大阪、京都、兵庫、奈良の学習塾である馬渕教室の、中学受験コース情報を記載した個人サイトです。


馬渕教室中学受験コースの教科指導

小手先のテクニックやパターン学習に走るのではんく、教科の本質を確実に理解し、自分で使いこなしていく力を身につける授業です。メカニズムや論理を追求し、ゆるぎない学力の定着を図ります。

算数

対応学年:小学3年生・小学4年生・小学5年生・小学6年生
教育特徴:知識量ではなく情報処理能力、パターン演習ではなく思考力

学年別指導方針

小学3年生:柔軟な思考力の養成、考える算数の定着
小学4年生:受験算数の基礎固め、算数的な考え方の定着
小学5年生:小学校内容を終了、本格的な受験算数
小学6年生:あらゆる中学校に対応するための受験対策

授業の流れ

復習テスト:単元の学習が修了するごと(毎回もしくは2回に1回)に実施します。定着度・到達度のチェックに適しています。
確認テスト:3〜4単元の学習が修了するごとに、知識の定着度をまとめてチェックします。

国語

対応学年:小学3年生・小学4年生・小学5年生・小学6年生
教育特徴:直感やセンスに頼らない国語、構造から解きほぐす、考える国語

学年別指導方針

小学3年生:「聞く・話す」から「読む・書く」への移行
小学4年生:表現に意識的になる文と文、段落と段落の関係に注目
小学5年生:感覚的な国語からの脱却。体系的・倫理的な考える国語の学習
小学6年生:文章から設問へ論理的に答えを導き出す力の養成

授業の流れ

語句テスト:『語句の知識』テキストから毎回、宿題としてテスト範囲を指定して実施します。
復習テスト:漢字テストです。学年指定の漢字テキストから毎回、宿題として範囲を指定します。4回ごとに1回、まとめテストを実施します。
確認テスト:文法事項の確認テスト。3・4年生は『作文基礎練習』テキスト4回ごとに1回実施。5・6年生は『中学入試の国文法』テキストの各単元を修了するごとに実施します。

理科

対応学年:小学4年生・小学5年生・小学6年生
教育特徴:感覚的認識から論理的思考へ。知識と経験に基づく高度な分析能力の養成

学年別指導方針

小学4年生:事象を素直に受け止め、調べ学習を実践する
小学5年生:入試に向けての本格的な学習のスタート
小学6年生:受験生としての実践力の教科

授業の流れ

復習テスト:学習してからしばらく時間が経つと、記憶が薄れていきますので、覚え直して知識を確かなものにするため、以前に学習した単元から出題しています。年間を通じて毎回実施します。(確認テスト実施日を除く)
確認テスト:大単元の学習が修了するごとに実施します。各単元で学習し終えた内容が確実に身についているかどうかをチェックします。
定着テスト:4年生の講習会時は理科の授業がありませんので、前学期の学習内容の定着を図るテストを実施します。

社会

対応学年:小学4年生・小学5年生・小学6年生
教育特徴:生きた知識を身につける単なる暗記ではなくメカニズムを理解する

学年別指導方針

小学4年生:興味付けを行いつつ基本用語の定着を図る
小学5年生:知識を体系化し効果的に学習する
小学6年生:自分の勉強スタイルを確立する

授業の流れ

復習テスト:地理の学習中は地理の基本用語、歴史の学習中は地理、公民の学習中は歴史のテストを実施します。
確認テスト:単元修了ごとに、その単元が理解できているかどうかのチェックをします。
定着テスト:4年生の講習会時は授業がありませんので、それまでに学んだ基本用語に関するテストを実施します。