日本史の検証


                                                 古訪未夢

     

   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング


  

  私は歴史研究家、作家『古訪未夢』として日本史全般を検証したいと思います。

    公式文書は権力者によって自分たちに都合の良いように作成されたものである。日本史において、
                          
ねつぞう  にお              そ が
    特に飛鳥時代と鎌倉時代は『歴史の捏造』の匂いがする。飛鳥時代は蘇我氏の横暴により天皇家
             
 おちい                                    ようりつ
    が存亡の危機に陥った。蘇我氏は政敵を毒殺しておいて、真っ先に『病死』として擁立している天皇

    に報告することで『歴史の捏造』を実施しているようだ。
 
    鎌倉時代は『初めての武家政権』ということと、樹立過程で謀略や武力の威嚇が行なわれ朝廷から

    不法な手段で権力を奪い取った。そして源氏政権を家臣の北条氏が乗っ取り将軍を傀儡化し、天皇
                     
かいらいか
    の選出まで口出しし事実上の傀儡化を行なった。そのため政権としての正当性がないため、北条氏

    は公式文書の捏造を行ない、北条幕府の正当性を宣伝した。

    蘇我氏の歴史捏造は聖徳太子の遺志を受け継いだ人々によって、蘇我氏の滅亡となって処罰された。
                
 ごだいご
    北条氏の歴史捏造は後醍醐天皇によって北条氏滅亡となって処罰された。そこで以下の『歴史の謎』

   についての意見や資料がありましたら下記の住所までお知らせください。


  @蘇我一族の横暴(聖徳太子の毒殺説)
  
    蘇我氏は家臣の立場でありながら天皇家を操り、ついには天皇家の乗っ取りを企てた。その中で蘇我
                             
や ぎ そう じ   はる        せいうん
    馬子が聖徳太子を毒殺したという情報が、八木荘司著『遙かなる大和』『青雲の大和』で述べられてい

    ました。聖人・聖徳太子は中国(隋・唐)の制度を参考に日本に天皇家を中心とした中央集権国家の

    建国を目指していた。豪族の領地や領民を国家が管理し、豪族は天皇の家臣として役職に応じた

    報酬を受け取る大改革は蘇我氏にとって勢力衰退の危機であった。聖徳太子の病死の時期と蘇我

    氏の動きから『蘇我氏による善意の第3者を利用した毒殺』が濃厚となってきた。

  
  A北条氏による謀略(将軍・源実朝の暗殺黒幕説)
                             
かいらいか
    北条氏は家臣の立場でありながら将軍を傀儡化して鎌倉幕府を乗っ取った。そして天皇の選出にま
                                                
 さねとも                 くぎょう  
  で口出しし事実上の傀儡化を行なった。その過程で鎌倉幕府第3代将軍・源実朝の暗殺を裏で公暁を

  そそのか
した。公暁を実朝暗殺犯に仕立てることで、北条氏は政敵を一気に葬ることができる。北条義

  時による完全犯罪を暴くのはなかなか難しい。ただ、北条氏の思い通りにならない源氏将軍を親王将軍

  に替えたい願望があったのは確かなようでした。

   
   (連絡先) 〒799−2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 日高孝市






        (古訪未夢の世界)          (歴史サークル)   

   
        (日本史愛好会)            (源義経ファンクラブ)