国際特許事務所の特許申請

特許申請のプロと言えば、特許事務所です。国際レベルで出願に対応するのが国際特許事務所です。
当サイトでは特許申請をまとめます。

記事一覧

国際特許事務所の特許申請

はじめまして。
この「国際特許事務所の特許申請」のホームページでは、「特許申請」についてまとめております。
特許申請という言葉は誰もがご存知かと思いますが、具体的に特許申請が何なのかを説明できる方は少ないと思います。
特許申請の本当に突っ込んだ部分は、特許申請の専門書籍をご覧頂き、ここでは特許申請のイメージだけでも掴んでいただけたらと思い作成しました。
 
「特許申請=専門家である国際特許事務所の弁理士にお願いする」というのが、一般の方の認識だと思いますが、実はそれ以外にも特許申請の方法はあったりします。
つまり、自分で特許申請をしてしまう方法もあるという事です。
しかし、特許申請に関しては専門家である国際特許事務所の弁理士の方々にお願いするのが一番確実だというのが私が特許申請について色々調べた上での見解です。
 
確かに、国際特許事務所の弁理士先生に依頼しなければ見ため上の費用は安くて済むように感じます。
しかし、実際には特許の知識を習得するために費やす書籍代やら「時間」を加えて換算すると、国際特許事務所の弁理士先生に依頼したほうが「安い」ということに気が付きます。
少なくとも、私はそうだと感じました。
 
自分で特許の勉強をしてみて解ったのは、これは「一筋縄ではイカン」という事でした。
「簡単では無い」という事です。
一回や二回の特許申請の為に、「わざわざ自分の貴重な資源である時間を割いてまで特許の勉強をする」必要があるのか?を考える必要はあると思います。
その特許の勉強に割く時間を、自分の仕事やビジネスに割いて得られる収益がどれくらいになるのか計算してみると、国際特許事務所の弁理士先生に特許申請を依頼すべきかどうか見えてくるでしょう。
 
殆どの方の場合、膨大な時間を割いて特許の勉強をして時間を潰して特許申請時の費用を節減するより、同じ時間を自分のビジネスや仕事に当てて収益を増やしその一部を特許申請費用に当てたほうが「利益」が増えるはずです。
多くの方は費用ばかり見るようですが、特許申請をして「ビジネス」をやるならば「費用」では無く「収益」や「利益」にもっと意識を向けるべきでしょう。
 
利益は「収益ー費用」です。
特許の勉強の時間を減らし、「収益を増やす」事に費やしていれば「収益ー費用」である利益は増えます。
逆に特許の勉強の時間を増やして、「収益を増やす」時間を減らせば、「収益ー費用」である利益が減る場合もあるわけです。
 
特許をセルフでやって幾ばくかの費用を節減して「収益-費用=3」よりは、国際特許事務所の特許申請を利用して「収益-費用=10」を目指すほうが経営者としては賢いと私は思います。
目先の費用だけで、セルフ特許申請を選択して本来得られる利益を減らす事が無いよう、広い視野で最適な選択をしていただけたらと思います。

関連
お役立ち


Copyright (C) 2009 国際特許事務所の特許申請 All Rights Reserved