第二章 占司殿の朱

  大陸の真ん中より少し東に外れたところ、低い山に囲まれ、都はあった。盆地の中には都
の他にも小高い丘や湖があり、それ自体が大きな箱庭のようだ。
 都もいれこのように二重の塀に覆われていて、山を越え伸びて来るいくつかの道が門へ続い
ていた。
 外側の、街全体を囲むのが、星明(せいみょう)の壁。そこに取り付けられた門をくぐると、そ
こは町人や商人の街だ。区画された通路は昼夜を問わず入る車、出る車でひしめきあってい
る。中には露天やござが並ぶ通りもある。そのむしろの上では海の近くでもないのに魚の干物
が並び、色とりどりの果物が香を競っていた。
 売込の声に立ち止まった役人が、後を通る人並みに押され、あやうく漬物の樽に手を突っ込
みそうになって、道行く人の笑いをかっている。
 しかしそのにぎやかな通りの横道を一つ曲がると、壁の一部が剥がれ、中が覗けるような家
が並び、異臭が鼻をつく。性別すらも判別できないほどやせこけた人間が一人、壊れた壁によ
りかかり朽ちかけている。
 その内側、陽明(ようみょう)の壁の中は、内裏や占司殿(せんしでん)など、限られた人間が
住む場所。砂利の敷き詰められた道に、青い瓦、白い壁の建物が、計画的に寸分のずれもな
く並んでいる。
 この世で一番富める者と、この世で一番貧しき者の住む場所。栄華と没落が一括りで道に転
がっている場所。陰と陽の交じりあった混沌のようなこの場所こそ、静楽(せいらく)の都だっ
た。
 星明の壁の奥、さらに築かれた塀の内側、人工的に作られた森の中に占司殿はあった。
 ここは巫女達の勤める場所であり、都の聖域。占(うら)で政の一端を担う重要な場所でもあ
った。そしてこの殿から流れる聖なる気は負の気を消しさり、荒ぶる神を都から遠ざけている。
 朱塗りの柱が立ち並ぶ殿(あらか)の最奥に、巫女長朱の祈祷(きとう)部屋があった。
 水面を思わせるほど磨かれた木の床。その中心だけ四角く床板がくりぬかれ、剥出しの土
が見えている。そこには香木を混ぜた薪がおかれ、小さな火が燃えていた。その火を囲む四
方には榊が植えられ、しめ縄で結ばれている。
「うーむ」
 床に座り、首を傾げているのはまだ十にも満たない巫女だった。丸い瞳を眩しそうに細めて、
炎の真ん中にくべられた獣の骨を見つめていた。火に熱せられた骨は、ぴきりぴきりと涼やか
な音を立てた。巫女は焚火の傍に置かれた火箸を取り、器用に白い塊をはさむ。そして左手
に持った厚布に乗せた。
「あちち。さてさて、どんな占が出ているかの」
 骨には、熱で無数の亀裂が入っていた。まるで文を読むようにヒビに視線を走らせる。
「おかしい。おかしいぞい。何度占っても結果が同じじゃ。神が消されておる。これ、玖召(く
め)、玖召はおるかや」
 呼び掛けに応じて、部屋の戸が開き、中年の巫女が現われた。
「占の結果がでたぞえ。帝に眼通りするぞえ」
「はい、朱様」
 玖召は自分の人生の半分も生きていないような巫女に一つお辞儀をし、後について歩きだし
た。
 この子供に頭を下げるのに何も不思議なことはない。朱(あけ)こそ、朝廷お抱えの占い師で
あり、祓いの巫女達を統率する占司殿の最高責任者なのだから。本来、朱は玖召とたいして
変わらない年令のはずだ。だがその容貌は子供のまま変わっていない。その幼い姿さえ、時
の流れを支配した証だと噂する者もいる。その真偽のほどは確かではないが。
 廊下に出ると、朱は細く口笛を吹く。どこからともなく垂れた耳の、真白く大きな犬が現われ
た。朱は当然のようにその犬に跨がる。
「魁(かい)、暁(あかつき)の間じゃ」
 白い犬は一つ吠えて返事をすると、トコトコと歩きだした。
 朱はひびの入った骨を持ったまま、占司殿から玉砂利の敷き詰められた中庭を通り、帝の
住む殿へと進んだ。すれ違う者達が皆朱に頭を下げた。
 取り次ぎを頼むこともなく、朱は帝のいる暁の間へと乗り込んで行く。
「帝、いるかの」
 部屋にいた者すべてが幼い声に振り返った。どうやら会議の最中だったようだ。高位の印で
ある青の衣を身につけた男達が五人、車座になって座っていた。
「朱殿、なんの取次もなく無礼であろう。それに獣を連込むなと何度いったらわかるのだ!」
 男達の中で一際背の高い役人がいった。
「だまりや。それに獣ではない、こやつの名は魁だといっているのに。わらわのこの物言いも、
魁の事も、みな帝に許しをもらっておるわ。御主も帝の側近の一人なれば、いいかげんそれぐ
らい覚えや」
 せせら笑った朱に、役人は言葉につまる。
 魁から跳び降りると、朱は小さな頭を下げた。
「さて、皆の者。大事な会議に割り込んだこと詫びをいう。されど帝。わらわの占がとんでもない
ことを言ってきたのじゃ。一言いわせてくりゃれ」
 朱は最奥にある御簾へ顔を向けた。紫の衣をまとった人影が御簾の奥に座っている。だが
昼にもかかわらず両端に灯された燭台が作り出す影で顔は見えなかった。
 帝の隣には、もう一つの影があった。帝は一部の者にしかその姿を見せない。声もむやみに
下の者には聴かせない。帝の言葉は隣に座す舞扇(ぶせん)をかいして伝えられる。
「申してみよ」
 舞扇の声はよく通る。帝が口としてこの臣下を選んだのもうなずける。
 朱はヒビの入った骨をかかげる。
「繰吟(くぎん)帝。神の様子がおかしい。どの神もどの神も、ひどくいらついているみたいなの
じゃ。国土を覆う力が乱れておる。前々からちと気にはなっておったのじゃが」
「前からとは、具体的にいつだ」
 舞扇の声は静かで、帝の感情を伝えてはこない。
「そうじゃの、十年前といったところか」
 役人達はざわめいた。
 十年前。祓い一の実力と美貌を持つという柚木が消えた年。そして、繰吟の兄、玲(れい)が
崩御した年だった。同時に妹だった繰吟がその座を継いだ年だ。
「なるほど」
 舞扇の声は何の感情も伝わらなかった。
「それだけではない。繰吟。恐ろしいことが起こったぞ。神の気配が、一つ消えた」
 朱は自分の言葉に顔をゆがめる。今度は、役人たちはざわめきはしなかった。あまりの大事
に、信じられるまで時間が掛かったのだ。
「なっ」
 誰かが、息を呑んだ。それをきっかけに、波紋が動揺が広がる。矢継ぎ早の質問が飛んだ。
「神が死んだのはどこだ! まさか桜沙(おうさ)ではあるまいな。あそこには妹が……」
「常黄泉の地の規模は?」
「ええい、黙れい!」
 子供独特の高く通る声が響いた。
「落ち着け。神が消えたのは葦穂(あしほ)の奥じゃ。都に影響はない」
 一応の安堵が空気に流れた。
「だが神が消えるなど、あってよいことではない。おそらく八百万(やおよろず)の神々も、同胞
の一人が消えたのを感じ取っているかも知れぬ。そうならばもっと恐ろしいことがおこるぞ」
 自身の不安をやわらげようと朱は魁の背をなでる。
「都を守るために、結界を張ろうと思う。占司殿を中心に。人は通れるが、荒ぶる神は通れな
いようなものを」
 しばらく黙っていた帝が口を開いた。
「消えた神の近くに、巫女は?」
「それが……」
 帝の質問に、朱は口ごもった。
「ここにいる者は皆、口が堅い。それに、私が信頼している物ばかりだ。言うがいい」
「鹿子がいる。気配が消えたと言ったが…… 自然に消えたのではない、消されたのだ。神
が、斬られた」
 さわさわと、庭に植えられた木の葉ずれが聞こえた。生まれた静寂を破ったのは、操吟だっ
た。
「わかった。なんとかしなければなるまいな」
 その言葉を聴きながら、朱は開いたままの戸口から外を見やった。空の青さに眩しいほどの
鮮やかな緑の山。その山はまるまる一つ、前の帝、玲帝の墓だった。たしか異変が起こったの
はこちらの方向だったはず。朱の視線に誘われるように、冷たい風が吹き込んできた。
 ざわり、とその風に朱は鳥肌を立てた。ふと、耳の辺りに誰かの手が見えた。目隠しをする
途中のように伸ばされた手。その腕がまとっている袖は、優美な紫色だ。帝でしか身につける
ことができぬ色。
 朱が瞬きをした。刹那、紫色の袖は消える。後を振り向いても、誰もいない。この部屋で唯一
その色を身につけられる繰吟は御簾の中にいる。
 朱は首を軽く振る。疲れているときと占いをした後、妙な影を見ることはよくあることだ。陰風
も、もう止んでいた。
 突然魁が鳴いた。敵を威嚇するように低くうなる声をあげる。さすがにこれはまずいと朱は慌
てた。
「こ、これ、どうしたのじゃ魁。普段頼んでも鳴いてくれないというに。ええい、黙れ! 帝の御前
じゃぞ」
 見た目は童女の朱がおろおろと魁の口をふさごうとする姿に、役人達は思わず暖かい笑み
を浮かべた。
 御簾の中で舞扇が帝に頭を下げる。
「もうしわけありません、繰吟帝」
 別に魁が鳴いたからといって舞扇が謝らなければならない理由はないのだが、生真面目な
彼は犬の無礼も自分の物と受け取っているようだった。
「舞扇、お前だけに訊くが」
「はい」
「さっき、すぐ背後から人の声が聞こえなかったか?」
 舞扇は思わず振り返る。しかしそこには木の壁しかない。
「音が反響したんでしょうか?」
「まさか。それならば私がそうと気づく。いや、なんでもない。気のせいだろう」
 そう、それは帝がいるこの部屋で聞こえるはずのない、聞こえてはいけない言葉だった。
『祟ル』
 この繰吟を、治める国を呪う恨みの言葉など。


戻る   第三章ぬばたまの へ


トップへ
トップへ
戻る
戻る