冒険者の日記・14年1月

戻る


1月26日
*近況など*
現在「魔導の書4」の執筆中につき、サイトの更新などを大幅に縮小中です。
原稿のほうは13話まで進んでいます。
おそらく半分は超えているかと思います。
これからのクライマックスに向けて、もう一頑張りでしょうか。
この週末はちょっと肩に来たようで、そんな時はお休みも重要ですね。

ここ数年心がけていることとして「忙しい」と「天気が悪い」を言い訳にしないようにしています。
忙しくても時間はやりくりすれば作れます。
最近は少しだけ早起きをして、執筆の時間を確保するようにしています。
冬の早起きは辛そうですが、ストーブのタイマーを利用すればそれ程苦にもなりません。
また、イチイチお天気を言い訳にしていたら何もできなくなりますから。
幸い、この冬の新潟市では雪が少なくて、積雪は0センチです。
雪かきしなくても良いのは本当に助かります。
ただ「疲れた」は別。
これは体が休養を求めているので、しっかりと休むようにしています。

小説を書く作業というのは、正解のないパズルに取り組んでいるような感じです。
お話に矛盾がないか、文章の表現はこれで良いのか。
そもそも、果たしてコレはおもしろいのか、などなど。
不正解の落とし穴はいたるところに待ち構えているのですが、正解はありません。
こればかりは自分の感覚を信じるしかないのですが、なんとも難しいものです。
さて、適当にぼやいたところで、もう少し頑張ってみましょう。

1月13日
*今回は出番なさそう*
三連休最終日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私は例の原稿書き・・・
と言いたいところなのですが、それだけだとさすがに煮詰まってきます。
たまには気分転換でもと言うわけで落書きです。
まあ、いつものスタイル画ですけどね。

絵だけだと誰だか分からないですよねえ(笑)。
これは「魔導の書2」から登場しているソニアです。
今回の執筆の前に、過去作にも一通り目を通しています。
えーと、まあなんだ。
「魔導の書2」はちょっと出来が悪かったなあ、という反省もありつつの(汗)。
次はソニアのスタイル画を描こうかなと思ってました。
信仰に篤く、また父親を失ったばかり。
なので、シスター風の衣装にしてみました。
胸元には銀の十字架も光ってます。
父の跡を継いで女王に就任したのですが、人生経験も政治の経験もまだまだです。
城内を忙しく走り回っては人の話を聞くなど、毎日が勉強です。
メモを見ながら「その件はそちらです」などと、必死に家臣たちに指示をしているんですな。

エルミゴシックに取り込むとこんな感じです。
JPGにしているので劣化してますが、ゲーム画面ではちゃんと綺麗に表示されてます。
せっかくなのでラウドとツーショットにしてみました。
この二人もどうなるんですかねえ・・・
まあ、それも私次第なんですけどね。
実はこのスタイル画、髪の毛の青とバックを透明にするための青がかち合っちゃいまして・・・
最初はうまく透明処理ができなかったんですよ。
なので、髪の色を少し変えてやり直して、ようやくうまくできました。
さて、気分転換もできたことですし、ボチボチ原稿書きに取り組むことにしますか。

1月9日
*年賀状、続き*
今回もいただいた年賀状の紹介です。

キリリさんからいただきました。
例によってご本人のコメントです。
「この二人が手にしているものは馬券です。
彼女は到底当たりそうもない万馬券を購入して当たらないものかと願掛けし、
彼は鉄板の馬券を買って彼女の様子を呆れて見ているという説明なしでは分かり難いシチュエーションです。」
なるほど、馬券と来ましたか。
そもそもあちらの国では、競馬は紳士淑女の娯楽なんでしたっけ?
違ったかな。
でも、そんな雰囲気がよく出ているなと思いました。
私は競馬は未経験ですが、やるとすれば多分ガチガチの馬券しか買わないと思います。

そして書初めも送っていただきましたよ。
えーと、これは・・・?
「書き初めも入れさせていただきました。
精励恪勤(せいれいかっきん)という言葉で、全力で仕事や学業に励むことを指します。
普通のように働ける訳ではないですが、新しく委託を頂いた仕事について精一杯やれるようにということです。」
スイマセン、読めませんでした〜(汗)。
私も全力で・・・
や、時々手を抜きつつも、仕事やサイト活動などを頑張りたいと思います。
キリリさん、素敵な年賀状をありがとうございました。

1月6日
*年賀状パート3*
いただいた年賀状紹介の第3弾です。

ヤマネコRさんからいただきました。
本人のコメントです。
「最初は馬にカウガールを乗せる予定でした。
しかし実際に乗せてみたら絵が縦に長すぎてバランスが変。
結局、主役のはずの馬が背景になってしまいました(笑)」
以前掲示板で見た馬が今ここに!(笑)
カウガールも雰囲気が出ています。
なにげに耳がエルフ仕様なんだな。

Bぼたんさんからいただきました。
おそらくリズムゲーム的なものからのスクショかと思われます。
炎の中でギターを弾く様がカッコイイですね。

お二方、素敵な年賀状ありがとうございました。

1月5日
*改めまして、今年の抱負*
お正月休みも今日でお終いです。
このタイミングになりましたが、改めて今年の抱負を発表させていただきます。
せっかくなので、アイーシャ様の書初めにて。

と言うわけで、「魔導の書〜第四章〜」の執筆でございます。
実を言いますと、既に先月の中ごろから少しずつ書き始めてはいました。
しかし、これが本当に進まなくてさ(汗)。
最初の1話目を書くのに5日程費やしました。
なかなか方向性も見えて来なくて、下手をしたら空中分解する恐れも・・・
ですが、このお休み期間中にだいぶ進みまして、どうやら形になるところまでは見えてきたかに思います。
おもしろいかどうかはさて置き、取りあえず最後までは書けそうかな、と。
まだまだこれからなのですが。
現在は8話目の途中まで書き進んでいます。
何とか冬の間に書き上げて、桜の咲くころにはお届けできたらと思います。
引き続きになりますが、執筆中はサイトの更新などを大幅に縮小させていただきます。
プレイ日記を期待されていた方には申し訳ありません。
無理しない範囲で少しずつ、でも確実に取り組んでいきたいと思います。

1月3日
*年賀状パート2*
さてもさてもで、今日もいただいている年賀状の紹介です。

エルアキ☆さんからいただきました。
ガンダムオンラインにハマっているとのことで、こうなりましたとさ。
や、別に小学生じゃなくても新年を迎えても良いですから(笑)。
にしてもドム、カッコイイですよねえ。
昔ガンプラ作ったよなあ。

×にひろさんからいただきました。
画廊には全体バージョンをアップしましたが、こちらは上半身バージョンを。
ご本人のコメントです。
「ケンタウロスの女性を描く、という事は最初から決めてはいたのですが、方向性がまるで定まらず、昨年のラミア絵とはいかないまでも、完成まで1か月以上もかかってしまいました。

最初は騎兵→なんか普通すぎてつまらない→尼さん→露出が足りなそう→馬の事を調べてアラブ種の事を知る→これなら踊り子ぽく露出も増やせる!これだ!
・・・・・なノリで今回のになったわけですが、また色々詰め込みすぎで画像が大きくなってしまいました;
サイズの方は大分小さくしたつもりではあるのですが、それでも容量が大き目かもしれません・・・
自分ではこれ以上画像を小さくできませんでした。申し訳ありません;
3枚目はオマケと言いますか、どこに自分が力を入れてるのかがバレバレな代物です。
嗜好だけに走りすぎず、色々今年は描いていけたら…とつくづく思います。」
ここに至るまでにイロイロあったようですね(笑)。
大きさ(!)もさることながら、細部の描き込みがスゴイです。
全体バージョンを拡大して見て、感心させられました。

お二方、愉快な年賀状ありがとうございました。

2014年1月1日
*午年年賀状ですよ*
あけましておめでとうございます。
今年も「冒険者友の会」をよろしくお願いします。
早速ですが、いただいた年賀状のお披露目です。

Marutaboさんからいただきました。
ご本人のコメントです。
「午年ということでLOLよりダークスティードとユニコーンを連れてきました。
ふつうの馬のように乗りこなせるものなのか疑問ですが、そこは冒険者。
きっと頑張って乗りこなすに違いないです(笑)」
ウィザードリィで馬と言えば、真っ先に思い出されるのがこの2頭でしょうか。
同じ馬でも白と黒ではだいぶ表情が違いますね。
ひょっとしたら、乗り手の性格が影響しているのかもですが(笑)。

そしてこれは私の年賀状です。
既に知り合いのところには発送済みですが、届いてますでしょうか?
アイーシャ様による書初めですが、別に間違いとかではありません。
これは「逆さ馬」というもので、将棋の駒の置物などにありますよね。
「うま」の逆さ読みで「まう」から「舞う」に。
お目出度い席で舞われる舞に繋がるという縁起物です。
ちなみに字は私が直接書きました。
ツールの文字入力とか反転とかはナシで、「馬」を逆向きに書きました。
皆様のところには、これと一緒に文字無しバージョンもお送りしています。
今年の抱負などありましたら、自由に書き込んでお楽しみください。