冒険者の日記・16年3月その2

戻る


3月31日
*メイドさんと女子高生*
3月最後もやっぱりエルミ2なのです。

ロイペス地下2階の次は、ネリド湿地帯へ行きます。
ここもね、モンスターレベルは1ながらもかなり危険なダンジョンだったりします。
一方通行とシュートによる退路封鎖。
てっきり、ツルっと滑って帰れなくなるかと思ってましたが、それも別のシナリオだったようです。
そして、地下に落ちると出没するモンスターが一気に手強くなるという・・・
こうなると、ロイペス地下2階よりも更に凶悪な魔窟と言って良いでしょう。
取りあえず、転移呪文を命綱に探索を進めることにします。

マナちゃんが捕獲したのはキメラじゃなくて(笑)、後ろにいるメイドさんです。
ターゲットをマヒさせるでもなく、3回チェックを一発でクリアして捕獲に成功しましたから。
やはり今回もヒロインは持ってます。
早速、アロブと入れ替えてメイドさんを使います。
攻撃力こそアロブより劣るものの、メイドリカバーによる治療回復は頼りになります。
これで行けるか・・・と思った矢先、事件は起こりました〜。

湿地帯の地下で遭遇したのは、キメラ&女子高生のコンビでした。
その女子高生、いきなりエンテルクミスタをかましてきたからさあ大変!
次々にメンバーがやられてしまいます。
エンクミって、いわゆる核撃的な大爆発の呪文ですから。
さすがは魔法学園の3年生、やることがシャレになりません。
気が付いたら、生きていたのは遊楽者のセインだけという惨状。
そのセインも簡単にやられてしまい、今回のプレイで初となる全滅を食らってしまいました(爆)。
初全滅の記念として、リセットせずに受け入れることにしましょう。
いやはや、女子高生のミニスカ姿に見惚れている場合じゃないですな。
なお、全滅したメンバーの死体は寺院にお願いして回収してもらい、無事に復活いたしました。

3月28日
*魔窟に挑む*
さてもさてとでエルミ2やってます。
覚悟を決めたらロイペス地下2階へ行きます!

このフロアに下りる階段のすぐ近くにある一方通行扉。
これこそが、このフロアが魔窟と呼ばれる元凶です。
地下1階でジュエルリングを発見するのがレベル7〜9くらいでしょうか。
その足で地下2階に乗り込み、この一方通行にハマると帰還困難に陥ることになります。
や、私も以前のプレイでこの扉に泣かされました。
歩いて帰るには、グルっと大回りしなければなりません。
最短ルートを辿っても、回避できないバトルが何度かあります。
ましてや、途中の小部屋をイチイチ調べた日にゃ、ねえ。
出現する敵はそれ程強くありませんが、宝箱の罠に引っ掛かると・・・
そんなこんなで、転移呪文未収得ではとてもじゃないけど足を踏み入れられない・・・
それ程危険なマップなのです。

このフロアに来た目的ですが、生息している巨大コウモリ退治です。
が、ここに充満している瘴気の影響で、様々なバッドステータスに陥るから堪りません。
毒とかならまだしも、バトルスタート時に全員睡眠とか・・・
いやはや、考えただけでぞっとしますな。
それでも、取り巻きはザコなので落ち着いて対応していけば大丈夫でしょうか。

全部で5回ある巨大コウモリとのバトルで、この時が一番危なかったですかね。
全員瀕死の状態なので、何か事故かあれば死者を出したかもしれません。
幸い、僧侶ウグイスのラフィリードで全回復し、コウモリを蹴散らすことができました。
これでミッションクリアです。
そのウグイスですが、当初は錬金術師への転職を考えていました。
でもさあ、錬金術師がいると便利なんだけど、バトルではイマイチ戦力にならないというか・・・
や、マハマハで確実にトンズラとかは、本当に便利なんですけどねえ。
錬金は酒場の留守番キャラに任せて、ウグイスは無転職で生粋の僧侶のまま・・・
という選択肢も非常に魅力的に思えたりします。
んー、悩ましいところです。

3月27日
*マナ、狩人で対抗する*
3月最後のお休みもやっぱりエルミ2で頑張ってます。

予定外ではありましたが、狩人に転職したルルさん。
しばらくはリハビリ的レベル上げです。
ルルさんが装備しているのは、エルアキ☆から受け継いだロングボウ+1です。
他にも破魔の弓も発掘しているのですが、生憎デビは聖なる武器を装備できませんので(笑)。
そのロングボウ+1に、錬金で混乱15%を付けています。
発動率はそれ程高くありませんが、これで追い打ちまで決まるとなかなか愉快です。
その他、狩人は盗賊技能も持っています。
フジと併せて宝箱の罠を調べれば、より安全度が増すことが期待されます。

一方、チームぐれ選ですが・・・
同じデビリッシュとして、マナちゃんも対抗意識を燃やしていました(笑)。
森に出没する謎の狩人、アロブの捕獲に成功します。
これも3回チェックで抵抗値が45と。
決して簡単ではありませんでしたが、そこはヒロインの意地というヤツです。

や、分かってはいましたが、このアロブがハンパ無く強いんだ。
ねじれた弓による速攻は2回攻撃。
そして追い打ちも2回攻撃だから笑いが止まりません。
特殊発動こそないものの、申し分のない攻撃力ですぜ。
確実に攻撃の手数が増えたので、バトルが楽になりました。
よし、転職組のリハビリが済んだら、今度こそあそこに行ってみるか。

3月26日
*狩人物語*
年度末にスパートを掛けたいエルミ2です。
ハイベリーの森の北東で集中的にレベル上げ。
両チームのスペルユーザーたちもレベル13に達し、転職の時期を迎えました。
チームぐれ選のセインは僧侶から遊楽者に。
そしてマナちゃんは、もちろん召喚師に転職です。
一方のチームフレ選ですが、転職はちょっと保留にしておきます。

召喚師マナの初仕事は、例の狩人問題の検証です。
3回のチェックをクリアして、敵レンジャーを一発で捕獲に成功しました!
さすが、ヒロインは持ってます。
このレンジャーを連れて森の奥のオオカミ狩人のところへ行ったのですが・・・
残念ながら、召喚モンスターではオオカミ君に追撃を教えることはできませんでしたとさ(爆)。
うん、世の中そんなに甘くないよね。
まあ、これができたら誰も苦労しないんだ(笑)。
そんな訳で、狩人問題は振り出しに戻ってしまいました。
前回のプレイのように、お金で育てるのもつまらないし・・・

悩んだ末、チームフレ選の魔術師ルルさんを狩人に転職させました。
いやー、コレは本当に悩みましたよ。
できればルルさんには魔術師のまま頑張ってほしかったんですけどね。
他に、僧侶のウグイスを狩人にする案もありました。
だって、エルフの狩人ってハマリ役でしょ?(笑)
今回ルルさんを選んだ理由は二つかな。
まずは、ルルさんの種族がデビリッシュなこと。
デビなら、敵から盗んだアイテムを呪い解除無しで使用できます。
そして二つ目の理由ですが、このチームにはサムライと司教がいることです。
や、オペアビプレイの後だったのでうっかりしてましたが、エルミではサムライも魔呪文を習得するんですな。
もちろん呪文の威力は本職の魔術師には及びませんが、その点にはあまりこだわらなくても良さそうです。

こうして、ルルさんの狩人としての人生が始まりました。
もちろん追撃のスキルもバッチリです。
例のオオカミ君に追撃をレクチャーしてフェイムをゲット・・・
したのですが、このイベントをクリアするためには、ハイマスタースキルの掃射追撃が必要です。
えーと、ですね。
私、このスキルを掃「討」追撃と書いてきたのですが、正しくは掃「射」追撃でした。
なんで間違えて覚えてたんだろ・・・?

3月23日
*カブ畑でつかまえて*
以前もこんなタイトル付けたような気がするエルミ2です。

ハイベリーの森のマップが一通り埋まりました。
でもまだ二人の魔術師ともにレベル12で、転移呪文は未収得状態。
遭難の危険が大きいロイペス地下2階などは後回しにしましょう。
で、次に足を踏み入れたのが、デコール神殿遺跡です。
トラップとしてピットがあるものの、浮遊していれば問題ありません。
パーティを帰還困難に陥れる一方通行に比べたらカワイイものです。

ここでのイベントは畑荒らし(笑)。
何箇所かあるカブ畑を調べて行くと、カブに乗った緑のサンタ(?)とのバトルになります。
まあ、カブサンタ自体は特に問題はありません。
が、このバトルを見て、ハっと思い立ちました。
オオカミ狩人のイベント、召喚モンスターでイケるんじゃね?
マナちゃんが召喚師に転職したら、掃討追撃のスキルを持つ狩人を捕獲しちゃえばクリアできるかも?
この方法なら、無理に狩人を育てる必要もなさそうです。
取りあえず、追撃がある低レベルの狩人あたりで試してみましょう。

で、カブ畑からイモを見つければ腹ペコミューズのイベントがクリアになります。
サイマールに寄ったついでに、ワルミットさんのイベントのラッパもクリアしておきました。

3月21日
*忘れていた狩人*
体調不良にもめげずに頑張りたいエルミ2です。

両チームの僧侶と魔術師がレベル11になったところで、お山での修行は一区切り。
ハイベリーの森の東部を探索しに出掛けます。
船に乗って広い水域を探索していくと、水にまつわるモンスターが登場するようになります。
画像は今回のプレイでは初登場になるワイバーンですね。
こはキッチリと倒しておきたいところです。
盗賊が盗めるようになったら、真っ先にその爪を頂きに来ることになるでしょう(笑)。
その後、とあるポイントでロルファンの花を発見。
てっきり女王蜂とのバトルになると思ってましたが、何も起こりませんでした。
って、アレぇ・・・?
んー、完全にエルミシリーズの記憶がゴッチャになってますね。
で、その花をタランティに届けて、宿屋のロゼッタさんのイベントはクリアに。
錬金倉庫の使用料がタダになったのは、嬉しいご褒美です。

その後は森の北東マップへ探索の歩を進めます。
この辺りから死亡回数が増えてきました〜。
宝の罠だけでなく、バトルでもヒヤリとする場面がチラホラと。
重装備で固めたエルアキ☆も、巨大カマキリに首を切られちゃいましたとさ。

そんな森の奥深くで出会ったのが、こちらのオオカミ狩人君。
このコントを見た時、「あー、そうだった・・・」と頭を抱えましたねえ。
実はこのオオカミ君、狩人なのに追撃ができないんですな。
それを教えて欲しいとのことなのですが・・・
そのためには、こちらもメンバーに狩人を入れておく必要があります。
まあ、普通の追撃だけならレベル1の狩人でも良いんだけど、掃討追撃となると・・・
結果的に、ハイマスタークラスの狩人を育てなければなりません。
以前のプレイでは、大金を注ぎ込んで(つまりはズルして)狩人を育てたんですよねえ。
いやー、こんなイベントがあったこと自体、完全に忘れてましたわ。
んー、狩人どうしよう・・・

3月20日
*バード タロット劇場*
更新ガンバルとか書いた矢先に、風邪だか花粉だかで体調を崩しました。
今も鼻づまりで息苦しいのですが、少しずつでも取り組みたいエルミ2の続きです。
で、本日の主役は冒険者ではなくて、敵のバードさんだったりします。

中央の黄色い衣装のオッサン(?)がバードですね。
いつもは隠れる(たいていは失敗する)ことが多いのですが・・・
この日は、何故かタロットを多用してきたから堪りません。
この画像、まず愚者で全員睡眠→次のターンで魔術師のコンボ。
や、敵の中に本職の魔術師がいなくて助かりました(汗)。

お次はこちら、戦車のタロットで回避率上昇です。
このタロットを使うと全員のACが−10になるんですな。
本家ウィズフリークなら、AC−10と言えばシャーマン戦車でお馴染みでしょう。
もっとも、エルミの世界ではAC−10なんて・・・(以下略)

最後はこちらです。
恋人のタロットで全員魅了されたら大ピンチ・・・
だったのですが、ドロー失敗に救われました。
チームぐれ選では、将来的に僧侶のセインを遊楽者にする予定です。
そうなれば、こちらもタロット使い放題なのでしょうが・・・
調子に乗ってるといつかは失敗して、痛い目を見ることもあるんでしょうねえ。

3月17日
*運命はダイスと共に*
再始動したエルミ2です。
更新ガンバローという気持ちを込めて、今月2ページ目を新設しました。

引き続き、山のふもとで戦ってます。
バトルは楽にこなせるとして、戦利品に魔蒼石が出ました。
今回のプレイでは初出となる錬金素材です。
何か良い物が・・・と錬金してみたら、運命のダイスが出来ました。
これは持ち歩くしか!

運命のダイスがあれば、バトル中の様々な確率が分かるようになります。
これがなかなか面白いんだ。
画像は凛の攻撃ですが、発動はワービーストが持つ毒攻撃ですね。
発動20に対して失敗が75以上ですか。
これでは相手を毒状態にすることはできませんね。

もうひとつ、マナちゃんがロイドの呪文を唱えた時です。
一番上の成功は分かるとして、その下2行の強制力ってのが分かり難い。
この画像で見ると、上の行は強制力よりも抵抗力の数値が上。
そして下の行で強制力が抵抗力を上回り、敵をマヒさせたことが分かります。
強制力のチェックは、2回あるうちのどちらか1回を満たせば良いようです。
ゲーム中だと一瞬なのですが、スクショだとじっくりと検証できますね。
今の段階では、これらの数値はあまり気にする必要もないと思います。
ですが、普段は見えない数値の裏側を見られるのは、とても興味深いですね。