冒険者の日記・14年5月

戻る


5月11日
*剣と魔の調和*
お伝えしてきましたGBC版ウィズ2、今回で一段落になるかと思います。
例によってネタバレを気にされる方はご注意願います。
前回までに剣と魔の二つの試練を突破しました。
その状態で地下1階へ行くと、通せんぼしていた僧侶が先へ通してくれます。
地下1階では通常のバトルは一切発生しないようです。
が・・・

とある場所へ行くと、例によってブロンズ像が。
この姿は、あのミノタウロスですね。
#5ではごく普通のモンスターとして登場するミノタウロスが、まさかのラスボス!
他に適当なモンスターがいなかったんですかね?(笑)
まずはチームDが挑みます。
意外なことにミノタウロスは、どちらかというと打撃よりも呪文のほうが得意なようです。
ティルトウェイトを連発する他に、マディで自分のHPを回復されるから堪りません。
こちらとしては、まずバマツなどで守備を固める。
そして、豊富な回復呪文を駆使してチャンスを待つことになります。
幸いにも、マディを使われたのはバトル序盤に2回程でした。
モーリスで敵のACを上げたら、あとは攻撃陣が殴りまくるだけです。

チームD、見事にミノタウロスを討つことに成功しました。
が、バトル終了前にリセットしちゃいますね。
せっかくなのでチームAでも挑戦してみましょう。

敵は底なしのHPを持ち、呪文を連発してくると分かっています。
なので、ここは迷わずハマンを使うことにしましょう。
十六夜さん、首尾よく「魔物を黙らせる」を引き当てることに成功しました。
これでミノタウロスは、一切呪文を使えなくなります。
ちなみにですが、「魔物をテレポート」は無しです。
別に禁止ではありませんが、いわゆるノーカウントですね。
あくまで個人的ルールですが、吹っ飛ばした場合は倒したことにはならないことにしています。
テレポートさせた敵はモンスター図鑑に記録されないシナリオもありますしね。

呪文も使えず、攻撃も当たらないミノタウロス君、もうできることがありません(笑)。
あとは忍者コンビが暴れまくって、呆気なく勝ちを貰うことができました。
最後の試練に打ち勝ったことで、剣と魔の調和がもたらされましたとさ。
これにてGBC版ウィズ2、エクストラフロアのシナリオ攻略は終了です。
以下はオマケですよ。

本筋とは別に、巨人の試練とドラゴンの試練なるものがありまして。
地下4階、善のパーティが挑むのが巨人の試練。
そして地下5階で悪のパーティが挑むのがドラゴンの試練になります。
どちらも、反則的なHPを持つ巨人orドラゴン軍団との連戦が待ち受けています。
巨人のほうはエアーから始まって、ポイゾン、フロスト、アース、ファイアー。
最後にアイアンゴーレムを倒せばクリアになります。
いずれも3体ずつ出現するのですが、幸いブレスは使ってきません。
例によってバマツ連発で護りを固めれば、それ程苦労もせずに戦えるかと思います。
チームD、アイアンゴーレムを仕留めて巨人の試練をクリア!

一方、チームAが挑むドラゴンの試練ですけどね。
こちらはドラゴンパピー、ガスドラゴン、ゴールド、ファイアー、ティエンルン。
最後がブラックドラゴンですね。
ドラゴンもブレスは吐かないのですが、呪文を使ってくるんだコレが!
中でも、ゴールド、ファイアー、ブラックの三種は魔5レベルの呪文を使いますから・・・
アイーシャ様がファイアードラゴン戦でやられてしまい、ここで撤退しています。
三人の魔女さんがハマンを使ってドラゴンの呪文を封じ込めれば、あるいは勝てるかもしれません。
ですがまあ、そこまでしなくても良いかなって感じです。
ずいぶん長くプレイしてきましたし、ここらで一段落にしたいと思います。

簡単にエクストラ編の感想を。
このLOLというシナリオ。
敵が弱い、経験値が低い、ラスボスがいないなど・・・
何かと物足りないと感じられる部分もありました。
しかしエクストラになってからは、それらが一変しましたね。
敵も強くなり、経験値も稼げて、何よりボスは反則的なHPの持ち主がズラリ。
なかなか歯ごたえのあるシナリオになっていました。
が、これはGBC版1の時も感じましたが、敵の呪文への対応策が限られているのがなんとも・・・
モンティノなんか効きませんし、抵抗アイテムを持ち歩いてもダメージは食らってしまいます。
でもハマンで敵の呪文を封じ込めると、バトルは呆気なくなったりして。
この辺りは、プレイする側のサジ加減が難しいなあと感じます。
また今回は、守備的VS攻撃的ということでプレイしてきました。
ハマン無しでラスボスを倒し、巨人の試練も突破した守備的パーティがやや優勢だったかと思います。

終わり良ければすべて良し。
やはり護りは大切ということだな。


ドラゴンのほうが呪文を使われる分厄介だったと言えるだろう。
まあ、最後は私が足を引っ張ったようなものだから仕方ないか。

いやいや、どちらのチームも頑張りました。
皆さん、お疲れ様でした〜☆

5月8日
*実録、これがHP1500超の魔術師だ*
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編、今回はチームAが魔の試練に挑みます。
ネタバレ注意ですよ。
こちらはチームDとは対称的にデュマピックは豊富に使えますが、回復役がまりちゃんひとり。
ちょっとしたダメージなら歩いて回復ですが、先制ブレスなんか食らったら帰還せざるを得ません。
何度か出撃と帰還を繰り返してマップを埋めていきます。
後半、固定出現と思われるハイウィザードを突破。
その先から、地下3階の閉鎖空間へ飛ばされました。
どうやらここが魔術師の住処のようです。

こちらにも立派なブロンズ像がありました。
バトルスタートして1ターン目はこちらの先制攻撃。
この機を逃さず、忍者コンビに隠れさせて奇襲を狙うことにしました。

ここで名前が出ました。
この魔術師はシヴリムという名前ですね。
で、2ターン目。
こちらの狙い通り、エアリーが奇襲から大ダメージを叩き込みます。

そして沙羅もこのダメージ。
相手は魔術師だし、500ダメージも与えれば倒せるだろうと思ってました。
が・・・
敵は予想以上にタフだったようで、一向に倒れる気配がありません。
そしてティルトウェイト〜ラダルトの反撃を繰り出してきます。
僧侶のまりちゃんが必死に回復に務めるも、ひとりではとても回復しきれませんから。
4ターン目にティルトウェイトを食らって死者続出。
沙羅、アイーシャ、十六夜、ウェインの4人が一瞬にしてやられてしまいました〜(泣)。
この間の画像が1枚も撮れなかったのですから・・・
私自身、如何に追い詰められていたかがお分かりいただけるかと思います。
もうね、正直ここでリセットしようかと思いました。
が、最後のあがきとばかりにリセットせずに続行。
そして・・・

次のターンでどうにか魔術師を倒すことができました。
あと一発呪文を食らったらアウトでしたねえ。
チームDと違って、こちらは辛勝としか言いようのないバトルでした。
バトル後、近くにあったマピロポイントからどうにか帰還することができました。

ちょ、ちょっと待って!
いくらイベント敵だからって、HPが高すぎるんじゃないの?

んー、ですよねえ。
あまりにも気になったので、得物屋さんにてデータを確認いたしました。
すると、「HP:1350〜1800(50D10+1300)」という記述が・・・
ナニー?
魔術師なのに、HP1500オーバーだと?
これはちょっと言わせてもらおう。
魔術師でHP1500オーバーって、このレベルの話ですから。

おっと、突然大きな画像が(笑)。
これは外伝3でマウジウツ攻略をした時のものですね。
この時の様子は、旧サイト・2010年10月の日記にありますので、興味のある人はどうぞ。
アイーシャ様、レベル250にしてHP1741と。
今回戦った魔術師と同程度のHPかと思われます。
ちなみに得物屋さんのデータによると、シヴリムのレベルは50とのことでした。
んー、何だかなあ・・・
もしも戦う前にこのデータを知っていたら、迷わずハマンを使っていたと思います。
敵の呪文を封じ込めることができれば、バトルはまったく違った展開を見せてくれたことでしょう。

5月7日
*いざ、剣の試練*
GBC版ウィズ2、エクストラフロア攻略も大詰めです。
まずはチームDからですが、ネタバレを気にされる方はご注意を。
以前も同じことを書きました。
このチームは回復呪文は豊富ですが、デュマピックの使用回数が9回のみ。
なので、そこに気を付けながら地下4階を探索していきました。
後半、イヤらしい一方通行シャッター地帯がありましたが、どうにか突破。
その先には・・・

こんなブロンズ像がありましたとさ(笑)。
このイベントのために、画像を1枚用意したのには感心しました。
心の準備ができたら像に触ってバトルスタートです!

と言うわけで、剣を持った男とのバトルです。
奴の名前は・・・後で出てくるのでその時にでも。
で、だ。
相手は力任せに剣を振り回してくることが予想されます。
や、このグラで呪文連発されたら、それはそれでビックリですが(笑)。
なのでこちらとしては、何はなくとも護りを固めてしまいます。
僧侶系呪文の使い手はバマツ、そして魔術師のセインもマゾピックを唱えます。
GBC版では、どちらの呪文もACを4低下させますから。
これだけでACを一気に20も低下させることができますね。

ここで名前が出ました、ヴァスクですね。
その後も僧侶はバマツ連発。
すると、3ターン目くらいでもう敵の攻撃が当たらなくなりました〜。
や、大きな剣を持ってるんだから、何もかじらんでも(笑)。

あとは攻撃するだけです。
魔術師のモーリスからの殴りがビシバシ決まりますぜ!
しかし敵はなかなかタフでして、殴っても殴ってもなかなか倒れてくれません。
そのまま数ターンが経過しました・・・

ホイ、撃破〜☆
ひとりの犠牲者も出さない、完勝と言って良い内容でした。

ズバリ作戦的中だったわね。
守備的パーティに死角なし。

レオナちゃん、ドヤ顔で決めてくれました。
これでチームDは剣の試練を突破です。
で、問題はチームAですが・・・?

5月6日
*ここまで長かった・・・*
ゴールデンウィーク最終日。
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編、レベル上げも大詰めです。

これはチームDが発掘した戦利品です。
不確定名が「?いし」だったのですが、鑑定の結果は金の聖杯というものでした。
いかにもなブツではありますが、SPで1才老ける残念アイテムだったようです(笑)。
まあ、珍品には違いないんでしょうね。
それなりの値段で売れるし。

こちらはチームAですね。
最も怖いブラックドラゴンですが、エアリーちゃんのクリーンヒットが決まっています。
でも呪文はまったく効かないので、このバトルは忍者コンビが頼りです。
レベル30メイジには、ときどき呪文が当たるようになってきました。
このシリーズ、やはりレベルで敵の呪文無効化が変化したりするんでしょうかね?

とまあ、すったもんだありましたが、両チームの僧と魔がレベル30に到達しました〜。
さすがに最後は面倒だったので、宝珠稼ぎもやっちゃいましたけど(汗)。

やれやれ、ここまで長かったわね。
でも、この先は一気に行くわよ!

ウェインお姉ちゃん、気合が入ってますね。
さあ、GBC版ウィズ2攻略もラストスパート・・・なるでしょうか、ね?

5月5日
*みんな一緒に♪*
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編です。
引き続きレベル上げ、今回はチームAです。
たいしたネタはありませんが、適当に画像を並べてみましょう。

まずはこちら。
相変わらず敵の先制ブレスはキツイです(泣)。
コレはジャイアントゾンビ×2でしたかね?
アイーシャ様と十六夜さんがやられてしまいました。
それでも、犠牲者はその二人だけでしたから。
抵抗アイテムもありますが、やはりHPの上昇が効いているんだと思います。
後続にはウィルオーもいたりして、生き残りメンバーは7万超えの経験値を獲得しちゃいました。

これは何となく「おっ?」と思って撮影した画像です。
ゴールドドラゴンの後続がプリーステスとソーサリス。
なんだか女子会みたいでおもしろいな、と。
ゴールドドラゴンともなると、これだけの美女をはべらすことができるんですね。
やっぱり大切なのはゴールド(金)ということでしょうか?(笑)

そしてこれですが、とあるバトル後の一コマです。

ワーイ♪
みんな一緒にレベルアップだね。

最初二人くらいレベルアップしていたのですが、そのまま帰らずに戦い続けていたらこうなりました。
まあ、忍者二人に魔術師が三人と。
職業が同じメンバーは、レベルアップのタイミングもだいたい同じになりますよね。
それでも、全員一緒というのはかなり珍しいですな。
これで忍者二人はレベル21、魔術師三人はレベル27。
そして僧侶のまりちゃんはレベル28になりました。
HPが一番高いのに最後尾にいるまりちゃん。
ほとんど死ぬことがないので、確実に経験値を稼いできました(笑)。

5月1日
*侍の価値、900万ゴールド也*
更新サボり気味で申し訳ありません。
もうしばらくGBC版ウィズ2にお付き合いください。
現在、エクストラフロア攻略に向けてのレベル上げ中です。
今回はチームDの様子をお伝えします。

これは、ワーライオンと愉快な仲間たちに先制攻撃された後の一コマ。
敵の攻撃が何故かシンにばかり向けられます。
次のターン、他のメンバーはほぼ無傷なのに、シンだけは虫の息でしたとさ(笑)。
さすがはシン君です、運が悪すぎますね。
まあ、死ななかったから良しとしましょう。

死と言えばこの場面、相変わらずハイニンジャの一発は激痛です(泣)。
最近はシンが隠れたりして被害を免れていました。
その分ホムラが被弾していたのですが(笑)、久しぶりにレオナちゃんがやられました。
もっとも、レベルが上がるにつれて、敵のニンジャよりも行動が早くなったような気がします。
それが気のせいじゃないことを期待しましょう。

で、今日の本題はコレです。
戦利品の中に「はがくれの書」というものがありました。
得物屋さんのデータによると、SP使用でお侍さんに転職できるようです。
や、トンデモナイ奥義書があったものです。
問題はこのブツの値段なんだな。
不確定名が「まきもの」だったので、たいしたことはないだろうとお店で鑑定しようとしたら・・・
ナント「4500000」という価格が表示されました!
これには一瞬我が目を疑いましたよ。
だってRO-GANだしね(笑)。
「45」の後に「0」が5個、すなわち450万ゴールドです。
これをお店に売ってしまうと、買い戻すのに900万ゴールド必要になってきます。
別にこの巻物で侍を作る予定はありませんよ?
でもさ、一度売っちゃったらもう買い戻せないとなると、売るのも躊躇しますよねえ。
なので酒場の荷物持ちに預けましたとさ。

侍の価値をそれだけ高く評価してくれたのはありがたい話だ。
だが、もう少し気楽に侍を活用してもらいたいものだな。

うーん、世の中には900万ゴールド払っても侍になりたいって人がいるんですかねえ・・・
肝心のレベルですが、僧と魔がレベル28まで来ました。
こちらはあと2レベルで一段落です。