冒険者の日記・18年1月

戻る


1月13日
*赤竜はキープで*
大雪の日はまったりと行きたいエルミ3です。
早速ですが、コレから行きますか。

レアンマカナ山脈山頂にて、目の前に巨大竜巻が現れました。
あれ?
この竜巻ってたしか、天候を操作して嵐にしてから出現させるんじゃなかったっけ?
そのためにはもう少しイベントをこなして・・・
だから、本来ならもう少し後でも良いはず。
なので一度は見送ったのですが、再出撃してもまだ竜巻がありました。
それじゃあせっかくなので巻き込まれてみますか。
そんな流れで、竜巻に巻き込まれて風の城へ飛ばされてしまいました。

と言うわけで、いきなり風の城へ乗り込んでしまったユードナ様御一行です。
手近な扉を開けたところ、いきなり大物と出くわしてしまいました。
んーレッドドラゴンかあ、ブレスを吐かれたら終わりだよな・・・
と、恐る恐るではありましたが、捕獲に挑むユードナ様。
結果、一発で捕獲に成功してしまいました。
抵抗65で3回チェックと、決して簡単ではなかったのですがやりましたね。

で、この赤竜さん、分かっちゃいたけどやっぱり強いんだ。
炎のブレスで200ダメージとか、メンバーの誰よりも攻撃力が強かったりします。
でも冒険者にしちゃうとまたレベル1からでしょ?
種族がデビになるからブレスも吐けなくなるでしょ?
そろそろこの辺りが辛くなってきました。
現状チーム編成的には不足はないので、赤竜はこのまま召喚モンスターとしてキープで。
しばらくは用心棒として働いてもらおうと思います。

1月10日
*新顔の巨人*
またまた新メンバーが加わる、ユードナ様のエルミ3です。

まずは探索の様子から。
上に行ったり下に落とされたりしつつ、コンヌ神殿遺跡を歩き回りました。
地下2階の固定部屋でウロウロしていたフロアマスターは、何も考えずにトンズラです。
で、最後に石碑まで辿り着いたのですが・・・
だから何?
まだこの石碑に関するイベントが発生していなかったでしょうか。
取りあえず歩き終わったことに満足しておきましょう。

次へ行く前に、気になったモンスターを捕獲してみました。
皆さんご存知、ウィルオーウィスプです。
冒険者化したところ、戦士もありつつの結局は盗賊で落ち着きました。
盗賊はすでにゴーストレンジャーがいるのですが・・・
何と言ってもウィルオーは各抵抗が95%。
また、魔・僧・錬の呪文に対しても95%抵抗を持っています。
これはユードナ様を護るビット的に使っても面白いかもしれません。

イヌを外してウィルオーを入れ、山脈の探索を進めます。
これまでも山脈2階部分はレベル上げで通っていたんですけどね。
その3階で遭遇したのが炎&氷の巨人コンビ。
ここはどちらかを捕獲と考え、フロストにターゲットを絞りました。
ユードナ様、見事に一発で捕獲成功です。
で、この巨人も魂の盟約しちゃいますよ。
せいぜい戦士か、良くて闘士ぐらいかと思っていたのですが・・・
ナント君主来ました!
これは使うしか。
上のメンバーからケンタウレスを外してフロスト君主を投入することにしました。

1月8日
*幻のイヌ君主ク*
本日のエルミ3は昨日の懸案事項の検証からです。
分かりやすいところでアビを実験台にします。

アビを捕獲したところでしっかりとセーブ。
そして魂の盟約で職業を確認したらリセット・・・を10回試してみました。
1〜5回目までは戦士にしかならなかったのですが、6回目で君主来ました!
その後も戦士、盗賊、戦士、そして最後は侍と。
確認できただけで4種類の職業になりました。
どうやら各モンスターで、なりやすい職業となり難いレアな職業があるようです。
そうそう、さすがにこのアビ君主は不採用で。

と言うことは、リセットを繰り返すことである程度狙った職業にできそうです。
画像は以前巫になったとお伝えしたサソリ姐さんですね。
遊楽者を3回経た後、お目当ての闘士になりました。
ひょっとしたら、巫のほうがレアだったのかもしれません。
黄色いの(バード)も飽きたので、入れ替えることにします。
両手に魔断バサミを装備しているのがカッコ良かったのですが・・・
うっかり錬金を付けたらサブに装備できなくなってしまいましたとさ。

もうひとつ、イヌクシュクを君主にできないかと試してみました。
性格が中立だったのを、ユードナ様のプリなんとかって呪文で善に。
そこから君主に転職させたのですが、ここで思わぬ落とし穴。
各抵抗値が軒並み15%になっていました〜。
抵抗100%がウリだったのに、これでは意味がありません。
ここは泣きのリセットで勘弁してもらいたいと思います。
一応、別のイヌを捕獲して君主を狙ってみましたが、実現はしませんでした。
どうやら、イヌ君主クは幻と終わってしまったようです。
なのでイヌは当面戦士で。
そのほうが、新メンバーを護る壁役としては適任ですから。

1月7日
*あずさ2号*
ユードナ様のエルミ3、本日のテーマはあずさ2号・・・
じゃなくて、

そう、こちらのお姉さんです。
ユードナ様、遺跡の地下2階でシューティングムーンの捕獲に成功しました。
チラっと覗くお尻がせくすぃですな。
早速冒険者にしてみると、これがまんま狩人でした。
と言うことで今日のテーマは狩人って、古いですね。
ちょうどゴーストレンジャー(盗)が死んじゃったし、入れ替えますか(笑)。

そんな訳で、現在のメンバーはこんな感じ。
神女のケンタウレスを前衛に出して、後衛にシューティングムーンを入れました。
これで、マナちゃんが捕獲した初期メンバーがいなくなりましたね。
そのシューティングムーン、性能的にもまんま狩人です。
誰かさんと違ってちゃんと速攻も追い打ちもできます。
ただ、盗賊を外したので宝箱がちょっと不安に。
ハイソーサリス(遊)とユードナ様の呪文で対応しています。
画像の白銀の弓も悪くないのですが、やはりバイオレントアローが良いかな?
でもさ、メンバーのゴーストレンジャーから取り上げるのも何だしねえ。
なので別にもうひとり、ゴーストレンジャーを捕獲してきました。

そのゴーストレンジャー2号を冒険者にしてバイオレントアローを取り上げ・・・
って、ナニ?
職業が狩人になってる!
うーん・・・
そうか、そうなのか。
これはどうも、今まで私はトンデモナイ思い違いをしていたようです。
てっきり、モンスターを冒険者化した時の職業は一種類に固定されていると思ってました。
その理由は、リセットしてやり直してもまた同じ職業になったからです。
これまでもそれを前提に日記を書いてきたのですが、違いましたね。
この件は今後のプレイの行方を大きく左右すると思われます。
もう少し詳しく調べてみましょう。

1月4日
*忘れていた面白ネタ*
ユードナ様の冒険譚@エルミ3です。
青の洞窟の探索は途中で切り上げて草原遺跡へ行ってみます。

ここで例の女のケツだよなあ。
このシーン自体は覚えていたのですが、ここで何か面白ネタがあったような?
その時はちょっと思い出せなかったので、取りあえずスルーしたのですが・・・
後になって思い出しました!
ドロップキックとか三年殺しとか持って来れば、愉快なリアクションが見られたんだったか。
んー、残念。
ユードナ様、ドロップキックなら少し前に入手していたのに。
実際に装備させていた時期もあったのですが、この時はもう手放してました。
コピーしていたデータで、ここだけでもリプレイしときますかね。

その後は遺跡の地下へ進みます。
んっ、この墓石を背負ったガイコツは何となく覚えてますよ?
コイツが持っているスコップが何かのイベントに絡んでいたような気がします。
たしか庭師じゃなかったかなあ。
まだイベントそのものは発生していないようですが、キープしておきましょう。
ちなみにこの墓石ガイコツを冒険者にした結果は戦士でした。
うん、イラナイね。

その後、ユードナ様一行は何故か水流に飲み込まれて地下2階へ落とされてしまいました。
転移呪文で帰れるのですが、取りあえず歩いて帰るルートを探すことに。
が、その道中で敵の奇襲を食らったからさあ大変。
空飛ぶクチビルのブレスを浴びて、あっという間に前衛陣が崩壊してしまいました。
前回、そろそろ前衛を入れ替えたいとか言ってたバチでしょうかね?
こうなったらもう逃げるしかありません。
ケンタウレスとハイソーサリスを盾にして、ユードナ様必死の逃走劇です。
手駒を犠牲にしてでもユードナ様の身の安全を優先させる。
これが今回のプレイの醍醐味でもあったりします。

2018年1月2日
*大召喚師への第一歩*
明けましておめでとうございます。
今年も「冒険者友の会」をよろしくお願いします。
とまあ、定型の挨拶はこれくらいで。
昨年末からスタートしたユードナ様のエルミ3、いよいよここからが本番です。

と言うわけで、ユードナ様がめでたく召喚師になりました。
ご祝儀としてポーンと30万ゴールドを寄付してレベル10に。
このくらいのレベルにしておけば、レベル20までのモンスターを3回チェックで捕獲できますね。

ちなみに呪文欄はこんな感じ。
3がイッパイ並んでいるのを見ていると、ちょっと気持ち悪くなりそうです(笑)。
装備品なども適当に見直して、準備ができたら出発ですよ。

取りあえず、青の洞窟へ行ってみます。
ここは序盤ながらも、いきなりカウントダウンが入る危険なダンジョンです。
空気の実は必須ですが、できるだけ昼間のうちに訪れるようにしましょう。
そして、コチラがユードナ様初捕獲の図です。
相手は水の精霊ウンディーネさんでした。
冒険者にした結果は召喚師・・・
うん、もういらない(笑)。
その後も適当なモンスターを見つけては捕獲を繰り返しました。
が、今後の戦力になりそうなものはいなかったでしょうか。
そろそろ前衛の3人に飽きてきたので、入れ替えとかも考えてはいるのですが。