行動は『源義経の奇跡』と呼ばれました。これは義経が武勇・

 戦術・戦略に優れていただけではありません。義経は権力者(頼朝)の

 不当な扱いを跳ね返す反骨精神(反動エネルギー)を発揮し奇跡を連発

  し、鎌倉の権力者を恐怖に陥れました。

   瀬戸内海の中心地・しまなみ海道の大三島にて会合『テーマ…源義経

 の奇跡』
参加希望者(10代〜60代)が5名以上になりましたら実施

  します。会合では主催者(日高)が研究発表します。
問い合わせ、参加

  希望者(会員、
準会員、一般参加)は主催者に手紙で連絡してください。
 
 ※主催者、『瀬戸内海クラブ』代表、日高孝市

  (連絡先)〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 

                                   日高孝市

 C『歴史ファンの集いin岡山・吉備』

  
古代最古の古墳といわれる浦間茶臼山古墳とその墓に埋葬された

  といわれる
大吉備津彦命が主祭主の吉備津神社と岡山の遺跡出土品

  展示された
岡山県古代吉備文化財センターを日帰りにて車を利用し訪ね

  ます。昼食をかねて親睦会、お茶会で日本史全般の意見交換を行います。

    参加希望者は
会員、準会員、一般参加として 歓迎します。10代〜60代

  の方の参加を期待します。参加希望者が3名になれば実施します。問い合

  わせ、参加希望者は主催者に手紙で連絡してください。

 ※主催者、『瀬戸内海クラブ』副代表、村上宏之

  (連絡先)〒792-00
26 愛媛県新居浜市久保田町2-1-1031サーパス

                  久保田306 村上宏之


  D『源義経・記念樹の史跡めぐり』

    源義経が文治1年(1185)8月16日〜11月7日の短期間、伊予守

  に就任していた時、就任記念として宇和島市の伊吹八幡神社に家臣の

  鈴木重家に命じて2本の「イブキ」を植樹しました。あれから
830年が

  
経過した記念樹(国指定天然記念物)を車を利用して訪ねたい方は

  連絡してください。参加希望者(10代〜60代)で手分け・協力して実施

  したいと思います


 ※主催者、『瀬戸内海クラブ』代表、日高孝市

  (連絡先)〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 

                                  




  (古訪未夢の世界)     (歴史サークル)      (日本史愛好会)




  (松下村塾友の会)     (源義経ファンクラブ)    (大河ドラマ情報)


 

  (古代史クラブ)