トップへ      
庭訓往来(ていきんおうらい)                        1月往

○読み下し

(往信)

春の(はじめ)御悦(おんよろこび)貴方(きほう)(むかっ)()づ祝ひ申し候いぬ。富貴万福(ふうきばんぷく)(なお)もって幸甚々々(こうじんこうじん)

(そもそも)、(とし)(はじめ)朝拝(ちょうはい)は、
朔日(さくじつ)元三(がんさん)(ついで)をもって急ぎ申す可きの処人々()の日の遊びを駈け(もよお)さるるの(あいだ)、思いながら延引(えんいん)す。谷の(うぐいす)(のき)の花を忘れ(その)の小蝶の日影に遊ぶに似たり。(すこぶ)る本意に背き(そうら)いぬ。

将又(はたまた)楊弓(ようきゅう)・雀の小弓(こゆみ)の勝負、笠懸(かさかけ)小串(おぐし)()
草鹿(くさじし)・円物(まるもの)(あそび)三々九(さんさんく)手夾(たばさみ)八的(やつまと)等の曲節(きょくせつ)、近日打続き、これを経営す。

尋常(じんじょう)射手(いて)馳挽(はせびき)の達者、少々御誘引(ごゆういん)あって、思食(おぼしめ)し立ち(たま)はば、本望なり。心事尽しがたし。参会の(ついで)()して、(くわし)腐毫(ふごう)(あた)わず。
恐々謹言(きょうきょうきんげん)

正月五日

左衛門尉藤原(さえもんのじょうふじわら)

謹上(きんじょう)  石見守殿(いわみのかみどの)

○以下は原文に句読点をほどこしたもの。

春始御悦、向貴方、先祝申候畢、富貴万福、猶以幸甚々々。抑歳初朝拝者、以朔日元三次、可急申処、被駈催人々子日遊之間、乍思延引。似谷鶯忘檐花、薗小蝶遊日影、頗背本意候畢。将又、楊弓雀小弓勝負、笠懸、流鏑、小串之会、草鹿円物遊、三々九手夾八的等曲節、近日打続、経営之。尋常射手、馳挽達者、少々有御誘引、思食立給、本望也。心事難尽。為期参会次、委不能腐毫。恐々謹言