江戸のユッタリズム

江戸のユッタリズム

 この題材は個人的に結構興味深いので、ネットでいろいろ集めて見たら、
あるわあるわ、あんな、こんな情報が盛りだくさん見つかりました。
 そこで、面白そうな情報を分かり易く、再構成してみました。

「基礎編1」

 こんがらがらないように、順を追って説明します。
 まずは、基礎編1の定時法です。

 江戸時代の時間の単位は”一時”(いっとき)で、これは現在の
2時間にあたります。一時より短い時刻の名称はありませんでした。
つまり一日24時間を12等分し、これを干支(えと)の十二支に
あてはめたのです。これが定時法です。
 
 子の刻(ね)  :午後11時〜午前 1時
 丑の刻(うし) :午前 1時〜午前 3時
 寅の刻(とら) :午前 3時〜午前 5時
 卯の刻(う)  :午前 5時〜午前 7時
 辰の刻(たつ) :午前 7時〜午前 9時
 巳の刻(み)  :午前 9時〜午前11時
 午の刻(うま) :午前11時〜午後 1時
 未の刻(ひつじ):午後 1時〜午後 3時
 申の刻(さる) :午後 3時〜午後 5時
 酉の刻(とり) :午後 5時〜午後 7時
 戌の刻(いぬ) :午後 7時〜午後 9時
 亥の刻(い)  :午後 9時〜午後11時


 当時、時刻は鐘をならして知らせました。その時にならした鐘の
回数が時刻の名称にもなっています。時刻を表す時の鐘は子の刻ならば、
子の初刻ではなく、子の刻のちょうど真ん中に当たる子の正刻、午の
刻であれば午の正刻つまり正午に撞くことになっていました。
いまでいえば、一時間ごとの時報が毎時0分ではなくて、三十分に鳴
るようなものです。

 このやや不思議な時報の仕方によって、九つ鐘が聞こえてから、
九つ(子、午)の刻が始まるというように考えられることになった
のです。したがって、午の刻というのは、午前十一時から午后一
時までであるのに対し、九つというのは、午の正刻、つまり十二時
からの二時間を指すことになったのです。

 ですから、下記に示すように例えば、午の刻と九つは一時間のずれが生じます。

 子の刻(ね)  午後11時〜午前 1時 ー九つ:午前 0時〜午前 2時
 丑の刻(うし) 午前 1時〜午前 3時 ー八つ:午前 2時〜午前 4時
 寅の刻(とら) 午前 3時〜午前 5時 ー七つ:午前 4時〜午前 6時
 卯の刻(う)  午前 5時〜午前 7時 ー六つ:午前 6時〜午前 8時
 辰の刻(たつ) 午前 7時〜午前 9時 ー五つ:午前 8時〜午前10時
 巳の刻(み)  午前 9時〜午前11時 ー四つ:午前10時〜午後12時
 午の刻(うま) 午前11時〜午後 1時 ー九つ:午後12時〜午後 2時
 未の刻(ひつじ)午後 1時〜午後 3時 ー八つ:午後 2時〜午後 4時
 申の刻(さる) 午後 3時〜午後 5時 ー七つ:午後 4時〜午後 6時
 酉の刻(とり) 午後 5時〜午後 7時 ー六つ:午後 6時〜午後 8時
 戌の刻(いぬ) 午後 7時〜午後 9時 ー五つ:午後 8時〜午後10時
 亥の刻(い)  午後 9時〜午後11時 ー四つ:午後10時〜午前 0時


「基礎編2」

 基礎編2は不定時法です。

 基本は基礎編1の通りなのですが、実際は1日を12等分するのでは
なく、次のような不定時法が使用されました。
 まず、1日を昼と夜に2等分し、更に昼を9つから4つ迄の6等分、
夜を9つから4つ迄の6等分する形で使用されたのです。ですから、季節
によって昼と夜の長さが違うため、夏の昼間の一時と、冬の昼間の一時が
ことなるのです。具体的には夏至の頃の昼は約16時間、冬至の頃の昼は
約11時間になります。これを6等分するわけですから、夏の昼の一時は
冬の昼の一時より50分も多いこととなります。更に夏至の時期、昼の
一時は夜の一時の約2倍にもなります。これが一般に使用された不定時法
です。

 また、一時はあまりにも時間間隔が粗く、更に同じ九つでも昼の九つ
と夜中の九つがある為、下記のような表現方法も使われました。


  (一時の半分区切りで昼と夜を「明」や「暮」で区別した時間表現)

 卯の正刻(う)  明六つ  (明六つ)日の出・一日の始まり
          明六つ半                  (午前)
 辰の正刻(たつ) 朝五つ                    ↑
          朝五つ半                    |
 巳の正刻(み)  昼四つ  (お四つ)午前10時のお茶の時間
          昼四つ半                    |
 午の正刻(うま) 昼九つ  (正午、太陽が南中する) ーーーーー
          昼九つ半                    |
 未の正刻(ひつじ)昼八つ  (お八つ)午後3時のお茶の時間
          昼八つ半                    |
 申の正刻(さる) 夕七つ                    ↓
          夕七つ半                  (午後)
 酉の正刻(とり) 暮六つ  (暮六つ)日没
          暮六つ半
 戌の正刻(いぬ) 宵五つ
          宵五つ半
 亥の正刻(い)  夜四つ
          夜四つ半
 子の正刻(ね)  夜九つ  (正子)
          夜九つ半
 丑の正刻(うし) 夜八つ
          夜八つ半
 寅の正刻(とら) 暁七つ
          暁七つ半


 ここで、今でも使われている「明六つ」「暮六つ」「正午」「午前」「午後」
「お八つ」などの言葉は定時法で現在の下記時刻となります。

「明六つ」:午前6時〜午前8時(日の出の六つ)
「暮六つ」:午後6時〜午後8時(日没の六つ)
「正午」:午後12時 (午の刻の正刻)
「午前」:午の刻の前
「午後」:午の刻の後
「お八つ」:午後2時〜午後4時 (八つ時)

 尚、三十分区切りの時間の表現方法もあり、その場合は十二支の区切りを
4等分します。例えば丑の刻を4等分して、三十分毎にそれぞれ「丑一つ」
「丑二つ」「丑三つ」「丑四つ」といいます。よって、「草木も眠る丑三つ
時」というのは定時法で「午前2時〜午前2時30分」となります。


「応用編1」

 落語に「時そば」という演目があります。まず、下記にあらすじを
ご紹介します。

 深夜、小腹が空いた男Aが通りすがりのそば屋を呼び止める。
Aは主人と気さくに世間話をして、煮込みそばを注文する。
そのそばを食べる前に「いや、実に良い箸だよ。素晴らしい」
と割り箸をほめる。更にそばを食べながら割り箸、器、汁、麺、
具のちくわなどを幇間持ち(たいこもち)よろしく、ひたすら
ほめてほめてほめ上げる。

 食べ終わったAは、16文の料金を支払う。ここで、「おい、親父。
生憎と、細けえ銭っきゃ持ってねえんだ。落としちゃいけねえ、
手え出してくれ」と言って、主人の掌に1文を一枚一枚数えながら、
テンポ良く乗せていく。「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、
四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」
と数えたところで、「今何時(なんどき)でい!」と時刻を尋ねる。
主人が「へい、九(ここの)つでい」と応えると間髪入れずに
「十(とう)、十一、十二、十三、十四、十五、十六、御馳走様」
と続けて16文を数え上げ、すぐさま店を去る。つまり、代金の1文
をごまかしたのだ。

 この一部始終を陰で見ていた男Bは、Aの言動を振り返ってどこ
か腑に落ちない様子だ。Bは、Aの勘定の時の数え方を「一、二、三
……」と再現してみる。「……九つ、十、十一、あれ?」「何時でい?
→九つでい→十。……あっ!!」ここで遂に、Aが1文をごまかした事
に気付く。その手口にえらく感心し、真似したくなったBは、自分も
同じことを翌日に試みる事にする。そばを食べる事が目的ではなく、
1文をごまかすためだけにわざわざそばを食べるのだ。

 待ちきれずに早めに繰り出したBは、Aの真似をするがことごとく
うまくいかない。箸は誰かの使ったもの、器は欠け、汁は辛過ぎ、
そばは伸び切り、ちくわは紛い物の麩。とうとうそばをあきらめ、
例の勘定に取り掛かる。「一、二、……八、今何時でい」主人が
「へい、四つでい」と答える。「五、六……」。まずいそばを食わさ
れた上に勘定を余計に取られるというオチ。


 どうでしょうか、昔この落語を聞いたとき、なにか妙だと思った
んです。何が妙かというと、AとBがそばやの親父に「今何時(な
んどき)でい!」と聞いたとき、Aには「へい、九(ここの)つでい」
と答えているのにBには「へい、四つでい」と答えてます。
 Bは待ちきれずにAより早めに繰り出していますが、「九つ」と
「四つ」では「(9−4)×2=10」時間も違います。
 ところが「江戸時代の時刻」で考えると、「九つ」のすぐ前の時刻
は「四つ」であることがわかります。つまり「九つ」は「深夜の午前
0時」で「四つ」は、その一時前の「午後10時」です。

 これで、昔からの疑問に合点がいきました。

 「江戸時代の時刻」一つを知っただけでも、いろんな疑問が氷解
してきます。面白いですね。


「応用編2」

 ここでは、江戸の庶民の時間感覚を味わってください。

 江戸庶民の一日は明六つの鐘を間いて始まります。たいがいの武士や
町人の家庭では、それより一刻前の七つの鐘で起き出して、朝食の
準備にかかっています。

 明六つは日の出より三十分ほど早い時刻を指すします。明六つから暮六
つまてが昼ということになりますが、暮六つは日没から三十分ほど後の
ことで、文宇が読めなくなるころ、星が輝き出す時分を指しています。

 江戸城には土圭(時計)の間があって、そこには立派な和時計が置か
れていて、土圭の間坊主が時計を守っており、時許によって城中の太鼓
を打たせていました。江戸城の時報で一番重要なのは、明六つの太鼓と暮六
つの太鼓で、これによって城門の開閉が行われました。もう一つ重要なの
は四つの太鼓であった。これは大名諸臣の登城の合図でした。
四つの太鼓は、四つより大分遅れて打ち始めるのが習慣でした。

 太鼓番は諸大名、旗本諸臣の登城が終了するまでの間えんえんと太鼓を
打ち続けるわけだからたいへんな労働でした。
 しかしながら、太鼓の音は騒音の少なかった当時でも、それほど遠く
までは間こえなかったらしく、登城する大名のなかには、家臣を城の近
くへ派遣して太鼓の音を聞かせ、そこから屋敷までの辻々に家臣を立た
せて扇子をかざして合図を伝達したといいます。


「応用編3」

 赤穂浪士と時間の関係、なるほどっていう感じです。

・討ち入りは十二月十五日!

 現代では一日の境目は午前0時となっているから、午後十一時五九分
五九秒までは前日で、0時0分から今日となる。ところが江戸時代には
日付変更について二通りの方法があるのでやっかいである。
 その一つは、現代と同じように真夜中を日の境とするもので、正碓に
いえば太腸が子午線を通過する時刻である。これは、暦法や公文書など
公式の記録に用いられたものである。
 ところでこの方法によると具合の悪い点がある。というのは、暦法や
公式に用いられている持刻法では、真夜中は子の正刻、つまり、子の刻
のちょうど真ん中に当たっている。したがって、子の初刻、二刻は前夜
であり、三刻、四刻は今暁に属することになる。つまり子の刻の前半は
きのうで、後半がきようとなって、子の刻が二日に跨ることになる。
 一方、一般に用いられたのは、明六つを日の境とする方法で、いわば
一日の活助の開始の時刻をもって、一日の始めとするきわめて便利な方
法である。これなら、夜が明けるまでに帰宅すれば「午前様」にはなら
ないわけで、夜遊ぴの好きな亭主族には大変都合良い日付変更法という
ことになる。
 したがって、江戸時代の記録を読むときにはこの点を注意しなければ
ならない。一例を、元禄十五年(一七○二)の赤穂浪土の吉良邸討入り
にみてみよう。
 各種の記録によると、赤穂浪土の討入り時刻は七つ前、すなわち現在
の午前三時半ごろのことである。浪土たちは十二月十四日夜から、三カ
所に分散集合して、吉良邸前に集合している。したがって、現代風にい
えば、射入りは十二月十五日の未明ということになる。
 ところが、当時の記録には、「十四日夜七つ時分、上野介殿御屋鋪へ
取掛」(寺坂筆記)とか、「昨十四日八つ半過上野介並に拙者罷在侯処」
(吉良左兵衛口上鶴書)のように、いずれも十二月十四日未明の事件と
記録している。
 これを、そのままに現代風に十二月十四日と考えると一日の誤差を生
じることになる。赤穂浪士の討入りは十二月十五日未明としなければな
らない。けれども、当時の人々は明六つまでは昨日と考えていたからこ
そ、上に掲げたような日付を記録したわけであるし、赤穂浪士の面々に
とっては、月は代われど主君の命日という意識が、いっそう戦意を高め
たわけである。(主君の月命日は十四日)
 なお、元禄十五年十二月十五日は太腸暦では一七○三年一月三十一日
に相当している。

<赤穂浪士について別の記述>

 元禄14年(1701年)3月14日の江戸城松之大廊下で浅野内匠頭長矩が吉良
上野介義央に対して刃傷におよんだ。殿中での刃傷に征夷大将軍徳川綱吉
は激怒し、浅野長矩は即日切腹、赤穂浅野家は断絶と決まった。対して、
吉良義央には何の咎めもなかった。

 当時は武家においては現代と同様に深夜0時が1日の境界、庶民においては
日の出が1日の境界とされていた。そのため、討ち入りは武家の時法では12月
15日未明であるが、庶民の時法では12月14日深夜となる。また元禄15年12月
15日は西暦の1703年1月31日となる。


「その他雑感」

 明け方はどんな季節だろうが、絶対、明六つで、太陽が真上〔赤道近くで
ないので真上には来ないでしょうが〕にあったら、九つ、日が沈めば暮れ六つ、
その間だけが人々の活動時間、なんていう生き方は人間的ですよね。時間に
縛られない、自然に則した生き方ですね。
 これからの待ち合わせは、「巳の刻、駅前で」なんていうのはどうでしょう。

トップページへ戻る