浮世絵 名所街道年中行事
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 名所街道年中行事

 名所絵(風景画)は浮世絵の主要テーマの一つ。数多くの浮世絵師が数多くの名所絵を描かいている。初期の頃から草紙などの挿絵として風景画は多く描かれており、それはやがて北斎・広重などの一枚物の浮世絵(錦絵)名所絵へと繋がっていく。このページでは名所、それに付随した祭りなどの年中行事やその土地の風俗、名所の一つでもある街道風景を描いた絵草紙・浮世絵を集めてみました。 


江戸
大坂
奈良
その他地域
東海道
その他街道
名所図会


作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 名所図会  

 名所図会(めいしょずえ)はタイトルのごとく”図会(絵)”を主体とした名所案内書。安永9年(1780)に京都の須原屋平左衛門・他が版元となり出版された「都名所図会」がその最初とされ、その後各地の名所図会が出版された。それまでの名所案内は旅行記風のものが多かったが、名所図会は純粋に名所の案内に徹し、挿絵の数も多いことから戯作者や浮世絵師の種本として活用されることも多々あったとされる。このサイトに掲載した浮世絵名所絵に名所図絵に掲載された挿絵の構図とまったく同一と思われるものもいくつかある。現代においても名所図絵に記載された名所がどのように変化しているのか比べてみるのも面白い。暇な時間がおありでしたら是非お調べください。  

 絵本 都名所図会

 絵:竹原春泉斎
 作:秋里籬蔦   
 出版年 安永9年(1780)  版元 須原屋平左衛門・他
 絵を主体とした名所案内。この出版が好評であったことから、以後各地の名所図会が出版されるきっかけとなった。掲載本は天明6年(1786)の再刻版です。全6巻、6冊。 

 絵本 摂津名所図会 

 絵:竹原春泉斎
 作:秋里籬蔦   
 出版年 寛政8年(1796)〜寛政10年(1798) 版元 森本太助 他
 摂津国は概ね現在の大阪府の淀川以北と兵庫県東南部を加えた地域。
 全12巻 

 絵本 和泉名所図会 

 絵:竹原春泉斎
 作:秋里籬蔦  
 出版年 寛政8年(1796)  版元 高橋平助高橋平助 他 
 和泉国は4郡からなり、概ね現在の堺市、高石市、和泉市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市の一部または全部。
 全4巻

 絵本 河内名所図会

 絵:丹羽桃渓
 作:秋里籬蔦  
 出版年 享和1年(1801) 版元 森本太助 他
 河内国の範囲は生駒山地、金剛山地の西側に沿った細長い地域で、おおむね現在の大阪府東部に位置する。江戸時代は16郡あった。
 全6巻 

 絵本 伊勢参宮名所図会

 絵:蔀関 月
 作: 
 出版年 寛政9年(1797)  版元 塩屋忠兵衛 他
 京都を起点とした伊勢神宮への参拝案内書。江戸からは東海道名所図会を利用して桑名・四日市から伊勢道に入れば本書と繋がる。
 全6巻(5巻6冊) 

 絵本 東海道名所図会

 絵:竹原春泉斎 他
 作:秋里籬蔦  
 出版年 寛政9年(1797)  版元 田中庄兵衛・他
 京都を出発点として日本橋までの行程で全6巻。街道筋の名所案内だけでなく、街道から5〜7里離れた名所も記載。挿絵の数は200点以上ある。 

 絵本 江戸名所図会 

 絵:斎藤長秋 他
 作:長谷川雪旦
 出版年 1〜3巻:天保5年(1834) 4〜7巻:天保7年(1836)
 版元 須原屋伊八 他
 江戸神田の名主斎藤家三代に亘って編纂した労作。全7巻20冊。 

  ページトップへ 


 江戸  

 絵本 江戸名所記

 絵:
 作:浅井了意 
 「浅井了意」のページに掲載
 出版年 寛文2年(1662)  版元 河野道清
 江戸の名所案内。  

 絵本 江戸雀

 絵:菱川師宣
 作: 
 「菱川師宣」のページに掲載
 出版年 延宝5年(1677)  版元 鶴屋吉右衛門
 江戸で初めて出版された江戸の名所案内書。名所の記述だけでなく方角等詳細に記載されている。  

 絵本 江戸方角安見図鑑

 絵:
 作: 
 出版年 延宝8年(1680)  版元 表紙屋市郎兵衛
 この時代に、すでにかなり正確な江戸の町の地図帖が作られていたことに驚く。 

 絵本 江戸みやげ(上) 

 絵:西村重長
 作:
 「西村重長」のページに掲載
 出版年 宝暦3年(1753)  版元 菊屋安兵衛
 題名の通り、江戸の土産として重宝されていたと推測。寺社仏閣だけでなく、江戸の名所の様子、町民の姿がよく描かれている。 

 絵本 江戸みやげ(下) 

 絵:鈴木春信
 作:
 「鈴木春信」のページに掲載
 上下2冊の江戸みやげの下巻。 

 絵本 江戸名所

 絵:鳥居清満
 作: 
 「鳥居清満」のページに掲載 
 出版年 不詳  版元  不詳 

 絵本 江戸名所画本

 絵:十返舎一九
 作: 
 「十返舎一九」のページに掲載
 出版年 文化10年(1813)  版元 不詳
 江戸の名所を背景画にした狂歌絵本 

 浮世絵 江戸名所

 絵:渓斎英泉
 「渓斎英泉」のページに掲載
 出版年  版元
 江戸の名勝地7景を描く

 浮世絵 江戸八景

 絵:渓斎英泉
 「渓斎英泉」のページに掲載
 出版年  版元
 江戸の景勝地8景を描く

 浮世絵 江戸名所百景1

 絵:歌川広重
 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 安政3年(1856)  版元 魚屋栄吉
 江戸名所120枚のうち前半60枚を掲載 

 浮世絵 江戸名所百景2 

 え:歌川広重
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 安政3年(1856)  版元 魚屋栄吉
 江戸名所120枚のうち後半60枚を掲載 

  ページトップへ 


   

 絵本 京童

 絵:
 作:中川喜雲  
 出版年 明暦4年(1658)  版元 山森六兵衛
 京都の名所案内。名所を案内した草紙としては我国初めてのものとされている。 

 絵本 案内者

 絵:
 作:中川喜雲 
 出版年 寛文2年(1662)  版元 秋田屋平左衛門
 京都を中心とした年中行事風景。 

 絵本 京雀

 絵:
 作:浅井了意 
 「浅井了意」のページに掲載
 出版年 寛文5年(1665)  版元 山田市郎兵衛
 京童が名所を中心として書かれているのに対して、京雀は通りの名からその町を紹介する構成になっている。当時の町屋(商店)の雰囲気が伝わる。 

 絵本 京童・後追

 絵:
 作:中川喜雲 
 出版年 寛文7年(1667)
 京童の後編。続編あるいは後編としないところが京都らしい奥床しさか。 

 絵本 花洛細見図

 絵:
 作: 
 出版年 元禄17年(1704)  版元 金屋平右衛門
 京都の名所案内書。全15巻で、各巻約10ページの見開きに京都を代表する寺社を中心とした名所絵が描かれている。 

 絵本 都名所図会

 絵:竹原春泉斎
 作:秋里籬蔦   
 出版年 安永9年(1780)  版元 須原屋平左衛門・他
 絵を主体とした名所案内。この出版が好評であったことから、以後各地の名所図会が出版されるきっかけとなった。掲載本は天明6年(1786)の再刻版です。全6巻、6冊。 

 浮世絵 京都名所之内

 絵:歌川広重
 
 出版年  版元
 京都の名所10箇所を広重(2代目?)が描く 

 浮世絵 都名所

 絵:長谷川貞信 
 出版年 江戸末期  版元
 長谷川貞信は文化6年(1809)大坂の商人の家に生まれ、京都四條派の絵を学び、後に浮世絵を学んで浮世絵師として天保のころから活躍する。広重の画風に近い風景画を描く。30図を2ページに分割して掲載。 

  ページトップへ 


 大坂  

 絵本 難波鑑

 絵:
 作:一無軒道治 
 出版年 延宝8年(1680)
 大坂の名所案内、年中行事の紹介。

 絵本 御伽品鏡

 絵:長谷川光信
 作:鯛屋貞柳 
 出版年 享保15年(1730)  版元 紀伊国屋宇兵衛
 掲載本は元文4年(1739)千草屋新右衛門から出版された後刷本です。
 大坂の小商人、それも店舗を持たない道売りの商人や大道芸人を主要な題材とする狂歌絵本。当時の大坂の風俗を知る上での貴重な資料。 

 絵本 家賀御伽

 絵:長谷川光信
 作:栗柯亭木端 
 出版年 宝暦2年(1752)  版元 千種屋新右衛門
 掲載本は大正3年日本風俗図絵刊行会から出版された複製本の写しです。
 享保15年出版の「御伽品鏡」の続編とされる絵本。 

 絵本 摂津名所図会 

 絵:竹原春泉斎
 作:秋里籬蔦   
 出版年 寛政8年(1796)〜寛政10年(1798) 版元 森本太助 他
 摂津国は概ね現在の大阪府に兵庫県東部を加えた地域。
 全12巻 

 浮世絵 浪花名所図会

 絵:歌川広重(2代目?) 
 出版年  版元
 大坂商人の勢いが描かれている。絵の構図は摂津名所図会に掲載された挿絵を参考としているものもある。 

 浮世絵 浪花百景

 絵:長谷川貞信
 出版年 江戸末期  版元
 長谷川貞信は文化6年(1809)大坂の商人の家に生まれ、京都四條派の絵を学び、後に浮世絵を学んで浮世絵師として天保のころから活躍する。広重の画風に近い風景画を描く。30図を2ページに分割して掲載。 

  ページトップへ 


 奈良  

 絵本 奈良名所八重桜

 絵:菱川師宣
 作: 
 「菱川師宣」のページに掲載
 出版年 延宝6年(1678)  版元 柏谷三左衛門
 江戸で出版された奈良の観光案内書。 

 浮世絵 南都八景

 絵:(渓斎)英泉
 
 出版年  版元 池仲上金
 南都八景のうち5図を掲載

  ページトップへ 


 その他地域  

 絵本 有馬山温泉小鏡

 絵:
 作:
 出版年 貞享2年(1685)  版元 菊屋五郎兵衛
 有馬山温泉の紹介本。特定地域を紹介する草紙はこれ以前にもあったのか分らないが、今でいう観光パンフレットのははしりといえる。

 絵本 和国名所鑑

 絵:菱川師宣
 作: 
 「菱川師宣」のページに掲載
 出版年 元禄9年(1696)  版元 不詳
 諸国名所案内。全国の名所11カ所を描く 

 絵本 松島名勝考 

 絵:
 作:佐久間洞巌
 出版年 享保13年(1728)  版元 茨城多左衛門 他
 奥州松島の名勝案内 

 絵本 東国名勝志

 絵:月岡丹下
 作:鳥飼酔雅 
 出版年 宝暦12年(1762)  版元 高田清兵衛 他
 蝦夷松前から陸奥浅虫、盛岡、仙台を経て東海道を上り、近江までの名勝地案内。広い範囲を取り上げているが本のボリュームが小さいために急ぎ足の名所案内となっている。  

 絵本 西遊旅譚

 絵・作:司馬江漢
 
 出版年 享和3年(1801)  版元 鴨伊兵衛
 天明8年(1788)江漢42歳の時に長崎、平戸へ旅行した記録。4月23日芝の自宅を発ち、往路は東海道を上り姫路岩国などを経て長崎・平戸に2カ月ほど滞在。復路は京より中仙道を通り翌年の4月13日に板橋宿に着く。 

 浮世絵 六十余州名所図1

 絵:歌川広重
 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 嘉永6年(1853)  版元 越村屋
 全国の名所絵全70枚のうち前半35枚を掲載 

 浮世絵 六十余州名所図2

 絵:歌川広重
 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 嘉永6年(1853)  版元 越村屋 
 全国の名所絵全70枚のうち後半35枚を掲載

  ページトップへ 


 東海道  

 本 東海道名所記

 絵:
 作:浅井了意 
 「浅井了意」のページに掲載
 出版年 万治年間(1658〜1661)  
 日本で最初の道中記。江戸から京へ僧侶と旅の男の二人旅。  

 絵本 諸国安見廻文之絵図

 絵:
 作:石川流宣 
 「石川流宣」のページに掲載
 出版年 正徳3年以降(1713〜)  版元 須原屋久右衛門
 東海道の道中案内。 

 絵本 東海道名所図会

 絵:竹原春泉斎 他
 作:秋里籬蔦 
 出版年 寛政9年(1797)  版元 
 京都を出発点として日本橋までの行程で全6巻。街道筋の名所案内だけでなく、街道から5〜7里離れた名所も記載。挿絵の数は200点以上ある。 

 絵本 東海道中膝栗毛

 絵:十返舎一九
 作:十返舎一九 
 「東海道中膝栗毛」のページに掲載
 出版年 享和2年(1802)〜  版元
 東海道中記のなかで最も有名な作品 

 画帖 東海道中膝栗毛

 絵:十返舎一九
 
 出版は文化12年(1815)頃と推測。また一般に販売されたものでなく一九が道中膝栗毛の完成を祝って知人に配布したものとも推測されている。各宿場ごとに一枚の絵を描いていますが江尻、興津の二宿が欠落している。 

 絵本 東海道名所

 絵:歌川豊広
 
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 不詳  版元 不詳
 狂歌本の背景画として東海道宿場風景と人物を描く。19宿だけで他は欠落 

 絵本 駅路の鈴 五十三次

 絵:葛飾北斎
   
 「葛飾北斎」のページに掲載
 出版年 不詳  版元 不詳
 東海道五十三次の宿場を描いた画帖 

 浮世絵 東海道五十三次

 絵:歌川広重 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 天保年間(1830〜1844)  版元 喜鶴堂
 保永堂版を出版する前に描かれた東海道風景。スケッチのような絵だが当時の旅行者の様子がよく分る。  

 浮世絵 東海道五十三次

 絵:歌川広重
 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 天保4年(1833)〜  版元 保永堂
 東海道を描いた浮世絵の中で最も有名な作品 

 浮世絵 五十三次図会

 絵:歌川広重 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 嘉永年間(1848〜1854)  版元
 縦型の用紙に描いた東海道の風景。広重は縦型の構図での風景がにこだわっていた。 

 浮世絵 東海道五十三駅

 絵:歌川国貞
 
 「歌川国貞」のページに掲載
 出版年 不詳  版元 佐野屋喜兵衛
 東海道宿場町の風景を背景に美人画を描く。風景の構図は広重の描く東海道五三次に酷似。 

 浮世絵 役者見立五十三次

 絵:歌川豊国(三代目) 
 「三代豊国」のページに掲載
 出版年 嘉永5年(1852) 版元 
 一宿場に複数の絵があり、全部で78枚の役者絵。

 浮世絵 五十路の駅

 絵:歌川豊国(三代目) 
 「三代豊国」のページに掲載
 出版年 嘉永5年〜6年(1852〜1853) 
 役者絵の背景画に東海道風景を描く

 浮世絵 見立吉原五十三次
 
 絵:渓斎英泉
  
 「渓斎英泉」のページに掲載
 出版年 不詳  版元 蔦屋吉蔵
 五十三次をタイトルに入れただけの美人画シリーズ 

 浮世絵 双筆五十三次

 絵:歌川豊国(国貞)・歌川広重 
 出版年 安政元年(1854)  版元 丸久
 東海道の宿場風景を広重が、人物像を豊国(三代目)が描く。 

 浮世絵 五十三次名所図会

 絵:歌川広重 
 「歌川広重」のページに掲載
 出版年 安政2年(1855) 

 浮世絵 東海道五十三対

 絵:歌川豊国・国芳・広重 
 出版年   版元 伊場仙
 東海道の風景とそれにちなんだ故事・伝承などの人物像を描く。
 歌川国芳が28枚、広重が19枚、豊国(三代目)が8枚を分担。 

  ページトップへ 


 その他街道  

 絵本 一目玉鉾

 絵:
 作:井原西鶴 
 出版年 元禄2年(1689)  版元 雁金屋庄兵衛
 井原西鶴編の蝦夷地から大阪までの街道案内図。ちょっと中途半端な終わり方なので、大坂から以西が出版された可能性もあるが、よく分らない。 

 絵本 日光名勝記

 絵:
 作:貝原益軒 
 出版年 正徳4年(1714)  
 著者は本草学の大家としてしられる貝原益軒。江戸から日光街道で日光へ、帰りは足利、桐生を経て中山道の倉賀野までの道中記。 

 浮世絵 木曽街道六十九次

 絵:渓斎英泉・歌川広重
 
 出版年 天保6年(1835)〜天保13年(1842)
 版元 保永堂・錦樹堂
 木曽街道(中仙道)69宿を描く。ただし、草津追分、大津の2宿は欠落。 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.