日本語を話しつづけたローマ法王と田舎っぺ神父

田舎っぺ神父の 
ローマ見聞記

 ├ ご感想 
 └ 絵はがき

日本語で話し続けたローマ教皇

(南山教会編)

パパ様だけの 
ニホン語私塾
(カトリック新聞編)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

西山神父独占インタビュー

(聖母の騎士編)

パパ様のお食事

パパ様の

   こぼれ話
日本語学習中
├13年のやりとり
1981〜83年
1984〜88年
1989〜93年

└ 番外編

★奄美秘話

★新聞元ネタ

 1 2 3 4 5

★コルベ神父様

  の列聖秘話

★広島にて

★本河内教会

★狙撃事件

★皇太子殿下

★壮絶な祈り

 

パパ様あれこれ

ポーランドにて

教皇選出直後
平和アピール

 

田舎っぺ神父の

よもやま話

ブタのしっぽ

服のこと

├ コンクラベ

談志さん

なぜ神父に?

神学生、豪華

客船に乗る

留学の思い出

初めて覚えた

│  ドイツ語

”最高の人”

霊名日

 

イベントのご案内

パパ様と田舎っぺ神父のこと

(経歴・参考資料)

このサイトのこと

 
Yahoo!ジオシティーズ

Counter

 [2011.2.27開設]

Yahoo!ブックマークに登録

 

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

[Audiogalleria,

 La voce del Papa]

パパ様の9つのスピーチ音声が聞けます


パパ様の懐かしいお姿と、ご葬儀の様子がご覧になれます



ブタの素材をお借りしてます


  神を待ちのぞむ

管理人様は、'85に西山神父様にバチカンを案内されたそうです。証拠写真もあり(笑)


不思議のメダイ

差し上げます

私が西山神父様を知るきっかけになったサイト様


[カトリック南山教会]

こちらの広報委員会は、全国でミニ・バチカン展を開催中。

「日本語で話しつづけた教皇ヨハネ・パウロ二世」発行元


魂蔵

[管理人:十時庵さま]

「田舎っぺ神父のローマ見聞記」及び当サイトのイラストでお世話になってます


永井隆博士ゆかりのブタをかたどった最中があります

日本語を話しつづけたローマ法王と田舎っぺ神父

リンクフリー。バナー画像は

ダウンロードしてお使いくだ

さい。直リンクはお控え願い

ます。Eメールで、お知らせ

ただけるとありがたいです。

 (HOME)

あなたは、ローマ法王に日本語を教えた

日本人神父さんを知ってますか? 

お知らせ・更新履歴

2016. 5.11

2015. 4. 1

西山神父さまのお住まいが変わられました→

本は日本郵便のゆうメール、レターパック、ゆうパックでお届けします。この頁の下部の説明をご覧ください。

2011 5 1

パパ様、列福おめでとうございます

2014 27

パパ様、とうとう聖人に!!

※ このサイトのパパ様は、故ヨハネ・パウロ2世のことです。

 

田舎っぺ神父のローマ見聞記-表紙大

 1981年2月、ローマ法王として歴史上はじめて、極東日本に来られたヨハネ・パウロII世は、東京と長崎でのミサと、広島における「平和スピーチ」に美しい日本語を使われ、私たちに深い感動を与えました。
 カトリック信者が、親しみと尊敬を込めて呼ぶところの「パパ様」は、1980年12月4日から出発前日の翌年2月15日まで、まいにち日本語を勉強されたのです。


 お手伝いをされたのは、コンベンツアル聖フランシスコ会の西山達也神父様です。当時、修道会のローマ本部に派遣され、バチカン放送日本語課のアナウンサーでした。神父様は46歳、今は亡きパパ様も溌剌とした60歳でした。

 

 1980年12月3日、前触れもなく突然バチカンに呼び出され、日本語教授を命じられた西山神父様は、パパ様の日本訪問が無事終えられてからも、1994年に日本への帰国命令が出るまで、バチカンの毎週の謁見時に日本人巡礼団に対するパパ様の日本語スピーチのために、先生役を13年間果たされたのです。

 

 パパ様の日本語習得、来日、その後の日本語スピーチについては、南山教会から「日本語で話しつづけた教皇ヨハネ・パウロ二世」が発行されています。

 

 ところで神父様は先生役を仰せつかる前より、「聖母の騎士」誌に"ローマ便り"というべき教会や遺跡ガイドの連載をしていらっしゃいました。歴史好きの神父様の解説は楽しさと知識が、てんこ盛り。好評を博していました。
 全15回の中でも特に9、10、11、15回は、パパ様のエピソード(狙撃事件、初対面、夏の離宮へのお呼び出し)がユーモアたっぷりで紹介されています。

 

 ぜひご一読いただきたいと思い自費出版いたしました。 ローマのガイド本としても、ちまたのガイドに語られていないコメントが満載です。通貨単位がイタリア・リラからユーロに変わりましたが、史実は変わりません。

 もしローマに行かれるなら旅のお供にどうぞ。

 


    田舎っぺ神父のローマ見聞記-表紙小〈 目次 〉

    1.永遠の都に来てみれば

    2.毎日曜日に教皇さまと共に祈れるとは

    3.エレベーターで上ると350リラで

    4.ウ〜ム…この壮観! この迫力!

    5.昨夜は嬉しいような悲しいような

    6.さて、パンテオンを出て

    7.聖アグネス教会を出て

    8.キョロキョロしている間に1年が

    9.エライコッチャの巻

    10.神さまのイタズラ! 驚天動地の巻

     

        11.続・神さまのイタズラ! 驚天動地の巻

        12.久しぶりにローマの町に出てみれば
        13.カラカラ浴場はカラカラか…?
        14.人生のはかなさアッピア街道
        15.エエッ、コルベ神父が聖人に!

     

    ● タイトル : 田舎っぺ神父のローマ見聞記

    ● 初出 : おおよそ1979〜1982年冬
    ● 文章 : 西山達也
    ● 表紙・挿絵・装丁 : 十時庵
    ● 発行者 : 松下晴美
    ● 定価 : 1,200円(送料別)
    ● 内容 : 表紙・裏表紙・マップ(4色カラー)、挿絵(モノクロ)
           お二人のツーショット写真入り、B/5判本文73ページ


= お急ぎ、先に請求書が必要な方はお申し出ください =

◇ 送料 : 1冊…215円、2冊…300円
◇ 発送方法 : 日本郵便のゆうメール・レターパック・ゆうパック
◇ 3冊以上の場合 : 適切な発送方法を選ばせていただきます
◇ お支払方法 : 郵便振替(前払い) ご入金確認後に発送
◇ ご連絡方法 : [FAX ] 050-1262-8889
         [Eメール] romadayori@ybb.ne.jp
        ※ 迷惑メール防止のため@を全角にしてます。

          半角に直してご利用願います。

◇ ご連絡事項(必須): 品名・数量・お名前・ご住所・お電話番号

◇    〃 (任意):  FAX番号

 

■ 折り返し、ご請求金額と送金先をお知らせします。
■ お知らせ後、一週間以内を目安に、ご送金をお願い申し上げます。
■ 郵便局からの通知が届き次第、発送の手配をいたします。 

■ ゆうメールはお届けに2〜3日かかります。
   配達日時の指定はできませんので、ご了承願います。
■ お急ぎの方、先に請求書が必要な方は、お気軽にお申し出下さい。
   できるだけご希望に沿うようにいたします。
■ 「田舎っぺ神父のローマ見聞記」と絵はがきセットご一緒に注文の場合

  送料はいただきません。


[ご注意]

当サイトに掲載している本の画像、挿絵等には著作権があります。無断転載不可です。

ご興味のある方はご連絡ください。 


 Copyright(c) YUBOSHI All Rights Reserved.