冒険者の日記・17年12月

戻る


12月10日
*勝敗の行方*
さてもさてもでエルミ2、そろそろ真女神とのバトルにもケリを付けたいところです。
以下、長くなるので別ページにて。

エルミ2真女神・勝敗の行方

12月9日
*決着ならず・・・*
本日のエルミ2は昨日のバトルの続きです。

どうにかこうにか取り巻きの四賢者を蹴散らして、真女神を引きずり出すところまでは来ました。
いよいよここからが本番です。
まずはとばかりに、ハイ来ました!
女神同士の壮絶な斬り返し合戦勃発です。
レベル的にはサリジャナ様のほうが上回っているようで、若干ながらも競り勝つことが多いでしょうか。
ついでに相手の武器防具も破壊しちゃいます。
ちなみにこのバトル、リリーを置いてきた関係でダイスを持ってくるのを忘れてたりして。
発動率などが表示されませんが、ご了承を。

そしてこのシーン。
何かの拍子に混乱した真女神、自分に向けてオールドエイムを発動しちゃいました。
この技は、ターゲットのHP半減+状態異常という、とんでもなく厄介なもので・・・
これまでも、何度も苦しめられたものでした。
それを自分に向けてやっちゃうとは。
この時は、ひょっとしたら勝てるんじゃね? と思いましたね。
でもさ・・・
HP半減で14835ダメージってことは、まだHPが14835も残ってるってわけで。
仮に元のHPが3万とすると、ここまでほとんどHPを削れていないことになります。
しかも、ターン毎に1000ポイントの回復。
もちろん、混乱なんてすぐに治っちゃうしね。
よく考えると、これはマズイんじゃ・・・

そして数ターン後にはこうなってましたとさ(爆)。
なんだかんだで、メンバーのほとんどは行動不能。
ウルマクルの引きにも恵まれず、態勢を立て直すことができませんでした。
残ったエルアキ☆が殴ったとしても、斬り返されるのがオチでしょう。
トドメとばかりに、フィリードによる全回復。
事実上、この時点で勝負アリ。
この後、エルアキ☆も石化ブレスを食らって全滅です。
一瞬でも浮かれた自分がバカでした(笑)。
んー。
どうにか真女神との殴り合いには持ち込んだのですが、やはり厳しかったです。
さて、どうしたもんじゃろうのう・・・

12月8日
*真女神を引きずり出せ*
依然として真女神に挑戦中のエルミ2です。
暗滅の加護を得て、どうにかモグラ君を倒せる目処が付きました。
メイドリカバーを封じてしまえば、どうにかなるんじゃないでしょうか?

と言うわけで、何はなくとも暗滅エルアキ☆のもぐら叩きです。
や、他のメンバーも必至にモグラ君を攻撃してはいますけどね?
やはりエルアキ☆の一発が決まらないと話になりませんな。
この後、サリジャナ様にヴィッフィが入り、良い感じに敵の攻撃をいなしていきます。
更に次のターン、エルアキ☆がクラゲ嬢の始末に成功しました。
取り巻き二体を一気に蹴散らして、ちょっと行けそうな雰囲気がしてきましたよ?

でもまあ、このバトルがそんなに甘くないってのは、痛い程思い知らされましたから。
真女神のエンクミでエルアキ☆がやられてしまいました〜。
まあね、身体を張ってエルアキ☆を護っていたドランも既に力尽きていたしね。
これは仕方ないでしょう。
この後、ウルマクルで全回復に成功します。
こうなると暗滅の効果は期待できませんが、ここで引き下がるわけにはいきません。

まずは手堅くフクロウ翁を始末します。
そして最後まで残っていた火のワンコも、サリジャナ様のラグラスで撃破!
石化や首斬りが発動しない厳しいバトルではありましたが、どうにか四賢者の始末に成功しました。
さあ、これで真女神を引きずり出すことができました。
しかもメンバーは万全の状態。
果たして、このバトルの行方や如何に?

12月4日
*暗滅の加護を試してみた*
ギブアップするにはまだ早いエルミ2です。
依然として真女神率いる一団に挑戦中です。
前回は空間の加護が不発に終わってしまいました。
ならばとばかりに、奥の手である暗滅の加護を試してみましょう。

今回は戦士のエルアキ☆に暗滅の加護を付けました。
一応、魔術師のアイーシャ様も検討してはみました。
雷の魔印+2を強化したものの、ジアカラドでアビ相手に900ダメージ程度。
これが5倍になっても5000ダメージ弱にしかなりません。
モグラ君のHPは1万を超えるので、これでは攻撃力不足でしょう。
その点エルアキ☆は、強化した記録のワンドに盗賊系2倍で2000ダメージを確認しています。
暗滅で5倍になれば1万超えも可能です。

この前のバトルで、触手姐さんの吸い付きを利用してエルアキ☆のHPを一桁にしておきます。
そしてモグラ君を殴ったらこのダメージ!
暗滅5倍×盗賊系2倍で1万越えのダメージが実現しました。
見事、もぐら叩きに成功ですぜ。
メイドリカバーの使い手がいなくなれば、何とかなりそうな気がします。

でもさ、世の中そんなに甘くないんだ。
回復呪文との相性が悪い暗滅の加護。
ウルマクルでの全回復も使えないとなると、態勢の立て直しは困難となります。
一応、ドランのACを強化して盾役として参加させたのですが、それがどうした?
真女神と残りの賢者たちの猛攻の前に、あっという間に全滅に追い込まれてしまいました。
サリジャナ様までやられちゃったしね。
んー、やはり暗滅の加護を使っても厳しいことは厳しいのですが・・・
前回と違ってモグラ君を倒せる分、まだ何とかなりそうな気がします。
もう少しあがいてみましょう。

12月3日
*空間の加護を試してみた*
12月です。
早いもので、今年も残り1箇月を切りました。
さてエルミ2ですが、真女神に挑んだは良いものの、まったく歯が立ちませんな(泣)。
取りあえず先へ進むか、はたまたギブアップか・・・
なんとも悩ましい状況ではありますが、もう少しだけあがいてみましょう。

最後の切り札として、加護を試してみます。
今回は闘士の凛に空間の加護を付けてみました。
以前エルミ1で、空間闘士の連撃→クリティカルという戦法でラスボス撃破に成功しています。
閃光魔術は射程がロング。
そこに、忍者のフジが装備している手裏剣ですね。
前列にいる取り巻きは無視して、一気に女神の首を狙おうというわけです。

なんだけどさ、実際はそんなうまくはいかないわけで(爆)。
たいていの場合は、連撃を入れる以前に斬り返されて終わりです。
凛が大ダメージを食らって死ぬか、首を斬られるか・・・
それをウルマクルで復活させたとしても、武器が壊されていたら手が届かないし。
何しろ、敵味方にラミアーフ使いがいるからねえ。
1ターン目でサリジャナ様にヴィッフィを入れてから・・・
なんて呑気な作戦は通用しないしね。
ちなみに、デュークはフジを護って、セインはタロットの戦車です。

仮に凛が連撃を入れたとしても、フジが首斬りを決めるのがまた至難の業で。
攻撃が当たらないことのほうが多いし、当たっても斬り返されるし。
そんな中、これが一番惜しかったシーンです。
2枚目の画像、凛の連撃一発目で斬り返されからの・・・
フジの攻撃がヒット!
しかし首斬りは不発(爆)。
これ、発動3は連撃の効果なのかな?
発動1よりはマシですが、依然として厳しいことには違いありません。
そんな感じでして、空間の加護を使っても真女神攻略は難しいようです。