歴史法廷開廷『源義経・殺人事件』スタート

                                                古訪未夢


    ようこそ、あなたは Counter 番目のお客さんです。


  ぶん じ       うるう               たかだち      やすひら
  文治5年(1189)閏4月30日、平泉の高館にて藤原泰衡は源義経公を殺害した。こ

                   
ちょうてき
れは鎌倉の源頼朝からの命令
「朝敵の源義経を討て」を実施したものである。ところ

                                                                   
えんざい
が源義経公の身近にいた側室である静御前殿から、
「源義経公は無罪、朝敵は冤罪


である」
という訴えが、歴史法廷に提出された。そこで日時不明で『歴史法廷』開か


れた。
 

  歴史法廷では静御前、武蔵坊弁慶などの証言、原告・代理人や弁護士の執念とも


思える調査と鋭い追求により、藤原泰衡、源頼朝などの悪行が次々と明るみにされて


ゆく。
また自分の死後の歴史を知った頼朝はどうするのか。
 
                        
えんざい
 
果たして源義経公の無実は証明され冤罪は晴らされるのか。法廷を通して歴史の


真実に迫る新たなパターンの作品です。



                                       つづく (連載作品購読)



 ※この作品に興味のある方は『源義経ファンクラブ』へ入会して会報「よしつね」を
 
  読んでください。
 





    古訪未夢の世界      歴史サークル      源義経ファンクラブ