冒険者の日記・18年6月その2

戻る


6月28日
*カギはタロット封じ*
ユードナ様のエルミ3、ポリーテ捕獲作戦です。
既に掲示板でお知らせしてますが、無事にポリーテの捕獲に成功しました。
それでは、その時の様子をお伝えしましょう。

まずはメンバー選定です。
これまでと比べて、ウィルオーとハイソーサリスを投入しています。
正直、真髄ミサーマとかほとんど役に立たなかったもので(汗)。
そして、ユードナ様・ウィルオー・ハイソーサリス・アーくんのエクストラスキルをお邪魔タックルにしておきます。
ポリーテと遭遇直後、まずはハイソーサリスのタロット愚者でターゲットを眠らせます。
これが失敗したり、先にポリーテに暴れられた場合は諦めてやり直しましょう(笑)。
お邪魔タックルでポリーテが眠っている間に、レベル200ホムンクルスが武器×2を破壊します。
武器を破壊し終わったら、ホムンクルスは回収しておきましょう。
そして、タロット太陽失敗でポリーテのHPを全快させます。
次が肝心、タロット教皇でスキル行動を禁止にします。
これで敵味方双方ともタロットが使えなくなりました。
この太陽失敗〜教皇をより確実にするために、遊楽者を二人投入したわけです。
ポリーテにタロットを使われると何が起こるか分かりませんから。
捕獲ミッションにおいて厄介意外の何物でもありませんよね。
それを封じてしまえば、安心して捕獲に取り組めるってわけです。
反面、太陽失敗でポリーテのHP回復ができなくなります。
でもまあHPが1300以上あるみたいなので、何とかなるでしょう。
オマケではありますが、スキル禁止なので隠れたりもできなくなりますね。

ヴィッフィはウィルオーに入れたほうが良さそうです。
ウィルオーの首斬り抵抗は95%。
これならポリーテの首斬りを完全に封じることができます。
ちなみにアドリアンは首斬り抵抗90%で、惜しくも発動1が残ります。
わずか1%ではありますが、これがあるとないとでは大違いです。
あとはマハマンの「呪文に完全抵抗」で、ラタシフなどポリーテの呪文も完封できます。
こうなれば怖いのはソウルトラップからの掃射追撃くらいでしょうか。
それもアドリアンがユードナ様、そしてウィルオーがトゥマシオを護ることで対応します。
あくまでユードナ様を護るのはアドリアンというのがポイントです(笑)。
各種抵抗もありますが、状態回復率の高さがモノを言います。
また、武器破壊の効果として、後衛陣には掃射追撃が及ばないという点も大きいですね。

これでようやく捕獲態勢が組めました。
あとはトゥマシオの連撃からユードナ様が・・・
って、これがメチャクチャ大変でした。
や、今回トゥマシオはそれなりに連撃を決めていたと思います。
でもユードナ様が結果を出せなくて。
や、これ以上女子が増えたら困る、とか心配する必要もないと思いますよ?
正直、一日目は激闘の末にポリーテを殴り殺して終わってしまいました。
そして翌日に再トライ。
前述のようになんだかんだありまして、ポニャーポ以外の枠を使い切って呪文を補充。
その二回り目の4レベルで、ついに捕獲に成功しました!
これ以上長引くと、またもポリーテを殴り殺す恐れがあったんですけどね。
その前に捕獲できて何よりでした。
ポリーテ捕獲プロジェクト、これにてミッションコンプリートです。

6月26日
*第三の方法試してみた*
ユードナ様のエルミ3、昨日の思い付きの実証編です。

ポリーテを捕獲するためには、あの強力な弓矢をどうにかしたいところです。
幸いと言いますか、ユードナ様がレベル200に到達しましたから。
新たに武器破壊を持つモンスターを捕まえてくればどうにかなるかもしれません。
図鑑でめぼしいモンスターをチェック。
が、武器破壊持ちで捕獲が容易なモンスターというのは案外いないもので。
一応ライトニングあたりに目星を付けて太陽宮へ。
そこで遭遇したのがホムンクルス+1でした。
コイツも事前チェックしていたモンスターのひとつだったので、早速捕獲することに。
闘士が殴るまでもなく、簡単に捕獲を決めるユードナ様でした。
や、まさかこんなモンスターを捕獲することになるとは思ってませんでしたねえ。

召喚モンスターにホムンクルスを据え、ポリーテを殴らせてみました。
結果は御覧のとおり。
見事ポリーテの武器を破壊することに成功しています。
さらに武器を破壊して、ポリーテは素手状態に。
レベル200ホムンクルス、キッチリと仕事をこなしてくれました。
第三の方法、ズバリ的中ですね。

武器さえ破壊してしまえば、あとはどうにかなるでしょう。
マハマンやらタロットやらを駆使して捕獲に取り組むことに。
が、ポリーテのタロットやソウルトラップなどは相変わらず厄介です。
オマケに、素手なのに何故か掃射追撃を放ってくるという。
アドリアンが首を斬られた時には焦りました。
この辺り、なかなか一筋縄では行きません。
相変わらずではありますが、闘士のクリーンヒット不発問題もあるしね。
画像は今回一番惜しかったシーンです。
クリーンヒットも決まって、あともうほんのちょっとだったのに〜。
それでも、確かな手応えは感じました。
細部をもう少し詰めれば捕獲法も確立するかと思います。

6月25日
*修行deデート*
ひとつ年を取ってもやることは変わらない、ユードナ様のエルミ3です。
ポリーテを捕獲するためには、あの強力な弓をどうにかしたいところです。
まず考えられるのが、アドリアンによる武器破壊。
レベル90では破壊することはできませんでした。
なので、更なるレベル上げが必要になってきます。

チームの人数を減らしての大魔公狩りを取り入れます。
初めて気付いたのですが、3では大魔公戦での逃走が不可になってました。
唯一画家のオッサンからは逃げが効くようです。
でも、画家は何が起こるか分からないタロットを使うからねえ。
できれば避けたいところです。
まあなんだ、経験値を集中させたいアドリアン以外は逃げる予定ですから。
だったら、最初からユードナ様と二人だけで行けば良いじゃない。
と言うわけでアドリアンとユードナ様、二人だけの修行デートになりましたとさ。
ちょっとユードナ様、顔がニヤけてますよ(笑)。
ポニャーポとの相性を考えると、レックダースが最適のようです。
あとは貝とかマー坊あたりも狙い目でしょうか。
これらの大魔公の間を飛び回って、効率良く稼ぎたいところです。
二人なら、経験値は20万ちょっとくらいでしょうか。
1時間程でアドリアンがレベル110まで上がりました。
が、まだポリーテの武器を破壊することはできません。
もう少し頑張りましょう。

武器破壊の他に、盗賊の装備解除も忘れてはいけません。
タロットで物理攻撃禁止にしてから装備解除すればより確実かも。
盗賊のウィルオーがレベル60くらいだったのを連れ出します。
転移呪文の回数の関係で、レックダースに狙いを絞って修行を積むことに。
500万ゴールドの寄付込みでウィルオーがレベル90を超えたくらい。
どうせなら、ポリーテだけでなく他の大魔公やフロアマスターの装備も強奪させたいじゃない。
と言うわけで、こちらももう少し修行が必要になるかと思います。

そんなこんなしていると、ユードナ様のレベルが200の大台に乗りました!
と、ここで第三の方法を思い付きました。
新たに武器破壊を持つモンスターを捕獲してきたらどうでしょう?
ユードナ様のレベルが適用されるなら、ポリーテの武器を呆気なく破壊してしまうかもしれません。
エンプーサ、手放さなければ良かったかも・・・

6月24日
*次なるターゲットは弓聖ポリーテ*
今回は予告編となりますか、ユードナ様のエルミ3です。
ポニャーポを捕獲したことで、大魔公相手のバトルが格段に楽になりました。
こうなると、大魔公狩りでレベル上げもできるようになってきます。
反面、ユードナ様にとって3の大魔公たちは、あまり魅力を感じないようで・・・
それよりも、ダンジョンロードのフロアマスターのほうが良さそうです。
中で、ユードナ様が次なるターゲットとして目を付けたのがこのお方でした。

弓聖ポリーテです。
エルミゴシックにおける壮絶な捕獲作戦は、私の記憶に鮮明に焼き付いています。
このポリーテは、是非とも冒険者として使ってみたいんですよね。
捕獲の前に、倒せないことでは話になりませんから。
以前は手も足も出なかったからねえ・・・
しかし今回はポニャーポのジアカラドが炸裂して勝ちを貰えました。
どうやら、倒せるようにはなったようです。

それでは捕獲に挑んでみますか。
捕獲狙いとなるとポニャーポは使えません。
カゲロウやネクロフィリスもあまり役には立たなそうです(笑)。
代わりに、真髄魔術師の女子高生とアーくんを入れて挑んでみます。
そのアーくんのマハマン「味方の回避アップ」で守備固め。
女子高生の真髄ミサーマもあって、ポリーテを眠らせたりもしました。
が・・・
やはり捕獲への道のりは厳しいですね。
雨あられと放たれる矢に、こちらのメンバーが次々と倒されていきます。

さらに厄介なのがタロットです。
こちらを状態異常にしてからの掃射追撃は恐怖としか言いようがありません。
掃射追撃はこちらのACを無視する上に、ヴィッフィも無効。
どうにも防ぎようがありません。
これは手の出しようがないか・・・
と思いますが、あの弓矢をどうにかすれば何とかなりそうな気はします。
アドリアンが武器破壊するとか、盗賊が装備解除するとか。
弓矢さえ外してしまえば、圧倒的な攻撃力も掃射追撃も封じることができそうです。
ポリーテのレベル90に対して、アドリアンも同じくレベル90になってます。
現段階では武器破壊はできませんでしたが、もう少しレベルを上げればいけるか?

6月22日
*ポニャーポVS大魔公*
本日は旧サイト「うぃざーどりぃ日記」の開設記念日になります。
サイトを立ち上げたのが2002年6月22日と。
実に16年前のことになりますか。
我ながら、よくもまあ同じようなことを延々続けてきたものだ、と。
呆れる反面、感心したりもしました。
そんな感じではありますが、今後ともよろしくお願いします。

さて、ユードナ様のエルミ3です。
前回捕獲に成功したポニャーポですが、当面は召喚モンスターとして使いますか。
取りあえず、一通り大魔公と戦わせてみました。
何しろ、精霊契約+魔術の真髄ですから。
呪文が炸裂すれば相手を圧倒するのは言うまでもありません。
中でも面白かったバトルをピックアップしてみましょう。

まずはコイツ、マー坊です。
魔術師の大敵とも言える反射結界の使い手ですが・・・
ポニャーポの高魔源で呆気なく破壊されてしまいました。
ユードナ様のレベル160が適用されているはずなので、余裕で破壊しちゃいますね。
反射結界さえなくなれば、あとは呪文が炸裂して終わりです。

ほとんどの大魔公を圧倒したポニャーポでしたが、やはり居間には苦戦させられました。
炎・氷・雷の三属性呪文が跳ね返されるんですよねえ。
まあ、ポニャーポがそれを吸収するのでこちらも無傷なのですが。
ツバメ返しもあるので、打撃でもなかなかダメージを与えられない。
ポニャーポパワーをもってしても、やはり居間は難敵でした。

そして居間以上の泥仕合となったのが、ポニャーポ同士の対決です。
お互いに呪文は効かないし、殴られれば沈黙してしまうと。
双方決め手を欠いた状態での殴り合いになりました。
最後はこちらのポニャーポの首斬りが決まって辛うじて勝ちを拾えました。

6月20日
*ユードナ様、半端ないって*
衝撃的なラストが待っている(?)ユードナ様のエルミ3です。
通常レベルの大魔公が出揃ったところで、誰か一体は捕獲したいところです。
ユードナ様が目を付けたのがポニャーポでした。

精霊契約だろうと魔術の真髄だろうと、所詮は呪文です。
ならば、反射結界やマハマンの「呪文に完全抵抗」で簡単に行けるかと思ったのですが・・・
そうは甘くありませんでした。
ポニャーポの高魔源で反射結界を壊されるんだな。
さらに、魔術の真髄はマハマンの効果をも打ち消してしまうという。
その上ゼオナダルも使ってくるから大変です。
結局、反射結界とマハマンではどうにもなりませんでした。
しかし、ポニャーポは沈黙攻撃にムチャクチャ弱かったりします。
どのくらい弱いかと言うと、−100%(笑)。
なんだそりゃ?って感じですが、とにかく沈黙攻撃を仕掛ければ呪文を封じることは可能です。
そこで白羽の矢が立ったのが狩人のシューティングムーンです。
沈黙のアンクレットを装備させて速攻を放てば行けるはず。
ただ、シューティングのエクストラスキルが6回しか使えませんで。
そこはちょっとした工夫が必要になってきます。
バトル開始直後の1ターン目、まずはネクロフィリスが反射結界ですね。
これが破壊されたら、諦めてやり直しましょう(爆)。
そして、タロットの戦車でポニャーポのACを−10に。
この時のシューティングのレベルが38でしたから、AC−10なら確実に攻撃が当たります。
もちろん召喚モンスターのゴースト系にヴィッフィですよ。
そしてここが肝心ですが、スコレク&ラスコレクを数回入れて素早さを調整します。
これをやっておけば、速攻が使えなくなっても先手を取ってポニャーポを黙らせることができます。
これで捕獲態勢が組めました。
以下、シューティング→トゥマシオ→ユードナ様→タロット太陽で敵HP回復を繰り返します。
が・・・
例によって例のごとく、今回もトゥマシオのクリーンヒットが不発でした。
他はうまく回っているのに、闘士だけが自分の仕事を果たせません。
まったくクリーンヒットが発動しないまま、ユードナ様の呪文だけが消費されていきます。
まあね、アークデーモン改めアーくんのマハマンでいくらでも魔力の補給はできるんだけどさ。
さすがにクリーンヒットが出ないとなっては諦めムードです。
今回はダメかと思っていた、その時です。
目を疑うようなことが起こってしまいました、よ?

捕獲成功〜って、ナンダコレハ?
クリーンヒット不発なので、召喚抵抗は素の98のまま。
しかし成功の数値が99に100と、召喚抵抗を上回っているではないですか!
にしても、よくこのシーンのスクショを撮り損なわなかったものです。
スクショがなかったら、何が起こったか理解不能だったことでしょう。
理論上は可能と分かっていましたが、まさかクリーンヒット無しで大魔公を捕獲するとは。
確率的には1万分の4でしょうかね?
いやはやユードナ様、半端ないって。

6月19日
*大魔公出揃いました*
取りあえずページを新しくしてユードナ様のエルミ3です。
セリオン西を探索します。
ここで登場した大魔公を一気に攻略していきましょう。

毒男ことカストロマンディです。
コイツはとにかく嫌いです。
バトル中に回復できないのもそうですが、何より不潔なのが許せません。
この毒男は、以前マナちゃんが捕獲していました。
不浄の地で敵の回復を封じられないかと思ったんですけどね。
召喚モンスターにするとその不浄の地のスキルがなくなって意味ナシに終わったんですよ。
そんなイヤな思い出も込みで、コイツは嫌いなのでした。

ポニャーポです。
これでも魔術の真髄+精霊契約を使いこなす大魔導師、かも?
高魔源もありますが、沈黙攻撃に弱かったりします。
呪文さえ封じてしまえば捕獲も可能かもですが、さて?

ファニサキルという、誰がどう見ても貝ですよねえ。
たいした能力もないので、なんでコレが大魔公なのかよく分かりません。
よく分からないながらも、サックリと倒して勝ちを貰っておきます。

セリオン西ではあと一体、ロウソク紳士のメノリストが登場します。
以前、砂漠で遭遇していたかと思うので、ここでは画像は省きます。
駆け足ではありますが、これにて通常レベルの大魔公と一通り対峙しました。
今回のプレイの趣旨からしても、どれか一体くらいは捕獲したいものです。