冒険者の日記・14年5月その2

戻る


5月30日
*転移呪文は節約の切り札*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
地下5階の探索も大詰めです。
適当にシュートに引っ掛かりながらもマップを埋めていきます。
そして最後の最後でまたもシュート。
そこには・・・

1000ゴールドをたかってくるジイサンがいました(笑)。
どうでも良いツッコミをひとつ。
テキストには「長いローブをまとった小柄な老人」とありますが・・・
このグラのジイサンが着ているローブは、どう見ても寸足らずですよねえ?(笑)
それはさて置き。
一行が落とされたのは、既に探索しているダークゾーンからは隔離された、別のエリアのようです。
便宜上、ダークゾーンのほうを表マップ。
そして新たに進入できたほうを裏マップと呼ぶことにしましょう。
で、このジイサンに1000ゴールド払うと城まで帰ることができます。
これまでの退路封鎖と違って、帰還方法完備なのはありがたいところ。
ですが・・・

チームの財政状況を考えるとね・・・
毎回1000ゴールドを払わされるのはかなり痛いなあ。

うーん、確かに。
これまでも地下4階や5階でバトルを繰り返してきましたが、戦利品がちょっとショボくて。
ダガー4連続なんてことになると、ほとんど実入りがありませんから(笑)。
アイテムボックスに預けてある分を合わせても、全財産3万ゴールドくらいでしょうか。
その中から1000ゴールドとなると、ちょっと痛い出費ですね。
なので地下6階の裏マップへ突撃する前に、トニカクに転移呪文を習得してもらうことにしましょう。
幸い、地下5階に現れるアースジャイアントやフロストジャイアントを倒せば、万単位の経験値が入ります。
蒼い悪魔の皆さんが怖いのですが、もしも出遭っちゃったらその時はトンズラで。
(中略)
程なくして、コロナとトニカクがレベル13になりました。

まずはコロナの呪文習得状況から。
やっぱりヒールパーティが便利ですよね。
できれば全体バカディのカルネージが欲しかったのですが、まあそこまで欲張らなくてもね。

そしてトニカクです。
お目当てのテレポの他に、ニュークリアとプリズミックもバッチリです。
これで、ジイサンに1000ゴールドたかられなくても済みますね(笑)。

やれやれだ。
私の呪文は節約のための道具ではないぞ。

そうは言っても、毎回1000ゴールド払うのはかなりの負担ですから。
ここはテレポで節約させてもらいましょう。

5月28日
*仲良くやろうぜ*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
さてもさてもで地下6階の暗闇対策です。
これを何とかしないと、地下5階の探索に取り組めませんからね。
まずは5・25の日記参照です。
亡霊の杖というアイテムを入手したとお伝えしていますよね。
画像をよく見ると、そのアイテムにはウィザードアイの効果があるようです。
試しに使ってみましたが、杖が壊れる気配もなくマップの確認ができますね。
この杖は通過アイテムとかじゃなくて、ウィザードアイ使い放題の便利グッズなのかもしれません。
呪文切れの心配なくいつでもマップを見ることができれば、暗闇で迷子になる心配はグっと減るかと思います。
そして、もうひとつの作戦がこちら。

「仲間を探す」を利用した引き寄せです。
ご存知の方はご存知ですよね。
このシリーズでは、「仲間を探す」の効果範囲は無制限。
壁や扉で遮られていなければ、距離に関係なくメンバーの引き寄せができちゃいます。
今回、ニューチームフレンズを階段ルートで。
そして魔導メンバーをエレベーターで、それぞれ地下6階へ行かせました。
ダークゾーンの通路に出たら魔導側から「仲間を探す」を実行します。
これがビンゴで、階段の近くにいるニューチームフレンズを引き寄せることができました。
どうやら、真っ暗な通路部分は一本道として繋がっているものと思われます。
このテクを利用すれば、いつでもエレベーターから帰還できるので、探索はムチャクチャ楽になりますね。

困ったときは助け合いも大切だよな。
仲良くやろうぜ、なあ兄弟。

エルアキ☆ってば、この前と言ってることが・・・
そんなこんなありまして、暗闇は怖くなくなりました。
地下5階を歩けば、相変わらずシュートで落とされます。
いつの間にか、地下6階のマップは一通り埋まってましたとさ(笑)。

地下6階が先に片付いたところで、今度こそ地下5階の探索です。
そんな矢先、いきなり蒼い悪魔の皆さんと遭遇して驚きました〜(汗)。
相手は4体。
多分無理だよなあと思いつつ、ここは挑戦することに。
このシリーズで蒼い悪魔と戦う時には、アンチマジックがポイントかと思います。
画像は、トニカクのアンチマジックで蒼い悪魔の呪文を封じ込めたシーンです。
逆に相手からのアンチマジックでこちらの呪文を封じられると、バトルは苦しくなりますからね。
あとはブレイクスクリーンで敵の呪文無効化を弱めて・・・
とは言いましても、実際そうは甘くありません。
蒼い悪魔側もクリアマジックからの逆アンチとか、見事なチームワークを見せてくれたりして。
あとはボロボロです。
前衛の攻撃力不足もあって、1体すら倒すことができませんでした。

これも紹介しておきましょう。
地下6階某所にて、例の不思議文字を発見しました。
地下3階と4階では無かったようなので、これで三つ目です。
二文字目がちょっと分かり難いのですが・・・
辞書と突き合わせながら、どうにか読み解くことができました。
なるほどねえ。
これまでの不思議文字もそうですが、要するにこのシナリオそのものがこのメッセージってことなんですね。

5月27日
*エレベーターは危険な誘い*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
それでは地下5階へ乗り込みます。

地下4階の階段から程近い場所に、このメッセージはありました。
FC版3の地下2階を思い出しますね。
正解はどれとか見当も付きませんから、ここは端から行くことに。
で、まずはあっけなく地下6階への階段を確保しましたが、取りあえずスルーで。
次の扉を開けるとワープでした。
また退路封鎖かよと思いましたが、適当に通路を進みました。
すると、だ。

エレベーター発見〜☆
早速地下1階へ行ってかんぬき扉を開けます。
待望のエレベーター解禁で、長距離移動から解放される・・・
と、この時は喜んでました。
そう、この時までは、ね・・・

エレベーターを利用して、適当に地下3階と4階の未踏エリアを埋めたら地下5階に戻ります。
いやー、一気に移動できるので楽ですよね。
それでは本格的に探索開始。
このフロアは、FC版3の地下3階に似た構造のようです。
クネクネとした通路はちょっと苦手。
それでも左手法で歩いていると、突然シュート!(汗)
もちろん浮遊の呪文は唱えていましたが、問答無用で落とされてしまいました。
落とされた小部屋から外へ出ると、そこは一面ダークゾーンで(爆)。

わー、ここってどこなの?
真っ暗で何も見えないよ〜。

かごめちゃん、少し落ち着こう。
幸い、落ちた場所はエレベーターのすぐ近くのようですから。
エルアキ☆があっちこっちに頭をぶつけながら(笑)慎重に進み、何とかエレベーターまで辿り着きました。
一度帰還してから再出撃。
先ほどのシュートにハマらないように気を付けながら進んだのですが、別の場所でまたもシュート(泣)。
そうか、FC版3の地下3階にもシュートがあったよなあ・・・
で、今度はエレベーターから少し離れた場所のようです。
その上、進めば進むほどエレベーターから遠ざかる・・・
幸い敵との遭遇はほとんどありませんでしたが、ウィザードアイの残量に神経をすり減らされます。
帰り道も分からない真っ暗闇の中でマップも見られないとなれば、もう帰還するのは無理!
かごめの呪文が尽き、トニカクの呪文が半分を切ると焦る焦る。
それでも、一番初めに見つけていた地下5階への階段に辿り着くことができました。
あー、そうか。
一度階段を利用して、マップにマークを付けておけば良かったのか・・・
この間の画像が1枚も無かったことから、私にまったく余裕が無かったことをお察しください(笑)。

エレベーターを利用しての地下5階の探索はかなり危険のようだ。
私が転移呪文を習得するまで待つべきではないか?

うーん、そうなんですよねえ。
確かに、テレポが無いと探索はかなり難しいと思われます。
が、今この日記を書いている段階で、いくつか攻略の足掛かりがあるような気がします。
次はそれを試すことにしましょう。
でもその前に、地下5階でちょっとだけバトルなど。

レベル9プリーストとのバトルですが、気が付いたらエルアキ☆が死んでました(爆)。
どうやらデスの呪文に引っ掛かったようです。
こちらはまだレベル11でしかないので、敵がレベル9だとほとんど差が無い状態ですよねえ。

5月26日
*あの4人が参戦*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
地下4階でのレベル上げもラストスパートでしょうか。

戦利品の中に、氷のくさりかたびらがありました!
ニャビット故にHPの一番低い富士之進に装備させます。
ACもさることながら、炎抵抗は大きいですね。

にゃにゃ?
こにょヨロイ、にゃんだかひゃっけーにゃあ。

「ひゃっけー」は、富士之進の出身地の言葉で「冷たい」の意味かと思われます(笑)。
さて、この時点でフジ以外の5人はレベル11になっています。
フジは次のレベルまで28000ちょっと。
微妙・・・
もうちょっと頑張ればレベルアップですが、そのちょっとが意外と大変だったりします。
ここでドレイン食らったらムチャクチャ痛いのは言うまでもありません。
でも、まあ良いか(笑)。
そろそろ覚悟を決めて、地下5階へ乗り込みたいと思います。
でもその前に。
念のため控えメンバーを育成しておきましょう。

と言うわけで、小説の連載が終わったばかりの魔導の書メンバーが参戦です(笑)。
や、最初はこのメンバーにあと二人加えてプレイするつもりだったんですけどね。
今回は控えに回ってもらうことに。
エアリーは忍者なので悪スタートでしたが、友好的なモンスター一発で善に引っくり返りました。
4人なので獲得する経験値が多くて、レベルアップも早いですね。
トントンとバトルをこなして、あっという間にレベル4まで来ました。
ところで。
このシナリオでは、通過アイテムの管理はどうなっているのでしょうか?
各通過アイテムをアイテムボックスに預けてから取りに行ったのですが、再入手は不可でした。
別にガチのノーリセットプレイでもないので、全滅から救出という場面はないとは思いますが・・・
一応頭の片隅には留めておくことにしましょう。

何処の馬の骨だか知らねえが、ここは俺たちの戦場だ。
つまらねえ手出しは無用だぜ。

エルアキ☆リーダーの啖呵が決まりました!
もちろん、魔導メンバーはあくまで控え。
メインはニューチームフレンズですよ。

5月25日
*謎の配備センター*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
もうしばらく地下4階でレベル上げに取り組みます。
マップの構造も分かり、敵の強さも把握してくると俄然楽になるものです。

そして嬉しいレベルアップ。
コロナがレベル11になり、キュアオールが入りました〜。
やっぱりコレが入ると、パーティの安全度が格段にアップしますね。

これでコロナも一人前の僧侶なんだもん。
どんなケガでもあっという間に治しちゃうんだもん!

ハイっ、頼りにしてますよ。
できれば、イザという時の帰還用にロクトフェイト(に相当する呪文)が欲しかったんですけどね。
まあ、そこまで慎重になる必要もない・・・かな?
次いで魔術師のトニカクもレベルアップ、ギガフリーズを含む3つの呪文を習得しました。
これでかなり戦力が上がったので、地下5階にも行けそうですが・・・
もう少し地下4階に居座っても良いでしょう。
今までは二つ目の帰還ポイントで引き返してましたが、思い切って先へ進みます。
すると、とある場所で富士之進が何かに気付きましたよ?
付近の壁を調べてみればシークレットドアが。
以前は何も感じなかったので、これもレベルアップの恩恵かもしれません。
で、シークレットドアの先へ進むと・・・

怪しさ120%!
謎の看板を掲げた施設がありましたとさ(笑)。
地下4階で配備センターと来れば、この先ではバトルかなあ・・・と思いながらも扉を開けることに。
ですが、別にハイニンジャとかはいないようで・・・
代わりにガストなグラのジイサンがいて「汝の魂と引き換えに〜」のメッセージ。

次の瞬間には、問答無用でこの杖を押し付けられていました(笑)。
亡霊の杖とは、何とも気味の悪いブツです。

えーと・・・
結局「汝の魂」って何だったのかしら?

LOLでは汝の魂=ロングソードのことでしたが、今回はそれを持ち歩いていたっけ?
途中で拾っていたかもですし、他のアイテムと交換だったかもしれません。
よく分からないのですが、結果オーライで良しとしましょうか。

5月24日
*魔導の書4完結です*
本日、魔導の書4の完結編をアップしました。
ご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。
今回は「盾の覚醒」ということで、ホムラがメインのお話となりました。
んー、地味でしたかねえ(笑)。
後半、ホムラよりもエアリーのほうが目立ってましたしね。
既に読まれた方はお分かりかと思いますが・・・
本作ではヒロインの身に大変なことが起こってしまいました。
あの辺りを書いていたのが、ちょうど2月に入ってから。
記憶に新しいとは思いますが、直後関東地方に大雪が降りましたよねえ(汗)。
大雪のニュースを見る度に「アイーシャ様のお怒りだ〜」って、冷や汗たらたらでした。
また、今回初めて作中で「呪文」という言葉を使いました。
もちろんこの「呪文」は、後の時代の冒険者が操る「呪文」とは別のもので・・・
なんて解説は、まあしないほうが良いでしょう。
魔等の書シリーズは、できればあと1本書けたらと思っています。
やりたいことや、やらなければならないことはいくつかあるような気がします。
ですが、具体的には何をどうすれば良いのか・・・
今の段階ではまったく白紙の状態です。
また今後私自身が、体力的や精神的に執筆作業に取り組めるかどうかも分かりません。
まあ、ボチボチですね。
そんなこんなありましたが、これにて魔導の書4も終わりです。
さて、ニューチームフレンズやるか!

5月22日
*かごめちゃん奮戦記*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
地下4階でレベル上げに取り組みます。
昨日もお話しましたが、このフロアは退路封鎖がメインです。
一応、地下3階からの階段と最初の部屋を往復すれば、ワープしなくて済みます。
が、その通路が長いんだ(笑)。
距離もさることながらクネクネと折れ曲がっていて歩き難い。
何度か試しましたが、この方法は断念しました。
それと、冒険の中断と再開を繰り返す方法もありますが、それもナシで。
各玄室で6回程バトルをこなした先に、二つ目の帰還ポイントが設置されています。
取りあえずはそこまで行って引き返すことにしましょう。
さて、ここからが本題です。
戦利品の中に「?刀」がありました。
侍のかごめちゃん用の得物が出たかと期待したのですが・・・
「むらさま」ってどちら様でしょう?(爆)
これを見た瞬間、全身から力が抜けてその場に崩れ落ちました。
ちなみに、現在のかごめちゃんの武器はワースレイヤーとなっています。

次はこのシーンです。
忍者フジの罠の見立ては虹のきらめき。
コロナのデバイントラップでは毒針。
なのに実際はマグネットでした(笑)。
かごめちゃんの持ち物から何かが奪われてしまいました。
手に入れたばかりのワースレイヤーだとイヤだなあと思ったのですが・・・
結果は胸当てでした。
女子高生の胸当て・・・
って、いやいやいや(笑)。
にしてもこのマグネット、通過アイテムを奪われたらピンチですよねえ。
救出部隊を編成して迎えに行かないと、でしょうか。
そろそろサブのメンバーの育成にも手を付けたほうが良さそうです。

スタイル画の紹介が終わったので3枚目。
かごめちゃん、レベル10で魔3レベルの呪文が入りました。
習得したのはメガファイアーとサンダーの二つ。
なんとも攻撃的な性格だったようです(笑)。
画像はスピリット×4グループとのバトル。
敵が多かったので、かごめちゃんにも呪文を使わせました。
サンダーは全体呪文なので、こんな時には重宝します。
ところで、このスピリットにはサフォが効くんでしたっけ?

敵もだんだん強くなってきたみたい。
でも、私だって負けないんだから!

かごめちゃんもすっかり馴染んできましたねえ(笑)。

5月21日
*似て非なるマップ*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
早速地下4階へ行ってみましょう。
結論から言いますと、このフロアは通路と続く玄室、そしてワープしてまた通路・・・
そう、アレですね。
せっかくなので、作者氏のコメントをどうぞ。

何処かであるだろうなと思ってましたが、早くもここで登場しました。
しかし、#1との大きな違いがひとつ。
それは、各エリア毎に帰還用のワープなんて便利なものはありませーん(爆)。
この場合の「エリア」とは、通路+玄室のことです。
つまり、一度ワープしちゃうと次のエリアには帰還の手段がない・・・かも?
事実上の退路封鎖マップとなっているんですな。
作者氏、殺る気満々ですね。
実はこのフロアを訪れて最初のバトルで、魔術師のトニカクがナニモノかに石化!
その状態でワープしちゃったものですから・・・
魔術師不在の状態で、帰還の手段を探して迷宮を彷徨うという(汗)。
これは詰んだかと思いましたが、3番目くらいのエリアだったかで帰還ポイントを発見。
どうにか次の朝日を拝むことができましたとさ(笑)。

迷惑を掛けてすまなかった。
この不始末は次のバトルで返させてもらおう。

まあ大事にならなかったので良しとしましょう。
さて、仕掛けが分かったところで、慎重に探索を進めますよ。
ワープポイントをナナメの位置から見ると・・・ってのが役立ちました。
ご存知ですかね?
ワープポイントをナナメの位置から見ると、元の地形が見えるんです。
それに対して正面から見た場合は、ワープの出先の地形ですよね。
つまり、正面から見た場合とナナメから見た場合で地形が違うなら、そこにワープがあると分かるんですね。
これを利用して、丁寧にマップを埋めていきます。
またとある場所で、LOL3階にあるような三連続メッセージもありました。
いやー、さすがに飛び込む勇気はなかったですねえ(笑)。

さてバトルです。
サフォケーションが効く相手ならまったく問題はありません。
が、時々効かない敵が出てくるから困ったものです。
感覚的には#1の9階クラスでしょうか。
画像はヨコズナダイミョウですか(笑)。
後続はレベル6ニンジャなのでサフォの餌食なんですけどねえ。
ものすごく細かい指摘ですが、横綱の振り仮名は「よこづな」ですね。

そんなこんなありまして、どうにかマップの最奥まで行くことができました。
何があるのかと思ったら、帰還用のワープでやんの(爆)。
それとは別に、固く施錠された扉もありました。
忍者フジが開けられず、トニカクの呪文もダメ。
最後、リリーのアンロックドアでどうにか開けることができました。
その先には地下5階への階段。
これだけ固く施錠していたということは、この先はかなり危険と考えたほうが良いでしょう。
しばらくは地下4階でレベル上げかと思います。
やれやれ、そろそろエレベーターが使えるかと期待していたんですけどねえ(笑)。

お待たせしました!
かごめちゃんのスタイル画です。
メールの関係で、まだヴァンデミエールさんにもお見せしていなかったんですな。
セーラー服ですね(笑)。
最後のメンバーがなかなか決まらなくて困ったぐれたさん。
冒険者でもなんでもない、ごく普通の女子高生のかごめちゃんをスカウトするウルトラCを捻り出しました。
ある日突然、ごく普通の女子高生が剣と魔法の世界に迷い込んだとか・・・
この業界では日常茶飯事(笑)。
チームラの新作もこのパターンだしね。
幸い資料は豊富にありましたし、「剣街」のヒロイン(?)も参考に。
セーラー服に肩当、そして手には抜身の刀といういでたちになりました。

なんだかよく分からないうちに冒険者やることになっちゃった。
とにかく頑張ります!

剣の街の女子高生、かごめちゃんの活躍に期待しましょう。

5月20日
*剣の街の洗礼*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
探索の舞台を地下3階へ移します。
まずは昨日の懸案事項、階段を下りたら真っ暗闇だった件から。
幸い、ダークゾーンはそれ程広くもなく、すぐに明るい場所に出ることができました。
すかさずコロナが、無効になったマジックライトを唱えておきます。
で、すぐ近くの扉を開けると
「この扉の探し方は、#4でも採用されてましたね」
との作者氏のメッセージが。
最初は何のことか分からなかったのですが、しばらくして気付きました。
要は、一度明りの呪文を消去した後に改めて明るくすることで、隠されていた扉を発見できるという。
リアルタイムで#4をプレイしていた人の中には、最初の部屋から出られなくていきなり詰んだ・・・
なんてこともあったとか、なかったとか(笑)。

さて、ダークゾーンの件がスッキリしたところで、本格的な探索へ。
気の早い作者さんだと、この辺りで殺しに来ることもあるかもですよ?(笑)
このフロアは、巨大な空洞から枝道が伸びた構造のようです。
枝道はクネクネと、複雑に折れ曲がっています。
こんな通路の探索には右手法(もちろん左も可)が有効です。
で、行き止まりにはかなりの確率でピットが仕掛けられていました。
浮遊の呪文は必須でしょう。
モンスターは、呪文を無効化するドラゴンフライが出てきました。
その他にもレベル○メイジとかプリーストとか。
この辺りはサイレンスを惜しまずに使うべきでしょうか。
そうそう、マーフィーズゾンビなんて、何処かで見たようなヤツもいましたよ?(笑)
そして・・・

ほーら、言わんこっちゃない。
かごめちゃん、剣の街の洗礼を浴びてしまいました〜(汗)。
これが初クリティカル&初の死者ということになります。
その後かごめちゃんは、寺院で無事に復活いたしました。

あっ・・・と思った時にはやられてたよ。
剣の街って油断できないところなんだね。

かごめちゃんの初コメントがこんなんで申し訳ない(謝)。
気になるかごめちゃんのスタイル画は次の更新で。
とまあ、そんなトラブルもありましたが、地下4階への階段はキープしました。
例のブタの置き物の使いどころも確認しました。
もう少し笑えるメッセージを期待してたんだけどな・・・
ただ、マップにはまだ隙間が多く、不思議文字も発見していないのが気になります。

地下3階の探索を終えた時点で、コロナとトニカクがレベル9になりました。
必殺のサフォケーション(マカニト)が入りました!
これからのバトルはトニカクの活躍が鍵になるでしょう。

今日のスタイル画はコロナです。
Marutaboさんのサイトのトップにある動画を何度も見てデザインしました。
実は最初に描いたバージョンは、表情がかなり尖がってたんですよ。
目や口のラインをかなり修正してやっと落ち着きました。
やはりツールの機能に頼ってばかりではダメですね。

本当はコロナひとりでも平気なんだもん。
でも、今回はみんなと一緒に頑張るんだもん!

コロナの語尾はやっぱり「〜だもん」で決まりでしょう(笑)。

5月19日
*暗闇を抜けたら暗闇だった*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
地下2階探索の後半です。
まずはコレから。

このフロアで発見した不思議文字です。
なるほど、そう来ましたか(笑)。
昨日のブタの置き物なんて、まさにこのメッセージですよね。
さて。
この画面の奥には扉が三つ見えますよね。
実はこの広場、3×3四方のすべての壁に扉がありました。
ほとんどはハズレなのですが、一箇所だけダークゾーンに通じているものが。

うにゃあ・・・
いくらニャビットでも、真っ暗闇じゃニャニも見えにゃいにゃあ。

確かに。
ネコは夜目が効くと言いますが、まったく光がなければ何も見えませんよねえ。
仕方ないので先頭に立つエルアキ☆が、あっちこっち頭をぶつけながら探索しましたとさ(笑)。
ウィザードアイの使い手が3人いるので、こんな時は心強いですね。
探索を進めて、ダークゾーンの中にあったワープから明るい場所へ。

出た先で、今度はアヒルの置き物を発見しました。
新しいアイテムを見つける度にリリーのステータス画面がアップされます。
これもビショップの役得ですね(笑)。
このアヒルの置き物、何処で使うのかと思ったのですが・・・
LOLの瓶詰めの船と同じく、持っていれば湖を渡れるという便利アイテムでした。
これで湖を渡ると、対岸で地下3階への階段を発見。
試しに下りてみると・・・
そこもダークゾーンだったんだな(汗)。

今日のスタイル画はトニカクです。
このヒゲ面はインパクトがあったとの反響も(笑)。
や、uguiさんがご自身のプレイで使っていた顔グラを参考にして描いたんですけどね。
ローブのデザインは、エルミの設定資料集を見ながら決めました。
ちなみに、男子メンバー3人はタイプAでキャラメイクしているので20才スタートです。
このスタイル画は、もう少し年上に見えるけどね。

私には前の世界での記憶がない。
記憶はないが、腕は確かだから任せてくれ。

この「記憶がない」っていうの、uguiさんのところの公式設定ですから(笑)。

5月18日
*グールグルグル、ブタの○○*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
僧侶のコロナと魔術師のトニカクがレベル7になったら地下2階へ。
作者氏によると、このフロアはちょっとだけLOLの1階に似ているようです。
迷宮内に湖というアイディアは斬新だけど、いくらなんでもムチャだろって#1では採用されなかったとか?(笑)
それはさて置き。

ここから早くもマヒ持ちが出現してきます。

大変、大変!
でもマヒの治療ならお任せなんだもん。

今回は僧侶のコロナ(笑)、マヒしたかごめちゃんを手早く治療します。
ビショップのリリーが各種治療呪文を習得するまでは、コロナが頼りですね。
どうでも良いのですが、今日のタイトルとモンスターのグールは何の関係もありませんから(笑)。
しばらくは手近な部屋で戦って、敵の強さを見極めることに。
虫系が多いようですが、特に問題はないでしょう。
忍者フジはそろそろ素手だと物足りなくなってきたので、宝箱から発掘したワースレイヤーを装備。
力に+3(だったか)のボーナスが付くのが嬉しいところ。
でもさ、ニャビットはワー○○とは違うんですかね?(笑)

さて、そろそろ本題です。
地下2階でのバトルに慣れてきたら、少しずつ探索の足を伸ばすことに。
例の不思議文字のある広場もありましたが、そちらはまた後日お話するとして。
ニューチームフレンズが足を踏み入れたのは、螺旋状に小部屋が連結したエリアでした。
各小部屋でバトルが発生するので、突破するにはそれなりの実力が要求されます。
バトルは何とかなったとしても、こういう場所は宝箱の罠のほうが怖いでしょうか。
上のコロナの画像、キュアポイゾンのある僧4レベルの呪文回数は・・・
途中、脱出用の一方通行扉が用意されているのが親切設計。
これがエルミ・ゴシックだったら・・・ねえ?(笑)
グールグルグル、と。
かなりの回数のバトルをこなして螺旋状の最奥まで乗り込みます。
そこはどうにも小汚い部屋で、ブロンズ像を見つけると「探しますか?」とか聞かれるんだ。
ここでマーフィとか出てきても、レベル上げのために通うのは無理だな・・・
などと思いましたが、幸いそんなことはありませんでした(笑)。

入手したアイテムを鑑定すると、ブタの置き物でした。
おそらく何処かの通過アイテムかと思われます。
が、これを持ち歩いていると、愉快なメッセージをスルーしてしまうかもしれません。
使う場所が判明するまで、酒場にでも預けておくことにしましょう。

今日のスタイル画はエルアキ☆です。
ウィズオンラインの画像を参考に描いてみました。
頭部はバンダナですかね。
バイキング風のヘルメットも捨て難いのですが、そちらを採用しました。
ドワーフ自体がデフォルメ体型をしているので、すんなりと描けちゃいました。
ちなみに現在の武器はバトルアックスです。
やっぱりドワーフファイターは斧でしょう。

ドワーフファイターってHPが高いから、たいてい先頭にいるだろ?
一番前にいるってだけで、リーダーにされちゃうんだよなあ。

や、もちろん冒険者としての資質を買ってのリーダーですから。
これからも頼むぜ、エルアキ☆リーダー!

5月15日
*見覚えのある不思議な文字*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
快調に序盤を飛ばし、レベル5になったところで地下1階の探索へ。
結論から言うと、このフロアは碁盤の目というよりはあみだくじみたいな構造でした。
交差点にはピットの他に「回れ右」などのメッセージも。
そして、とある場所ではこんなものがありました。

こ、この記号はまさか・・・

これと同じようなものを何処かで見た記憶が・・・
そう、たしかブラザーフッドの迷宮だったかしらね。

ブラザーフッドの迷宮(#5)を経験しているリリーでした。
そうそう、あそこにあったあの不思議文字ですよね。
#5にて初めてこれを見た時は、まるっきり意味不明でした。
が、私はあの不思議文字を自力で買い得・・・
じゃなくて、解読しましたから。
もちろんこの不思議文字も読むことができましたよ。
そして、作者氏がこのメッセージに込めた意図も、何となく汲み取れたかなと思います。
とまあ、そんな懐かしい気分になりつつも、地下1階の探索は簡単に終わりました。
回転床が無かったのは助かりました。
まだ入れないエリアが4箇所くらいあるのですが、下から回り込む感じですかね。

その後は地下2階へ向けてレベル上げを入れておきます。
注目は剣の街の女子高生(笑)、かごめちゃんです。
HPの伸びが良いなと思ってましたが、この段階でエルアキ☆を抜いてトップに。
実はかごめちゃん、ボーナス29で一発侍を実現させました。
タイプB(FC版などと同じ)でキャラメイクしたので、年齢も15才です。
気になるかごめちゃんのスタイル画は後日紹介しますね。

で、今日のスタイル画は昨日大活躍した富士之進です。
忍者装束を着たネコですね(笑)。
2時間くらいで描けちゃったのですが、もう少し時間を掛けてやれば良かったかな。
唯奈さんからは「な に ぬ ね の」を「にゃ に にゅ にぇ にょ」と発音するようにとのお達しが。
しかし、これが意外と難しいんだ。
昨日もポカしてるし(汗)。

みんにゃも一緒に言うんだにゃ!
にゃ! に! にゅ! にぇ! にょ!

や、ネコ語をマスターするのも大変です。

5月14日
*にぇずみ狩りは任せるにゃ*
ニューチームフレンズが挑む、Wiz#0です。
取りあえずパーティが組めたら商店でお買い物。
エルアキ☆とかごめちゃんはロングソードと鎖帷子。
ネコ忍者の富士之進は、しばらく素手で行きましょう。
後衛陣も適当に、武器と防具を装備させます。
盾や冑など、防具の類はちょっとお高めのようです。
相変わらずではありますが、小手のコストパフォーマンスは(笑)。
お城や迷宮の入り口などに作者氏のコメントが。
これがなかなかツボを突いていて、ウィズファンならニヤリですね。
さて地下1階。
作者氏のメッセージによると、このフロアは#1の地下3階のような構造。
あまり評判が良くなかったので、#1では攻略に関係ないフロアに回された、とか?
十字路にはピットが仕掛けられていたりして、レベル1のパーティには脅威ですね。
いきなり遠出もできませんから、階段近くの扉を開けてはバトることになります。
出てくる敵さんはスライムやスケルトン、そしてネズミがたくさん。
って、ニューチームフレンズには、ネコがいるんですよ?

ネコがネズミに組みついた♪
ネコ忍者フジ、必殺のネコパンチで次々とネズミを狩っていきます!
ロングソードを装備しているエルアキ☆やかごめちゃんよりも強いんだ。
この画像、富士「之」進の名前が間違ってましたが直しておきました。
そして忍者と言えば・・・

これがフジの初クリティカルです!
やっぱり相手はネズミでした。
でもこの場合、ひょっとしたらカピパラだったかもしれません。
まあ、どの道げっ歯類には違いないのですが。

うにゃあー!
にぇずみ狩りなら俺に任せるにゃ。

自信満々のフジですね。
でもさ、この先もずっとネズミが出てくるわけじゃないよね?(笑)
魔術師のトニカクがレベル3でファイアを覚え損なった(笑)影響もありまして。
序盤のモンスター打倒数は、富士之進が圧倒的に稼いでくれました。

さて、せっかくなので新しく描いたスタイル画のお披露目です。
メンバー登録順・・・ぶっちゃけ作成順で行きますか。
まずはこちら、リリーです。
キリリさんのサイトにあったイラストを参考に、衣装などをデザインしてみました。
メンバー勧誘時にキリリさんに送ったものより、目の色を若干濃くしています。
大きな画面で見ている時は気にならないのですが・・・
顔グラ用に縮小すると、目の色が薄いと顔全体がぼやけちゃうんですよね。
左手の光の玉も修正しました。
透明処理がうまくできなくて、結局シンプルなものになりました。
正直、キリリさんの美麗なイラストを私が真似て描くのは恐縮ものでした(汗)。

皆さんこんにちは、リリーです。
ビショップは酒場で留守番してろ、なんて言われないように頑張ります。

いやいや、今回はレギュラーでお願いします。

5月13日
*ぐれたさんは友達が少ない*
ページも新たに新企画スタートです。
今回プレイするのはこちら!

五つの試練のユーザーシナリオ「Wizardry #0」です。
作者は風呂俳朗氏ですね。
ゲームの概要などは、公式にある作者氏の解説をご覧ください。
で、問題は攻略メンバーです。
いつものようにウチのキャラでと思ったのですが、さすがにマンネリでしょうか。
ならばチームフレンズかと思いましたが、PSPエルミ1と同じメンバーというのも芸がありません。
そこで新たなメンバーを勧誘して、ニューチームフレンズを結成することにしました。
が・・・
ぐれたさんは友達が少ないですから(汗)。
6人のメンバーを招集するのは、とても大変でした。
この企画のために新たに人数分のスタイル画を描いて先方様に送り、キャラ使用の許可を取り付けました。
しかも、「この件はナイショで」とお願いしましたから。
皆さんメンバーにはなったものの、自分のキャラ以外は誰が来るのか分からない状態です。
最後のひとりがなかなか決まらなかったのですが、どうにか勧誘に成功して6人揃いました。
それではメンバー発表と行きましょう、()内はオーナーさんの名前ですよ。

エルアキ☆(エルアキ☆さん)
ドワーフ・男・悪・戦士


かごめ(ヴァンデミエールさん)
人間・女・中立・侍


富士之進(唯奈さん)
ニャビット・オス・悪・忍者


コロナ(Marutaboさん)
ノーム・女・悪・僧侶


トニカク(uguiさん)
人間・男・悪・魔法使い


リリー(キリリさん)
エルフ・女・悪・ビショップ

さて、どうでしょう?
人によっては、初めて目にするキャラもいるかもしれませんね。
なかなか個性的と言いますか、個性が強過ぎるような気もします。
特に男子(笑)。
ネコも含めて全員ヒゲですからね。
女子はどちらかと言うと、カワイイ系が並んだかなと思います。
そしてこれは偶然なのですが、各種族が綺麗に揃いました。
各キャラともスタイル画を描いていますので、そちらも順次紹介していきたいと思います。
今日はもうキャラ紹介だけで満腹なので(笑)、冒険の様子などはまた次回からとしましょう。
最後にコメントですが・・・

だからぁ・・・
あたしが参加できないのに、なんで他所の人が参加してるんですか?

今回もメンバーから外されたマナちゃんのボヤキでした(笑)。
いやいや、ひょっとしたら控えで出番があるかもですよ?