更  新  記  録
日本の陰謀 (2) 参照一覧 021


HOME(1) HOME(2) 掲示板 管理 English

【114の金物語】(7)鶴田義行
産経ニュース 2008.7.3 00:02


■ボーナスと昇給カット

 4年前のアムステルダム大会で日本水泳界に初の金メダルをもたらした鶴田義行は、水泳チーム最年長の28歳になっていた。当時の松沢一鶴監督から「若い小池君を勝たせるために練習台になるつもりで…」と頼まれ、渡米した。

 ロス五輪出場を辞退し、引退するつもりだった。南満州鉄道の勤務で納得のいく練習ができず、若手の台頭も著しかったからだ。実際、16歳の小池礼三(静岡・沼津商)が本命視されていた。ところが-。

 競泳最終日に行われた二百メートル平泳ぎ決勝。逃げるジータス(ドイツ)を鶴田、小池が追い、残り50メートルで鶴田がトップに立つと、自己の前回記録を3秒4も縮める2分45秒4で優勝してしまった。

 初の五輪連覇に日本中がわいたが、欠勤扱いとなった満鉄からは昇給とボーナスをカットされたという。


台風8号、台湾を直撃
CNN 2008.07.28


台北──強い台風8号(フォンウォン)は28日未明、台湾中部東海岸に上陸した。この影響で企業や学校が臨時閉鎖され、航空便の欠航が相次いだ。

日本の気象庁が午前10時50分に発表したところによると、台風は午前10時に北緯23度35分、東経121度00分にあり、毎時約20キロで西北西へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル。中心から半径110キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

台湾では1週間前、台風7号(カルマエギ)に伴う暴風雨で19人が死亡、6人が行方不明になったばかり。当局は浸水対策として低地住民に砂のうを提供し、台風7号で土砂崩れが発生した南部・高雄の山地住民には避難勧告を出した。


今日のうんちく~東京オリンピックについて♪
静岡放送


今日は体育の日ですが、1999年まで体育の日は10月10日でしたね~

この10月10日とは、1966年に東京オリンピックが開催された日で、それから2年後に体育の日に制定されたんです。

1964年10月10日に、「日本中の青空を集めたような」というナレーションで始まった東京オリンピック!

開会式が10月10日になったのは、この日が「とにかく晴れになる」という晴れの特異日だったからです。その証拠にそれ以降「体育の日」になった30年間で雨が降ったのは1回だけなんです!!

東京オリンピックから歴史が始まったものはいくつかあります。

例えばナイロン製の水着☆・・・それまでの絹製の水着は、水を吸い込み重くなるという欠点があったのです。

背面跳び☆・・・それまで誰も考え付かなかった意表を着いた飛び方を、アメリカのディック・フォスベリー選手が考案し、金メダルを獲得しました。

日の丸デザイン☆・・・この大会を境に、はっきりとした規定が決まったようです。


10月10日の朝鮮労働党記念日
真鍋差貞樹の研究部屋 September 23, 2007


来月の10月10日が、朝鮮労働党の設立62周年になる。例年、海外の要人を招いての盛大なセレモニーが開催される重要な日である。

さて、今年の記念日でのもっぱらの注目点は、金正日の後継者問題が、この記念日にあわせて発表されるかどうかである。「する」「しない」「わからない」という三つの立場があるが、私の方にもたらされている情報だと「する」ということのようである。しかし、ドタキャンが起こるのがいつもの北朝鮮政治であるから、どうなるかは「なってみなければわからない」というのが正解だろう。

もし「する」としたら、後継者は誰かが最大の関心事。これも、「金正男はない」「金正男である」「わからない」という三つの説があるのだが、一応儒教的精神(利権に関わるところだけ発揮されるが)が強い北朝鮮のことだから、長男が後継者として選ばれるのが筋ではないだろうか。しかし、これも「なってみなければわからない」である。

日本での北朝鮮ウッチャーが、こうした動きを血眼になって追っているのだから、近々、何らかのもっと具体的な情報がでるかもしれない。

いずれにせよ、これから六カ国協議、南北首脳会談、労働党設立記念日など重要な行事が続く。こうした大きな行事や協議の中でも、「拉致問題」は北朝鮮にとって「喉に刺さった骨」である。彼らとしても早いところ取りたいはずである。取ったほうが、当然のように北朝鮮にとっても利益になる。

この10月上旬までは、朝鮮半島から目を離せない。


朝鮮労働党あす創建60周年 金総書記の後継に関心 過去、節目に重大な決定 「祝賀優先」との見方も
西日本新聞 2005年10月09日


朝鮮労働党

 1945年10月10日に朝鮮共産党北朝鮮分局として発足。49年6月、南朝鮮労働党と合流し朝鮮労働党となった。故金日成主席の革命思想、チュチェ(主体)思想を唯一の指導理念とし、北朝鮮憲法は「党の領導の下にすべての活動を行う」と規定。94年の金主席死去後、長男の金正日氏が97年10月に党総書記に就任した。 党規約が定める5年に1度の党大会(最高指導機関)は80年10月の第6回大会以降開催されておらず、先軍政治を掲げる金総書記が党ではなく朝鮮人民軍を信頼しているためとされる。最近は軍を中心とした「保守派」「古参の闘士」が台頭しているとも伝えられる。

北朝鮮は十日に朝鮮労働党創建六十周年を迎える。核問題をめぐる厳しい外交や経済再建など内外で難局に直面し続ける金正日体制。節目の記念日を結束強化の契機とするため、過去最大規模の祝典行事を準備しているようだ。後継問題も取りざたされ、韓国のメディアや専門家らは「重大発表もありうる」と強い関心を寄せている。

(ソウル・原田正隆) 韓国側が十日を注視しているのは、北朝鮮がこれまで、党の節目の記念日のたびに重要な決定を発表してきたからだ。

 例えば、二十五周年の一九七〇年=第五回党大会を開催しチュチェ(主体)思想の党指導理念化や経済発展六カ年計画を決定▽三十周年の七五年=金正日氏の誕生日を休日に指定し、金日成主席後継体制の基盤を確立▽三十五周年の八〇年=第六回党大会で金正日体制を確立▽五十周年の九五年=軍重視の先軍政治概念を提示―。

 そして今回。韓国側は、北朝鮮の体制存続に直結する金総書記の後継が表面化するのではないかと注目している。

 北朝鮮の党機関紙・労働新聞はこのところ、金総書記の指導理念である先軍政治の優位性を訴える論説や詩を集中的に掲載し、故金日成主席から金総書記へ継承された権力と党の歴史の正統性を強調。「領導(指導)の継承問題を立派に解決」などの表現も登場したことから、韓国では、後継問題で何らかの内部決定があったのでは、との観測が飛び交っている。

 後継者については、二〇〇二年に「革命は孫の代になっても遂行すべきだ」との故金主席の言葉が紹介されて以来、金総書記の三人の息子の中から決定されるとの見方が強まり、韓国の専門家やメディアは、二男正哲(ジョンチョル)氏を最有力視している。

 ただ、後継決定や発表の時期については、今回説や年内説があるものの根拠は薄い。正哲氏が二十代半ばと若く、内定していても公式登場までには慎重な権力継承作業が必要なことから、現時点では数年説が支配的だ。

 数年説の専門家からは、党創建六十周年に合わせ、一九八〇年十月の第六回以来開かれていない党大会の開催が発表されるとの見方が示されている。北朝鮮が最近、国連機関の食糧人道支援を拒否したり、食糧供給量拡大を表明するなどしていることから、経済再建や体制をめぐる新措置が発表されるとの観測も。祝典行事を優先し、招待した呉儀・中国副首相ら各国政府代表団や国内に向けて、先軍政治の優位性と経済回復を誇示するにとどまるとの見方も強い。

 韓国の政府当局者やメディアによると、平壌では金日成競技場など各所で祝典行事の準備が進んでいる。大規模な芸術祝典行事「アリラン」が三年ぶりに開催中のほか、百万人群衆パレードや青年たいまつパレード、閲兵式などが盛大に行われる予定という。


原爆:中国人の追悼碑が除幕/強制連行され、刑務所で被爆/長崎
毎日新聞 2008年7月7日


第二次大戦中に強制連行され、長崎刑務所浦上刑務支所(長崎市松山町、現・平和公園)に収容されたため原爆で死亡した中国人犠牲者33人の追悼碑の除幕式が7日、平和公園であり、約80人が犠牲者の冥福を祈った。

 市民有志でつくる「浦上刑務支所・中国人原爆犠牲者追悼碑」建立委員会(代表=本島等・元長崎市長)が、原爆で死亡した中国人犠牲者の歴史などを伝えようと計画。本島さんらが昨年9月から同市内で約250万円の募金を集めた。

 追悼碑は、幅1・2メートル、高さ1・9メートルで、表側の碑文は本島さんが揮ごうし、裏には身元が分からない1人を除く中国人32人の名前を刻んだ。

 この日は、犠牲者の遺族ら計10人が除幕し、花を捧げた。崎戸炭鉱(長崎県西海市)で強制労働を強いられ、被爆して死亡した喬書春さんの三女、喬愛民さん(67)=河北省=は「父が死んだ場所を見て、心が刀で裂かれるようなつらさを感じた」と語った。


中国・昆明でバス連続爆破 2人死亡、テロか
中日スポーツ 2008年7月22日


中国国営新華社通信によると、中国雲南省昆明市で21日、路線バス2台が相次いで爆発し計2人が死亡、14人が負傷した。公安当局は「人為的な破壊事件」と断定し捜査を進めている。北京五輪を目前に控えたこの時期に、テロの可能性がある事件が起きたことで、緊張が高まっている。

 爆発したのはいずれも同じ路線のバスで、1台目は午前7時5分(日本時間同8時5分)ごろに病院前のバス停に停車しようとした時に爆発し、省内の女性(30)が死亡。2台目は同8時10分(同9時10分)ごろに交差点付近で爆発し、同じく省内の男性(26)が死亡した。

 地元メディアによると、公安当局がバスの前部座席に時限爆弾がくくりつけられているのを発見。また1台目のバスの乗客が「2人の男がバスから降りた後、車内にあった不審物が爆発した」と話しているという。

 事件を受けて中国公安省は専門チームを現地に派遣。雲南省人民政府は、省内の主要道路や鉄道、空港で検問や巡視を実施し厳戒態勢を敷いている。

 標高1900メートルに位置する昆明は、スポーツ選手が高地トレーニングを行う場所として知られており、現在、北京五輪女子マラソン代表の土佐礼子選手(三井住友海上)が合宿を行っているが、無事が確認された。

 女子1万メートル代表の渋井陽子選手(同)も22日からの昆明合宿に予定通り入るという。


「組織的不正、反論できぬ」大分県教育長、自らの関与は否定
読売新聞 2008年7月12日


教員採用汚職に揺れる大分県教委の小矢(こや)文則教育長(60)は11日、記者会見し、県教委幹部や小学校長ら5人の逮捕者を出した一連の事件について「組織的と言われても反論できない」と語った。

 一方で、逮捕された複数の幹部や、県議らが採用試験で金品授受や口利きが横行していた実態を証言したことについては「自分は一切知らなかった」と潔白を強調した。

 小矢教育長は「元審議監や担当参事まで逮捕されれば、(問題は)属人的というだけでは済まない」と発言。組織的な不正だったとの見方を示した。

 人事に携わる部下の間で贈収賄や不正が次々と発覚していることに関しては「今までうわさを聞いたこともなかった。本当にこんなことがあったのか、信じられない」と述べた。

 不正に教育長の関与がなかったか問われると、「商品券や現金をもらったことも、県議の口利きを受けたこともない」と明言した。

 採用や昇進に絡んだ汚職などで、佐伯市の小学校で校長や教頭ら5人が不在となっている異常事態については「教育する側の教職員がこういうことをしてしまい、子どもたちにどう説明していいか分からない。申し訳ないの言葉だけ」と陳謝した。

 ◆浅利校長を懲戒免職処分  大分県教委は11日の定例会で、長男と長女の採用を巡り贈賄罪で起訴された同県佐伯市立蒲江小校長・浅利幾美被告(52)を懲戒免職処分とすることを決めた。


日本地震学会
地震に関するFAQ

FAQ 2-2

質問: 国レベルで「地震予報」をやっていますか? やっているならどういった情報からそのような予報をしているのでしょう?

回答: 「地震予報」というのは現在のところ行っていません。時間を指定した短期的な予知は, 現在の技術では「ほとんど」できないと考えられているからです。ただし、気象庁は東海地震に限定して、「2,3日以内」の直前予知をするための体制を取っています。FAQ4-3や、気象庁のホームページ(http://www.kishou.go.jp/)を参考にしてみて下さい。
FAQ 2-3

質問:地震予知はどの程度あてになるのでしょうか?

回答: 日本で唯一予知できる(前兆現象検出+地震前の災害対策実行ができる)可能性のある東海地震ですら、必ずしも予知できるとは限りません。阪神・淡路大震災を引き起こした1995年兵庫県南部地震のようなM7クラスの内陸の浅い部分で起こる地震(いわゆる「直下型地震」)の予知はさらに困難です。加えて、それより一まわり小さいM6.5クラスの「直下型地震」は、日本のどの場所でも(活断層の有無に関係なく)起こる可能性があり、この程度の大きさの地震の予知(FAQ 2-4 で述べたプレスリップに伴う地殻変動等の現象の地震前の検知)は現状ではほとんど不可能と考えられています。M 6.5程度でも浅い地震の場合、その直上では震度6弱以上になり得ます。たとえば、東海地震が発生しなくても、M6.5の浅い地震が発生して、静岡県で大きな被害が生じることも有りえるわけです。  したがって、結論からいうと、地震予知を過剰に信頼してはいけないと思います。地震は唐突にやってくるものと理解し、それに対する日頃の備えをしておくのが一番大切です。 その上で、地震予知もなされれば幸運であると考えておくべきだと思います。たとえば、静岡県は、東海地震に対して、地震予知ができた場合とできない場合それぞれに対して、 被害想定(なゐふる27号(2001年9月号)参照)をおこなっています。(K)

補足: FAQ2-14 でも示しましたが、日本では、東海地震以外に、予知できる体制ができている地震はありません。(K)


長崎年表 昭和時代(3)
1941年


10/06★三菱長崎造船所の副長岡田寿吉が市会で第15代市長に当選
     岡田寿吉は1887(明治20)03/☆兵庫県生まれ
     東大法学部を卒業し1913(大正02)に長崎造船所に入社
     →10/15☆造船所を退社(年金1560円)
     →10/22☆市長に就任
     →1945(昭和20)08/09☆原爆時、岡田寿吉は市役所にいて助かる
     平野町の自宅は被災、妻初枝、長女輝子、長男陽太郎をなくす
     →1945(昭和20)10/21☆任期満了
     →1945(昭和20)10/22☆第16代市長に再任
     →1946(昭和21)10/15☆退任。公職追放(パージ)該当者に指定される前に退陣。菅野助役が市長職務代理に
     →1949(昭和24)03/06☆前長崎市長岡田寿吉(63)が本河内の自宅を出てから消息を断つ
     →1949(昭和24)03/08☆戦後再婚したトキ夫人(41)から長崎市警に捜査願いが出される
     足どり捜査や市役所職員らの協力を得て山狩り捜査を続ける
     手掛かりはつかめず、当時“原爆市長ナゾの失踪”として市中で話題に
     →1956(昭和31)11/18☆唐八景から八郎岳へ向かう山中のお万茶屋付近の山林の中で、白骨死体となって発見


旭川・アイヌ民族の近現代史
(株)高文研 2005年12月


近代の、旭川・近文アイヌ民族のことをどうしても書き残しておきたいと思い立ち、ようやく全体像が見えるようになるにつれて気にかかりだしたのは、アイヌ民族にとって日本の戦争、とりわけアジア・太平洋戦争とはいったい何であったのか、ということだった。そして出会ったのが、橋本進氏の著作『沖縄戦とアイヌ兵士』(草の根出版会、一九九四)だった。この本は何度か繰り返して読んだ。

 沖縄戦での旭川・アイヌ民族の兵士のことが知りたくなって、『旭川市史』や資料に当たって戦没者の記録を探したが、どうしても見つからない。第七師団の北鎮記念館に問い合わせてみた。無駄だった。旭川にある北海道護国神社を訪ねた。北海道・樺太の戦没者六万五千名のリストならあるという。

 手がかりを持たず探し出すのはとても無理だった。高齢の遺族会の会長さんを訪ねたが、会員にアイヌの方はおられないという。間違いなく門野信広、杉村正経、荒井国元などアイヌの戦没兵士はいたはずなのに、遺族会会員名簿にもアイヌの遺族を見つけることはできなかった。両親はもちろん妻だった方も今は亡く、遺族会を退会したのだろうか。戦争体験を語ってくれるアイヌの人もおらず、その先に進むことは難しかった。ただ橋本進氏の本から弟子屈の弟子豊治らのことを知ったのは貴重だった。

 そのことを川村カネトアイヌ記念館の川村兼一さんに話したことがあって、今年(二〇〇五年)五月、沖縄の真栄平に行きますけど一緒に行きませんかと誘ってくれた。川村兼一さんが沖縄本島南部の激戦地跡に建立された慰霊碑、「南北の塔」でイチャルパ(慰霊祭)を行っていることは知っていたし、さしつかえなければぜひ同行させてほしいとお願いした。

 真栄平の南北の塔の右側面には「キムンウタリ」と彫られている。アイヌ語で「山の同胞」だという。北海道は木々の緑に囲まれた土地柄であり、真栄平もよく似たなだらかな丘陵地帯であるから、同じような自然に恵まれたもの同士の連帯と平和の願いをこめて「キムンウタリ」と書いたのだろう、と川村兼一さんはいう。沖縄の梅雨は本州より一カ月早く、五月は雨期になる。当日は雨傘も役に立たないほどの雨となった。イチャルパは雨音だけが耳に入るなかで静かに行われた。鎮魂ということばがなぜか急に浮かんできて離れなかった。本当に来てよかったと誘ってくれた川村兼一さんに感謝した。

 弟子豊治、沖縄戦で亡くなった浦川玉治(『沖縄戦とアイヌ兵士』)、日中戦争での荒井源次郎(伊藤桂一『月下の斥候隊』=荒井源次郎がモデル)、砂沢クラの語る日露戦争でのアイヌ兵士(『ク スクップ オルシペ』)、偶然ではなくそれらのアイヌ兵士に共通しているのは、いずれも気立てのやさしい兵士たちであることだ。軍服が似つかない人たちと言えばいいだろうか。ほんとうは、どの国の、どの民族であろうと、みんなやさしい気立ての持主であろう。生きとし生けるものならば、殺し、殺されることに涙しないものはいないはずだ。人のいのちに鈍感になったとき、鬼にも邪にもなる。アイヌ民族は、歴史的にも、戦争どころか争うことにすら顔を背ける民族だった。

 昭和五十三(一九七八)年、沖縄県で開催された日教組日高教合同教育研究集会での鷲谷サトの発言である(『沖縄戦とアイヌ兵士』)。

 「私たちアイヌは、幼いときから、言葉でいいあらわせないほど、ひどい差別をうけ、いじめられてきました。やっと大人になったとき、たった一枚の紙切れ(召集令状)で兵隊にとられ、たった一枚の紙切れだけがかえってきたのです」

 「沖縄戦で一番多くの兵隊さんが殺された場所を教えてください。従兄の血がにじんだ土を、ひとにぎりでも持って帰りたいのです」

 近代の日本は、十年おきに大きな戦争を繰り返してきた。詰まるところは泥沼の破滅に陥る日中戦争・アジア太平洋戦争であった。それらは、どう考えてもアジア諸国に向けられた加害・侵略の歴史であった。朝鮮併合を含めて道理はなく、民族の誇りを平然と傷つけてきた。日本の過去の戦争が他民族迫害の歴史であったことでは、アイヌ民族に対しても同じであった。いや、同じというより、アイヌ民族への偏見、差別、迫害に、その出発点があった。今、それらの事実を認めまいとする声が国の中枢から聞こえはじめている。どこかで国のかたちが歪んできている。二度と悲劇を繰り返すようなことをしてはならない、痛切にそのことを思う。

 この四年ほど、伺ったアイヌの方々のお宅は二十軒を越えるだろう。断られたことは一度もなかった。時にはぶしつけになる質問にも、ていねいに、やんわりと答えていただいた。そのたくさんの方々は、文中に実名で書かせていただいた。何よりもアイヌ協議会の川村兼一さんご夫妻、ウタリ協会の川上哲さんご夫妻をはじめ、アイヌの方々のお世話になって、やっとここまでたどり着くことができた。

 平塚賢智さんは、米寿に近い今も、誰もが認める木彫り熊の優れた実作者である。そのうえに人脈、知識、何をとっても豊富だった。しっかり近文のことを書いてくれよと、たえず激励され何でも教えてくれた。佐々木豊さんと知り合えたことも、貴重だった。貴重な資料がいっぱいあって、本当は佐々木豊さんが書くともっと内容豊かになっただろう。

 私と同郷の大和正幸さん、鬼才といっていい木彫り熊の実作者であった。木の見方からはじまって、私の知識は大和さんからの受け売りだ。原稿がもう少しで出来上がるというときになって急逝された。無念だった。

 五十嵐広三さん、内閣官房長官を務めたほどの方にアイヌの人たちが抱いている親近感、信頼感を実感して感動した。みんなフルネームに〝さん〟を付けて〝五十嵐広三さん〟と呼ぶ。終章の記述から、その魅力を感じとっていただけたろうか。

 最後になったが、もっともお世話になったのは旭川市中央図書館資料室のみなさんだった。ぼう大な新聞資料から始まって、古い文献を探し出すことまで、勝手な注文にも笑顔でてきぱきと応じていただいた。誠実な、本当にいい方ばかりだった。

 出版に際しては、以前出版した『遙かなる屯田兵』とあわせ、また高文研にお世話になった。もう四十年をこえる付き合いの梅田正己さんがおられるからである。梅田さんの指示はいつものことながら的確だった。七十を過ぎても本を出すことができて、本当にしあわせだと思っている。


アイヌ民族の受難(明治以降)(1)
るいネット


近代化という波が、アイヌ民族をとことん追い詰めていく様子を年表でみていきたいと思います。彼らは法律で「土人」と呼称されていました。
   参考:アイヌ民族の歴史年表リンク
【新政府のアイヌ政策】
1871年:明治政府、戸籍法を制定。アイヌは「平民(旧土人)」として編入される。このとき道内のアイヌ世帯数は13182戸、人口66618人。開拓使、アイヌ男子の耳輪、女子の入墨、家屋葬送など独自の風習を禁止し、日本語の使用を強制。イヨマンテ(熊送り)も禁止される。家屋葬送とは「死亡の者これありそうらえども、居家を自焼し他に転住等の儀、堅くあい禁ずべきこと」ということ。

1874年:屯田兵条例が制定される。失業した旧士族の救済と北海道開拓、それに北辺の防衛も受け持たせることを目的とする。

1875年:ロシアとのあいだに千島・樺太交換条約締結。これにともない樺太在住のアイヌ人841人が北海道に移される。いったん宗谷に落ち着くが、翌年6月さらに札幌近郊の対雁(江別太)に再び強制移住。

1877年:英国人宣教師ジョン・バチェラー夫妻が来道。平取、有珠などに自費で教会を建てる。日英に翻訳したアイヌ語辞書を編纂。札幌に開いた無料診療所では、札幌市立病院院長もボランティア診療。養女に迎えた向井八重子はバチェラー・八重子としてアイヌ解放運動に尽力。

1878年:開拓使、アイヌの呼称を「旧土人」と統一する。この前後に全道で、仕掛け弓・毒矢を用いた鹿狩りやサケ漁などが禁止される。鹿撃ちには猟銃が貸与される。

1879年:琉球処分。沖縄が日本政府の直接統治下に置かれ、自治権が完全に剥奪される。

1884年:千島列島北端の占守島に住むクリルアイヌ97名が、色丹島に強制移住させられる。その後、千島アイヌは病気や気候の変化などで体を壊し絶滅。

1886年:北海道の特殊性に鑑み県制が廃止。道内三県に代わり新たに北海道庁が設置される。

1893年:アイヌの生活困窮が全国的に問題となる。加藤正之助は帝国議会に「北海道土人保護法案」を提出。「土人にして農を業とせんことを希望するもの」に、「1戸当たり6千ないし1万5千の未墾地を付与す」というもの。沙流系アイヌは法案成立を目指し国会に陳情。議会での討論の結果否決される。

1897年:国有未開地処分法が交付される。内地の資本家、大土地所有者向けに農地150万坪、牧草地250万坪、森林200万坪を上限とする土地が無償貸与される。(貸与といっても、成功後は無償に付与されるというもの)

1899年:北海道旧土人保護法が制定される。アイヌ人の困窮に対処するため一戸あたり1万5千坪以内の農地が「下付」される。

1900年:近文のアイヌ給与地売却をめぐり、大倉財閥などが絡み、中央政府の大規模な汚職事件に発展。アイヌ人の抵抗も強かったことから、当局は移転を断念。

1901年:この年、全道の人口101万1892人。うちアイヌは1万7688人。

1904年:日露戦争勃発。樺太アイヌの山辺安之助、上川アイヌ北風磯吉らアイヌ人63名が従軍。

1919年:旧土人保護法の第一次改正。道内4ヶ所(平取、静内、白老、浦河)にアイヌのための病院が設けられる。

1912年:十勝地方のアイヌ系住民が道庁の指導の下に「十勝旭明社」を結成。勧農施策、住宅改善、小規模融資事業を展開。


東京周辺に暮らすアイヌ民族
JANJAN 2003/01/01


東京都が1989年に行なった調査では、都内に住むアイヌ人口は2700人と推定されています。首都圏には約5000人のアイヌ民族が暮らしているともいわれています。

 日本の先住民族であるアイヌ民族は、日本政府による過酷な同化政策により、固有の言語、文化、生活習慣を否定されてきました。

 差別を逃れて、職を求めて、さまざまな事情で東京に出てきている人、東京で生まれた人…アイヌの精神を誇りに生きる人たちに出会いました。


オリンピック物 「原型は英国にあり」
読売新聞 2003年4月16日


オリンピック復活の考案者はブルック博士――。19世紀末、ギリシャの古代五輪の伝統を汲(く)んだ国際大会の創始に尽力、「近代五輪の父」と呼ばれるクーベルタン男爵(仏)の功績に、真っ向から異議を唱える小村が英国にある。

 ロンドンから、北西へ車で3時間余り。ウェールズとの境界近くにある「マッチ・ウェンロック」は、ひなびた石造りの家並みが続くひっそりとした田舎町だ。ここで1850年から今日まで、地域住民を中心にした競技大会「ウェンロック五輪」が毎年開かれてきた。

 五輪博物館に現れた、マッチ・ウェンロック五輪協会のヘレン・クロマティ前会長は「クーベルタンは確かに五輪を復興させたが、国際的な五輪大会のアイデアは、もともとウィリアム・ブルック博士から得たもの。クーベルタンは残念ながら、(近代五輪の父という)不滅の栄誉を欲した余り、後世ブルック博士の功績を故意に無視する挙に出たのよ」とにべもない。

 英国的な本家争いかと思うと、意外と一理ある。古代ギリシャ文化に関心を抱いていたブルック博士は、当時オリンピアで古代五輪の遺跡が発掘されたことなどに触発され、大会を考案。村の司教らの猛反対を制して、当時の英国としては珍しい、階層にかかわらず全住民が参加する競技会を開催した。表彰台や3位までのメダル、古代五輪にヒントを得た開会式の入場行進は、「ウェンロック五輪が始めた五輪の伝統」だと前会長は言う。

 当時フランスの高等教育に、英国式体育を取り入れることに腐心していたクーベルタン男爵は、英国制度の研究のため滞在中、ブルック博士から招待を受けて、ウェンロック五輪を視察に訪れた。1890年10月の夜、27歳のクーベルタンと、81歳のブルック博士は夜を徹して語り合い、ブルック博士は恒久的にアテネで開かれる、国際的な五輪大会開催の夢を熱弁したという。

 クーベルタンは直後の月刊誌に、「五輪の伝統が現在も生き続けているのは、ブルック博士のお陰だ」と称賛を寄せ、翌年の大会の花形競技に、メダルを寄贈して敬意を表した。

 しかし、親密な友情はそこまで。ブルック博士は、クーベルタンが五輪復興の演説を行い、国際オリンピック委員会(IOC)の素地を作った1894年のソルボンヌ会議には、体調不良で出席出来ず、1896年4月に世を去った。アテネで第1回近代五輪が開かれる直前のことだった。

 幾多のブルック博士との文通も、クーベルタン男爵の妻の手で焼却され、ブルック博士の名は忘却の彼方に葬り去られた感がある。

 なぜ五輪史を書き直せと抗議しないのか? 「英国人は、そんな(はしたない)ことはしないものよ」とは、誇り高き五輪協会の見解だ。


米南部の竜巻 死者少なくとも55名、負傷者数百名
アメリカ情報掲示板 2008-02-07


2008年2月5日、米国南部を襲った複数のトルネードー(竜巻)は、 ミシシッピ、アーカンソー、テネシー、ケンタッキー そしてアラバマの5州を襲った。

米気象当局によると、被災州を中心に2月5日は 78件トルネードー観測が報告された。

同日、トルネードー警報は数時間に渡ってブロードキャストで 流されていた。サイレンが鳴った時、多くの人々がシェルター に避難していたため、その命は救われた。だが、犠牲になった 人々は、逃げ場を失った。嵐は想像を超える威力で人々に 襲い掛かっていた。

これまでに判明しているだけでも死者55名、負傷者数百人を数える。 もっとも被害がひどかったのはテネシー州で死者の数は、現在で 31名となっている。このほか、アーカンソー州で死者13名、 ケンタッキー州で死者7名、アラバマ州で死者4名が確認されている。 破壊された家や建物は数百件と予想されているが、 誰もまだ被害状況を正確には把握しきれていない。

ブッシュ大統領は同日、連邦政府による被災州への支援を約束した。


記録的豪雨 水害の常識を捨てねば
中日新聞 2008年8月30日


  東海・関東地方を激しい豪雨が襲った。道路が川に変わり、いたるところで住宅が浸水、交通機関も不通となった。従来の水害対策を根底から見直す必要があるのではないか。

 雨で一寸先も見えない。愛知県岡崎市で最大時間雨量一四六ミリを記録、市内の全十四万世帯に避難勧告となった。東海豪雨の最大時間雨量九七ミリ、二〇〇四年九月に三重県宮川村(現・大台町)に土砂災害をもたらした台風21号の一三九ミリを超える。

 停滞する前線を暖かく湿った空気が入り込んで刺激し、積乱雲の群れを発生させ、今回の大雨を降らせたとみられている。

 わが国では一九九六年から時間雨量五〇ミリ以上の集中豪雨の発生回数が急速に増えている。

 地球温暖化との関連を疑う声もあるが、確たる根拠はない。しかし、集中豪雨の頻発が当たり前になった今、これまで水害対策の常識とされたことを、徹底的に再検討しなければならない。

 七月下旬、神戸市・都賀(とが)川で児童が死亡した事故が示すように、集中豪雨で川は一瞬のうちに増水する。首都圏や名古屋圏などアスファルトとコンクリートで覆われた都市の市街地では、行き場のない雨水が道路、低層の住宅や地下施設にあふれた。

 市街地の雨水を下水やポンプで川へ流せば、川の水位をさらに上げ堤防決壊の危険を大きくする。また市街地を流れるのは中小河川が多く、治水安全度は低い。

 従来の治水の中心は、増水しても安全に川で流すことだった。このためダムによる洪水調節、河床しゅんせつで流水量を増加、堤防強化などを進めてきた。

 これらの整備だけでは壁に突き当たるのも明らかである。

 道路や公共施設の敷地に雨水の浸透施設や、豪雨が過ぎてから放流する一時貯留施設を設けるのは対策の一つである。東海豪雨を経験した自治体で施工済みだ。

 洪水や土砂災害の情報や警報はきめ細かく気象庁などが提供するようになった。浸水予想のハザードマップ整備も進んできた。これらを基に自治体は人命を第一に考え、空振り覚悟で早めに避難を呼び掛けるべきだろう。

 高度成長期以来、防災への配慮を無視した安易な市街化区域の指定も目立つ。これからの指定に慎重を期すのは当然だが、指定済みの区域でも浸水を繰り返したり、急傾斜地の近くなど危険個所は、見直しを急ぎたい。


銅像建立20年 溝辺の西郷どん、初のあか落とし
南日本新聞 2008 08/31


霧島市溝辺の鹿児島空港前に立つ西郷隆盛像(高さ10.5メートル)の建立20年を記念し30日、地元ボランティアが初めて水洗いした。

 像は1977(昭和52)年の西郷没後100年記念事業として、国会議員や関西の鹿児島出身者らが京都市に建立しようと彫刻家古賀忠雄氏に依頼して完成。しかし、関係者が死去したため建立されず、富山県の倉庫に眠っていた。これを知った旧溝辺町の有志が実行委員会をつくり1億円以上の募金を集め、88年に現在の場所に建立、その後、周辺を西郷公園として整備した。

 建立から2年後にはNHKの大河ドラマ「翔(と)ぶが如(ごと)く」が放映され、観光客が多く訪れたが次第に減少。霧島市や当時の委員会メンバーらが新たな活用法を検討する中で、初めて水洗いをすることにした。

 建立当時の溝辺町長、今吉衛さん(81)や地元の陵南わいわい児童クラブの児童らが見守る中、メンバーは高所作業車で銅像の高さまで上がって高圧洗浄機で水を吹き付け、20年分のあかを落とした。公園内の池や石畳の清掃も含め作業は約2時間半で終了した。

 建立実行委員長だった木佐木信廣さん(61)は「像を建てた当時の思いを若い人にも引き継いでほしい。これを機に、子どもたちの歴史教育の場にするなど公園を有効利用する新たな展開を考えていきたい」と話した。


公明代表選、9月16日から 太田氏無投票再選へ
asahi.com 2008年8月21日


公明党は21日の中央幹事会で、代表選を9月23日の党全国大会に合わせて行うことを決めた。太田代表が同29日に任期満了を迎えることに伴うもので、同16日に立候補を受け付ける。太田氏以外に立候補の動きはなく、同日中に無投票再選が決まる見通し。北側一雄幹事長や漆原良夫国会対策委員長ら現執行部もそのまま続投すると見られ、現体制のまま衆院解散・総選挙に向けて準備を急ぐ構えだ。


山下汽船合名会社→山下汽船株式会社(Y-Line)
船魂


戦前日本最大の不定期船会社オーナーで有力な相場師である通称「泥亀」こと山下亀三郎は、愛媛県喜佐方村河内(現吉田町)の庄屋四男として慶應3年4月9日に産まれました。十五歳で上京して明治法律学校(現明治大学)に通うが、一年半で中退し、その後転々と職を変えた末横浜でマンガン鉱の販売をしていた池田文次郎商店に就職しましたが倒産してしまいました。そこで独立して石炭の販売をはじめ、商売が軌道に乗った明治35年に喜佐丸を購入して海運業に乗り出しました。国内の産業が軽工業から重工業へと発達するにつれ、石炭や船舶の需要が増すようになり、日露戦争で急成長を遂げました。やがて明治44年に山下汽船合名会社を設立して神戸・ロンドン・シドニーと世界に支店をおきました。WW1の勃発により 大正6年に株式会社になり、野村徳七商店等と同時期ににボルネオ島の天然ゴム農園事業に進出して、三井物産船舶部から独立した内田信也の内田汽船、勝田銀次郎の勝田汽船らともに「船成り金」として大成功を収めました。

 WW1後の反動不況で大借金を抱えて破綻し自殺寸前まで追いこまれてしまいます。しかし、多くの企業が倒産する中でしぶとく生き残ることに成功しました。その秘密はナント同業他社の株を「カラ売り」していたのです。それも順次積み増していたので、船舶事業の損失より売り建ち玉の利益が大幅に上回っていたそうです。宴会の名人として有名となり情報を早く仕入れられたので「早耳の山下」と言われました。昭和十九年十二月十三日、七十八歳で没。

 同郷の友人秋山真人海軍中将(日露戦争の海軍戦略を事実上一人で作成・運営した)が晩年を彼の別荘で過ごしたのは有名です。また東京にモスクを建設したり、昭和16年山水学園(現桐朋学園)を設立するなど社会基盤整備にもお金を使いました。彼は部下の使い方がうまく、社員に巨額の報酬を与えており,「アクの強い、生意気な男こそ役に立つ。大いに使いこなせ」と言い放つだけの度量を持った彼の性格と共に優秀な人材が多く集って来て山下学校と言われた理由でしょう。


■■■


■■■


■■■

English


English


Home Control Counter
web trackers
Pictures References mybb2.com GoStats.com
Google msn Yahoo