作家『古訪未夢』作品の登場人物の紹介
   
                                                              古訪未夢


 私のオリジナル作品『歴史法廷シリーズ』『時の旅人シリーズ』『天命シリーズ』の主役と主な登場人物を紹介します。 

 ⑴ 『歴史法廷シリーズ』

 ①主役ーーー聖義徳(せいよしのり) 

   弁護士・聖義徳は少年のころから正義感が強かったが、正義を実行する能力も勇気もなかった。聖義徳は大人になり

 一念発起して法律を学び、弁護士として歴史法廷にて日本史上の不正・不法を正すために、被害関係者の要請を受けて

 暴君や独裁者や悪人の悪行を激しく追及します。聖義徳は情には弱いが悪を憎む正義の弁護士、高い見識と深い知識

 を持った弁護士です。

   弁護士・聖義徳は歴史法廷にて、被害関係者の依頼により源頼朝、梶原景時、蘇我馬子の3者を追及しました。3者と

 もに予想以上に悪人度が高く、理論攻め+アルファにて懲らしめました。現在は山県有朋を追及していますが、イメージと

 違い山県有朋の憂国の志に戸惑いがちです。

 ②敵役ーーー金満太郎(きんまんたろう)

   弁護士・金満太郎は少年のころから貧しい生活を送り、立身出世し裕福な生活を目指しました。そして金満太郎は苦学

 し法律を学び、弁護士となった。しかし少年のころの環境の反動か、金満太郎は立身出世のために金に弱く権力に弱い人

 間となった。そのため金持ちや権力者からの依頼を優先的に引き受けて、歴史法廷に望みます。だが弁護士としての能力

 は高く、しばしば弁護士・聖義徳を苦しめます。


 『時の旅人シリーズ』

 ①主役ーーー聖知徳(せいとものり)

   時の旅人・聖知徳は若いころから冒険心、行動力、正義感があり、自らの希望で過去の時代を旅する『時の旅人』となった。

 なお『時の旅人』機構は秘密組織のため内情は不明である。聖知徳は日常はマジシャンとして生計を立てている。彼のマジック

 は『幻惑マジック』と呼ばれ、若いころ世界を旅して身につけたと言われている。彼は『時の旅人』として、依頼者からの依頼内容

 を実行するために過去の時代を旅する。正義感の強い聖知徳は権力者(悪人)の被害を受けた人たちを助ける依頼を主に引き

 受ける。彼は腕時計タイプの小型タイムマシンで時空を旅し、衝撃銃で身を守る。

 ※『時の旅人・聖知徳』は源義経同盟より『義経の救出』依頼を引き受け任務を果たした後、「日本の歴史を変えないと悪人から

   善人を救えない」と言って行方不明になる。有能な『時の旅人・聖知徳』の行方不明に苦慮した『時の旅人機構』は規約を改正し、

   権力者の作成した公式文書は信用できないので、「日本の歴史の大筋を変更しない範囲での」時の旅人の裁量権を認めた。

   つまり、悪人の悪行に苦しめられている善人を助けることができるようになった。それを知った『時の旅人・聖知徳』は2年に

   渡る長い世界の旅から帰還した。そして被害関係者からの依頼を引き受けることになった。

 ②脇役ーーー坂本静香
(さかもとしずか)

   『源義経同盟』代表、坂本静香は気品と知性と美貌に恵まれた貴婦人のような女性だが、無邪気なところもある。常に源義経

 と全国の源義経ファンのことを考えている。坂本静香代表は全国の源義経ファンからの要望『源義経の救出』を時の旅人・聖知徳

 に依頼し、頼もしい聖知徳にほのかな思いを寄せる。


 『天命シリーズ』

 ①主役ーーー聖天使(せいてんし)「天の使い」

   聖天使は出生不明、正体も不明だが、『人の寿命を伸ばす能力と自然を自由に操る能力』を持っている。聖天使(天の使い)は

 人前には出ずに夢の中に登場し、選ばれし人物に『天命』を伝え、天命を実行できるように手助けするが、選ばれし者は私欲を捨て

 日本と民衆のために生涯を捧げなくてはならない。

   現在、聖天使「天の使い」は有能な『源義経』『上杉謙信』に天命を伝え、その実行を手助けしています。

 
  ※『歴史法廷シリーズ』にて、歴史法廷に招待(引きずり出す)してほしい悪人がいましたら、お知らせください。資料の有無、内容、

   など検討します。

  ※『時の旅人シリーズ』にて、助けてほしい人物がいましたなら、お知らせください。資料の有無、内容などを検討します。



  (連絡先)  🏣799-2307 愛媛県今治市菊間町川上957   日高孝市





  (古訪未夢の世界)   (歴史サークル)   (日本史愛好会)   (源義経ファンクラブ)   (松下村塾友の会)