接着剤   G17キャップ開発経緯   使い方   発明工作教室へ

  ボンドG17用エコ細口キャップ(蓋)   09/09/08商品化。2015/10/23更新

「エコ・ボンドキャップ(蓋)」を使うと、”接着作業の使い勝手が抜群”で、”接着剤の乾燥防止”ができ、”細長い場所”の接着ができます。 用途は手作り製本、釣り具の補修、手芸・工芸など万能。 

■ アイデアグッズ工房 「エコ・ボンドキャップ」 の特徴  
拡大キャップ (1)接着剤の乾燥防止ができて最後まで無駄なく使えます。
(2)接着剤を使いきると、新たに接着剤を購入し、エコボンドキャップは再利用できます。
(3)接着剤吐出口は直径1mmで、ピンポイントで糊付けできる。狭いところ、隅にも効率よく、少量の接着剤で接着できる。従来の6分の1の使用量。

(4)抜群の操作性。蓋が差し込み式だからワンタッチ使用できます。
(5)使用中の液だれ、糸引きの防止。接着剤が徐々に出て机などに付いたりしていましたが簡易キャップ部分で蓋をしてトラブルが少なくなりました。
 本商品の白いプラスチック部分はプロの職人さんが一つずつ、削ったり、ネジを切ったり、穴あけして精密加工して作っています。またピン部分も2015年夏、知人に外注依頼を開始しました。価格が安くならないで申し訳なく思っています。

■ 商品構造  
拡大キャップ  直径1mmの細長い穴の開いたポリプロピレン製キャップと、玉のついた直径1mmのステンレスバネ線とシリコンチューブの3つの部品で構成されます。
 ポリプロピレン製キャップの外径は先端は2mm、角取りがあって3mm、またテーパーがあって17mmの順です。
 シリコンチューブは、通常玉に差し込むと蛇が卵を呑み込んだように膨れて固定されます。掃除する時だけ取り外します。


■ 新しく接着剤を購入した時  
ボンド細口 使用時 (1)下記、「このキャップが使えるコニシの接着剤」から選んでホームセンターで接着剤を購入します。
(2)購入時の接着剤のキャップを取り外し保管しておきます。また説明書もよく読んで保存しておきます。
(3)本発明品の白いキャップを右に回してとりつけます。
(4)ステンレス線の玉の部分を掴んで先端から差し込み、シリコンチューブ部分を3mmぐらいまで差し込みます。(右の写真)
「エコ・ボンドキャップ使用上の注意」
 何度もエコ・ボンドキャップのスクリュウねじを外したり付けたりされる方がおられます。ねじに接着剤がくっ付き寿命が縮まります。新規購入時だけぐらいで必要最小限にしてください。
ボンド細口 ★このキャップが使えるコニシの接着剤 接着剤の詳細は、 コニシ株式会社 を参照お願いします。

 左の写真は「エコ・ボンドキャップ」を20ml容器に装着利用している状態です。すべて「速乾」です。
 ボンドG17,ボンドGクリヤー、ボンドGPクリヤー、ボンドペットボトル用です。
 50ml容器にも装着できます。
 ボンドG17の170ml業務用接着剤には適用できません。ご注意ください。



セメダインC ★このキャップが使えるセメダインの接着剤 2014/8/29 追加

セメダインC 20mlに使えます。模型工作によく使われています。


■ 通常の使用方法
(1)キャップの玉の部分を掴んで、ステンレス線を抜き取ります。
(2)チューブを押さえながら、接着します。
(3)キャップの玉の部分を掴んで、シリコンチューブ部分が5mmぐらいまで差し込みます。

■ 2013/12/6 追加

★シリコンチューブを15mmぐらいに長くし、玉はチューブの真ん中に来るようにします。写真は簡易蓋をした状態です。
ボンド細口  使い終わったらステンレス線側をキャップの細い穴に入れます。ステンレス線の反対側はステンレス線が無いので簡易蓋が簡単にできます。蓋を外しておくと先端から接着剤がにじみ出ます。これが雫になり落下して、床などに付着します。数秒間でも接着していない時はこまめに蓋をしましょう。この接着剤は強力で付着すると取り除けません


★接着剤漏れの事故発生!
ボンド細口  お客様から連絡がありました。接着剤本体のアルミチューブとキャップの隙間に接着剤が漏れています。これは最初にキャップを取り付けるときに締めつけが緩かったためです。この場合はキャップを外してネジ部分に付着している接着剤を虫ピンなどで取り除いてキャップを再度しっかり締めつけて下さい。



■ ボンドG17の製本作業での適用例
 ペラ紙で強く、しかも素早く接着する場合最適な接着剤。
 ボンドG17をそのまま使用すると、接着剤のボタ落ちで周りを汚し使えなかった。
 以前から本商品の試作品を手間暇かけて数本作り、これを使って製本屋さんは、製本に使っていた。
(1)水平開き2L判写真製本: 作品例>写真の簡易製本、 作品例>写真・アルバムの製本
(2)水平開き楽譜製本: 作品例>楽譜のコピー本、 作品例>拡大写本の作り方
(3)厚さ6cmのベニヤ板製本: 作品例>厚さへのチャレンジ

■ ボンドG17の物つくり、発明、工作での適用例
 発明・工作全てに使っていると言ってもいいほどです。書きつくせないほどたくさんあります。
 発泡スチロール、スチロール樹脂、PP以外の接着に使っています。これにはボンドGPクリヤーを使う。
(1)ダンボール本箱: 仮止めが不要でとても便利です。
(2)本箱: 仮止めが不要でとても便利です。
(3)金属と木材の接着: (4)ゴムバンドの製作: 
(5)ロールカーテンの製作: (6)トレーの作成:

■ お客様の声
 今日は接着剤乾燥防止キャップを格安でお分けいただきありがとうございました。お陰さまでカメラケースのモール部分きれいに接着できました。
   ・・・・ボンドG17に適用された、うれしいメールが早速届いた♪


愛用しているコニシ ボンドGシリーズの改善:製本、プラモデル、工作、小物補修に使用
項目 ボンド細口ボンド細口市販キャップ ボンド細口エコ・ボンドキャップ(蓋)
概要
業務用に多量に使う接着剤を少量容器にして家庭用に販売?下記のトラブルがあり敬遠する人が多い。 使い方が難しかった接着剤を、誰でも何処でも簡単に使えるように、接着剤のキャップを改善した発明品
(機能・性能)  接着適用範囲が大幅拡大 ♪
ノズルの先端 内径2.5mm、外径4mm
◎◎内径1mm、外径2mm
狭い所の接着 ×不可
爪楊枝を使って接着
隅、角、隙間などピンポイント接着
へらは使わず、点、線状塗布。
広い場所の接着 1cm2以上の広い面に接着剤を落として、添付へらで薄く伸ばして接着。 へらは使わず、点、線状塗布。
広い場所はメッシュ状に塗布
常温保存 ×開封すると不可可能
携帯 ×開封すると不可可能(キャンプ、釣りなど)
キャップの掃除 ×内側ネジは不可簡単(分解掃除ができる)
(操作性) XX 使い方が難しい ◎抜群の操作性 ♪
接着開始 ×5秒(ネジを回して開ける)1秒(引き抜く)
接着作業 ×(接着剤のボタ落ち、糸引きが多くプラモデルなど細工は困難。また周りを汚すことが多い。)5分の1(細かい接着がきれいに素早くできる。周りを汚すことが少ない)
後始末 ×10秒(空気を出してノズルを拭き、ネジを締める。締め方が緩いと乾燥してすぐ使えなくなっていた)2秒(ステンレス線を差し込む)
換気 ×接着剤の塗布量に比例して溶剤気化量が増す。においも気になると、換気。接着剤の塗布量が6分の1なので換気も6分の1.
(接着剤の廃棄) ×使い切ってから廃棄と書いてあるが、使い切る前に使えなくなり困っている。使い切ることができる
(費用)  
初期費用 0円×1000円
接着剤購入費 200円20円(6本で初期費用回収)
接着剤消費量
×接着剤の半分ぐらいは硬化して使えない。また6倍の量が無駄に塗布される10分の1と考える
 (エコ商品)