冒険者の日記・15年9月

戻る


9月23日
*大詰め近し?*
シルバーウィーク最終日にこそ追い込みを掛けたいオペアビ2学期です。
手配異形の黒ウサギを蹴散らしたら、このエリアのボスとの戦いに臨みます。

このバトルは、1学期でも戦ったキーパー軍団が相手ですね。
既に護衛は始末して、あとはボスのキーパーのみ、ですが・・・
ルルさんが燃え尽きてしまいました〜(汗)。
この他にもルルさんは、バキュームされたり旋回式ボディーアタックを食らったりと。
散々な目に遭ってしまいました。
や、ルルさんの災難も久しぶりと言えばそうですね(笑)。
東エリアと西エリアでそれぞれキーパー軍団を蹴散らせば、C6エリアへ進めるようになります。

で、やって来ましたC6エリアです。
一番最初に見つけた敵ポイントに足を踏み入れたら、いきなり手配異形と遭遇してしまいました。
うーん、コイツはクロブラの終盤で見たことがありますよ?
よく覚えてませんが、ムチャクチャ苦労したような気がします。
ここは無理をせず、素直に立ち去ることにしましょう。

そのまま適当に進んだら、イベントポイントを発見しました。
まだマップはスカスカですが、取りあえず行ってみることにします。
2枚目の画像と比べて、手持ち資金が1ゴールドも変わってないのがお分かりいただけるかと思います。
つまりは、まったくバトルしてないってことですね。
で、ここから先は例によってチームラキャラ達の熱演を観賞することになります。
アリスと規子、2大ヒロインの競演もありました。
や、イロイロと対照的な二人です(笑)。
規子さんの衣装が、PC版よりもファンシーになったなと思いました。
この後、アリスから「ジオマトリクスへ来い」と言われます。
確かシナリオボスのいた場所だったと記憶しています。
ここまで時間を掛けてプレイしてきましたが、いよいよ大詰めが近くなってきたでしょうか?

9月22日
*黒ウサギにリベンジ*
シルバーウィークにこそ頑張りたいオペアビ2学期です。
前々回の日記で未知のアビス空間に突入していたので、その続きから。
例によって、ここではオートマップに自分たちの位置が表示されません。
ですが、それ程マップが複雑でもなかったので、比較的簡単に抜けることができました。
ゴール地点まで行けば、怒涛の新展開が待っています。

で、なんだかんだありまして、フレンズ3rdはバベルスフィアを探索することになります。
既にマップを埋めているC1エリアは飛ばしてC3へ。
1学期で散々通ったマップですが、若干変更されてはいるようです。
ここでレベル上げを兼ねてしばらく粘ります。
そして。

よし来た!
以前ボコボコにされた、手配異形の黒ウサギです。
ここはキッチリと叩きのめして、リベンジを果たしたいところ。
気合を入れていきましょう。
こちらの戦術としては、例によって三枚の盾を展開して護りを固めるところから入ります。
リディアは○地裁ガード・・・
じゃなくて、マルチサイガードのスペルで特殊攻撃に備えさせます。
ここに来る前に、攻撃役のデュークとユウの武器には対未知を付与してあります。
そしてルルさんですが、スペル連発で呼ばれて出てくる取り巻きの処理に専念させました。

この瞬間、盾役のエイブが気絶していて危険だったのですが・・・
まずは黒ウサギが乗るマシンの破壊に成功しました。
以下、こちらのペースでバトルは展開して黒ウサギを撃破!
残った取り巻きもキッチリ始末して、見事リベンジに成功することができました。

その後はマップを埋めるべく探索していたのですが、またも黒ウサギと遭遇したりして。
ではありますが、既に戦術が確立しているので、特に危険なシーンもなく蹴散らしています。

9月18日
*ガイコツ狩り*
シルバーウィーク目前ですが、オペアビ2学期です。
前回、妖刀ザンネン・・・
じゃなくて、ムラマサを入手したとお伝えしました。
今となっては攻撃力などはイマイチですが、超常体にヒットするのは大きな特徴です。
なので、以前トンズラした手配異形を狩りに行くことにしました。

天国のスペル封じは勘弁なので地獄エリアへ。
ダークゾーンにある敵ポイントを何箇所か回っていると、程なくして目指す手配異形と遭遇できました。
ダークゾーンなので、バトル時に敵の姿も見えませんな(汗)。
アルゴルというガイコツなのですが、ヤツの姿は前々回の日記参照です。
実はこのバトル、一発目にリディアが攻撃したらアルゴルが気絶しました(笑)。
以下、こちらが一方的に攻撃して呆気なく勝ちを貰っています。
もちろんデュークはムラマサを装備、ビシバシ攻撃をヒットさせましたとさ。

ついでに、まだ倒してなかったスクライルのほうも狩っておきますか。
が、このバトルは予想外の苦戦となりました。
開幕早々のスクライルの全体攻撃で、後衛の三人が全員鬱に(汗)。
回復役のウグイスの戦線離脱は痛いですね。
それでも、アイテムを駆使して鬱から回復させ、どうにかこうにか勝ちを貰うことができました。

ところで。
ユウのほうは当面レベルパスが必要なさそうなので、それをデュークに回すことに。
その恩恵で、レベル28のショーグンカタナ改を装備できるようになりました。
いやー、レベル15のムラマサとは比較にならない斬れ味ですな(笑)。
私もうっかりしていたのですが、武術士はデュアルウェポンのスキルを習得しているんですな。
いわゆるメイン武器の二刀流というヤツです。
メインには新たにショーグンカタナ改を。
そしてサブには、今まで主武器として使っていたメインカタナ改を装備させました。
これで対超常体でも付けたら、もう本当にムラマサいらなくなるな・・・

9月14日
*妖刀ザンネン*
今日も今日とてオペアビ2学期なのですが、その前に補足と訂正を。
まずは昨日の日記、赤マークの敵。
通常の敵ながらも鐘の謎解きをクリアするまでは何度でも出現するようです。
そして一昨日の日記のソウルイーター、PC版でもデザインは同じとのことでした。
私が記憶していたのはソウルリバースのほうでしたね。
情報、ありがとうございました!

さて本題。
天国と地獄の謎解きをクリアしたら、赤マークの先へ進めるようになりました。
ポータルから未知のアビス領域へ進入します。
お約束ではありますが、敵組織とのバトルに突入ですよ。

敵組織の最終防衛ラインだからでしょうか、ここでのバトルは3連チャンとなってました。
まずは戦車ですが、相手が気絶したところに突撃をかましています。
まあ、これでも倒せないんだから、さすがに戦車の頑丈さは桁違いですな。
そして、ゲージがほとんどない状態で第2ラウンドへ(汗)。
お次は動物軍団で、最後はウィザーだったかな?
どちらも特に危険なシーンもなく、ルルさんにも被害はなく(笑)、撃破することができました。
バトル後は一度帰還して、しっかりとセーブしておきます。
そして戦利品の鑑定ですが・・・

って、ムラマサ・・・とな?
や、ムラマサってあのムラマサだよね?
1学期のラストで散々探し回った、妖刀と云われるカタナですよねえ。
それが今さらですか?(笑)
早速デュークに装備させてみます。

うーん、正直微妙としか言いようがありません(笑)。
攻撃力はサブカタナ改と同程度でしょうか。
現在使っているメインカタナ改や、その上位のカタナ類に比べると、どうしても見劣りしてしまいます。
特性値に赤マークのマイナス補正も入ってるし、何よりHP−ってのが痛いなあ。
首斬りと、超常体にヒットするのがウリですかね。
一応、開発ラボに売ってから買い戻すと、特性値の赤が変化したりするのですが・・・
性格制限で中立に赤が付いたりして(爆)。
そのままだと中立のデュークが装備できなくなるので、再度売って買い戻すことになりましたとさ。
このムラマサ発掘がまだ1学期だったら良かったんですけどねえ・・・
紛い物じゃないムラマサを入手して、こんなにザンネンな気分になるのも珍しい話です(笑)。

9月13日
*天国と地獄*
秋を迎えてラストスパートを掛けたいオペアビ2学期です。
ここまでの流れを受けて、次はGHQ墓地の地下へ強行突入となります。
既にショートカットは開いているので、オート移動で入り口まで行けるのは楽ですね。
地下通路を進んで行くと、やがて道が三つに分かれます。
そのうち中央の通路には、いかにも危険そうな赤い敵マーク。
ここは取りあえず後回しにして他を当たります。

取りあえず進んだ通路の先で、ヘブンズドアというエリアへ出ました。
しかし、天国とは名ばかりのヒドイ場所でして(汗)。
同心円状の通路の途中、何箇所か敵出現ポイントがあるのですが・・・
これがまたスペル封じだから堪りません。
や、一番最初のポイントではそれに気づかず、更には強敵と遭遇しちゃったんだな。
ガイコツ野郎スクライルの猛攻を受け、盾役のエイブが潰されてしまいました。
次のターンにエスケープコードでトンズラ、一時撤退となりました。
うーん、上の画像の時点でスペルが使えないことに気付いていれば良かったんですけどねえ(笑)。
こちらは危険と判断して、もうひとつの通路を進むことに。

ヘブンズドアの反対側はヘルゲートというエリアになってました。
地獄とは言いますが、敵ポイントに仕掛けられていたのはダークゾーンのみの新設設計(笑)。
これならスペル封じよりも安全快適なのは言うまでもありません。
快調に敵を蹴散らして同心円の中心部へ。
目の前でイベントポイントという、そんな時に限って・・・

よりによって手配異形と遭遇しちゃうんだなあ(汗)。
相手は、先ほどボコられたスクライルの上位バージョンと思われますから。
ここは無理をせずにトンズラを決め込むことにします。
でもコイツは存外しつこかった!
天国エリアのスペル封じポイントで出くわしたりとか、もう勘弁してくださいって感じです。

天国エリア、地獄エリアとも、中心部ではこんな謎解きが出されました。
答えが数字なので、鐘を鳴らす回数で答えるものです。
地獄のほうは比較的簡単に解けたのですが、この天国の問題は・・・?
意味が分からなかったので適当にやってみたら、それで正解だったようです。
うん、結果オーライでしょう。
天国と地獄の両問題をクリアすると、赤マークの敵ポイントが消えていました。
おそらく強敵とのバトルがキャンセルされたと思うのですが・・・
どんな敵だったか、見ておきたかったですよねえ(笑)。

9月12日
*神崎さんちの家庭の事情*
気が付いたら9月も中旬に突入しています。
身の回りがバタバタしていて、ちょっとゲームにも手が伸びないのですが・・・
どうにか頑張っていきたいところです。
で、オペアビ2学期ですが、リバイアサンまで終わってましたね。

次の任務は「コードブレイカー研究」で、ポイントは森本ビル。
正直、「またぁ?」って感じです。
そこでソウルイーターなる未知の異形に遭遇すればミッションクリア、のはず?
でもコイツ、PC版だともっと愉快なデザインだったと記憶しているのですが。
今回のは、なんだかよく分からないデザインになってましたね。
よく分からないながらも軽く蹴散らしてイベントクリアです。
この後、アリスの母親が現れたり局長の語りが入ったりと。
アリスの家族を取り巻く確執が描かれるのでした。

そして次の任務です。
逃走したアリスの母親が逃げ込んだと思われる神楽川閉鎖区の捜索です。
1学期では広大な範囲の捜索を余儀なくされたこの区画。
でも今回はマップ2枚分と、グっと狭くなりました。
エレメント系などの超常体が出てきますが、そこはルルさんのスペルが効きますね。
今さらではありますが、敵の属性の弱点を突くのがポイントです。
探索ですが、パネルのスイッチをキーワード順に押していくと上のフロアへ。
そこは、ちょっとイヤらしい落とし穴エリアとなっていました。
手描きマップを作って落とし穴の位置をチェックしていけば確実ですが、そこまでしなくても突破できました。

落とし穴エリアを抜けたらイベントポイントです。
ぶっちゃけ、ここまで来るともうすることがありません(爆)。
イベント的には、メンバーがコードブレイクされたり、真麻が救出に現れたりするのですが・・・
基本、何もできずに見てるだけですね(笑)。
そしてここでもアリスの家族の確執が語られます。

えーと、ですね。
私の日記では、誰がプレイしても同じになる部分・・・
具体的にはNPC同士の会話やストーリーなどは、できるだけ端折ることにしています。
実際にプレイすれば分かることだしね。
それよりも、私のプレイで起こったことをお伝えしていきたい、と考えているのですが・・・
でも本作は、ゲームの難易度は低めであまりトラブルも起こらず。
そしてアリスの家族の事情が延々語られる展開が続くので、ちょっと日記にしにくいなあと感じています。
だからって、半月近くも更新をサボったらダメでしょう、ねえ?(笑)