浮世絵 花江都歌舞妓年代記
 芝居・歌舞妓 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 芝居・歌舞妓  絵本 花江都歌舞妓年代記

 花江戸歌舞妓年代記(はなのえどかぶきねんだいき)は寛政元年(1624)から文化元年(1804)までの180年間にわたる江戸歌舞伎の歴史をまとめたもので物語本ではありません。全9巻(5編、20冊)。文化8年(1811)から文化12年(1815)にかけて出版されたものですが、サイトに掲載した本は天保12年(1841)に再版されたもの。浮世絵の主要な題材である歌舞伎の歴史、また当時の風俗を知る上で貴重な資料でもあります。
 作者の烏亭(談洲楼)焉馬(うていえんば)は寛保3年(1743)、本所相生町の大工の棟梁の子として生まれ、天明6年(1786)には棟梁となり、後に幕府の子普請方を務めるまでになる。傍ら、天明4年(1786)ころから向島の料亭で素人が集まり「噺の会」を主催。このことから”落噺”(当時は落語という言葉はなく、明治以降になって使われた)に関与するようになり、式亭三馬や柳亭種彦との交流もあり、自ら狂歌や戯作を書くようにもなった。また市川団十郎の熱烈な支持者であもあり、団十郎の後援会”三升連”を結成。「立川談洲楼」または「談洲楼焉馬」と名乗ることもあった。 
 挿絵を描いたのは松高斎(勝川)春亭(かつかわしゅんてい)。勝川派の祖である勝川春章の弟子、勝川春英の門人。明和7年(1770)の生れとされる。黄表紙など絵草紙の挿絵を数多く描いています。


 巻之一   初編 一   自 寛永 1年(1624)
 至 享保11年(1726)
   103年間 
 初編 二 
 巻之二   初編 三  自 享保12年(1727)
 至 元文 1年(1736)
   10年間 
 初編 四 


 巻之三   二編 一   自 元文 1年(1736)
 至 延享 4年(1747) 
   12年間
 二編 二 
 巻之四   二編 三   自 延享 5年(1748)
 至 宝暦 7年(1757)
   10年間 
 二編 四 


 巻之五   三編 一   自 宝暦 8年(1758)
 至 明和 8年(1771)
   14年間 
 三編 二 
 巻之六   三編 三   自 明和 9年(1772)
 至 天明 6年(1786)
   15年間   
 三編 四 


 巻之七   四編 一   自 天明 7年(1787)
 至 寛政 5年(1793)
   7年間 
 四編 二 
 巻之八   四編 三   自 寛政 6年(1794)
 至 寛政10年(1798)
   5年間 
 四編 四 


 巻之九・上   五編 一   自 寛政11年(1799)
 至 文化 2年(1805) 
   7年間
 五編 二 
 巻之九・中   五編 三 
 巻之九・下   五編 四 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.