『新・悪人ベスト10名』、募集、掲載



     

  『日本史愛好会』では会報とインターネット・ホームページで日本史上の

 『新・悪人ベスト10名』を募集します。
悪人とは私欲や野心のために謀略や武力

 を用いて他人を犠牲にしたり、非戦闘員を多数殺害したり、日本の衰退や混乱

 を招き民衆を悲惨な目に合わせたものです。

  参考・例を参考にして個人名、時代名、簡単な理由を書いて送ってください。

 締め切りはありません。定期的に結果を掲載します。

  (参考、例)

   民放で放送された『悪人ベスト10名』を下記に紹介します。

 ①蘇我入鹿(飛鳥時代)ーーー聖徳太子の一族を殺害し、帝位簒奪を企てる。

 ②道鏡(奈良時代)ーーー女帝をそそのかし、帝位簒奪を企てる。

 ③頼朝と政子(鎌倉時代)ーーー源氏一族と関東の武士団により獲得した功績を一人占めし

                    朝廷を脅迫し権限を奪い取り、下克上(天下争乱)の始まりとなる。

 ④日野富子(室町時代)ーーー将軍の妻ながら金貸しをして国政に干渉し、応仁の乱のきっかけとなる。

 ⑤斎藤道三(戦国時代)ーーー君主に取り入り国を乗っ取り、君主を追放する。

 ⑥松永久秀(戦国時代)ーーー主君を追放し国を乗っ取り、将軍を殺害し国政を壟断する。

 ⑦明智光秀(戦国時代)ーーー主君の横暴に耐え切れず、裏切り殺害するが、三日天下となる。

 ⑧吉良上野介(江戸時代)ーーー浅野内匠頭をいじめ殿中で刃物沙汰となる。赤穂藩は取り潰しとなる。

 ⑨徳川綱吉(江戸時代)ーーー人より生き物を大切にし『犬公方』と呼ばれ、恐怖政治を行う。

 ⑩井伊直弼(江戸時代)ーーー日本の未来より徳川幕府体制の維持を優先し、朝廷や御三家を弾圧し

                   多くの有能な人材を殺害した。


                      
 ↓

 
 (悪人の定義)  

 ①目的を達成するために手段を選ばず、一族や他人を利用し使い捨てにする。

 ②戦いのときに降伏した兵士や非戦闘員を容赦なく多数殺害する。

 ③本人の気分次第で人を多数殺害する。

 ④政敵に対して死罪ほどの罪でもないのに殺害する。新しい時代に有能な人々

  が国家の発展と庶民の幸福に貢献する機会を奪う。

 ⑤和平会談と偽って相手を呼び出し殺害するなど勝利のために手段を選ばない。


  
 新・悪人ベスト10名発表
 
                       すしゅん
  ①蘇我馬子(飛鳥時代)ーー崇峻天皇を家臣に命じて暗殺する。  
                       やましろおおえ
  ②蘇我入鹿(飛鳥時代)ーー山背大兄皇子(聖徳太子の子)一族を襲撃し滅亡させる。

  ③道鏡(奈良時代)ーー女帝(孝謙・称徳天皇)を利用し僧侶の身で天皇になろうと企てた。

  ④源頼朝(鎌倉時代)ーー源氏一族や関東武士を利用し天下を取りながら、

             脅威を感じた者を使い捨てにする。


  ⑤北条時政(鎌倉時代)ーー謀略と武力を用いて源氏から鎌倉幕府の実権を奪い取る。


  ⑥北条政子(鎌倉時代)ーー嫁ぎ先の源氏よりも実家の北条家の繁栄を優先した。


  ⑦北条義時(鎌倉時代)ーー謀略と武力を用いて北条氏による鎌倉幕府の支配を強固にする。

    こうもろなお
  ⑧高師直(室町時代)ーー足利尊氏の執事(菅領)として権力欲と素行の悪さから、足利家内部の

                  争いにより直義(尊氏の弟)の家臣に殺害され、尊氏の名を落とす。


  ⑨織田信長(安土桃山時代)ーー桶狭間の戦いにより英雄となり、残虐行為の多さから魔王と

                      なり本能寺に倒れる。天皇位を狙っていたとも言われる。

  ⑩井伊直弼(江戸時代)ーー徳川幕府の大老として幕政改革派を弾圧し、討幕派の台頭を招く。



  『日本史愛好会』の会報「やまと」№88(H30,2,1発行)にくわしく掲載中です。



  (連絡先)

  〒799-2307 愛媛県今治市菊間町川上957番地 日高孝市







  (古訪未夢の世界)    (日本史愛好会)    (源義経ファンクラブ)   (松下村塾友の会)