浮世絵 石川流宣
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 石川流宣  

 石川流宣(いしかわとものぶ)は浮世絵師、絵草紙の作者のほか地図の作者として江戸時代初期に活躍した。通称を石川伊左衛門、名を俊之といった。流宣を”流舟”と記してともに”りゅうせん”とも呼ばれた。生年および没年は分かっていない。
 浮世草子作者としては貞享3年(1686)に出した「好色江戸紫」が代表作とされるが、残念ながら国立国会図書館のデジタル化資料にはない。浮世絵師としては好色本の挿絵を多く描き、その作風は菱川師宣風であるため師宣の弟子ともいわれるが、その確証はない。
 このページの下段に掲載した地図は貞享4年(1687)に相模屋太兵衛から出版された「本朝図鑑細目」で、幕府の選定した日本図を大胆にデフォルメし、大名の名と禄高、東海道などの宿場とその間の距離、名所などを記載。道中図と武鑑の役割を持っている。この出版以降、約百年の長きにわたり”流宣図”として度々改訂版が発行されて日本地図の代表として親しまれた。


作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 枝珊瑚珠 

 作:石川流宣・他 
 絵:石川流宣
 出版年 元禄3年(1690)  版元 相模屋太兵衛
 全5巻  噺家・鹿野武左衛門一家の軽口噺集 

 絵本 正直咄大鑑 

 作:石川流宣
 絵:菱川師宣
 出版年 元禄7年(1694)  版元 万屋清兵衛
 全5巻 流宣作の軽口噺集 

 絵本 武道江戸紫  

 作・絵:石川流宣
 出版年 正徳6年(1716)  版元 山田屋三四郎
 全5巻

 絵本 武道継穂の梅  

 作・絵:石川流宣
 出版年 不詳 版元 相模屋太兵衛 

 絵本諸国安見廻文之絵図  

 作・絵:石川流宣
 出版年 正徳3年(1713)以降  版元 須原屋久右衛門
 全4冊 東海道の道中案内  

  ページトップへ 

本朝図鑑細目(横1枚の図を2分割しています)
 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.