日吉台地下壕と日吉寄宿舎

平成22年4月24日(土)日吉台地下壕見学会の模様

 

塾高のグランド脇を通りマムシ谷を下ると、

コートの横に日吉台地下壕の入り口が有りました。

普段は施錠されている入り口の鍵を開け、警備の

人が立っていました。

終戦の前年秋、わずか数か月で完成させたとは

思えない壮大な地下壕でした。

ここから海軍の司令が軍艦に発せられていたこと

などを聞くと、日吉寄宿舎と同様の戦争遺跡であると、

改めて知らされました。

いざ地下壕の入り口を下る

壁面のブロックは30cmの厚み

司令長官室

司令長官の部屋は丈夫で美しい仕上げ

一部湿った所もあるが大部分は乾燥した通路

日吉寄宿舎の中庭に通じていた階段跡


暗号室は大人数でも入れる広さ

テニスコート横の入り口(通風口)


Homeへ戻る