冒険者の日記・13年10月

戻る


10月15日
*噂の妖刀*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
見事ワードナを撃ち破ったチームブレード。
これでいつでもエクストラフロアに行けるのですが、まあ急ぐ必要はないでしょう。
じっくりと腰を下ろし、レベル上げ&アイテム発掘に取り組むのも悪くないと思います。

 宝箱ならオレに任せてくれ。
 今日はイケそうな気がするんだ。

いやシンよ、前回思いっきりテレポーターに引っ掛かったよな?
まあ、そのおかげでワードナの部屋まで行けたんだけどさ。
チームブレードメンバーには称号が付いているので、もうワードナとは戦えません。
その代わり、バンパイアロードの持っている宝箱を狙えるようになりました。
早速行ってみましょう。

ジルワンを唱えるオチャメな不死王の図(笑)。
それはさて置き。
今まで説明してなかったと思いますが、GBC版1ではヘビのメイスにドレイン抵抗が付くようになりました。
地下9階の割と早い段階でヘビのメイスが出始めたので、見つけ次第持ち歩くようにしています。
取りあえず前衛の三人分は揃ったので、よっぽどの事がない限りドレインは怖くありません。
なので、バンパイア軍団とのバトルも安心ですね。
で、バンパイアロードと一戦交えた後の宝箱から、いきなり「ぶき」が出ました!
他のシナリオだとガッカリなこともありますが、このシナリオならどちらかのはずです。
城に帰還後、実は鑑定係りをお願いしていたパロさんに見せると・・・

 これは・・・
 どうやら間違いないようね。

パロさんの鑑定の結果は「村正」でした!
いやー、あっけなく出ちゃいましたねえ。
でもまあ、出ちゃったものは仕方ありません。
ありがたく使わせてもらうことにしましょう。

村正を装備するのは、もちろん侍の沖田です。
うん、侍を作っておいて良かったなあ・・・
早速の試し斬りは、6回ヒットの208ダメージ!
妖刀の名に恥じない斬れ味でした。
どうやら、チームブレードが魔女軍団に大きく差を付けたようです。

 これが噂の妖刀村正・・・
 まさか実際にこの手にする時が来るとは。


 ねえねえ沖田、
 その刀蹴っても良い? 蹴っても良いかな?

もしもし沙羅さん?
そのネタは「魔将の塔」を読んでいない人には分からないでしょ(笑)。

10月14日
*突然のクライマックス*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
少し空きましたが、まずはチームウィッチから。

画像が暗くて見難いのですが、分かりますかね?
十六夜さん、マイルフィックを破壊!
ご存知の方も多いかと思います。
マイルフィックはアンデッドに分類されているので、ジルワンが効くんですな(笑)。
この時は後続にポイゾンもいたので、四人の魔女さんが二手に分かれて呪文を唱えました。
結果は御覧の通りで、見事マイルフィックを仕留めることができました。
久しぶりに沙羅の顔を見て、十六夜さんも気合が入ったのだと思います。
一方、調子が悪かったのはエアリーで、宝箱の罠の解除でミスを連発。
ひょっとして沙羅の登場で動揺したか?
チームウィッチメンバーが全員レベル15に達したところで男子チームに交代です。

チームブレードも上級職の二人以外はレベル15になりました。
適当に戦って宝箱を開けたら切り上げようと思っていた矢先、シンがテレポーターを引くという痛恨のミス!
まあ、セインがマロールを習得しているので万が一の場合も何とかなるかなって。
特にリセットせずにいると、出た先は何処かの通路の始点でした。
しかし、このフロアに何度も足を踏み入れていますが、どうも今までと様子が違うようです。
ひょっとして・・・と思いながらも通路を進むと、ありましたよ。

そう、通路の最奥にワードナの部屋の看板がありましたとさ(笑)。
営業時間が午前9時〜午後3時と、FC版と違いますね。
さて、どうしましょう?
もちろんマロールで帰るのもアリですが、せっかくなのでここは行っちゃいますか。
いきなりだったので覚悟も何もありませんが、とにかく突撃です!

ここでのバトルはワードナとバンパイアロード、そして護衛のバンパイアがうじゃうじゃ。
で、ワードナのマダルトからバンパイアのマハリト連発でボロボロ・・・
ゴメンナサイ、やり直しでお願いします(謝)。
と言うわけで第2ラウンドです。
やはりワードナのラダルトが来てヤバいかと思われました。
が、ラウドとセインの全体呪文で護衛がすべて消えて、残りはワードナのみ。
続く2ターン目、マダルトが来てセインが脱落。
しかし、前衛陣の総攻撃でワードナの撃破に成功しました。
マロールの使い手がやられてしまいましたが、GBC版はこのエリアからの脱出用テレポートがあるので安心ですね。
城に帰還すると、例の「近衛兵に〜」のメッセージの後にスタッフロールです。

 悪いなアイーシャ。
 一番首は俺たちが貰った!


 ホムラよ、クソジジイを倒したくらいでいい気になるな。
 まあ、我々は我々のペースでやらせてもらおう。


これはオマケです。
GBC版ではカンディを使うことで地下10階のマップを表示できます。
画面右側にぽっかりと空洞があるのがお分かりいただけるかと思います。
そうですね。
テレポーターでいきなり最終エリアに飛ばされた訳ですから・・・
途中の第6エリアは未踏状態なんです。
いやー、こんなこともあるんですねえ・・・

10月13日
*元祖ツインテール忍者*
この週末もお絵描き、新しいスタイル画です。

この絵だけで誰か分かる方は相当な通ですね(笑)。
それでは答え合わせ。
この娘は「魔将の塔」に登場した沙羅です。
血は繋がっていませんが十六夜さんの妹になります。
前回沖田を描いたので、やはり沙羅も描かねばと思った訳ですが・・・
実はこの娘、ぐれたさんちの秘蔵っ娘とも言うべきキャラで、今まで積極的に使うことはありませんでした。
それにはいくつか理由がありまして。
小説を書く際、キャラの名前や容姿など、某ゲームのキャラからそっくりパクった・・・
じゃなくて、かなりの部分を流用して設定したんですね。
また、ご覧のようにツインテールで忍者、そしてお姉ちゃんが魔術師って・・・
ものの見事に、エアリーとキャラが丸被りですよねえ(笑)。
そんな訳で今まで使うのを控えていたんですけどね。
こうしてスタイル画を描いてみると、いつかは使ってやりたいと思います。
作画に関しては、以前頂いていたイラストを参考にしてデフォルメアレンジ。
ただ、ポーズがなかなか決まらなくて苦労しました。
エアリーもそうでしたが、手を振り上げるようなポーズだとツイテに被ってうまくないんですよねえ。

 お姉ちゃん!
 そんなエアリーなんて子じゃなくて、あたしをメンバーに入れてよ。


 沙羅、またあんたは。
 後から出てきて人様に迷惑かけるんじゃないの!

早速十六夜さんのカミナリが落ちましたとさ。
同じ姉妹でもウェイン&エアリーとはだいぶ雰囲気が違いますね。

10月11日
*唸れ カシナート!*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
前回、蒼い悪魔にケチョンケチョンにやられたチームブレード。
再起を誓い、地下10階での修行&アイテム発掘に取り組みます。
すると、ポンポーンとカシナートの剣が2本。
早速ベアさんとホムラに装備させます。
以前チームウィッチが発見したモノを使うまでもありませんでしたね。
ついでに、侍の沖田も真っ二つの剣に持ち替えることに。
これで前衛の3人はカエルの剣から卒業です。

 ヘンっ。
 どうせオレはまだカエルだよ・・・

とまあ、そんなシンのボヤキは置いといて(笑)。
レベルもひとつ上がって14になったことですし、今こそヤツに借りを返す時です。

まずは前哨戦、マイルフィック退治です。
確かベアさんの一撃だったかと思いますが、難なく勝ちを貰うことができました。
護衛にポイゾン+ウィルオーもいたので、経験値もガッチリです。

そして蒼い悪魔にもキッチリと借りを返すことができました。
ハッキリとした数は覚えていませんが、3体か4体だったかな。
画像はカシナートによる攻撃ですが、セインのラカニトも決まっています。
まあ、5体以上になるとトンズラですけどね(笑)。
それにしても、カシナートの威力はさすがですね。
エクストラ前では、戦士と君主はこれが最強の武器になるかと思います。
今になってみると、ちょっと武器の種類が少ないかなあ・・・

 ねえ、ちょっと小耳にはさんだんだけどさ、
 「カシナートの剣がクルクル回る」って、どういうこと?

や、そこは触れないことにしましょうよ、ねえ?(汗)。

10月9日
*二つの借り*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
今回はチームブレードです。
魔女軍団が蒼い悪魔を撃破したことで、男たちに衝撃が走りました。

 アイーシャたちがこんなに早くヤツを倒すとは・・・
 俺たちも行くぞ!

チームブレード、負けじと地下10階へ急ぎます。
経験値の友のウィルオーや、初お目見えとなるフロストジャイアントなどを倒しつつ。
蒼い悪魔の出現を待つことしばし。
グレーターデーモン×4+忍者集団との遭遇に成功しました。
グレタさん4体はやや厳しいかもしれませんが、ここは行くしかないでしょう。
しかし・・・

忍者の一掃のために唱えたマリクトが奇跡的に当たった(笑)こともあり、悪魔1体を倒すことには成功しました。
が、その後はラハリトの連弾からのマダルト!
ホムラ以下のメンバーが次々と倒れてしまいます。
唯一生き残ったのはHPの高いベアさんのみ。
とは言え、残りHPが36ではどうなるものでもなく・・・
命からがら逃げだすしかありませんでした。
蒼い悪魔と遭遇した場所は、地下10階の2番目の部屋ですから。
ベアさんひとりでバトルに勝ち、室内のワープポイントから帰還するのは困難と判断。
その場で救助を待つことになりましたとさ。

さて。
遭難したチームブレードを救出するのは、言うまでもなくチームウィッチです。
メンバーを半分に分けて、2回でやってしまうことにしましょう。
まずはウェイン・ジェイク・エルメットの三人で出撃。
マロールで地下9階のシュートまで飛び、一気に地下10階に飛び込みます。
取りあえず最初の部屋を突破し、ワープで飛ばされた次のエリアで回収という段取りになります。
が、こんな時に限ってポイゾン+ウィルオーの団体さんに遭遇するんだ(笑)。
ポイゾンはマカニトで片づけるとして、ウィルオーを殴り倒すのに難儀しました。
だって魔女さん二人の武器はごく普通の短刀、そして僧侶のエルメットは素手でしたから。
まあ、バトル後の経験値は4万越えの大ボーナスでしたけどね。

 へっへっへ。
 思わぬところで大儲けだったな。

思わずほくそ笑むジェイクですけどね。
でも経験値が多いと、逆にハマン要員にされたりするからご注意を(笑)。
それはさて置き、まずは遭難したメンバーのうち後衛の三人の救助に成功しました。
この時、間違って生きているキャラをピックアップすると、残りは全滅扱いになるんですかね?(汗)
次はエアリー・アイーシャ・十六夜で出撃。
経験値的に若干後れを取ってしまったこの三人ですが、シーフだったかと遭遇したのみで目的地へ。

だから、間違ってベアさんから助けたりしないように(笑)。
焦ってボタン連打してるとやっちゃいそうですよね。
そんな感じで、どうにかチームブレードメンバーの救出ミッションはクリアとなりました。

 今回は二つの大きな借りができてしまった。
 いつか返さなければならぬな。

借りの一つ目は蒼い悪魔で、やられたらやり返すってヤツです。
そして二つ目の借りはチームウィッチに対して。
こちらは仕返しじゃなくて恩を返すほうですね。
どちらも倍返しでお願いします!

10月8日
*激闘続く*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
引き続きチームウィッチです。
レベル14になったので、本格的に地下10階で戦います。
取りあえず2番目の部屋までは足を伸ばしたいですかね。
ファイターやシーフなど、呪文で一掃できる敵は問題ナシ。
レベル10メイジの一団がうっとおしいのですが、下手に逃げなければ大丈夫。
フラックにはティルト×4連発で!
ハイマスターは、誰かひとりが犠牲になることを覚悟するなら倒せるのですが。
そんな中、経験値の友と言えるのがウィルオー君ですね。
呪文はほとんど効きませんが、モーリスでACを上げてからエアリーが殴れば倒せます。
そして来ました、ポイゾン君です!

マカニト一発、と言うか4連弾で仕留めますから(笑)。
誰かひとりが呪文を発動させればというやつで、敵との素早さ対決になりますね。
更に、前回はマロールでトンズラした蒼い悪魔です。
護衛ナシの2体のみで出現したので、かねてから用意していた秘策を試してみました。

お見事!
グレタさん2体を一気に仕留めることができました。
呪文無効化95%を誇るグレタさんですが、ラカニトなら無効化されません。
問題は、ラカニトの成否がレベル依存なのか、それとも運なのかです。
仮にレベル依存なら、グレタさんと言えどもう怖くはありません。
そして運の場合です。
魔女さん4人によるラカニト連発から逃れるには、どのくらいの確率になるのでしょうか?
そんなこんなで、私が予想していたよりもあっけなく、蒼い悪魔を倒せるようになりましたとさ。
あと倒すのが難しいのはマイルフィックくらいかと思います。

 皆さん本当にすごいですねえ。
 後ろから見ていて怖いくらいです。

パーティの最後尾で治療回復に徹しているエルメットさんの感想です。
うん、私もそう思います。

10月7日
*いつかを信じて*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
今回は久しぶり、チームウィッチのお話です。
とっくにレベル13に達していた魔女軍団ですが、相変わらず地下9階で修行を続けていました。
しかし、チームブレードが地下10階に下りたことで、次第に焦りが・・・

 こんなところでグズグスしていたら男たちに後れを取ってしまうわ。
 先へ進みましょう。

次のレベルまではあと5〜6万程の経験値が必要です。
が、地下9階でチンタラやってるのもいい加減飽きてきました。
ちょっと様子を見るだけならと、地下10階へ乗り込みます。
なんだけどさ、最初の部屋の扉を開けると運悪く敵の先制攻撃で。
しかもその相手が・・・

蒼い悪魔御一行様だったりするから堪りません(汗)。
グレタさんは次々と仲間を呼びまくり、気が付いたら7体に。
まあ、後ろにいた忍者に首を刎ねられなかっただけでもラッキーでした。
別に魔女軍団じゃなくたって、いきなりグレタさん×7には勝てませんよねえ。
そりゃあね、ゆるーくプレイしているわけですから、逃げ損なったらリセットも無くはありません。
でもだからって、いい加減にプレイして良いってはずもなく。

アイーシャ様のトラの子のマロールで撤退です。
これが最善かと判断しました。
以前FC版で似たようなことがありましたよね。
あの時はロクトフェイトを唱えたのですが、何故か不発で全滅でしたっけ。
その点マロールなら確実ですし、出先は地下1階なので安全です。
エクストラフロアだとこのテクは使えないと思いますが、ここなら大丈夫ですね。

 いつかあの蒼い悪魔を倒せる時が来るだろう。
 その時を信じて修行のやり直しだ。

果たして、チームウィッチは蒼い悪魔を倒せるようになるんでしょうかねえ・・・
その後はホームグラウンドの地下4階で修行です。
単純に敵の数が多いので、地下9階よりは実入りが良いような気がします。
そしてレベル14に。
HPは80に若干届かないものの、まあまあかな。
アイーシャ様以外の三人の魔女さんもマロールを習得して、移動にも余裕ができました。
ドレイン回避こそできませんが、またグレタさんと遭遇したらマロールでトンズラでしょうね(笑)。

※昨日の沖田のスタイル画、着物の合わせにミスがありました(汗)。
何で描いてる時に気付かないかなあ?
と言うわけでまた修正です、トホホ・・・

10月6日
*菊一文字*
まずは週末頑張った成果からどうぞ。

チームブレードの斬り込み隊長、沖田です。
歴史上の人物で資料もあったので、作画は比較的スラスラと進みました。
が、実際に顔グラにしてみるとなんか変だなあって。
そこからの修正が大変で、ようやく出来上がりました。
小説やドラマなどでは好男子として描かれることの多い沖田ですが・・・
実際はそうでもなかったという説も?

 何を言ってるんですか!
 そんな乙女の夢を壊すようなことは言わなくていいんです。

まりちゃんの主張でした(笑)。
今回チームウィッチメンバーからは外れたまりちゃんですけどね。
沖田の参戦で一番喜んでいるのは、間違いなくこの娘でしょうねえ。

さてゲームのほうですが、チームブレードメンバーも順次レベル13に到達しました。
魔術師のセインはマロールを習得できませんでしたが、地下10階へ乗り込みます。
取りあえず最初の部屋だけ覗いたら帰る、の繰り返しですけどね。
画像はウィルオーウィスプに斬りかかる沖田です。
残念ながら得物が菊一文字じゃなくてカエルの剣ですけどね。
ウィルオー×2で14000の経験値はやっぱりオイシイですな。
あっ、今気付いた。
ちゃんとメッセージが「きりかかった」になってます(笑)。

 どんな魔物でも掛かって来なさい!
 この菊一文字で一刀両断にしてみせます。

や、だからカエルなんだってば。
とにもかくにも、これでようやくメンバー全員の顔グラが揃いました。

10月4日
*魔女たちの背中が見えた*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
今回もチームブレードです。
カエルの剣を入手して攻撃力が大幅にアップしました。
得物屋さんのデータで確認したところ、性能的には真っ二つの剣と同程度のようです。
そりゃあ頼りになるわけだ。
さあ、どうでしょう?
まだマカニトは使えませんが(笑)、コントロールセンターへ突撃することにしました。
今回はちょっと説明を。
ここでのバトルですが、前衛はハイニンジャを攻撃。
そしてマカニトの使えない魔術師はハイプリーストにラダルトです。
レベル7メイジにはモンティノで、レベル7ファイターは放置します。
マカニトが使えれば何も考えずにマカニトなんですけどね。
ちょっと考えてみたら、レベル7メイジのラハリトよりもハイプリーストのバディのほうが怖いかなって。
なのでプリーストのほうを確実に潰して、メイジの呪文は一発くらいなら大丈夫。
そんな戦術で挑んだところ、これといった被害もなく突破に成功しています。
ハイプリーストから倒すという考え方は我ながら新鮮で、今さらながら新たな発見となりました。
これにてめでたくブルーリボンをゲット、地下9階へ行けるようになりました。

 ようやく女たちの背中が見えてきたな。
 このまま一気に追い抜くぞ!

常に先頭に立ち、リーダーとしてメンバーを引っ張ってきたベアさんの檄が飛びます。
さあ、地下9階へ突撃です!

そのベアさん、気合一閃!
レッサー君を一発で仕留めてしまいます。
魔女軍団がやや苦手とするレッサーデーモンですが、武闘派軍団なら問題ないですね。
これもカエル様さまです(笑)。
宝箱も開けまくり、少しずつ装備品なども充実し始めています。
この辺りも魔女軍団では味わえない楽しさです。
まあ、これがこのゲームの本来のプレイスタイルなんですけどね。
ドレイン持ちのナイトストーカーなどはほとんど友好的で、良い感じにやり過ごしています。
順調に思えたチームブレードですが、たまにはこんな落とし穴も。

シン君、やってくれました(笑)。
敵の呪文でダメージを食らっていたところに石弓の矢を引くという痛恨のミス!
いやはや、このレベルになって石弓の矢で死者を出すなんて、久しぶりなんじゃないでしょうか。
さすが、ミスターアンラッキーの二つ名は伊達じゃありません。
そんなこんなしているうちにレベル12に到達。
魔術師のセインも今度こそマカニトを習得してくれました。
もっとも、それより先に酸欠の指輪を発掘していたりして、イマイチありがたみに欠けるような・・・

 お騒がせしました。
 毒の巨人と戦う前に習得できてホっとしています。

まったくです(笑)。
それでも、敵の打倒数ではチームナンバー1ですから。
武闘派軍団とは言え、魔術師に頼るところは大きいですね。

10月3日
*今宵のカエルはよく斬れる*
チームウィッチvsチームブレード@GBC版ウィズ1です。
引き続きチームブレードのレベル上げです。
とにかく地下4階へ通います。
このレベル帯での1レベルの差は大きいようで、バトルも楽にこなせるようになってきました。
そして、待望のレベル11です。
僧侶のラウドはマディを含む3個の呪文を習得してまずまずの出来。
そして問題のセインですが・・・

 えーとですねえ・・・
 6レベルの呪文はすべて習得したのですが。

って、いやいやいや(汗)。
マゾピックとか当分使いませんから!
ハマンなんてまだ使うことすらできませんから!
お願いですからマカニトを習得してください。
いやはや参りました。
まさかレベル11でマカニトが入らないとは思いませんでしたねえ。
マカニトが入ったらコントロールセンターへ行こうと思っていましたが、見送りますか。
行って行けないこともないのかもですが、無理はしないことにしましょう。

さてと。
マカニトが入らなかったのは仕方ありません。
当初の予定では地下9階へ繰り出して装備品の強化をしたかったのですが、予定変更です。
以前チームウィッチが地下4階でカエルの剣を手に入れたことをお話ししましたよね。
取りあえずあの剣を回収して戦力アップを図ることにしましょう。
幸い、あの剣はカエルの置物と引き換えに何本でも入手できますから。
ここは是非とも人数分手に入れたいところです。
(中略)
そんなこんなで、カエルの剣を4本回収してきました。
早速試し斬りです。

オー!
ホムラの一刀は5回ヒットの52ダメージ、一気に攻撃力が跳ね上がりました。
前衛の三人はもちろん、盗賊のシンも隠れてからの待ち伏せで攻撃に参加できますからね。
武闘派軍団、いよいよ本来の力を見せつける時がやって来ましたぜ。

 フっ・・・
 今宵のカエルはよく斬れる。

ドヤ顔で決めたホムラ君です。
けどさ、有名なあのセリフも得物がカエルだと何だか間抜けですよねえ(笑)。

10月2日
*普通って意外と辛い*
武闘派軍団が参戦したGBC版ウィズ1。
今後はチームウィッチvsチームブレードとしてお送りしていきましょう。
何はともあれ、チームブレードメンバーのレベル上げです。
と、その前に。
例のカシナートは当分オアズケですよね?(笑)
自分たちで必要な武器防具は自分たちで調達するように。
それでは行きましょう。
まず序盤ですが、さすが前衛を戦士系で固めているだけのことはありますね。
危険なシーンもなく簡単に突破です。
レベル5になったらマーフィでレベル上げ。
チームウィッチが苦手としたマーフィですが、チームブレードなら相性バツグンです。
レベル7になったところで地下2階へ。
金の鍵を回収したらクマ道場にも顔を出してみました。
が、友好的なクリーピングコインを3回見送ったところで撤退しました(笑)。
ホムラとラウドの二人が善なので、中途半端に性格が変わると後々面倒ですからね。
その後はまたマーフィ狩りを入れてレベル9に到達。
魔術師のセインがマカニトを習得できませんでしたが、地下4階へ行くことに。

と言ったところで、ここからが本題です。
例によってコントロールセンター手前で修行開始。
しかし、ガスドラゴン&ドラゴンフライの先制ブレス!
からの逃走失敗で、沖田とラウドとセインが死亡(汗)。
まあ、よくあることです。
チームウィッチが酒場で待機しているので、万が一の時も対応できるからリセットせずにスルーします。
寺院で三人を生き返らせてから再出撃。
しかし・・・

ハイ来たドレイン(泣)。
しかも食らったのは4番手のシンでしたから・・・
これも敵の先制攻撃で前衛にいたベアさんがマヒ、次のターン前衛に出たところをやられたんですな。
後衛にいたのにドレインされるとは、やはり運の悪い男ですねえ・・・
まあ、盗賊の1レベルなら大した被害でもないのでスルーです。
が、トラブルはまだ続きます。
レベル3ニンジャに襲われてベアさんとホムラがクリティカル・・・
えーと・・・
この段階で盗賊のシンが1レベルドレイン、他のメンバーは軒並み一回ずつ死亡と。
男子チーム、地下4階の洗礼を受けて惨憺たる状況に陥っています。

 みんな何でオレを見るんだよ?
 別にオレが悪いわけじゃないだろう!

ハイっ、シンは別に悪くありません。
悪いのは全部私のせいですから(汗)。
にしてもさ・・・
チームブレードは武闘派軍団とは言え、後衛に盗・僧・魔を揃えています。
バランスの取れた、普通のパーティの範疇なんですけどねえ。
チームウィッチなら、誰かひとりが呪文を発動させればそれで勝ちになります。
それに対してチームブレードは、前衛陣が攻撃したところで敵の数がちっとも減らない(爆)。
また、マカニトの無い状態での対3グループ戦とか、パっと戦術を思い付けない時もしばしばでして。
普通のパーティが意外と辛いってのも妙な話です。
その後はどうにかレベル10まで到達、魔術師のセインに期待が集まりました。
が・・・

 スイマセン・・・
 今回もマカニトを習得できませんでした。

ど、ドンマイ?(汗)

10月1日
*武闘派軍団参戦*
チームウィッチで攻略しているGBC版ウィズ1ですが、新展開に突入です。
魔女軍団に対抗して、武闘派軍団を参戦させたいと思います。
理由その1は、先日発掘したカシナートの剣ですね。
あれを使わずにボルタックに眠らせておくのはもったいない。
そして理由その2ですが、チームウィッチのレベル上げだけでは日記のネタを繋げないからです(笑)。
まあ何だ。
その辺りもあまり難しく考えず、ゆるーくいきましょう。
武闘派軍団のメンバーです。
魔女軍団が女子オンリーなので、こちらは男子チームで行きたいところ。
となると、だいたい参加メンバーは決まってきます。

取りあえず前衛はこの二人、ベアさんとホムラです。
ベアさんはもちろんドワーフファィター。
そしてホムラですが、外伝1の転生の書のパスワードを使って一発君主です。

後衛陣はこの三人。
盗賊のシン、僧侶のラウド、魔術師はセインです。
問題は前衛の三人目ですが、当初は忍者のハヤテを入れようと思っていました。
が、ウィザードリィの神様はやってくれました。

訓練所でシンを登録しようとして「人間・中立」と入れたらボーナス27が出ました!
や、さすがにボーナス27のキャラを盗賊・・・と言うかシンにするのはもったいない(笑)。
そこで急遽侍を作成することに。
ぐれたさんのところのキャラで男の侍と言うと・・・「魔将の塔」の沖田さんにするか。
この人も顔グラが無いので新たに描きますかね。
エンパイアだったか、菊一文字という刀がゲーム中にあったと記憶しています。
さすがに本作では無い・・・よね?
そんなこんなで、戦君侍盗僧魔の武闘派軍団が出来上がりました。
ぶっちゃけ、普通のパーティですけどね。
チーム名は、刀剣で戦うという意味から「チームブレード」としましょう。

 どうして俺が参加できないんだ・・・
 エルミゴシックの時と言い、納得できない話だ!

コメントはハヤテ君でした(笑)。
一応「善」の忍者として登録はされているんですけどね。