第一章 神狩の巫女(前)

 踏みしだかれた草は夕暮時の空に届きそうなほど濃い匂いを立てる。枝を折り、土を蹴たて
て少年が山道を駆けていた。袖が切れ、剥出しになった腕や、草履の脱げた足は擦り傷にま
みれている。人の物ではない足音がその後を追っていた。
 それは狼に似た醜悪な生き物だった。尾と黒い爪は歩きづらそうなほど長い。全身は、鋼の
ように硬く赤黒い毛に覆われている。そしてその毛一本一本が生き物のように波打っていた。
金色の目には明らかに獲物をいたぶる喜びで輝いていた。
 速く、速く。少年は全力で足を動かすが、疲れた体は焦る気持ちについていかない。荒い呼
吸で乾いた肺が痛い。
「あっ!」
 自分の足につまずいて彼は地面に転がった。背後から聞こえる、全身が痺れるほどの咆
哮。
 その時、獣の物とは違う影が地面をすべった。もしもこの時彼が顔を上げていたら、自分の
体を覆った影の主が、白い着物と緋の袴(はかま)の女性だったことがわかっただろう。
 袖をはためかせ、少年を飛び越えた女は獣と童の間に降り立った。足が地面を捉えた瞬
間、彼女の腰につけられた鈴が清らかな音を立てた。長い黒髪が揺れる。
 急に現われた人間に戸惑い、獣は足を止めた。
 わずかなそのスキに女は獣の胸に刀を突き刺した。ドッ、と音を立て、獣は地面に倒れる。
ためらいのない、見事な一刀だった。
「安心して。もう大丈夫」
 巫女は子供の前にしゃがみこむと、優しく小さな背をなでた。
「あ……」
 少年は涙で汚れた顔を上げ、巫女の大きな茶色の瞳を見つめる。
「荒ぶる神を探しに来てみれば、まだ山に人がいたなんて。君、一人? 他に誰かいない?」
「お姉ちゃん…… ムラトが、友達が…… わああああ!」
 巫女は黙って少年を抱きしめた。
 その友達の身に何が起こったのか、獣の前脚についている血をみれば、詳しく訊ねるまでも
ないだろう。
「僕、ムラトと一緒にここに遊びに、そ、そしたら、急に、あの、狼が……」
「大丈夫。悪い神様はもういなくなったから。ほら」
 巫女が指差したのは獣の亡骸だった。赤黒い毛皮の色が、少しずつ薄れていった。最後に
は清らかな水のように透明になる。輪郭も空気に溶けるようにゆらゆらと揺らめき歪んでいっ
た。支えを失った刀が小さな音を立て地面に落ちた。
 狼の骸は、無数の光の粒となった。光は揺らめきながら空へと立ち昇る。蛍の乱舞のよう
に。
 光が消えるのを見届けると、女は愛用の刀を拾いあげる。 
「ごめんね。私がもう少し早く来ていれば」
 その言葉に、童(わらべ)は何度も首を振った。
 この世界は混沌から生まれた。地を、天を、生き物を生んで混沌は消えた。しかしその力の
片鱗(へんりん)は、今なお地上に澱(おり)のように残っている。その力はまれに凝り固まり、さ
きほどのような獣を、目に見える力の塊を生み出す。中には岩や樹に宿るものもあった。
 そして塊となった力は、生物に影響を及ぼすほど強くなる。その影響が穀物や動物におよ
び、豊作や多産を呼び起こせばそれは神として崇めたて祭られる。しかし天地創造の力はとて
も不安定な物で、逆に腐れや滅びをもたらす荒ぶる神になる事もある。社に祭られていた神が
急に人を襲うようになることもまれにあった。
 恩恵をもたらす和神(にぎがみ)が、人を襲う荒ぶる神になることを『転じる』という。鹿子(か
のこ)は都の帝から命を受け、転じてしまった神を清め、和神に戻す『祓(はら)い』の巫女だっ
た。
  「さあ、村へ帰ろう。皆待ってる」
 山の下に小さく見える村を指差して、巫女は微笑んだ。

 鹿子が下りてきた山を後に、なだらかな裾野を扇状に切り開いた形に小さな村はある。
 村に入るやいなや、駆け出してきた大人たちに少年はもみくちゃにされてしまった。
「心配したで木依(きよ)。山に入ってから帰ってこんし、狼様みたいな鳴き声したもんだから」
「こんなに汚れて、かわいそうに」
 キヨ、というのがこの子の名前らしい。木依が体を洗うため、大人に小川へと連れて行かれ
たのを見計らって、鹿子は村の者に辛い知らせを告げた。
「一緒だったムラト君はもう…… すみません、間にあわなくて」
「巫女様、いえ、鹿子様、どうもありがとうございました」
 現れた長老はじめ、他の村人達に土下座をされて、巫女は顔をそむけた。
 村に異変が現われたのは、数ヶ月前だという。
 最初は、畑の作物が食べられるだけだった。そのうち、うねや作物にたてた支柱が壊される
ようになった。数日前にはつまずくほど深い、爪で掻いた傷跡が畑に残されていて、そこで初
めて村の人たちはただの動物ではないと思い始めたそうだ。
 そして今日、とうとう死者が出てしまった。鹿子がこの村についたのは今朝の事。無駄な荷物
を置くやいなや、すぐ山の神の様子を見に行ったのだが、遅かった。せめて後一日到着が早
ければ。仕方がなかったとは言え、口惜しい。
 気を取り直して明るい声を出す。
「そうだ、私の連れはどうしてます?」
 鹿子はさっき降りて来た山の方を見あげていった。
「さあ、まだお戻りになっていませんが」
 長老が心配そうに眉をひそめた。
 そのとき村を囲む林の隅でがさりと音がした。
「ほい、今帰ったぞ」
 なんとも軽い調子で言って、茂みから出てきたのは背の高い青年だった。
  細身だが頑丈そうな体が、若草色に染めた衣に納まっている。猛禽類を思わせる鋭い目をし
ているが、近寄りがたく無いのは、どこかおもしろがっているような口元のおかげだろう。角髪
(みずら)を結ってはいるが、耳もとでひょうたん型に束ねられている髪は傷みのせいではねて
しまい少し収まりが悪そうだった。腰の太刀と、胸に下げた勾玉(まがたま)の首飾りがよく似
合っていた。
「お帰り殺嘉(せっか)。淘汰(とうた)は?」
「ここに」
 殺嘉の後からもう一人、青年が現れた。こちらは薄蒼の衣を着ている。優美な眉と細い目、
薄い唇が、女性のように柔和な印象だ。腰の太刀がその印象に不似合いだった。
「二人とも、どんな感じだった」
 鹿子の顔がわずかに強ばっている。
 殺嘉が大げさに首を振ってみせた。そのおどけた様子とは裏腹に、茶の強い瞳は真剣だっ
た。
「だめだね。完全に鎮守の神様が祟り神に転じちまってる」
 ざわざわと村人達が騒めいた。
 神と崇められるほどに大きくなった力は恐ろしい。その力が転じた勢いで、他の地霊や小さな
神々までも引きずられるようにして転じてしまう。鹿子が倒したような狼も、そうして転じた下級
の神の一柱だった。
「さっき山の上の社(やしろ)を見てきたが、神はいなかった。転じてどっかをうろついてる証拠
だ」
 不安そうな声があがる。
「狼のほかにも、下級の神がいるみたいです」
 淘汰が顔を曇らせる。
「そうね。でももう日が暮れる。明日、本格的に山の中を探しましょう。様子見ありがと、殺嘉、
淘汰。見付けた下級神は清めてきた?」
 力の弱い神ならば巫女でなくても清めるのは簡単だ。剣や弓で凝り固まった力を散らしてあ
げればいい。そうすれば長い年月をかけ、散った力は再び固まり和神となる。
「いや、気配だけでちゃんとした居場所はわかんねえ」
「役立たず」
 ふざけて言った鹿子をまあまあ、となだめる。
「代わりに鹿子に贈り物持って来たんだ」
 ごそごそと茂みからひっぱりだしたのは若い鹿だった。棒に手足をしばられ担ぎ安くしてあ
る。
「へえ、すごいじゃない」
 様子見ついでに狩りをしていた不真面目さはこの際不問にする。
「長老、これ今晩皆で食べましょう」
「ええ、そうですな」
 運ばれて行く鹿を見ている鹿子に、けわしい顔をして淘汰が近づいてきた。
「変だと思いませんか」
 何が、と訊き返さなくても、何のことだかすぐわかる。
「うん、多すぎるよね。前はどこの神様も元気で、腕がなまるかってぐらいだったけど、このご
ろ、よる村よる村みんな転じてる。私達が回っている所だけがそうなのかしら。他の祓いはどう
なんだろう」
「鹿子が荒ぶる神を呼び寄せてるんじゃねえの?」
 けけけ、と笑う殺嘉の頭を一つ殴って、鹿子は考え込んだ。
 なにか、原因があるのだろうか。
 神が転じる原因は、実はよくわかっていない。
  土地に住む者の、あまりに強い絶望や悲しみ、憎しみが和神を狂わせるとも言われている
し、いわくのある品物を中心に力が集まり、神や荒ぶる神になることもあるという。
「まあ、考えたってしかたあるめえ。すぐにわかるような問題じゃないしな」
「不真面目すぎない、殺嘉」 
 淘汰が軽く眉をひそめた。
「お前が考えすぎなの。さてと、やっぱ鹿は鍋だろ。それとも焼くか?」
 飯の支度でも手伝って来る、と殺嘉は解体される鹿のもとへ行ってしまった。

 長老の家族と囲む鹿鍋はなかなかおいしかった。戸をすべて開け、夜風を入れても夏に火を
囲むのだから当然熱かったが、皆で味わえばその暑さも乙なものがある。
 鹿子をもてなすために、特別なときでしか飲まれない貴重な酒が出されている。長老宅は木
依を含め五人の孫と一人の息子、その嫁の八人家族で、鹿子達が加わるとにぎやかな食卓
になった。
「しかし、驚きました。最初はただ、猪か何かが畑を荒らしている物と思っていましたから」
 長老の息子、火次(ほつぎ)が言った。
「まだ安心はできませんよ。さっき説明した通り、木依君を襲っていたのは転じてしまった神様
の家来にすぎません。狂ってしまった大元の神様をもとに戻さないと」
 噛んでいた肉を飲み込んで鹿子は言う。
「明日、私達がなんとかするんで待っていてください。何が起こるかわからないから、本当は今
すぐ祓いにいったほうがいいんですけど、夜は不利なんで」
 長老はもう一度お礼を繰り返した。それを耳の端に捕えながら、鹿子は木依のほうをうかが
った。
 木依はさっきから黙り込んでいる。もう物心は完全についていて、どんな出来事でも忘れてし
まえるほど幼くない年令だ。必死で泣くまいとしているのがいじらしい。
  皆がこうしているときはいいが、辛いのは夜になって静かになったときだろう。
 ふと顔を上げた木依に、鹿子はにっこりと笑ってみせた。
「そうだ、木依君、今日一緒に寝ようか」
 木依はびっくりして目を見開いた。
「俺とは?」
 ちゃちゃを入れてきた殺嘉を見事に黙殺して、鹿子は木依にもう一度「どう?」と訊いた。木
依はこくんとうなずく。
「あんちゃんふられたー」
 下から二番目の子供、澄(すみ)が殺嘉をちゃかす。
「ひっでえ、傷心のあんちゃんをいじめないで〜」
 殺嘉は澄の首筋をくすぐった。澄はきゃははと笑いながら、あぐらをかいている殺嘉の膝を
ぺしぺしと叩く。
「殺嘉、澄ちゃん、食事中騒がない」
 長老の手前、どこまでも根が明るい従者が少し恥ずかしくて、たしなめる鹿子の頬が赤かっ
た。
「殺嘉、僕たちは夜のうちに帝に提出する報告書を書いちゃおう。今夜は月がでるから明るい
し」
「へいへい。随分溜まってたからね」
 鹿子達祓いは、全員が都にある占司殿(せんしでん)に使える巫女と従者だ。八百万の神の
長たる陽神を祭る大社(おおやしろ)では、祓い達に占(うら)で行くべき方向と期間を決めら
れ、祓いの旅にでる。
 旅の間にあった祓いや異変は、帝と大社の巫女長(みこおさ)朱(あけ)に書に記し提出する
決まりになっている。
「またなんのかんのいって逃げないでよ。こないだは結局僕が全部まとめて……」
 言い掛けて、淘汰は口をつぐんだ。鹿子も思わず箸を止める。
  どこか遠くで遠吠えが聞こえた。狼にも、犬にも似ているが、微妙に違う。きっと荒ぶる神の
物だろう。その声はどこかひどく不吉な響きがあった。
「どうかしましたか?」
「いいえ、なんでもないです」
 心配かけまいと、火次の言葉に淘汰が慌てて手を振る。
  どうやら気づいたのは祓いの三人だけのようだ。
「心配症なんだよ、淘汰は」
 殺嘉が言外に含ませた意味は、二人にもわかった。
 昼間、手下がやられて、荒ぶる神の頭も警戒をしている。いくら近くで遠吠えが聞こえても、
そうすぐには村へ降りてくる事は無い、と言いたいのだろう。
 もちろん、鹿子にもそんな事はわかっている。
  鹿子が感じたのは、もっと漠然とした不安だった。この祓いは、いつもと違う。何か嫌な予感
がする。
 けれど、ここまで来てしまっては、祓いをやめる事も、そんな根拠のないことを口に出す事も
できなかった。

 個人の部屋などという贅沢な物はなく、板の間に布を垂らし、鹿子の寝室が造られた。
布の向こうでは長老達の家族がざこ寝している。 
 様々な寝息を聞きながら、鹿子は木依と一緒に一枚の布団にくるまっていた。
 食事の間中、木依はずっと黙り込んでいた。もう物心は完全についていて、どんな出来事で
も忘れてしまえるほど幼くない年令だ。それで目の前で友達を亡くしてしまった傷が深いのだろ
う。
 皆で賑やかにしているときはいいが、夜の闇と静けさは大人でも耐え難い時がある。だから
鹿子は木依と一緒に寝ることにしたのだ。
木依が落ち着かなげに何度も寝返りを打っている。
「眠れないの?」
 鹿子が小さな声で聞いた。木依がうなずく気配がした。
「……。ごめんね。友達、助けにいくの間にあわなくて」
 木依が首をふる。
「ねえ」
 木依の声はかすかだった。 
「お姉さんはどうして祓いをしてるの?」
 荒ぶる神の鳴き声を思い出し、木依は身を震わせた。
 後から追ってくる足音。振るわれた爪を、運よく避けたとき背中に感じた風。立ち向かおうな
どと考えることもできなかった。
「怖くないの?」
「んー、戦っているときは怖いなんて思わないな。狂った神様を探しているときは怖いけど」
 一度神に襲いかかられれば、恐怖する余裕は無くなる。死にたくないなら首筋に迫る爪を、
腕を噛み切ろうとする牙を、叩きつぶそうとそうとする尾を全力で避けなければならない。戦い
を終わらせたければ刀を振るしかない。体を動かすだけで精一杯なのだ。
 それよりは戦いにおもむくときの方が恐ろしい。神を探して山に分け入るとき、生きて里に戻
れるか、などつい考えてしまう。同行してくれる殺嘉や淘汰はどうかわからないけれど。
「怖いのに、なんでやめないの?」
 子供らしい、率直な質問だ。
「うーん、ちょっと長くなるけど聴きたい? 尊敬する巫女様がいたからよ。きりりとしていて、格
好よかったの。柚木(ゆずき)様っていってね。ちょっと無愛想だったけど」
 たぶん、その巫女と出会ったのは、今の木依と同じくらいの年だったはずだ。そして、その巫
女の年令は、ちょうど今の鹿子と同じくらいだった。
 美しい女性だった。一つに結び、膝の辺りまで伸ばした黒く艶やかな髪。雪のように白い肌
に、切れ長の目と、桜色の唇がよく映えて。
 一緒になって駆け回ったりして遊んでくれるような人ではなかったから、他の子供達には人気
がなかったけど、鹿子はその巫女の大人っぽい立ち居振る舞いが好きで、彼女が村にいる
間、生まれたばかりのひよこのようにその巫女について歩いていたのを覚えている。
 鹿子は枕元に置かれた荷物に目をやった。必要最低限の物しか入れられないような小さな
布袋。その中には唯一実用性に乏しいものが入っていた。それは小さな髪飾り。鹿子を産んで
すぐに亡くなってしまった、顔も声も知らない母の形見。
 組ヒモに通された淡い水色の玉は、見るからに安物だった。都仕えをしている鹿子が今着て
いる衣のほうが高価に違いない。それでも母親にとってはぜいたくな宝物だったはずだ。
 子供が大好きな大人によくするように、鹿子はその宝物を柚木に見せたことがある。優しい
巫女は、『皇后様の玉飾りよりも美しいな』と話を合わせてくれたっけ。
「私の村の神が転じていたのがわかって、柚木様はそれを浄化しに山へ登ったの」
 神は木々の多い場所を好む。気が満ちているからだろう。大抵、社は山に作られるし、山の
ないところで転じた神は森や林に逃げ込む。
「でも、柚木様は祓いに失敗した。荒ぶる神が村まで降りてきた」
 血の匂いを鹿子は思い出す。今、開け放たれた戸から入る夜風に混ざっているのかと錯覚
するくらい生々しく。
 物の焼ける匂い。死にかけた馬の、耳をふさぎたくなるような呻き声。そして、響く悲鳴。友達
の双葉が、振り返って手を伸ばせば届きそうなほと背後で炎に巻かれていた。そして猫を思わ
せる爪と尾を持つ、荒ぶる神の姿。
「私達は何人も集まって家に隠れてた。普通、神様の前では家なんて壊されちゃうけど、結界
が張られていたんだと思う。術を使える従者がいたのかもしれない。柚木様と仲よかったけれ
ど、従者の人のことはよく覚えていないから。とにかく、荒ぶる神は外で暴れてた」
 外で神を祓っていた柚木が、傷だらけで戻ってきたのはいつだったか。
「入ってきた柚木様は一言言ったわ。『荒ぶる神は致命傷を負った。もうすぐ動けなくなるだろ
う。それまでここで待っていればいい』って。いつもの静かな声で。私は、その言い方が気にい
らなくて。変な話よね。その凛とした態度が好きだったのに」
 気がついたら、泣き叫んでいた。大声で泣きながら、柚木に駆け寄って、その胸といわず腹と
いわずめちゃくちゃに殴りかかっていた。
 あのときは、どうしていいのかわからなかった。皆で作った畑も、大好きな人達も、全部荒ぶ
る神に踏みにじられた。家にも火が燃え移っているだろう。大事な物を持ち出す暇もなかった。
悔しくて悲しくて、どうしたらいいかわからなくて、柚木にあたっていた。
「柚木様は『すまない』って言ってくれた。何も悪いことしていないのにね」 
 柚木は悪くない。それは祓いになって、荒ぶる神を清める難しさを知る前だったとしても、十
分理解できていたはずなのに。
 大人達に引き離された後、しばらく誰も何も言わなかった。ただ、火の爆ぜる音と、死にかけ
の荒ぶる神の甲高い声だけが続いていた。
「しばらくして、大きい何かが崩れ落ちる嫌な音がしたの。柚木様はそれを聞くと結界の中から
飛び出した。皆、止める間もなかった」
 獣の叫び。揺れをともなう程の崩れる音。
「どこか、家がつぶれたんだってわかった。それから荒ぶる神が吠えた」
 長く長く尾を引いた、神の断末魔の咆哮。それが止んだとき、戸に誰かが寄りかかる気配が
した。ひどく軽い音だった。
「従者があわてて戸を開けた。半分倒れこむようにして柚木様が入って来た。ひどい怪我だっ
たわ」
 髪を結んでいた紐は切れ、流れる長い髪が体の輪郭を縁取っていた。白い衣が血でまだら
に染まっている。袖が少し焦げていた。
「私をみると柚木様は笑ってね。懐から小さな物を取り出したの。なんだと思う? 私が自慢し
た、安物の髪飾りよ。柚木様は言ったわ。『大事な物なのだろう? ちゃんと持っていろ。もう少
しでくずれる家に潰される所だった。ついでに、荒ぶる神も鎮めてきた』
って。あの音は、私の家がきしんでる音だったのね」
 髪飾りが母親の形見だということを言ったかどうか覚えていない。けれど普通は形見だと聞
いていても、わざわざ荒ぶる神のうろつく外へ出て、燃える家へ飛び込む者などいないだろう。
「自分のつけている腕輪を見せてくれて、こう言ったの。『誰にでも、命より大事な宝物があるも
のだ』って」
 その言葉を聞いたとき、気づいたら鹿子は泣いていた。死ぬ間際、母がまだ名前も決まらぬ
娘にこれを渡すようにと言い残したと、髪飾りをもらうときに父から聞いていた。顔も見たことの
ない母。
 その髪飾りを唯一の母との絆と思っていた事に、鹿子はそのとき初めて気がついた。柚木は
鹿子自身も気づいていなかった思いをちゃんとわかってくれていたのだ。 
「それからね、私が祓いの巫女になろうとしたのは」
 都へ行って、祓いの試験を受けた。巫女になるには生れながらの素質がなければならない。
 努力してなれるものではなかったから、大社にいる朱に資質ありと言われた時はうれしくて
二、三日顔のにやけが直らなかった。
「こうやってまとめてみると、そうねえ、私は祓いになりたかったんじゃなくて、柚木様に近づき
たかっただけなのかも」
「じゃあ、今は都にかえればその柚木様と一緒にいられるんだね」
 木依の言葉に鹿子は首を横に振った。さやさやと髪と布の触れる音が闇に響いた。
「たしかに、少しの間は一緒にいられたけどね」
「そうなんだ」
 祓いは占いによって行くべき方角と旅をするべき期間を決められる。その間、都を離れ、荒
ぶる神を浄化してまわるのだ。そして柚木は旅に出たまま都に戻ることはなかった。
 鹿子の言おうとしていることがわかったのだろう。木依はそれから黙りこんでしまった。
「さて、これでお話は終わり! 私はもう寝る。お休みなさい」
 鹿子は口元まで布団を引き上げた。


神狩の巫女後半へ


トップへ
トップへ
戻る
戻る