冒険者の日記・17年9月

戻る


9月24日
*今さらアパーシャ*
今さらこのネタ? と突っ込まれそうな4周目エルミ2です。
森のほうは取りあえず置いときまして、ネリド湿地帯へ行きます。
マップ2枚ながらもイベントが4つと、なかなかのフェイム稼ぎ場ですな。

今回はチームぐれ選が担当します。
上下の移動が頻繁にある湿地帯、ハトの呼鈴を使うのもなんだかもったいないんですよね。
避けられない雑魚とのバトルを少しでも楽にこなしたいってのが人情ってもので。
後列攻撃が弱いチームぐれ選ならなおさらです。
アイーシャ様にイチイチ呪文使わせるのも何だしね。
そこで白羽の矢が立ったのが深淵アパーシャでした。
ホント、今さらアパーシャ? って感じですよね。
でもさ、敵後列まで届くリーチの長さは雑魚の一掃に重宝します。
サリジャナ様はじめ他の召喚モンスターは、どれも後列攻撃できないものばかりですから。
霊を殴れるのも密かなポイントだったりします。
このアパーシャ君、白いのから神様まで。
幾度となくあったマナちゃんの捕獲ミッションを潜り抜け、ここまで残ってました。
今さら使う時が来るなんて思ってなかったけどね。

ただ、これには笑っちゃいました。
イムルアラティで敵のHPを削るのですが・・・
それが雑魚相手だと一桁ダメージにしかならないんですな(笑)。
事実上一手パスみたいなものですね。
それに対して、アルゲイズのほうは決まれば一気に敵を片付けることができます。
決まれば、だけどさ。

宿ですが、引き続きロイヤルスイートを利用しています。
その際、こちらのチームが件の傘を持っていたようで・・・
私の意志とは関係なく夢の世界へ迷い込んでしまいました。
ネタの流れ的には、やはりアパーシャ君で行くしか(笑)。
ルゲイエさんを軽ーく蹴散らしておきます。

9月21日
*真・宿屋繁盛期*
ネタはなくとも捻り出したい4周目エルミ2です。
取りあえず森の探索に出掛けます。
まずはレプラコーンや狩人のイベントなどをこなしてフェイムを回収していきますか。
が・・・
森にはまだ、魅惑の花ロルファンに関するイベントがあったはず。
たしか、適当に森を歩いているとタランティ姐さんに捕まるんだっけか?

イチイチ雑魚とバトるのも面倒なので、ハトの呼鈴使っちゃいます。
その際、ある程度錬度の高い素材を使うと便利ですな。
固定バトルを華麗にスルーしてタランティとの接触を待つことに。
なんだけどさ。
ひたすら森を歩き回って一通りマップを埋めたのですが、タランティに捕まらないんだな。
んー?
仕方ないので攻略本でカンニングしちゃいました。
4周目なのに、序盤のイベントの回収法が分からないってどうよ?(笑)

あー、そうそう。
カギは宿屋のロゼッタさんが握ってました。
そうか、森に棲むタランティのせいで宿屋の経営に影響が出るんだっけか。
それを解決して欲しい、というイベントでした。
いやはや、すっかり忘れてましたねえ。
このまま何度か宿に泊まってロゼッタさんに話し掛けていけば、自然に解決するはず・・・
や、ちょっと待て。

これってさ、冒険者は馬小屋に泊まるってのを逆手に取ったネタでしたよね。
じゃあさ、冒険者がずっとロイヤルスイートを利用し続けたらどうなるんでしょ?
以前も紹介しましたよね。
ロゼッタさんは、こちらがロイヤルスイートを使っているとそのうちにデレますから・・・
果たして、冒険者が支払う料金で宿が潤うのか?
それともタランティのイベントフラグが優先されて経営が傾くのか?
このままロイヤルスイートを利用し続けて、検証を続けたいと思います。
にしても、この宿にお風呂があったんですねえ・・・

9月15日
*女神と叔父さん*
さーて、今回のエルミ2は?

2か月程悩んだりしましたが、満を持して4周目に突入することにしました。
最短ルートで一気に真ボスを目指すか、それとものんびり行くか?
そもそも、現在のレベルで真ボスに太刀打ちできるかも分かりませんしねえ。
と言うか、日記のネタってあるんでしょうか?(笑)
どうなるか分かりませんが、取りあえず行ってみましょう。

コンパスの光なんか必要ナシでジュエルリングを回収。
帰り道でミルコ君を蹴散らしたら叔父さんとのバトルですぜ。
いわゆる道場で戦う時は召喚モンスターが使い難いのですが、このバトルなら最初から使えます。
今回はマナちゃんが使うサリジャナ様で行きましょう。
ちなみに、この時のマナちゃんのレベルが342でしたから。
血の盟約の下にいるサリジャナ様も、レベル342相当に能力を抑えられているでしょうかね?
女神同士の対決では思うように活躍できなかったサリジャナ様(レベル342)。
しかし相手が大魔公クラスなら御覧の通り、簡単に武器破壊を決めてしまいます。

あとはヴィッフィを入れて高みの見物、のつもりだったのですが・・・
ここでサリジャナ様(レベル342)は、ラミアーフ連発という珍プレーに走りました(笑)。
1ターンで2回ラミるってのは、ちょっと無かったかなあ。

9月13日
*真女神決戦*
大変ご無沙汰しておりました。
夏の間、サイトの更新などを放置していて申し訳ありません。
そもそも夏は苦手だったり、奥さんの調子が不安定だったり・・・
理由はイロイロありますが、あまり気乗りしないまま2か月が過ぎてしまいましたねえ。
まあ、それはさて置くとして。
お休みしている間、ほとんど手を付けていなかったエルミ2(汗)。
や、少しでもレベル上げとかしておけば良かったのですが、それもできませんでした。
でもまあ、そろそろ先へ進めようかと重い腰を上げてみました。
今日のネタは、本来ならお休み前にやっておくべき内容だったんですけどね。

デュークが捕獲した真サリジャナ様。
これを本家のサリジャナ様にぶつけないことには先へ進めませんぜ。
と言うわけで、他の神様はぶっちぎってサリジャナ様同士の女神決戦と行きましょう。
取りあえず、チームフレ選メンバーは補助や回復に徹してもらいます。
サリジャナ様にヴィッフィを入れたら、あとは女神同士のガチンコ殴り合いを見物するとしますか。
イヤー、これはスゴイね。
手に汗握る白熱の斬り返し合戦!
そしてそれを制したほうが相手の武器を破壊するという壮絶な展開が繰り広げられました。

結果、お互いに素手になっての斬り返し合戦になりましたとさ(笑)。
もっとも、こちらはペンデクでいつでも武器の修復が可能だったりします。
それに対して、相手は瘴怪波とか使ってくるから厄介ですな。
HPが3万以上あっても、半分の半分とかやられると一気に削られてしまいます。
こちらのサリジャナ様のHPが大幅に減っているのは、そのせいですね。

また、サリジャナ様は無駄な行動が多いのも気になります。
その筆頭はラミアーフなのですが(笑)。
毒のブレスとか呪文とかも、このレベルのバトルになると一手パスみたいなもので。
なかなか決着が付かないんですよねえ。
面倒なので最後は相手を眠らせちゃいました。
そうなると後は楽なもので、サリジャナ様の連撃から石化が入って勝負アリ。
壮絶な女神決戦を制することができました。
さてと、だ。
サリジャナ様を捕獲して、女神同士のバトルでも勝つことができました。
こうなると、もう3周目ではやることがないかなあ・・・
ウダウダ言ってないで、次の段階に進むべきでしょうかね。