Counter


更新日 2013・2・15

龍は宝珠に乞いし恋焦がれる

〜椿 朋香〜


龍」と呼ばれる〈力〉ある者と、その力を高める事の出来る「宝珠」と呼ばれる者達が存在する世界。そこには伝説があった。〜幾千の時を眠りし氷結の宝珠 その輝きは天地をも動かす それを手にするもの天地を与えられるであろう〜 伝説の宝珠は、千年の永き時を支配する残虐にして非道な魔龍王ゼノアに封印されていた。愛を信じない孤高の龍ラシードの冷めた心を揺り動かしたのは伝説の宝珠アーシアだった。宝珠と女を嫌うラシードと傲慢な龍を嫌うアーシア。反発し合う二人はいつしか惹かれあって・・・



本編 外伝
 第一章 出逢い [][][][][]   銀の龍 [][][][][][][][][][10]完結 
 第二章 光石の街 [][][]   陽の龍 [][][][][][][][]完結    
 第三章 心の扉 [][][][][][][]   翠の龍 [][][][][][エピソード]完結 
 第四章 砂漠の街 [][][][][]   碧の龍  [][][][][][][][][]    
 第五章 砂漠の街U [][][][][]       [10][11][12]完結
 第六章 魔龍王 [][][]   紅の龍  [][][][][][][][][]
 最終章 無二の誓い [][][]完結        [10][11][12][13][14][甘い秘密]完結 
  翠の龍U〜翡翠の想い〜 [][][][][][]
           [][][][10][11][12]完結
短編集 
 銀とサーラ [前編] [中編] [後編] 完結 碧とアデル [前編][中編][後編]完結
 レン []完結   翠とクレア [][][][][][]完結 
 マリカとシアン[前編] [後編] 完結 紅とアーシア [][][][][][][][][]
 金とイリス [前編] [後編] 完結             [10][11][12]完結


著作権について当サイトに掲載している小説は、すべて管理人、椿朋香によるものです。
著作権は椿朋香に属します。盗作、盗用、無断転載などは固くお断りしています(本網站的所有圖片、文章的版權帰椿朋香所有、未經許可禁止拷貝或使用!)



 TOP    あとがき   

ネット小説ランキングに参加しています。投票して頂くと励みになります
(投票はバナーをクリックして下さい)
  


感想はこちらまで   ゲストブックへ (URLは必須ではありません。お気軽にコメントください)
過去のコメント [] [] [] [] []  [] [] []

外伝 読破ガイド(先に読む→次に読む) POINT
銀の龍 魔龍戦→前と直後  本編→単独読みOK ルカドが宝珠になった!兄イザヤの宝珠になりたかったが属性が違ってなれない…彼が決断したものは?公女サーラが恋するのは自分に無関心なイザヤ。愛されないなら憎まれたい!彼女のとった行動とは?
陽の龍 魔龍戦→前と直後  本編→単独読みOK 瀕死の重傷を負った彼を救ったのは宝珠のイリスだった。心を閉ざした彼女が亡き恋人を想い、遠くを見つめる姿にカサルアの心は痛む。存在しない相手に嫉妬するが…
翠の龍 魔龍戦→後(1〜2年後)  本編→単独読みOK レンが出逢った男は粗野でとても失礼な宝珠だった。
謎に包まれた男と、身分と目的を隠したレンとの奇妙な旅が始まった。
碧の龍 魔龍戦→後(1〜3年後) 本編→単独読みOKですが、 登場人物が フルに出るので外伝を全部読むとより分かりやすいです。 ラカンとラシードが宝珠売買の組織摘発へ向った地で出逢ったのは、家族を殺した男を捜すアデルだった。幼い少女は年を重ねいつしかラカンに恋をする。しかし博愛主義の彼にその恋が届くのか?
紅の龍 魔龍戦→後(1〜2年後)  本編→単独読みOK
陽の龍も読むと流れがいいです。
ラシードの様子が何となくおかしい。また彼は愛を信じなくなっているのだろうか?それならまた信じさせればいいのだ。もう一度ラシードを振向かせてみせる〜アーシアとラシードの愛の軌跡の物語。
翠の龍U 魔龍戦→後3年後〜  本編→翠の龍 死の宣告を受けたクレアが最後に望んだのは憧れのレンの下で働くことだった。しかしそこにはレンの番犬サードが目を光らせていた!でも彼女のレンに対する態度が他の女達と違っていて…そんなクレアにサードは戸惑いを見せ、レンもその様子が次第に気になり始めて…
                                                                                     
*下記の人物紹介はネタバレがあります

登場人物紹介

ーシア 淡い金髪。瞳は澄んだ淡い緑色の美しい少女。明るく誰からも好かれ、素直で優しい性格だが意思は強い。宝珠としての〈力〉は群を抜く。龍嫌い。〈伝説の宝珠〉
ラシード・ザーン 黒色の短髪。真紅の瞳。整った顔立ちだが他を寄せ付けない冷たい雰囲気。冷静沈着で何事にも動かされない固い意志を持ち、言葉少なく落ち着いた冷たい声音。父親は都の重臣で、母親は龍である父の宝珠。宝珠を嫌う。火系の力を使う「紅の龍」カサルアに続くNO2の実力。
カサルア 豪華な金髪。他を圧する光りを宿す金の瞳。整った顔立ちだが冷たさは無く、明るく豪胆な性格。統率力に優れる。印象に残る力強い声音。元、、坎龍州(かんりゅうしゅう)の州公。今は反乱軍の長。妹に甘い。光線・雷系の力を使い「(ひかり)の龍」と呼ばれ、その力は魔龍王・ゼノアに匹敵する。
ゼノア 肩に少しかかるくらいの黒髪で前髪は長く顔に半分にかかっている。瞳は深淵を思わせる黒だが力を使う時は紅色に変色する。狂気の光りを発する。冷たい顔立ちで何時も薄く微笑んでいる姿は恐怖を感じさせる。性格は残虐で、人の恐怖の思念は最高の娯楽。千年の永き時を恐怖で支配し続け「魔龍王」と呼ばれる。アーシアに異常なまで執着する。
ラカン・ネイダ ゆるやかにカーブするブルーがかった銀色の長髪。瞳は淡いブルー。黙って立っていれば精悍な顔立ち。性格は明るく気さくで面倒見が良く、おおらか。誰からも好かれ、明るい大きな声で喋る。ラシードが唯一心を開く親友の位置にある。大商人の息子で金銭感覚が普通じゃない。水系の力を使う「(あお)の龍」
イザヤ・ラナ 銀色の短髪。銀灰色の瞳。無表情で何時も何を考えているのか読ませない隙の無い物腰。よどみなく弁がたち、理路整然と物事を理詰めで話す。強くも無く弱くも無い淡白な声音。カサルアに心酔し心血をそそぐ。カサルアの参謀的存在。風系の力を使う「銀の龍」
レン・リアターナ 長い黒髪で後ろにキッチリと結んでいる。瞳は穏やかな光りを湛えた翡翠色。端整な顔立ちで女性と見紛う美しさ。静かな優しい性格で他人への心配りを忘れない。大地のエネルギーを使った攻撃も出来るが防御と治癒力は抜きん出ている「(みどり)の龍」
ルカド・ラナ イザヤの弟で彼の契約の宝珠でもある。イザヤと同じく銀髪に銀灰の瞳だが、容貌は中性的でまるで少女のように可愛らしい。兄を尊敬し、大人しく従順な性格。
サーラ 外伝「銀の龍」より〜乾龍州の公女。イザヤの許婚。炎と風の特性を持つ双龍。さっぱりとした性格で人を惹き付ける魅力があるが、容姿は並??イザヤには素直になれない。
イリス 死んだ恋人の面影を抱き続ける宝珠。悲しみのあまり表情に乏しく微笑むのも稀。カサルアに惹かれるが自分の宝珠としての力不足に悩む。
サード 珍しい男型の宝珠。その力は強い。赤い髪と瞳に右頬には傷跡がある。子供の頃の虐待で自分という宝珠も嫌うが龍も嫌う。しかしレンを気に入り彼の宝珠になりたいと思う。
アデル 家族を殺され復讐を心に秘める。ラカンとの出逢いで人生が大きく変わって行く。
クレア 僅かに残された命をかけて憧れだったレンのもとで看護婦として働く、けな気な頑張り屋さん。