冒険者の日記・14年3月

戻る


3月14日
*突如勃発 アイーシャVSマナ*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
なんだか物騒なタイトルですが、今回もチームAのお話です。
事の始まりは、このシーンからでした。

琥珀の短刀でロックに斬りかかるアイーシャ様です。
一般的には特に変哲のない、ごく普通のシーンかと思います。
魔術師の攻撃に関しては、既に昨日お話していますしね。
しかし、このロックがマナちゃんの召喚モンスターとなると話は別なんだな(笑)。

もう、カンベエをいじめるなんてヒドイです。
いくらアイーシャさんでも許せません!

珍しく怒りを露わにしているマナちゃんです。
こうなった以上、やられっぱなしでは済ませませんよ!
マナちゃん、アイーシャ様に刺客を放ちました。

バンシーのティアちゃん、アイーシャ様にドレインを決めてくれました〜(笑)。
奇襲からの華麗な一発、これは見事な倍返しでした。
あまりにも愉快な展開だったので、リセットせずにスルーしています。

よくもやってくれたな小娘・・・
どうやら本気で死にたいらしいな。

ここにアイーシャVSマナのヒロインバトルが発生してしまいました。
いやはや困ったものです。
後で確認したところ、チームAの他のメンバーの経験値は11万ちょっと。
しかしアイーシャ様は5万程と、経験値の半分をゴソっと吸われたことになります。
さすがにこれはと言うことで、経験値の補てんを行います。
寄付とかのシステムはないので、とにかくバトるしかありません。
ですがまあ、ひとりでモートモンスター狩りに出掛ければ良いでしょう。
海賊の砦の周囲の堀を一周し、ひとりでモートと3回バトれば約1万程の経験値が稼げます。
これを5周して、約5万程の経験値を稼ぎ直しました。
他のメンバーよりは1万程経験値が少ない状態ですが、リハビリはこのくらいで。
レベル9→10に上がった時、それまで習得していなかった何かの呪文を覚えたりして。
それが何の呪文だったのか、いまだに分かっていません(笑)。
その後はメンバーと合流して再び5階へ、順調にバトルをこなしました。
そして。

僧侶のまりちゃん、全メンバーの中でレベル11に一番乗りです。
マディをはじめ、僧6呪文を三つ習得。
しっかり者のまりちゃん、この辺りはそつがありませんね。

まあまあ、アイーシャさんもマナちゃんも。
ケンカなんかしないで仲良くやりましょうよ。

これはアレだ、レベル11の余裕ってヤツですね(笑)。
ちなみに、まりちゃんも「魔将の塔」のヒロインですよ。

3月13日
*だって世界が違いますから*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
前回はチームDだったので、今回はチームAが5階へ出掛けます。

や、だからね?(笑)
5階での修行を始めるや否や、いきなりプリーストブラスターです。
まず僧侶のまりちゃんがカルフォで調べてから、忍者が宝箱に触る段取りでやっているのですが・・・
沙羅が宝箱に触った瞬間に罠が暴発ではどうにもなりませんな。
こうなったら城へ帰る以外にありませんから。
ところで、このチームはメンバーのHPがかなり低めです。
忍者と魔術師で構成されているので仕方ないところではありますが・・・
正直、まだ5階へ行くのは早いかとも考えました。
怖いドラゴンの先制ブレスに耐えられるかどうかが問題ですね。

こんなシーンもありました。
アイーシャ様が装備しているのは琥珀の短刀です。
中立専用ですが所詮は短刀、前衛に魔術師がいるパーティでもないと使いどころが・・・
って、ウチは前衛に魔術師がいますから!
このダメージなら、打撃要員の補助として十分です。
まあ、このフロアもほとんどの敵はマカニトで消えてしまいます。
敵に先制さえされなければそれ程怖くはありません。
うん、先制されなければ、ね。

あー、ついに恐れていた事態が起こってしまいました!
ティエンルンの先制攻撃です(汗)。
ガブっとかじられて、エアリーのHPの半分を一気に削られてしまいます。
が、幸いにもティエンルンは1体のみで、先制ブレスの嵐は免れることができました。
次のターン、アイーシャ様とウェインがマカニト連発してピンチを切り抜けています。
いやはや、運に恵まれました。

おかしいなあ、以前はモンスターの奇襲にすぐ気付いたんだけど・・・
最近はちっとも勘が働かないや。

首を傾げるエアリーですが、それも仕方ありません。
だって世界(ゲーム)が違いますから(笑)。
これがエルミなら、忍者が持つ警戒のスキルで敵の先制攻撃を封じたりできたんですけどねえ。
ウィズの世界では、そんな便利なスキルは習得できませんな。

3月12日
*お調子者*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
モートモンスターやらマーフィやらを相手に、両チームともレベル10まで上げました。
さすがにこれ以上は大変なので、ここらで上層階でバトりたいと思います。
今回は守備的チームDですよ。

チームD、4階で修行&稼ぎに取り組みます。
このフロアで一番怖いのがコモドドラゴンではないでしょうか。
先制ブレスを食らったら、熟練のパーティでも一気に壊滅の危険性も。
ところで、何故かコモドにマカニトが効かないとか思い込んでいた時期がありました。
理由は分からないんですけどねえ・・・
1グループならマダルトでOKなのですが、2グループ以上で来られると対応に苦慮したものです。
が、御覧のようにちゃんとマカニト効きますから!
その他のモンスターも、ほとんどマカニトで消えてしまいます。
一回のバトルでの経験値は、だいたい1000前後くらいかな。
さすがにマーフィよりはマシと言ったところでしょう。
そして、バトル後の宝箱からはかなり良いアイテムが出ています。
フレイムタン(炎のだんびら)や琥珀の短刀など、確実に前衛の攻撃力がアップしていますね。
ですが、時にはこんなことも。

画像がややピンボケですが、おおっと!! プリーストブラスターです。

うわぁ!
そ、それだけは・・・

ラウド君、これが今回初のコメントなのに(笑)。
僧侶系呪文の使い手が多いこのチームにとっては、一番厄介な罠と言えるでしょう。
でもさ、よっぽど運が悪くない限り、君主ってたいてい平気だよね?
レオナちゃんのディアルコで、何事もなかったかのように治療しちゃいますよ。
そんなこんなありましたが、今回宝箱から一番多く発掘したアイテムがコレでした。

何処のボトルシップコレクターだよ?(笑)
ズラリと並んだビン詰めの船です。
お店で買い取ってくれないので荷物持ちに預けておいたら、あっという間にこうなりました。
そりゃあね、先日船を発見したシンを、良い仕事をしてくれたって褒めたけどね。
さすがにもう要りませんから!

わたしはこのチームに入ってまだ日が浅いからよく分からないんだけど・・・
ひょっとしてシンは、ちょっと褒めるとすぐに調子に乗るタイプなのかな?


オイオイっ!
いくらなんでもそんなことはないよな? なっ?

いやシンよ、まさにレオナちゃんの言う通りなんじゃないかい?(笑)

3月10日
*悪い噂を耳にして*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
前回はチームDが2階へ行ったので、今回はチームAで3階を目指します。
皆様ご存知の通り、このフロアの名物は連続シャッターですね。
退路を断たれて危険なように思えますが、適当に進んでいればスタート地点に戻れます(笑)。
最短ルートを辿ればあっという間に5階へ行けるのですが、一通りマップは埋めることにしましょう。
まあ、例の罠だけは勘弁ですが。

バトルのほうも特に問題はないようです。
クルセイダーにエアリーの攻撃が決まっていますね。
ところで、このクルセイダーというのは十字軍のことだそうな。
当然のことながら、寺院の関係者と思われます。
エアリーちゃんは寺院に帰属しているので、これはちょっとマズイんじゃ・・・

わー、ゴメンなさい!
大僧正様にはナイショでお願い。


大丈夫よエアリー。
寺院のクソボウズなんかに遠慮する必要なんてないんだから。

ウェイン&エアリーの姉妹の会話でした。
お姉ちゃん、寺院の僧侶をクソボウズ呼ばわりですか(笑)。
さて、一通りマップが埋まったら必要なアイテムを回収することに。

一回目は「ただではわたさん!」を楽しんでから、二回目でアイテム交換します。
このオッチャンが要求している「汝の魂」ってのがポイントですかねえ。
答えを知っていれば問題ないのですが、そうじゃないとなかなか気付かないかも。
以下、ホイホイとアイテム交換して聖水をゲット。
これでいつでも5階へ乗り込めますね。

へへっ、ここまで呆気なかったね。
このまま一気に5階へ突撃しちゃおうよ。


いや、呆気なさすぎるのが逆に気になるね。
5階で遭難したパーティの噂もチラホラ聞いてるし、ここは慎重に行くべきかな。

こちらは十六夜&沙羅の姉妹の会話です。
気になる悪い噂の出所ですが、こことかここですかね。
どうやら怖いドラゴンが待ち構えているようですよ?

3月9日
*腕の良い盗賊は*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
両チームともレベル9に達したので、そろそろ上を目指したいと思います。
が・・・
このLOLというシナリオ、2階と3階の旨味がほとんどありません。
経験値ならモートモンスター、アイテムならハイコルセアを狩っていたほうがはるかに効率が良いんですよね。
まあ、善のパーティが担当する2階のほうが、多少は稼げるかもしれません。
そんなことも踏まえつつ、今回はチームDが2階へ行きますよ。

このフロアでは、早くも敵が4グループで襲ってきます。
マカニトが切り札になるのは言うまでもありません。
しかし、4階までの道のりはかなりの長丁場になりますから。
マハリトなども駆使して、できるだけ呪文は節約したいところです。
ザコ相手の小競り合いでHPを削られても、豊富な回復呪文でたちまちカバーできるのが嬉しいところ。
問題はむしろデュマピックですね。
このチームは魔術師がセインひとりしかいませんから。
複雑な構造をしたこのフロアを突破するには、デュマピックの使用ペースには気を付けたいところです。
余裕のあるうちに引き返して、三回目のトライで4階までのルートを確保しました。

さて、4階までやって来ました。
早速ティアちゃん(笑)が出迎えてくれましたねえ。
今回は何事もなく蹴散らしていますが、そのうちにシンが吸われそうな気がします。

もう、なんでシン君ばっかり毎回参加してるのよ?
ティアちゃん、遠慮なく吸っちゃって良いからね!

今回も参加できなかったマナちゃんの主張でした(笑)。
それはさて置き。
このフロアに着いたら、何はなくとも船を入手しなければなりません。
そうじゃないと、まためんどくさい2階を歩かないとだしね。
1階経由で5階へ行けば城へ帰還するのは簡単なので、とにかくバトルに集中します!
ネクロマンサーのマハリト連発で、一度は撤退を余儀なくされたりもしましたが・・・?

ビン詰めの船ゲット〜!
これさえあれば1階の湖はスルーパス、いつでも簡単に4階へ乗り込むことができますね。
盗賊のシン、良い仕事をしてくれました。

悪いなマナ。
盗賊無くして迷宮攻略無しってヤツなのさ。

シンのくせに、何気に名言出ましたよ?(笑)
まあ、私も以前「腕の良い盗賊は僧侶二人分の働きをする」と言ったことがありました。
宝箱の罠に引っ掛からなければ、それだけ治療呪文を使わなくて済むという意味です。
攻撃はイマイチですが、守備的パーティには欠かせないメンバーなのかもしれません。

3月7日
*取りあえずこんなんで*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
引き続き、モートモンスターを狩ったり海賊退治に乗り出したり。
たまにはマーフィ君と遊んだりしながらのレベル上げ。
(中略)
よし、まずはチームDがレベル9に到達しました。

魔術師のセイン、マダルト&マカニトを習得。
GBC版1の時はなかなかマカニトを習得できなかったセインですが、今回はバッチリです。
いくら守備的なチームでも、やはりマカニトは切り札ですから。
ついでにジルワンも習得しています。
GBC版ではジルワンもグループ呪文になっているようで、そこそこ使えそうな気がします。

さすがに前回と同じポカはしませんよ。
マカニトさえあれば、当分は安定したバトルになるでしょう。

とは言っても使用回数はまだ3回、無駄撃ちには注意ですな。

対するチームAメンバーも、順次レベル9に到達していきました。
魔女さんたちは、それぞれ魔5レベル呪文を2〜3個習得。
三人合わせれば、一通りは揃いました。
ただ、マカニトを習得したのがウェインのみだったのは、やや誤算でしたね。
そして僧侶のまりちゃんですが?

バディで海賊の親玉を仕留めて、打倒数1をカウントしました!
さすがは攻撃的パーティの僧侶です(笑)。

何をくだらないことを言ってるんですか?
こっちは私ひとりで回復しなきゃなんですから、呪文の無駄遣いはダメですよ。

ハイ(汗)。
ディアルマ3回は貴重なHP回復源ですから、大事に使うことにしましょう。
さて、各チームともレベル9になり、欲しい呪文も入りました。
レベル上げは取りあえずこんなんで良いかなと思います。
準備ができたところで、そろそろ上に行ってみますか。

3月6日
*新米女王奮戦記*
原稿のチェックにも手を付けつつ、GBC版ウィズ2です。
攻撃的なチームAは、魔術師の呪文連発でモートモンスター狩りをこなしています。
それじゃあ守備的なチームDはどうでしょう?
魔術師がひとりなので、2グループ10体で来られるとちょっと大変です。
そんな時は、あんな呪文でも使ってみますか。

ソニア様、僧侶系4レベルのリトカンを使っちゃいますよ。
僧侶系の4レベルと言えば、ロミルワにマポーフィックにラツモフィスなどの重要呪文がズラリ。
なので、リトカンなんて呪文はほとんど使うことがありませんでした。
どのくらい使わないかというと、我が家のパソ様が「理と勘」と変換したくらいでしたから(笑)。
しかし、チームDには僧侶が二人いますからね。
この辺りなら、ラツモフィスのために呪文温存とか考えなくても大丈夫そうです。
ダメージはマハリト程度ですが、前衛の打撃と組み合わせれば十分な戦力になりますね。
そんなこんなで、ソニアの打倒数は40と、前衛にいる盗賊のシンを上回ってます。
ちなみにチームAの僧侶のまりちゃんは、いまだに打倒数0ですけどね。

モートモンスターと戦うのに飽きたら、いよいよ海賊退治に乗り出しますか。
途中のザコどもは適当に蹴散らして、親玉のハイコルセアとのバトルです。
まあ、コイツはそれ程強くありません(笑)。
バトルはサックリ終わらせるとして、重要なのがヤツの持っているお宝ですぜ。
宝箱の罠は必ずアラームで、中身は+1クラスのアイテムが期待できます。
砦の奥にある階段を利用しつつ親玉とのバトルを繰り返し、お宝を強奪しまくりますよ。

ホイ来た切り裂きの剣!
って・・・?
そうか、「だんびら+1」じゃないんだっけ(笑)。
そもそも、初期装備の剣が二つ上のブロードソードだしね。
その昔、初めてFC版ウィズ2をプレイした時、「だんびら」って何のことか分からなかったんですよねえ。
やっぱり切り裂きの剣のほうがしっくり来ますね。
その後も親方のところに通って装備品の強化を図ります。
武器は切り裂きの剣か粉砕のメイス、防具はますらおの鎧が出れば御の字でしょう。
盗賊用に短剣+1(に相当する物)が欲しいのですが、まだ出てませんね。

皆さん初めまして、ソニアです。
女王のお仕事も冒険者としてもまだまだ半人前ですが、一生懸命頑張ります。

非転生キャラなので、平均特性値は他のメンバーよりも低めです。
でもヒューマンの僧侶なので、HPだけはメンバーの中で三番目に高かったりします(笑)。

3月4日
*経験値友の会*
守備的VS攻撃的@GBC版ウィズ2です。
デフォルトキャラのおかげもありまして、善と悪の両チームともレベル3になりました。
GBC版では魔術師の2レベルにメリトがありますから。
レベル3からバトルが格段に楽になるのは言うまでもありません。
と言うかこのシナリオ、レベル3の下駄を履かせてちょうど良い感じじゃないですかね?
以後は特に危ないシーンもなく、順調にバトルをこなしていきました。
魔術師がディルトやモーリスを習得したら、そろそろアイツのところへ行ってみますか。

皆様お馴染み、序盤の経験値の友のマーフィ君です。
FC版ではお留守でしたが、GBC版ではちゃっかり登場していますね。
GBC版1〜3をひとつのシリーズとして見るなら、このアレンジは有りだと思います。
実はゲームスタート直後にも、レベル3部隊を頼りにマーフィ狩りに挑戦してみました。
が、やはりACを操作する呪文が無いと攻撃が当たらなくてさ。
レベル5まで待ってようやくでした。
ここで一気にレベル7まで上げちゃいます。

お次はいよいよ海賊の砦へ向かいます。
小部屋が複雑に入り組んだバラック地帯は、デュマピック使い放題のチームAで突破。
砦の周囲の堀に出れば、経験値の友その2がお出ましです。

モートモンスター相手に、アイスドールの真骨頂ダルトが炸裂しています!
FC版プレイヤーには、マーフィよりもこちらのほうがお馴染みかと思います。
出現数にもよりますが、10体なら800ポイントの経験値が稼げますね。
マハリトだと微妙に撃ち漏らしたりするので、ここは景気良くダルトやラハリトを使いたいところです。
となるとやはり、魔術師三人を擁するチームAのほうが有利でしょうか。
いやいや、チームDも負けませんよ?
と言うわけで、今日のコメントはこの人にお願いします。

この迷宮に挑むのも久しぶりかな。
数々の迷宮を制覇してきたわたしにお任せあれ。

ぐれたさんちのゲームソフトには、いまだにレオナチームのデータが残っているものがあります。
もちろんGBC版の3タイトルもね。

3月3日
*大暴れ! 忍者コンビ*
守備的VS攻撃的@GBC2でお送りしています。
レベル3のデフォルトキャラを盾代わりにしつつ、各メンバーを育てていきます。
まずは善のパーティ改めチームD(ディフェンス)から。
こちらは、前衛のせんし1さんたちが地道に殴り続ける展開になります。
そして後衛で参加のメンバーは呪文でフォロー。
転生させているので、君主でも1レベルの呪文を習得しているのは大きいですね。
たとえせんし1さんたちが傷付いても、ディオスの使用回数にモノを言わせてたちどころに回復させてしまいます。
まあ、敵の団体さんに囲まれたりした時には、せんし1さんたちが死んだりしましたけどね(汗)。
ローテーションでメンバーを入れ替えて、全員レベル3になったところで一段落です。

そして今日の本題はこちら、悪のパーティ改めチームA(アタック)です。
同じように、前衛はせんし1さんたちにお願いして、メンバーは後衛に配置します。
しかし、さすがは攻撃的パーティでした。

忍者エアリー、レベル1ながらも隠れてからの奇襲で18ダメージを叩き出しています!
ちなみにこれは何も装備させていない状態です。
レベル1で素手、なのにこの攻撃力には驚きました。

もうひとりの忍者の沙羅もこの活躍です。
アナコンダをカティノで眠らせてからの奇襲が決まり、32の大ダメージですぜ。
こちらもレベル1で素手の状態でした。
沙羅&エアリーの忍者コンビの活躍もあって、チームAはあっという間に全員レベル3に。

あたしらの活躍、スゴイでしょ?
これからもガンガン行くからね。


今回は最初から忍者なんだよね。
沙羅とのコンビで頑張るよ!

いやー、なんとも頼もしい限りですね。
お世話になったせんし1さんたちはこれで引退(笑)。
今後は両チームともフルメンバーでの探索になります。

3月2日
*守備的善のパーティVS攻撃的悪のパーティ*
弥生三月、春はもうすぐそこですね。
さて、魔導の書4の原稿書きも一段落しました。
連載開始まではもうしばらくお待ちいただくとして、ここらでプレイ日記を始めたいと思います。
かねてからお伝えしていましたが、今回はGBC版ウィズ2をプレイすることにします。
皆さんご存知の通り、このシナリオは善と悪の二つのパーティが必要になります。
まあ、3パーティ同時進行に比べたら楽ですかね?(笑)
キャラメイクに関しては、GBC1からの転生で、いきなり上級職も使えます。
それを踏まえて、どんなメンバーにするか考えた結果、こうなりました。
まずは善のパーティから。

君主ホムラ・君主レオナ・盗賊シン
僧侶ラウド・魔術師セイン・僧侶ソニア

君主×2に僧侶×2と、僧侶呪文の使い手を4人も揃えた守備的なチームです。
最後のソニアをビショップにすれば良いのでしょうが、それだと攻撃呪文を習得しちゃいますから(笑)。
なお、GBC1に参戦していないソニアのみ、普通にキャラメイクしています。
転生キャラは各特性値が15、HP12、年齢20才になってます。
お次は悪のパーティです。

忍者沙羅・忍者エアリー・魔術師アイーシャ
魔術師十六夜・魔術師ウェイン・僧侶まり

忍者×2に魔術師×3と、攻撃的な布陣を敷きました。
こちらも魔術師のひとりを侍にすれば良いのでしょうけどねえ・・・
でもそれだとごく普通のパーティになっちゃいますから(笑)。
悪のパーティは全員転生させています。
今回も特にルールなどは決めずに、ゆるーくプレイしていくことにしましょう。

準備ができたらいよいよ冒険に出発です。
が、LOLはとにかく序盤がキツイので知られているかと思います。
まあ、ガチでいくなら使い捨ての戦士を盾代わりにして・・・
って、データを初期化したら、レベル3のデフォルトパーティがいましたよ?
レベル3の戦士なら、HPが24もありますから、せっかくなのでお世話になるとしますか。
せんし1・せんし2・そうりょ1or2(善or悪)の御三方を前衛に。
後衛はローテーションで入れ替えながら、まずは各メンバーともレベル3を目指します。

って、危ねー(汗)。
レベル3でも一気にHPを削られるんだ、これが。
それでは今回も、メンバーに適当にコメントしてもらうことにしましょう。

ガッチリと護りを固めるのは作者好みのプレイスタイル。
勝つのは俺たちだな。


ホムラは何を言っているのだ?
魔術師を並べた攻撃的なプレイこそ作者の信条だろう。

うん、どっちもガンバレ(笑)。