『飛鳥の夜明け』スタート
                                                  古訪未夢

                                                               

    

   ようこそ, あなたは アクセスカウンター 番目のお客さんです
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング


 やまと       てんのう     おおきみ       ごうぞく
 
大和朝廷では『天皇』は『大王』と呼ばれ、豪族と呼ばれた武装勢力の力関係に

より選出
された。そのため、時として天皇の選出において謀略、政略、暗殺、戦争

などの不法な手段も用いられた。 その後、仏教の普及を巡り(天皇の選出を巡り)、

軍事担当の物部氏(物部守
屋)と財政担当の蘇我氏(蘇我馬子)が戦い、物部氏が

滅亡し蘇我氏が台頭する。この戦いには
蘇我氏の血を引く少年時代の聖徳太子が、

蘇我氏側として参加し、仏教を守るための戦いで
あると蘇我馬子や推古天皇に言わ

れ、それを信じて戦った。しかし後日、聖徳太子は蘇我馬子が権力を握るための

戦いであったことに気
づき、戦いにて物事を解決する手段を取らなくなった。
                             すしゅん
蘇我馬子は自分の思い通りにならない崇峻
天皇を暗殺し、姪の推古天皇と摂政

として聖徳
太子(推古天皇の甥)を擁立した。このように、日本力のある豪族

が天皇を殺害して権力を手
にする『野蛮国家』であった。       

 聖徳太子は天皇家の一員でありながら、蘇我氏の縁戚でもあり、平和的な手段

により両者を和解・
妥協させながら、庶民の幸せ追求、天皇の地位と日本の地位

向上を目指した。聖徳太子
は中国の隋使節を派遣し、進んだ文明を取り入れ、

豪族や役人が法律に基づいて政治に関与
するように『冠位十二階の制、憲法十七

条』を制定した。これは日本における初めての法律であった。これにより天皇家

豪族を筆頭とする役人に立場の違いを明らかにし、天皇家の権威により武力を

なるべく使わず物事を解決することを求めた。聖徳太子は蘇我馬子の権力欲を必

死で押え、平和的手法で国政を運営した。蘇我馬子は人望のある聖徳太子との

妥協による権力
維持を目指した。このように聖徳太子の時代には日本を『野蛮

国家』から『法治国家』へのスタートを切ることができた。

                                        おうぼう                       
 しかし聖徳太子の死により、再び、蘇我氏の横暴がひどくなり、ついには天皇

位を巡っての
争いから、蘇我入鹿(蘇我馬子の孫)が山背大兄王(聖徳太子の子)

一族を攻め滅ぼした。聖徳
太子が平和的手段で法治国家にて天皇中心の政治を遂行

する理想の道は閉ざされた。もはや残された道は実力行使しかなかった。 

                                     なかのおおえのみこ  なかとみのかまたり
 聖徳太子の目指した天皇中心の政治は、中大兄皇子と中臣鎌足(藤原鎌足)に引

き継がれた。
蘇我氏は自邸を宮門、子を王子、墓を陵と呼ばせ、天皇家と同格、

あるいは天皇家に取って
替わろうとした。蘇我入鹿は中国の王朝交代(現王朝が

衰えると力のある人間が新たに王朝を樹立する)を見て、蘇我氏の血を引く皇子

が天皇になれるのであれば、蘇我氏の主の自分が新たに王朝を樹立して王になっ

ても
かまわないと考えた。武勇はあるが学問のない蘇我入鹿の横暴、錯覚、勘

違いは越えてはならない一線
を越え蘇我氏一族の自滅に繋がった。
                          なかのおおえのみこ   なかとみのかまたり        あすかいたぶきのみやだいごく
 天皇家と自らの危機を感じた中大兄皇子は中臣鎌足と協力し、飛鳥板蓋宮大極

殿にて蘇我入鹿を殺害し、蘇我氏を滅亡させる。天皇や皇子が自ら剣をふるい

天皇家を守
ることは、めったにない。 
                                                  うちつおみ       たいか     
 中大兄皇子は皇太子(天皇の後継者)となり、中臣鎌足は内臣となり、大化の
かいしん
改新(日本を
隋や唐のような天皇家を中心とする律令国家とする)を開始した。

日本は少しづつ法治国家
としての体制を整えていったが、中大兄皇子がなかなか
                                           はくす え
天皇に就任せず政敵として有間皇子
の殺害、朝鮮にて『白村江の戦い』(本・

百済対
唐・新羅の戦い)での敗戦により、権威と人望を失う。その後、天智天皇

として即位するが、
唐の侵攻に備えて西日本各地に築城したり防人の配置など、

庶民の負担は増大した。結局、天智天皇は天皇の権威を高める
ことに失敗し、天皇

中心の政治を目指した試み途上で病気にて亡くなった

                    ち せい            おおあまのみこ                        じんしん
 その後、天智天皇の治世を手助けした大海人皇子は、有力豪族の支援を得て壬申

の乱(
智天皇の子・大友皇子との戦い)に勝利し、天武天皇として即位した。

天武天皇は皇族を大臣
として天皇親政を確立した。天武天皇は古代日本と天皇家の

歴史を記録した『帝紀』と『旧辞』を整理・編集し、『古事記』
『日本書紀』の

作成を命じた。またその後、天皇制の確立により有力な側近を得た女帝も登場した。

日本
は権威のある天皇のもと、戦いを通して天皇を中心にした法治国家となって

いった。まさに飛鳥時代は『日本の夜明け』であった。


 『飛鳥の夜明け』に興味のある方は「日本史愛好会」へ入会し、会報『やまと』を購読

   してください。






    (古訪未夢の世界)        (歴史サークル)       (日本史愛好会)