冒険者の日記・14年4月

戻る


4月14日
*四大元素は伊達じゃない*
週末は「魔導の書4」のアップやら、オシャカになったXPパソの後始末やら。
あとは、満開の桜を探してのサイクリングなどで過ごしていました。
ちょっと間が空きましたが、GBC版ウィズ2@エクストラフロア編の続きです。
まずは前回の懸案事項から。
後衛にいるのに何かと死にやすい十六夜さん(笑)。
呪文耐性アップのために、アイテムの見直しをしてみました。
得物屋さんのアイテムリストを眺めることしばし・・・
なるほど、コレで行ってみよう。

どうやら、イベントアイテムの空気の魔除けに冷気抵抗の効果があるようです。
入手場所は・・・改めて説明しなくても大丈夫ですよね?(笑)
ここはチームDに協力してもらって、空気の魔除けを三つ程入手してきました。
これをチームAの三人の魔術師に持たせます。
また、金のティアラには呪文抵抗の効果があるようなので、それも活用しちゃいます。
取りあえず、こんな感じでどうですかね?

ハイっ、これが結果です。
地下3階にてソーサリスに遭遇、ラダルトを一発食らった直後のキャンプシーンです。
各キャラのHPがお分かりいただけるでしょうか?
呪文に抵抗の無い沙羅とまりちゃんは60以上のダメージを食らっています。
それに対して、アイテムで抵抗したメンバーは30ちょっとのダメージで済んでいますね。
まさに半減です。
HP100程度のキャラにとっては、30ダメージと60ダメージでは天と地ですよねえ。
冷気抵抗は空気の魔除け。
炎抵抗は炎の杖。
ついでにドレインは大地の杖で対抗できますから。
さすが、四大元素は伊達じゃないってことですね。

ただの通過アイテムではなかったということか。
だが、水にまつわるものが入っていないのが気に入らないな。

皆さん覚えてらっしゃいますでしょうかね?
「魔導の書」の四人は、それぞれ四大元素からイメージしています。
もちろんアイーシャ様は氷(水)です。
ちなみにアイテムの聖水は5%破損でディアルが使えるものの、抵抗アイテムとしてはイマイチですね。
さて、これで呪文の脅威も半減したことですし、一気に攻略を進めたいところです。
(中略)
よしっ、地下3階の最奥で次元の水晶なるアイテムをゲットしました。
チームDが入手したものと同じような効果があります。
それじゃあ、地下5階の様子を覘いてみましょう。

ダークじゃないよ、アークだよ(笑)。
なんと、アークデーモンがいたんですね。
6階で見かけたダークのほうは影武者的存在、こちらが本物と考えるべきでしょう。
で、そのアークデーモン、いきなりマディを唱えるオチャメさんでしたとさ(笑)。

別世界では「閣下」なんて呼ばれていたから捕獲する気にならなかったのよね。
でもこれならちょっと欲しいかな。

更に別世界では、怪獣みたいなのもいたよねえ(笑)。

4月11日
*地下5階への道険し*
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編です。
今回はチームA、地下3階を探索して地下5階を目指します。
しかし、その道中はかなり大変なものとなりました。

悪のパーティが担当するのは魔法の試練ですから、敵も魔術師系が大挙して現れます。
中でもこのソーサリスには参りました。
この時点で沙羅、十六夜さん、ウェインの三人が死んでます(爆)。

お姉ちゃん、また死んじゃったの?
これで何回目かな。


うるさい娘だね。
アンタだって死んだんだから、言いっこ無しだよ。

実は十六夜さんの死亡回数は5回と、全メンバーで最も多くなってます。
HPもステータスも特に問題はなく、後衛にいるので直接殴られることもないのですが・・・
呪文に抵抗するアイテムなど、少し見直しが必要ですね。

お次はこの画像です。
これが噂のレベル25ビショップです。
うん、まあ見た目はレベル8ビショップと同じかな。
ビショップなので使える呪文の種類が多く、それ故にハズレな呪文を使ってくることが結構ありますね。
例えばマゾピックとか(笑)。

そしてこれです。
アイーシャ様、ヘルマスターの奇襲を受けてやられてしまいました〜。
魔術師ながらも前衛を務めてきたアイーシャ様ですが、ここまでは一度も死ななかったんですよ。
それがヘルマスターの痛恨の一撃×2で、とうとう力尽きてしまいました。

だから無理するなってのに。
盾役がいてこその魔導師なんだからよ。

おっとホムラ君、言う時は言いますねえ。
そのホムラがメイン(?)の「魔導の書4」は、明日更新の予定です。
そんなこんなで、地下3階はまだ半分くらいしか探索できていません。
先は長いなあ・・・

4月9日
*研ぎ澄まされた剣技*
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編です。
今回はチームDが地下2階を探索、地下4階を目指します。

まずはこんな画像を置いてみますか。
これを見て、おや? って思いました。
敵として出現したプリーステスが、回復呪文のマディを唱えたんですね。
エルミならよく見かけるシーンです。
ですがこのシリーズでは、敵のプリーストが回復呪文というのはあまり記憶にありません。

味方のステータスは常に注意して早めの回復呪文。
敵ながら見習うことが多いですね。

そうですね。
チームDは治療回復呪文はたっぷりあるので、ケチる必要はありません。
反面、デュマピックを使えるのがセインひとりだけですから。
マップが埋まったところはできるだけルートを覚えてしまいたいところです。

お次はこちらです。
や、レベル16ニンジャですか(汗)。

あたしとエアリーだってまだレベル15なんだよ。
どんだけ宝珠を持ち込んだんだろうね?

って、いやいやいや(笑)。
確かに、宝珠を持ち帰れば15万ポイントの経験値が貰えますけどね。
ちなみに今回のプレイでは、両チームとも宝珠のボーナスは30万で打ち止めとなってます。
さて、そんなこんなで地下2階の最奥まで進みました。
そこで忍者集団の頭領と思しき人物(グラ無し)が現れます。
彼から、飛龍の腕輪という超便利グッズを受け取れば一段落。
これを使うと、地下4階へ続く階段の手前にワープするというものです。
なんでそんなに親切なの? という疑問は取りあえず置いておくことにしましょう(笑)。
それじゃあちょっとだけ、地下4階の様子を見てみますか。

そこに待ち受けていたのは、恐るべき剣技の持ち主でした。
まずは敵の先制攻撃、シンがクリティカルを食らいます。
まあシンだしなと思いながらの2ターン目、今度はホムラがやられてしまいました(汗)。
こちらも打撃と呪文の全力全開で戦いましたが、惜しくも倒し切れません。
そして3ターン目がこれです。
なんとレオナまでやられてしまいました〜(泣)。
最後は呪文で倒すことができましたが、冷や汗ものでした。

なるほど・・・
研ぎ澄まされた剣技とは、まさにあのことだね。

もしもしラウド君、そんなのんきなこと言ってる場合じゃないよね?(笑)
この場はセインのマロールで一目散にトンズラ、三人は寺院にて復活しています。
ちょっと様子見のつもりでしたが、いきなりの洗礼を浴びてしまいました。
先へ進むのは、もう少しレベル上げを入れてからでも遅くないでしょう。

4月8日
*モンスター鑑賞会*
GBC版ウィズ2@エクストラフロア編です。
昔プレイした時の記憶も交えながら、改めてエクストラフロアの特徴を。
階層は地下1階〜地下5階。
地下2階と4階が善のフロアで、地下3階と5階が悪のフロア。
マロールによる進入は不可でした。
ついでに戦闘中のランダムマロールも不可だったと思います。
マロールでの移動が出来ない上に、かなりの回数のバトルをこなさなければ先へ進めません。
しかも出てくる敵は、LOLのオリジナルフロアではお目に掛かれないものばかり。
なので今日のところは適当に画像を並べて、モンスター鑑賞会と洒落込みましょう。

まずはこちら、エアージャイアントですね。
チームDが地下2階で遭遇しています。
FC版3ではかなりのHPでしたが、今回はそれ程でもないかな。
相変わらず呪文はほとんど効かないようで、下手に殴られたら痛いのも相変わらずでしょう。

お次はこちら、スクライルです。
チームAが地下3階で遭遇しました。
空飛ぶガイコツでお馴染みのスクライルですが・・・
この画像はサングラスを掛けたハゲでヒゲ面のオッチャンに見えませんか?(笑)
何かのキャラに似ているような気がするのですが・・・
シティー○ンターの海○主、かな?
もっとピッタリなのがいたような気もしますが、ちょっと思い出せません。
おっと、上の2枚の画像、攻撃しているのがレオナとエアリーだ(笑)。
さては昨日のうっぷん晴らしでしょうかね?

最後はこれを。
画像に映っているのはスモークデーモンですが、問題はその後ろ。
レベル25ビショップはラダルトを唱えたって(汗)。
ビショップでこのレベルだと魔7の呪文を使ってくるかも?
や、さすがにティルトウェイトは勘弁してもらいたです〜。

レベル25ね・・・
ビショップもそこまで行けば、酒場の留守番鑑定係りとか言われないんでしょうね。

パロさん、そんな黄昏ないで(笑)。
敵の出現数が多く、HPも高めですから。
必然的にティルトやマリクトなどの全体呪文を連発することになります。
それに伴って、バトル後の経験値は1万を超えるようになりました。
感覚的には6階の5倍、いや10倍でしょうか(笑)。

4月7日
*大道芸と紙切れ*
GBC版ウィズ2も村正を見つけて一段落しました。
それではということで、エクストラフロアに乗り込みたいと思います。
なんだけどさ、昔プレイしているはずなのですが、まったく記憶にありません。
正直、どのくらいのレベルで行けば良いのかも分かりません。
ちなみに現在メンバーのレベルは15〜17といったところです。
果たしてコレでやって行けるのでしょうか・・・

エクストラフロアの入り口は地上1階の湖のほとりにあります。
称号を付けたメンバーがいれば扉を開けて先へ進めるはず。
まずは地下1階ですが、ごく限られたエリアしか歩けませんな。
と言うのは、どうやらここでは剣を支持する一派と魔法を支持する一派とが対立しているらしいのです。
地下1階にいるオッチャンは、剣と魔の両方の試練を乗り越える者を待っているようです。
さて地下2階。
ここは剣を支持する一派のフロアで、善のパーティが探索します。
その入り口にあったメッセージがコレでして。

メッセージを書き出してみましょう。
「研ぎ澄まされた剣の前では、魔法など『大道芸』にすぎぬ。」

ナニこれー?
大道芸をバカにするなんて許さないんだから。

大道芸人出身のエアリーちゃん、これはさすがに怒ります。
うーん、確かに。
このメッセージは魔法を見下したものですが、よりによって「大道芸」呼ばわりですから。
回りまわって大道芸人がバカにされたと解釈するのも頷けますね。
それじゃあってんで、地下3階の様子も見てみましょう。
地下3階は魔法を支持する一派のフロアで、悪のパーティが探索できます。
その入り口にあったメッセージがこちら。

メッセージを書き出しますね。
「強大な魔力の前では、名剣など小枝に等しい。名だたる鎧などは紙切れ同然である。」

わたし、この前言ったわよね?
紙切れ扱いは我慢できないって。

ハイっ、確かに言ってました(汗)。
君主の聖衣を入手した時の、AC-10にまつわるエピソードでしたね。
えーと、なんなんでしょう?
まるでウチのメンバーを狙い澄ましたかのような痛烈なメッセージです。
しかも、地下2階では悪のパーティに属するエアリーを。
そして地下3階では善のパーティに属するレオナですから。
もちろん、私はこんなメッセージなんて記憶の片隅にもありませんでした。
偶然と言えば偶然なんでしょうけど、あまりにも出来すぎだと思いました。
まあ、メッセージのことは置いといて、少しずつ探索を進めましょうか。
チームDが地下2階へ乗り込み、一番最初に出てきた敵がこちらの皆さんでした。

コボルドヒーローとオークファイター(笑)。
いやー、笑った笑った。
あまりのネーミングセンスに、しばらく腹を抱えて笑わせてもらいましたよ。

えっ? 何がおかしいの?
なかなか良いネーミングセンスじゃない。

そうか、マナちゃんにとってはストライクゾーンど真ん中だったか(笑)。

4月6日
*五つの試練、復活へ*
GBC版ウィズ2はちょっとお休み。
これまで、旧XPパソで細々とプレイしてきた「五つの試練」ですけどね。
キリリさんから色々アドバイスを頂いたので、Win7搭載のノーパソに入れ直してみました。
最初はうまく行かなかったのですが、残っていたフォルダなんかを整理してからインストール。
バージョンアップを経てどうにか起動するようになりました。
「管理者権限で実行」するのがポイントでした。
シナリオセレクターが、私の記憶にあるものとずいぶん違います。
懸案だった「シナリオ読み込み」ボタンもしっかりと。
ミュージックも問題ないかな。
少し前に運営会社が変わったようで、Win7にもしっかり対応してくれたようです。
ただ、ユーザーシナリオは認証できたのに、オリジナルの5本のシナリオが全滅って(笑)。
ついでにJoyToKeyも入れて、快適にプレイできるようにします。
その際、詐欺的なプログラムに引っ掛かりそうになったのですが、それはまあ別の話。
適当なユーザーシナリオを起動してみて、試しにキャラメイクしてみました。

とあるユーザーシナリオにて、魔導の書のメンバーを並べてみました。
もちろん顔グラも仕込みます。
んー、良いですねえ。
ここにあと二人加えれば、探索に出掛けることができますね。
GBC版2が一段落したら、ちょっとやってみようかと考えています。

話は変わりまして。
昨日「魔導の書4」の5・6話をアップしました。
昔、村で起こった事件について語られていますが、これがちょっと複雑(汗)。
この後の展開のツジツマ合わせのしわ寄せの影響です。
1月5日の日記にある「下手をしたら空中分解する恐れもあった」というのはこの部分でした。
こういう説明のシーンはいつも頭を悩まされます。

4月3日
*イロオトコは好きじゃない*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
エクストラ前のアイテム発掘も大詰め、そしてド〜ン♪

ホイっ、村正出ました〜☆
以上です。

ちょっと待て!
せっかく村正が出たのにコレで終わりか?

や、村正発掘以上に愉快なネタが揃ったからなんですが・・・
仕方ありません、ちょっと補足を。
出してくれたのはダークデーモンでした。
FC版ウィズ2では、村正の不確定名が「?かたな」ですよね。
でもGBC版では「?ぶき」となってました。
ヌンチャクと間違えて捨てなくて良かったですね(笑)。
今のところはメンバーに称号も付けず、商店にも並べずに。
しばらくは酒場の荷物持ちに預けておくことにします。
さて、それでは本題です。

今や、最も脅威となっているのが、このエルフメイジです。
繰り返しになりますが、この時も先制されたわけでも逃げ損なったわけでもありません。
ましてや呪文をケチったりなんて論外でして。
チームAが全力全開のガチでバトルに臨んだにも関わらず、マダルトを被弾してしまいました。
下手をすれば全滅の恐れも有り得る危険な敵と言えるでしょう。
ちょっと話は逸れますが。
FC版では、6階で全滅すると水晶を持っているキャラを削除しなければ救出不可というハマりがあったと記憶しています。
じゃあGBC版ではどうなのか? 改めて確認してみました。
ダミーキャラに中立の水晶を持たせて、迷宮内で死亡させます。
すると、アイテム欄から中立の水晶が綺麗サッパリなくなっていました。
キャラを削除する必要もなく、善と悪の水晶も回収できましたから。
どうやら、FC版の時のようなハマりの心配はなさそうです。
これで安心して全滅できますね←オイっ!
で、話をエルフメイジに戻します。
前回もお話しましたが、とにかく呪文の発動が早いのが困りもの。
更には、こちらの呪文を無効化することもあり、撃ち漏らした時の反動も痛い。

ならば、無効化されないラカニトならどうでしょう?
相手はヒューマンタイプなので、コレが切り札になるかと思われました。
が、案外生き残るものです(汗)。
やはり呪文はケチらずに、ラカニトと他の呪文を併用することが重要でしょうか。
まあ、結局は素早さ勝負になるんですけどね。
このシリーズは敵の呪文に対する有効な対応策がほとんどありませんから。
お互いノーガードの呪文の撃ち合いになっちゃうんですよねえ(笑)。
そんなエルフメイジですが、時にはこんなシーンも。

一目散にトンズラ〜(笑)。
コレ、相手の先制攻撃だったのですが、エルフメイジが一斉に逃げ出したんですよ。
案外、無駄な争いは避けるという平和主義なのかもしれません。

言っとくけどね。
私は二枚目を気取ったイロオトコは好きじゃないんだよ。

現在、十六夜さんの死亡回数は3回となっていますが、そのうち2回はエルフメイジでした(爆)。
金髪のイケメンに変なトラウマでもできなければ良いのですが・・・

4月1日
*呪文合戦*
新年度になりました。
世間では消費税が上がったりして慌ただしく動いているようですが、当サイトはこれまで通りです。
今月も引き続きGBC版ウィズ2でお楽しみください。
さて、まずはこれから行ってみよう。

十六夜さん、エルフメイジの呪文にやられてしまいました(汗)。
別に敵の先制攻撃でも、こちらが逃げ損なったわけでもないんですけどね。
マダルトやラハリトの4連弾(!)を食らってしまいました。
6階で戦っていて、ちょっとイヤだなと思うのがこのエルフメイジです。
エルフという種族の特性でしょうか、呪文の扱いに長けているようです。
こちらの魔女さんたちよりも呪文の発動が早くなることがしばしば見られます。
なのでエルフメイジに対しては、一手でも早く倒せるように呪文を惜しまず連発させるようにしています。
それでも、1〜2人くらいは割り込んでくるんですよねえ。
それが今回は、相手のほうから一方的に4連発だから堪りません。
メンバーのHPが90前後で、炎の杖を持っていたので十六夜さんひとりの犠牲で済みました。
実際、バトル後のウェインのHPは辛くも1でしたからね。
もしもレベル9ぐらいでエルフメイジと遭遇したら、全滅も十分に考えられますよねえ。
とまあ、そんなアクシデントもありましたが・・・

ウサギの足が出ました!

しまったなあ・・・
ウサギの足と引き換えにメンバー入りを狙っていたのに。


残念だったな、小娘。
別にお前がいなくても、何も問題はなさそうだ。

この二人、まだケンカしてたんでしょうか?(汗)
いい加減に仲直りして欲しいものです。
ウサギの足が出たので、エクストラ前のアイテムは残りひとつになりました。
そう、アレですよアレ。

やれやれだね。
侍をメンバーに入れないから村正が出ないんじゃないのか?

マナちゃんだけでなく鷹羽さんまでそんなことを(爆)。