『歴史法廷開廷、吉田松陰の死罪は正当か!』
                                           
                                            連載作品スタート                                       
 
                                                    古訪未夢

    

   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング

  



  徳川幕府末期、長州藩の憂国の志士である吉田松陰先生は『安政の大獄』により、

死罪となった。その処置に対して、吉田松陰先生の弟子である
高杉晋作、久坂玄瑞、

入江九一、吉田稔麿、桂小五郎
が連名で、「吉田松陰先生の死罪は権力者の横暴

であり、不当である!」
という訴えが歴史法廷に提出された。弟子たちの要請により、
               
せいよしのり
悪を憎む正義の弁護士・
聖義徳が登場した。そして歴史法廷が開廷された。
               
 おんてき  い い なおすけ
  ついに吉田松陰先生の
怨敵(井伊直弼大老)を歴史法廷に引きずり出し、弟子達

の必死の訴え、原告代理人(弁護士・聖義徳)の執念のような調査と鋭い指摘により、

その罪を鋭く追及して、無念の思いで亡くなった吉田松陰先生の罪状を正当なもの

とし、師弟の無念と怒りを沈めたいと思います。
法廷では井伊直弼と原告代理人が

激しいバトルを繰り広げ、なかなか自らの判断ミスを認めない井伊大老に対して、

原告代理人は最後の手段に訴える。




                                           つづく (連載作品の購読)





            せいよしのり
   (弁護士・聖義徳のプロフィール)

  弁護士・聖義徳(せいよしのり)は少年のころから正義感が強かったが、正義を実行

する能力も勇気もありませんでした。聖義徳は大人になり一念発起して法律を学び

弁護士として、歴史法廷にて日本史上の不正・不法を正すために、被害者の要請を

受けて権力者や悪人を相手に激しい論争を繰り広げます。

  聖義徳は情に弱いが悪を憎む正義の弁護士、高い見識と深い知識を持った弁護

士として、今後、歴史法廷にて被害者の要請を受けて悪人を追い詰めます。聖義徳

の今後の活躍を大いに期待します。





 ※この作品を購読したい方は『松下村塾友の会』に入会し、会報「草莽」を

   読んでください。








     (古訪未夢の世界)    (松下村塾友の会)     (吉田松陰クラブ)