冒険者の日記・15年5月

戻る


5月23日
*5個で足りたのか*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
今日も今日とてバベルスフィアへ出掛けますぜ。

まずは戦利品から。
クニミツと言えば有名な刀ですが、ちょっと物足りない感じです。
ユニークアイテムなので、対未知効果を付与できないのも痛いですしね。
デュークがしばらく使っていましたが、結局クドウムラマサに戻しました。
この他、ユウ用の刀でカムイも出てますが、やはりこちらもイマイチでした。

そんなこんなしているうちに、バベルキーが溜まってきました。
αは30個、そしてβも5個になってます。
ここらでαを一纏めにしようかなと思ったのですが・・・アレ?
どうやら、αキー5個→βキー1個になるようです。
や、てっきり10個必要だと思っていたので、これは嬉しい誤算でした。
このαキーを全部合成させて、βキーが11個になりました。
と言うことは・・・

βキーが5個あればγキーができたんだなあ(爆)。
いやー、まだまだ先は長いと思っていたのですが、一気にケリが付きました。
と言うか、この日記を読み返してみると、7日の時点でγキーが作成できたようです(爆)。
ずいぶん遠回りしたような気もしますが、結果オーライとしましょう。
とにもかくにも、これでこの任務はクリアです。
もっとも、次の任務をクリアするためには、まだカギ集めが続くんだけどさ。

5月21日
*地道にコツコツ*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
今回もあまり進展はないのですが、この画像から行ってみますか。

キーパー君、今度はルルの顔を変形攻撃!
や、なんでルルさんばかりこんな目に遭うんでしょうか・・・ねえ?(笑)

とまあ、そんなトラブルもありつつの。
戦利品としてこんなブツが出ましたぜ!
アサシンブレード改は以前から使っていましたが、+13となるとちょっとスゴイ。
前回のシュリケンと比べてみても、その威力が分かるかと思います。
先にコレを見せられると、アノ妖刀を見た時にガッカリするんじゃ・・・
また、防具でもシャドークロス+6をゲットしています。
不運なルルさん(笑)に対して、ユウはなかなか運が良いですね。

そしてバベルキーですが、今回はαを4個入手することができました。
できればβキーが欲しいところですが、これはこれででしょう。
今期の連ドラじゃないですが、αキーも地道にコツコツ集めていけばβキーに化けますから。

5月18日
*なかなか進まないんですよ*
気が付いたら10日以上も間が空いてましたね(汗)。
プライベートに追われてオペアビもなかなか進まないのですが、何とか頑張りましょう。

メンバー全員レベルキャップなので、いくら戦っても全然レベルが上がりません。
このままでは面白くないので、ちょっと転職を試してみました。
今回はルルさんで。
女魔術士のアマテラス→男魔術士のツクヨミです。
なのですが・・・
転職しても、それまで習得したスペルやスキルを引き継がないんですねえ。
このまま育ててあっという間にレベル15になったのですが、特性値の補正などもないみたいです。
キャラ個人で言うと、転職のメリットはあまりなさそうです。
転職は2学期に向けてチームの編成を見直したい場合ですね。

転職がイマイチとなると、あとは敵とひたすらバトるしかありません。
目当てのバベルキーβをゲットするには、エンカウントゲージを上げたほうが良い?
そんな仮説の下、ゲージをマックスの6まで上げてみました。
そして遭遇したレベル20オーバーのワイバーン(汗)。
いやあ、コイツはハンパなく強かったですな。
連続攻撃で盾役のエイブが潰されると、あとは急転直下で全滅でした。
全滅後はセーブしたところからやり直しかと思いましたが、それは剣街でしたね(笑)。
持ち金が学園まで送られて、それを注ぎ込んで自動で回収、そして治療と。
いとも簡単にリカバリーできてしまいました。
若干の費用が掛かった以外は、コレと言ったデメリットもなかったような。
ヌルイと言ってしまえばそれまでですが、時間のない身には助かります。
ちなみに、全滅後はエンカウントゲージも0に戻されます。
その状態でしばらく戦っていると、目当てのβキーをゲットしたりして。
どうやら、むやみにゲージを上げれば良いというものではなさそうです。

これは全滅後の戦利品、ザ・シュリケンです。
正直、もう少し早く欲しかったですね(笑)。
エンカウントゲージが4以上だと、レベル16以上のアイテムが出ることが多くて。
いくら良いアイテムでも、レベル制限で使えないとなると腹立たしくなってきます。
レベル15以下のアイテムを狙うには、むしろゲージを2〜3程度に抑えたほうが良さそうですね。

5月7日
*ダブルでどうだ*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
散々苦労させられましたが、どうにかバベルスフィアC3に乗り込むことができました。
よっし、ガンガン行くぜ!

いきなりですが、ついに来ましたワイバーンです。
ウィズ1とかだとザコの印象しかありませんが、オペアビ(1学期)では最強クラスの敵でしょう。
その難敵が、割と頻繁に出没するから困ったものです。
ここに出没する敵に合わせて、攻撃陣の武器には対未知の効果を付与しておきます。
ユニオンのマジックシェルなども活用しつつ、撃破していきたいところです。
まあ、たまーに盾役のエイブが即死を食らったりもするのですが(笑)。

厳しい戦いの後には大きな見返りがあるってもので。
バトル後、キーツールが一気に2個も出ましたよ?
間髪入れずに識別したら、なんと二つともβキー!
いやー、探し求めているβキーがダブルで出るなんてこともあるんですねえ。
もちろん、すぐさま帰還してセーブしちゃいます。
これらを含めて、手持ちのβキーは3個になっています。
また、ひとつ下のαキーを集めるのも地味ながら確実な手段かもしれません。
こちらも10個以上はあるので、βキー1個は確保できますね。

その他、こんなシーンもありました。
キーパー君、ルルの出っ張っている部分にバキューム攻撃!
いやはや、これを見て盛大に吹き出しちゃいました(笑)。

5月5日
*βキーは損したけれど*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
まずは昨日の続きで、バベルスフィアN3セクターの次からです。

βキーを1個消費して先へ進むと、そこはC3セクターでした。
バベルスフィアの中枢部と言って良いでしょう。
しかし、今の段階では限られた範囲しか探索できませんな。
ここに来た目的は制御装置の操作なのですが・・・
何故か装置が作動してくれませんで。
敵の本拠地なので、キーパーなどの危険な敵と出くわすことも。
もちろん降伏なんかするつもりはさらさらありませんぜ(笑)。
でもまあ、何も無いなら長居は無用でしょう。
ひょっとして南側が先だったかも? と、一時撤退することにしました。

と言うわけで、バベルスフィアのSセクターに行くことに。
って、ここだ、ここだよ!
S1セクターは、御覧の通り回転床地獄となっております。
PC版で初めてこのマップに足を踏み入れた時、危うく遭難しかけたんですよねえ・・・
オペアビでもやっぱり現在地の把握が難しいので、下手をするとまた遭難騒ぎになりかねませんな(笑)。
昨日紹介したフロアサーチを用いたテクを利用しつつ、どうにか突破できました。
続くS2セクターは螺旋の通路をメインとした構造。
むしろこちらのほうが楽ですね。
S3は呪文禁止と深水域の組み合わせ。
浮遊呪文を切らされては掛け直しを要求される、ちょっとイヤらしい構造ですね。
S3セクターの最奥まで進むと、こちらでもβキーを使ってC3セクターへ。
先ほどの反対側になりますが、やっぱりこちらの制御装置も作動せず・・・
一瞬詰まったかに思えましたが、他の任務を受けることで解決しました。
以下、チームラヒロインたちの共演を経て制御装置を作動させることができました。

ハイっ、来ました〜☆
貴重なβキーを2個損しましたが、バベルスフィアのC3セクター内部へ乗り込むことができました。
いやはや苦労させられました。
ここまで来れば、あとはガンガン敵を倒して、ひたすら宝箱を開けまくるだけです。

5月4日
*レッツチェンジ!*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
引き続きバベルスフィアNセクターの探索です。
N2セクターは移動床とかありましたが、特に難しいところはなかったかな?
ここは軽く流して次へ進みます。
問題がそのN3セクターでした。
このフロアは5×5とか5×4といった部屋が並んだ構造。
各部屋にはワープの始点と終点が、それぞれ2箇所ずつありました(例外あり)。
最初のうちは適当に進んでいきます。
ここもやっぱり、オートマップに現在地は表示されないんですけどね。
それでも、ワープで飛ばされてもマップに新規で表示されるので何とかなりますから。

そんな感じで適当に進んでいくと、手配異形の目がドリル・・・
じゃなくて、メガドリルと遭遇しました。
ここはキッチリと蹴散らしておきたいところです。
このドリルを含めて、バトルは特に問題ありません。
が、マップが埋まってくるにつれて、次第に現在地の把握が難しくなってきました。
仕方ないので、方眼紙を用意してマッピングしていきます。
わずかな手がかりを頼りに、ワープの始点と終点を記録していきますか。
しかし、やがてそれも厳しくなってきます。
さーて困った。
何とかして現在地を把握する方法がないかと考えたところ・・・

学術士のフロアサーチのスペルを思い付きましたぜ!
このスペルを使うと、自分たちの周囲5×5のミニマップが表示されます。
その中心部が現在地というわけですね。
ワープ→フロアサーチで、現在地の把握ができればこっちのもの。
マップにワープの始点終点をチェックしていけば、行きたいところに行けるようになっていきます。
が、リディアのMPにも限界はあるからねえ・・・
MPが切れたからって帰還するのも大変だし、また出直してバベルキーを消費するのも痛いんだ。

そこで、聖術士のマナデコードのスキルを使いました。
このスキルで、ウグイスとリディアのMPをそっくり入れ替えてしまおうという作戦です。
幸いと言いますか、聖術士の1レベルなんてほとんど使いませんから(笑)。
リディアの1レベルのMPがフルチャージされました。
あとは一気に探索を進めて外周部へ。
ショートカットを開くと同時に、次のセクターへの入り口を確認しておきます。
まあ、次へ進むにはバベルキーβの使用を要求されたので、すごすごと帰ったんだけどさ(笑)。