冒険者の日記・15年1月

戻る


1月15日
*ロケットマンでGO!*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
さらわれたアリスを救出すべく、敵のアジトへの侵入ミッションが始まります。
かなり長めのイベントシーンの後、開発ラボにこんなアイテムが配備されました。

みんなが大好きなロケットマンです(笑)。
なかなかの攻撃力に加えて射程がロングなのが魅力です。
リディアに装備させて、後衛からの攻撃を充実させることに。
準備ができたら森本ビルの25階から日輪アビスへ乗り込みます。

と言うわけで日輪アビスです。
これまで海斗君に探索を禁じられていた、南に伸びるエリアですね。
ここは魚の中骨のような(?)構造。
まっすぐ歩くだけなら楽なのですが、突起状に伸びる枝道まで埋めるのはなかなかの手間です。
画像はリザードマンとのバトル。
早速リディアのロケットマンが火を噴きました!
ゲーム中は気付かなかったのですが、リザードマンのセリフを見て笑っちゃいました。
ウグイスもサイコハンマーを振り回したりして(笑)。
殴りの手数が増えるとバトルは格段に楽になりますね。

このエリアにはブロブがバリケードを張っているポイントが二箇所あります。
ブロブは植物なだけあって、火を放ってやるとよく燃えるんだ(笑)。
そこで、ユニオンのバーストアレイドからルルのファイアワークスを狙います。
この戦術も、魔女軍団で攻略した時に多用しました。
下手に突撃するよりは、戦術的にこちらの方が有効のようです。
そんなこんなで日輪アビスをグルっと一周。
規子さんからの依頼の時に見つけていた制御扉を、ようやく開けることができました。

1月14日
*さすがにアレは、ねえ*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
呪文禁止+ショック床エリアを抜けた先で制御扉のスイッチを入れます。
すると、アリス隊長に異変が・・・
現場に急行するも既にアリスの姿は無く、異形とのバトルが勃発します。

そろそろ敵の攻撃も厳しくなってくるので、まずは護りを固めることを考えます。
ユニオンスキルのマジックシェルを使いましょう。
画像の下に説明がありますね(笑)。
2ターンの間、全ての攻撃を緩和するバリアを張ります。
このスキル、以前魔女軍団で攻略した時に重宝しました。
で、その2ターンの間に補助呪文を連発して更に守備力アップ。
護りが固まったら、一気に攻撃という流れになります。
以下、行方不明になったアリスを捜索します。
そして衝撃的な展開になるのですが、ネタバレなので詳しくは割愛します。

二日前の日記でみはるさんに
「コイツが拉致事件の犯人」と断言された怪人ノノとのバトルです。
えーと・・・
PC版体験者なら、私の言いたいこともお分かりですよねえ。
PC版に登場したノノは、クモをモチーフにしたなんともグロいデザインでした。
しかも取り巻きがオッパイだったしねえ・・・
PSVitaは良い子の皆さんもプレイしますから、さすがにアレはマズかったんでしょう。
ノノと護衛のデザインが大幅に変更されました。
PC版のようなインパクトはなくなりましたが、こちらの方が良いかな。
で、ノノ戦で撮り込んだ画像を眺めて、「ん?」とピックアップしたのがこの1枚です。
キャプチャーフライって、ひょっとしてギャ○ガ?(笑)
と、それはさて置き。
このバトルも、マジックシェルで護りを固めてからの攻撃という展開。
特に危険なシーンもなく撃破です。

嬉しい戦利品はサイコハンマーです。
聖術士が装備できて射程がミドル、となればウグイスに装備させるしか。
サイコ○○ってアイテムを装備すると、ちょっと強くなった気がします。

1月13日
*浮遊部隊が行く*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。

引き続き、拉致事件の捜査で神楽川閉鎖区を探索していきます。
とにかく広いこのダンジョン。
ですが、オペアビから導入された自動移動がムチャクチャ便利です。
PC版の時は、あの場所へ行くにはこう回って・・・みたいな感じでした。
でも今回は、取りあえず行きたい場所に自動移動をセット。
あとは目的地まで勝手に歩いてくれるので楽ですね。
さすがに回転床は突破できませんが、それくらいは別に良いよね?
画像はバスター軍団に突撃をかましたシーンです。
バトルは特に問題ないので、とにかく探索を進めます。

そんなこんなで、普通に歩けるところはだいたい探索し終わりました。
しかし、フレンズ3rdの行く手に立ちはだかるのが呪文禁止エリア。
特に呪文禁止+深水域の場合は、浮遊の呪文が無効になるので立ち入ることすらできません。
そこで、浮遊効果のあるアイテムを装備することになります。
問題はアイテムの数でして。
開発ラボにあったフロートタスクの現物とジャンクで取りあえず2個。
そして、学術士が装備できるマシンウイングもゲットしています。
今の段階では、どうあがいても三人分しか用意できませんから。
ここは覚悟を決めて、代表者三名で呪文禁止エリアを突破してもらうことに。

代表に選ばれたのはこの三人です。
斬り込み隊長のデュークと、マシンウイング装備のリディア。
そして回復役のウグイスですね。
でもまあ、バトルになったらトンズラする方針なんですけどね(笑)。
エンカウントゲージがレベル0になっているのは、そういうわけです。
三人で移動する時も、自動移動が役立ちました。
最短ルートをミスなく移動できるのは大きいですね。
その際、ルート上には敵出現ポイントが無かったのも重要です。
道中にあった呪文禁止+深水域は、多分クリア後に訪れるんだったかなあ?
湖を突破した先に敵出現ポイントがいくつかあったので、取りあえず後回しにします。
で、問題がこの呪文禁止+ショック床エリア。
浮遊しない状態で足を踏み入れたら、大ダメージ必至の上に回復呪文も使えません。
ですが浮遊していれば、何の問題もなく突破できちゃいますね。
以前魔女軍団でプレイした時、ここを攻略するのにかなり変な作戦を使ったようでした(笑)。
コレに関しては、旧サイト・2010年5月9日参照です。

1月12日
*クドウさんちのムラマサくん*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。

次なる任務は、探偵のみはるさんをオトリにしての拉致事件捜査です。
(中略)
しかし、民間人を巻き込むことは服務規程違反。
この件で、エクス隊はしばらく謹慎処分となりました。
しかし、謹慎期間中でも、自由に迷宮に出入りできたりするんですよねえ。
そしてこんな課題も出されます。

開発ラボから、クドウムラマサを作成せよ、というものです。
材料にゲノム2が必要で、PC版ではこれがなかなか集まらなかったのかな?
でも今回は既に材料が揃ってました。
うん、エンカウントゲージMAX状態でバベルスフィアをうろつきまわったからねえ・・・
早速作成してエイブに装備させました。
クドウムラマサはレベル12アイテムです。
本来ならまだ装備できないのですが、レベルパスコードなるアイテムを所持すれば装備可に。
この画像では分かり難いのですが、刃の部分が駆動する・・・
いわゆるチェーンソーみたいな武器のようですね。
ミキサー式のカシナートに対する、チェーンソー式のカタナといったところでしょうか。
チェーンソーを振り回す仮面の男・・・
って、いやいやいや(笑)。
どうでも良いのですが、カタカナで「クドウ〜」と書かれると某名探偵の正体・・・
そう、「工藤○一」を思い出しちゃうんですよねえ。

その後は追試を受けるイベントが発生します。
PC版の時から社会の問題が変わったように記憶しています。
変わったと言えば、敵対する組織の扱いも変わったかな?
実在の国や団体を直接連想させるような表現は、出来るだけ避けたほうが無難なんでしょうね。

謹慎処分が解けたら、拉致事件の本格的な捜査を再開します。
探索の舞台は神楽川閉鎖区ですね。
ここに出現する超常体は、通常の武器では攻撃が当たりませんから。
装備する武器に、それ用の属性を付与しておくことになります。
また、水域を探索する時には浮遊している必要もありますね。
閉鎖区内はかなりの広さの上、移動床で流されたりします。
少しずつ探索を進めて、ちょうど次のレベルに必要な経験値が貯まって帰ろうかと思った矢先。
別に狙ったわけでもないのに、手配異形と出くわしたりするんだなあ。
画像は手配異形のトミーマウンテンとのバトルです。
デュークのイケてる攻撃で、「ネチャ・・・」という悲鳴(?)を上げてますぜ。
それ程危険なシーンもなく、撃破に成功しています。

1月11日
*良い仕事してますねえ*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
昨日の続きで、規子さんの依頼の件です。
森本ビルに逃げ込んだ組織の人たちを追いかけます。
25階から日輪アビスに行くのかと思ったのですが、行き止まりにぶつかってしまいました。
あれえ・・・?
何処に行けば良いのか分からなくなって、旧サイトの記事をチェック。
どうやら当時も、何処に行けば良いのか分からずに、あっちこっち歩き回ったようでした(笑)。

森本ビルの探索中、こんな敵と遭遇しています。
このバニーレア軍団は、ビル内のとある一室に固定で出現します。
かなりの強敵な上に、特殊な鍵が無いと扉を開けられないので放置していました。
レベル5くらいで挑むと厳しそうですが、さすがにレベル10なら問題ないでしょう。
サックリと倒してしまいます。

ようやくのことで組織の人たちを発見、バトルに突入です!
このバトルで強敵となるのが、雌雄同体のリザードマンですね。
とにかく攻撃力がハンパないんだ。
また水属性なので、うっかりファイアワークスをぶつけても全然効かないという(汗)。
ウグイスのアボイドビルダーでガッチリ護って、ルルのウィンドワークスなどでガンガン攻撃。
最後に残ったスーパートロールを蹴散らして撃破です。
その後は学園に戻り、トントンとイベントが進んでミッションクリアです。

規子さん、事件解決のお礼にとフレンズ3rdメンバーをデート(?)に誘ってくれました。
お手製のパイを振る舞ってくれたりして、規子さんは女子力が高いですね。
コレに関して、旧サイトの日記を見ると「ここはCGの1枚も欲しいところ」と書いてました。
なんとまあ、それが実現したじゃないですか!
さすがチームラ、ユーザーの意見を取り入れて(笑)良い仕事してますねえ。

今日引用した記事は、旧サイト・2008年6月6日参照です。

1月10日
*便利な機能 使いましょう*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
早速ですが、大型異形排除指令という任務を受けます。
学徒隧道の「奥」に出没する、大型の異形を排除せよというものですね。
以前の日記を読み返したところ、
この「奥」というのが「地下」の意味だったかと・・・
当時の困惑ぶりが綴られていました(笑)。
今回は迷うことなく、イベントポイントに直行します。

元エクスの少年や気色の悪いオッサンの会話を経てバトルです。
大型異形の正体は、このトミージャイアントでした。
このバトルも、初プレイの時は苦労させられたように記憶しています。
今回も何人か毒を食らったり、ルルがマヒさせられたりと。
なかなか大変なバトルでした。
ですが、攻防共にうまく機能して撃破に成功しています。
トミージャイアントとのバトルで、三人のメンバーが毒になってしまいました。
まだウグイスが解毒のスペルを使えないのがちと痛いですね。
一応アイテムとしてアンチポイズンは持っているのですが、ここで使うのはもったいない。
そんな時には、リターンゲートのスペルで一気に迷宮から脱出しちゃいます。
学術士の2レベルなので、かなり早い段階でリディアが習得していました。
従来のウィズで転移の呪文を習得するのは、かなり高レベルになってからですから。
それを考えると、学術士の存在は大きいですね。
学園に戻るまでが冒険とは、校長先生もよく言ったものです。
何しろ、戻らないことにはセーブもできないしね。

もうひとつ、生徒会長の規子さんからの依頼も受けてしまいます。
(中略)
何やらあって、再度森本ビルを訪れることになりました。
でもさ、さすがにもうこのビルを歩くのも飽きました(爆)。
そんな時、自動移動機能があることを思い出しました!
同じマップ内で行ったことのあるポイントまで、自動的に移動してくれる便利機能です。
で、早速やってみると楽チン楽チン♪
なんでこれを忘れてたかなあ?
やはり、便利な機能は使ってこそ、ですよねえ。

1月8日
*パロさんのコスプレ?*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
敵から逃げることでエンカウントゲージを下げられることが判明しました。
新しい迷宮で安全に行きたい時はゲージのレベルを下げる。
反対に、レベル上げやアイテム集めの時はレベルを上げるといった使い分けができそうです。
それを踏まえて、新しい任務に挑みます。

次の任務は、盗まれたブラッドコードを取り戻すというものです。
多分旧サイトのほうでストーリー的な説明をしていると思うので、ここでは省略。
学徒隧道の地下にある下水道〜日輪アビスが探索の舞台になります。
こまめにエンカウントゲージを確認して、レベルが上がらないようにしながら進みます。
敵のレベルを、できるだけ一桁に抑えておきたいものです。
ホイっと出てきた、(元)手配異形のオーガです。
前回はユウが痛い一発を食らいましたが、今回はお返しです。
スキルの暗撃で舞うような攻撃が決まりました!
そんな感じで、大したトラブルもなく下水道は突破です。

下水道から、日輪アビスというエリアに入ります。
そもそも「アビス」とか、昨日の「バベル」ってナニ? という人もいるかもしれません。
が、私が説明するのも難しいので、できれば公式にてご確認ください(謝)。
シークレットドアやワープなどの仕掛けを突破しつつの、イベントポイントへ。
すると、ブラッドコードを盗んだ少年が、異形と化して襲ってきました!
えーと、どうだったかなあ・・・
記憶が定かではないのですが、PC版ではこのバトルで苦戦したような気がします。
でも今回はサックリと行けました。
画像はリディアの博打的な(笑)攻撃ですね。
や、攻撃に失敗したからって、何かペナルティがあるわけじゃありませんが。
これでイベント的にはクリアなのですが、記憶を頼りにもう少し先に進んでみました。
ハイ、ありました。
森本ビルの25階と繋がっているポイントを発見します。
次からは森本ビルルートを利用したほうが楽かな?

このイベントをクリアすると、新しいブラッドの拳法士が解禁になります。
で、今日の本題はこちらのブラッド絵です。
赤いフチのメガネに見事なきょぬー。
私にはパロさんのコスプレにしか見えませんね(笑)。
それはさて置き。
戦力的にモンクは是非とも欲しいのですが、どうするかなあ・・・
前衛の誰かを転職させるとしたら・・・デュークかなぁ?
胸の大きさならルルも有りかも(笑)。
でもフレンズメンバーは、できるだけ元のイメージを優先したいですからねえ。

1月7日
*ムラ・マサなヤツら*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
さてもさてもで、エンカウントゲージに困っています。
次の迷宮に行く前に、真っ赤になっているレベルをリセットしたいのですが・・・
新規の手配異形を倒さないとリセットされないでは、今すぐどうこうもできないようです。
仕方ないので次なる任務へ。
バベルスフィアの住人に挨拶してくるだけの、簡単なお仕事です(笑)。

と言うわけで、やって来ましたバベルスフィアです。
そうそう、オペアビの続編のタイトルが「オペレーションバベル」と決まったようですね。
で、ここでは真麻と名乗る少女との出会いがありました。
ちなみに、彼女が抱いている腹黒ウサギはムーラ。
二人(?)合わせて、ムーラ・真麻→ムラマサですね。
真麻のほうは感情がないようで、話す言葉もたどたどしかったりします。
今回は顔合わせだけして、立ち去ることにしましょう。
この後本命のILITHに挨拶して、取りあえず任務クリアです。

さて、次は迷子になった新米隊員の捜索任務です。
PC版体験者にとっては、ある意味これが一番衝撃的なイベントかもしれません(笑)。

彼女(!)が迷子になっていた村・正八(むら まさはち)隊員です。
通信課の後藤さんが、間違いなくこう呼んでました。
PC版では、このキャラはヒゲのオッサン(?)でしたが・・・
オペアビでは何故か女の子になってます。
まあ、百歩譲って女の子に変更するのは良しとしましょう。
ですが、自分の娘に「正八」と名付ける親のネーミングセンスには、疑問を抱かざるを得ませんな(笑)。

で、だ。
そんなこんなイベントをこなしていると、新たな手配異形の存在が分かりました。
バベルスフィアに出没するレアドリルとのことです。
早速レアドリル討伐に乗り出したのですが・・・
出てくる敵のレベルがトンデモナイことになってます(汗)。
レベル15とか16とかのドリルが、大挙して押し寄せてくるから大変ですぜ。
デュークの斬り込み(グループ攻撃)がなかったら、とても対応しきれません。
どうにかドリル軍団を蹴散らしてマップを1枚埋めましたが、目指すレアドリルには遭遇できず・・・
コレは困ったとばかりに、改めて取説を確認します。
「バトルから逃げるとゲージのレベルが下がる」とのことでした。
うーん、そういうことだったのかぁ・・・

1月6日
*ハイリスク ハイリターン*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
イベントを進めても良いのですが、何となくレベル上げを続けています。

画面左上に注目です。
そうこうしているうちに、エンカウントゲージがレベル6になってしまいました(汗)。
今の段階ではこれでMAXのようです。
コレ、新しく手配異形を倒さない限りリセットできないのかな?
学園に戻ろうが、ゲームを終了しようが、真っ赤な状態が続いています。
当然のことながら、遭遇する敵のレベルも高くなるし数も多いようです。
逆に言うと、獲得できる経験値やアイテムも美味しくなるんですけどね。

この状態だと、手配異形のセイレーンが普通に出てきたりします。
新手じゃないので、やっぱりゲージはリセットされませんけどね。
画像はエイブがフロントガードのスキルを発動させたシーンです。
ランダム発動ではありますが、盾として仲間を護る騎士らしいスキルです。
また、メンバー全員レベル7になったので、攻撃系のスキルも充実してきました。
デュークの斬り込みは敵が多い時に重宝するし、ユウの暗撃は敵の守備力無視!
これらのスキルは、今よりもむしろ2学期になったら絶大な効果を発揮するでしょう。

戦利品です。
プレートメイル+6が出ましたぜ!
ただでさえレベル8のアイテムなのに、+6も強化されています。
これもゲージMAXの影響でしょうか?
当然エイブに装備させて守備力大幅アップです。
千年金庫の時は上級鎧を装備できなかったエイブ(笑)。
今回はガッチリと護りを固めたいところです。

1月5日
*おおっと 全滅*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
メンバー紹介も一通り終わったので、そろそろゲームの攻略に話を移すことにしましょう。
なお、G-XTHの基本的なストーリーに関しては、旧サイトの2008年5〜6月くらいを参照です。

森本ビルの探索が一段落した後、手配異形討伐の任務が与えられました。
これはG-XTH時代には無かったもので、クロブラからの追加イベントですね。
迷宮内でバトルを繰り返していると、エンカウントゲージが貯まって危険度がアップ!
そのうちに手配異形と遭遇するから退治してね、というものです。
なお、エンカウントゲージは、途中で迷宮から出てもリセットされずに蓄積されたままでした。
適当なタイミングで帰還して、態勢を整えてから挑むと良さそうです。
手配異形の一番手はセイレーンという天使っぽいお姉さんでした。
ここはサックリと撃破してしまいます。
問題はこの次の「7カ国サミット警備」という任務。
ここでは、サミットの妨害をたくらむ勢力が送り込んだ異形との連戦が待っていました。

イベントが発生したら森本ビルの26階へ直行。
第1ラウンドのゴブリン軍団は何とか蹴散らしての第2ラウンド。
この巨大カマキリはハンパ無い強さでした〜(泣)。
鋭いカマで、メンバーが次々と狩られていくから堪りません。
リディアなんて、一発クリティカル食らったしね。
辛うじて生き残った二人で、どうにかカマキリを仕留めることができました。
しかし、この後のバトルはもうどうにもなりませんでした。
そんなこんなで全滅です。
イベントバトルでの全滅は、最後にセーブしたところからのやり直しとなります。
時間をロスした以外、特にペナルティはありません。
大きくとらえるとリセットと同じですが、これが仕様なので受け入れましょう。

やられっぱなしはシャクなので、リベンジを目指します。
何はなくともレベル上げですね。
森本ビルの26階、上り階段(?)付近の敵出ポイントでバトります。
例のエンカウントゲージが貯まってくると、敵のレベル&出現数もアップ。
それに伴って獲得できる経験値も増えるので、レベルアップは早いです。
あとは装備品に対生物などの属性を付けて、攻防共に備えたいところです。
準備ができたらリベンジに出撃です。
問題の巨大カマキリですが、前回がウソのように簡単に撃破することができました。
どうでも良いけどカマキリ君は、やられる時に「カマーッ!」という悲鳴を上げるようです(笑)。
この後は第3ラウンドのトロール軍団とのバトルですが、サックリと蹴散らして終わりです。
レベルはもちろん、武器防具の性能や属性など。
ちょっとしたことでバトルの難易度は大きく変わってくるものですね。

1月4日
*装備も充実してきました*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
イベント的には、森本ビルを一通り歩き終わったところまで進んでいます。
この後手配異形討伐とかあるのですが、取りあえずメンバー紹介の続きです。

リディアです。
キャラグラ作成時、リディアの髪型には悩まされました。
ツインテールはエアリーのイメージが強いので見送るとして・・・
G-XTHの時のアリスの髪型もありましたが、さすがに畏れ多いと言いますか(笑)。
結局この髪型に落ち着きました。
タイプはファニーで、素早さと運に特化しています。
ブラッドの学術士は盗賊+司教みたいな感じですね。
罠外しやアイテム識別など、「博打的な」シーンでの活躍が期待されます。
レベル5ともなると、イロイロな装備品が解禁になってきます。
武器のマッドネスエグゼは、敵を錯乱させる効果アリ。
防具のライダースーツは、如何にも現代的といった感じです。

ウグイスです。
エレガントな聖術士というだけでも「女子力の高い」存在と言えるでしょう。
ただ、エレガントはジャージ類を装備できませんでした。
独特の美意識が許さないんでしょうかね?
取りあえず現在装備してるのが、チャーチローブの上下とフェザーキャップです。

最後はルルですね。
インテリな魔術師として、「豪快な」呪文攻撃が楽しみです。
このグラではよく分かりませんが、体型的に一番「大きい」ものをチョイスしています。
現在の装備はマジックローブにウィザーズコーン。
下半身は敢えて制服のスカートのままにしています。

これでメンバー紹介が一巡しました。
みんなそれぞれ良い感じに再現できたかと思います。

1月3日
*ファッションショーと行きましょう*
チームフレンズ3rdがオペレーションアビスに挑みます。
序盤のイベントをいくつかこなして、森本ビルを探索しています。
27階から進入して、現在26階へと入っています。
PC版と違って、フロアの上り下りポイントにマークが付いてますね。
これなら、迷ったり見落としたりといったミスもなさそうです。
そんな感じなので、攻略のほうは問題ないでしょう。
また、レベル3になってくると、そろそろ装備品で遊べるようになってきます。
これはクラシックモードならではの楽しみなのかな?
なので今日のところは、メンバーの紹介を兼ねたファッションショーを。
まずは前衛陣です。

一番手はエイブです。
実は昨日の画像で、エイブとデュークの髪型が被ってました。
流行りのヘアスタイルなのかもですが、やはり被るのは避けたいところです。
ウィズで言うところの種族に当たるタイプはマッスルをチョイス。
力&体力バカと化してます。
職業に当たるブラッドは王騎士ですね。
戦術士と迷いましたが、やはり盾役は必須かな。
現在の武器はショートボウ&アローです。
これが序盤の武器の割には強力!
防具はレザーアーマーやレザーヘルムなどとなってます。
「さすらいの」男がチームを引っ張りますよ。

二番手のデュークはアスリートの武術士です。
力と体力、そして敏捷性に優れています。
ただ、侍系のキャラは装備品に恵まれないと活躍が厳しいような気がします。
円卓がそうでしたし、ユーザーシナリオでもそのような傾向が見られました。
現在の武器はメイン&サブカタナの二刀流。
初期装備のダガーを卒業して、今後が楽しみです。
防具として、何故か海賊の帽子を被っています(笑)。
「イケてる」男は何を着ても似合うんだ。

そして夕ですが、愛称として「ユウ」と表記することにします。
スタンダードの暗術士です。
武器はアサシンブレードとシノビソース(手裏剣)です。
「舞うような」攻撃が華麗に決まります。
防具のカラテフォームですが、女子が身に付けるには胸元が広く開いているのが気になます。
まあ、体型にあまり凹凸はないけどね(笑)。

1月2日
*チームフレンズ3rd アビスに挑む*
昨年末までプレイしていた「千年金庫」も一段落、次はどうしようかと考えてました。
さすがに試練のユーザーシナリオはお休みかな、と。
今月末にはVita版「剣街」も出るのですが、まだ少し日があります。
そこで、放置したまま気になっていた「オペレーションアビス」に手を付けてみました。
まあ、放置していたPSVitaを動かすまでは、ちょっと大変でしたけど(汗)。
これはチームラの出世作である「G-XTH1」をリメイクしたものですね。
PC版である程度のことは分かっているので、序盤は軽く流してキャラメイク♪

オペアビでは、キャラグラを2種類のモードから選べます。
デフォルトで用意されているグラを使用するのがベーシックモード。
自分でパーツを選んでキャラグラを作れるのがクラシックモードです。
私はもちろんクラシックを選びます。
一応ベーシックも試してみましたが、やはり種類が少ないのと、イメージに合わないのでパス!
今回は、チームフレンズ3rdメンバーを投入します。
1時間程うんうん唸って、ようやくメンバーが揃いました。
画面左から、エイブ・デューク・ユウ・リディア・ウグイス・ルルです。
PCのディスプレイと違って、Vitaの画面では細かいパーツの区別が分かり難くて・・・
スクショを撮り込んだ後で気付いたのですが、この段階で女子3人の口パーツが同じでした。
あと、ウグイスとルルの目も形が同じ色違いだったり。
体型なんかもイメージと違うかも? とか。
グラはいつでも変更できるので、納得いくまでいじりたいところです。
なお、モードの切り替えはできないので、そこだけは注意が必要です。

準備ができたら、序盤のイベントに乗り出します。
まあ、当分はチュートリアルですね。
画像はルルが呪文を使う瞬間です。
Vitaでスクショを撮るには「P」+「START」の同時押しになります。
が、「START」を先に押しちゃうとヘルプコマンドが開くんだ(笑)。
焦らずに「P」→「START」の順で押してやりましょう。
デモンゲイズでは、撮り込んだ画像を50%縮小して日記に使用しました。
でも今回は60%とやや大きめにしてみました。
ステータス画面など文字情報が多いので、この画像も大きめのほうが良いでしょう。

PSVitaでリセットコマンドはあったっけ?
と思っていた時に、衝撃の事実(笑)が告げられました。
本作は基本、迷宮内でセーブ不可となっていました!
一応、特殊なアイテムを使うことでセーブできますが、数が限られてるんだなあ。
ではありますが、ご覧のようにレベル1でHPが40くらいありますから。
よっぽどの事故でもない限りは死なないでしょう。

とまあ、そんな感じで序盤をプレイ中です。
始める前はちょっと面倒かなと思っていましたが、イザ手を付けてみるとスイスイと進みます。
このまま続けるかどうか迷ったりもしましたが、取りあえず続けることにします。

2015年1月1日
*力作大作勢揃い*
明けましておめでとうございます。
本年も冒険者友の会をよろしくお願いします。
早速ですが、今年も皆様から頂いた年賀状のお披露目からです。

エルアキ☆さんからいただきました。
未年ということで、ウルティマの羊飼いです。
この作品、GIFアニメになっていて驚かされました。
が、画像のサイズと容量がハンパありませんで・・・
泣く泣く静止状態のものをアップさせていただきます。

駿河屋ガルスさんからいただきました。
羊っ娘ですね(笑)。
こういう処理の仕方は、私には真似できそうもありません。

キリリさんからいただきました。
ウメの花が羊になってます。
いかにもお正月らしい1枚ですね。

ヴァンデミエールさんからいただきました。
昨年の大晦日に掲示板に寄せられたものです。
寒さを吹き飛ばす水着イラストですね。
この作品もオリジナルはかなりの大きさでして、縮小したものを画廊にアップしています。

最後は私のものを。
アイーシャ様の雪ダルマです。
多分エアリーが作ったんだと思います。
や、皆さんの力作に比べると手抜きも良いところですな(汗)。

今回寄せられたイラストは、どれも力の入った大作ばかりでした。
なのでこちらには、サイズを調整したものをアップさせていただきました。
オリジナル版(一部作品を除く)は画廊・フリー10でお楽しみください。

(c)2014EXPRIENCE (c)2014MAGES./5pb.