冒険者の日記・13年8月その2

戻る


8月30日
*ボスか、護衛か*
既に掲示板にて報告いたしましたが、デモンゲイズもシナリオクリアとなりました。
それではラスボスとの激闘の様子をお伝えしたいと思います。
別ページへどうぞ!

デモンゲイズ ボスか、護衛か

8月28日
*恥ずかしながら負け戦*
ガッカリとした気分でお送りしなければならないデモンゲイズです。
ラスボスに挑戦してはいるのですが、どうにも勝てません(泣)。
できれば勝利の報告をしたかったのですが、それも適いませんでした。
で、どうしようかと思ったのですが、取りあえずラスボスにボコられた様子をお伝えしようかなと。
以下、ネタバレになりますので別ページにて。

デモンゲイズ 恥ずかしながら負け戦

8月27日
*玉座*
日記にどう書くか迷った挙句のデモンゲイズです。

まずは昨日の宿題から。
レンジブレイクからの修羅はできるのか? ですが・・・
しずるさんに修羅・裏の神器を付けて仕掛けてみました。
なのですが、相手の反撃が届かなくて終了〜なんですよねえ。
ひょっとしたら、相手が後列攻撃できないと意味がないのかもしれませんが、よく分かりません。
他に何か条件があるのかもですが、今回はレンジブレイク修羅は成功しませんでした。
ところでこのフルムーンアイ、愛嬌があってお気に入りのモンスターのひとつになってます。
マスコットに一匹欲しいなあ。

冬のエデンを一通り探索してショートカットを開けば、目の前にはこの玉座がありました。
ここでラスボスとのバトルなのですが・・・
残念ながら勝利を掴むことはできませんでした。
ラスボスとのバトルの様子は、また日を改めて。
次は勝利の報告ができればと思っています。

8月26日
*巡る季節*
そろそろラストが見えてきたかに思えるデモンゲイズです。
グリモダール城の3〜4階は、王のエデンと呼ばれる宮殿になっています。
第2エレベーターから直接進入できるのが、3階の春の王宮と4階の夏のエデン。
そして前回の鏡の盾を突破して進入したのが、3階北側の秋の王宮です。
ワープなどでちょっと入り組んでいるのですが、スイッチを入れてショートカットを開いてしまえば一本道になりますね。
そして階段を上がって出た先が、4階北側の冬のエデンになります。
現在はこの冬のエデンの探索に入ったところです。
果たしてこのフロアにラスボスがいるのか・・・といった感じですね。
そんなこんなで、今日のところはこれといったネタがありません。
なので宮殿でのバトルの様子などをピックアップしたいと思います。

まずはこちら、アスタルトvsウラヌスの因縁の対決です(笑)。
前回はウラヌスのほうが槍を投げ付けてましたけどね。
今回はアスタルトがウラヌスの局部(!)を突くという。
やられたらやり返す、某ドラマのような展開になってます。
これも女同士の意地なのかもしれません。
この他にもウラヌスは、裸の小娘相手になると異様に暴れるような気がします。
やはりきょぬーに対するコンプレックスでもあるんでしょうか、ねえ?

お次はこちら、デュラハンです。
このお嬢様は、何故か最後尾にいるマナちゃんを執拗に狙ってきます。
それでやられたことも何度かあったりなかったり・・・
で、思い出しました。
レンジブレイクは敵後列からの攻撃を防ぐだけでなく、敵前列からこちらの後衛への攻撃も防ぐんですよ。
試しにやってみたらこの通り。
デュラハンはまたもマナちゃんを狙うのですが、光のヴェールの効果で攻撃はすべて無効です。
これとレオナちゃんのワントップを組み合わせれば、物理攻撃に関しては大幅に軽減できそうですね。
それと、レンジブレイク修羅もできるとかできないとか、色々な意見があるようです。
一度確認しておきましょう。

最後はこちらです。
円卓プレイ時「体制」はミスだよとお話ししましたが、ちゃんと「体勢」になってます。
誤脱字はどうしても出るものですが、私も気を付けたいですね。
にしてもさ、こんな宮殿内で巨大な翼竜が体勢を崩すほどの突風って・・・

8月24日
*鏡の盾を突破せよ*
本日のデモンゲイズは特別編。
トンデモナイ敵との激闘の様子をお伝えします。
画像がたくさんありますので別ページにて。

デモンゲイズ 鏡の盾を突破せよ

8月23日
*気まぐれ悪魔*
大きな転機を迎えつつあるデモンゲイズです。
メンバーとウラヌスのレベルが上がったのを見て、暴走プルトにリベンジです!

デモンスロットにはマルスを外してウラヌスを加えています。
マルスが打たれ弱いってのもあるのですが(笑)、敵後列からの攻撃を完全無効化できるのは大きいですね。
戦術的には、先日の対ウラヌスとほとんど同じです。
問題の連れ去りは、フェイクドールを30個用意して万全。
ただ、ソルゲイズ対策でちょっと問題発生。
ソルゲイズを防ぐには、デモンを呼び出さなければなりません。
でも呼び出したデモンを潰されると困るから、次のターンで引っ込めてしまいました。
うっかりしていたのですが、一度引っ込めたデモンはもう呼び出すことができないんですな。
今回はまずクロノスを呼び出して、用が済んだら次のターンで引っ込めたんですよ。
そして次のソルゲイズの時、クロノスを呼び出そうとして「あっ・・・」と気付きました。
仕方なくネプトゥヌスを呼び出して、以後そのまま戦わせました。
結局ネプトゥヌスは、最後まで潰されることなく戦いきりましたとさ。
それってつまり・・・
前回のバトルでマルスが潰されたのは、やっぱりマルスの打たれ弱さが理由だったんでしょうか?(笑)
そんなこんなありつつの、このバトルは20分程で勝ちを貰っています。
フェイクドール10個を消費しましたが、連れ去り対策さえできていればウラヌスの時よりは楽に戦えました。
って、20分のバトルを画像1枚で済ませますか。

これにて10体のデモンの捕獲が完了しました。
竜姫亭では、エルグの最後を偲んで・・・
じゃなくて、最後の戦いに向けた決起集会とも言うべき宴会が開かれます。
そして管理人さんです。
これまでの感謝の気持ちやらこの先の不安やらで、エルグへの気持ちを抑えきれず・・・
(中略)
そして、夜が明けました(笑)。
って、このパターンは円卓の時もありましたね。

最終決戦に臨む前に、プルトの戦力分析を兼ねた修行です。
能力的には、ウラヌスと対になる感じですね。
魔法と回避の強化と、敵後列からの攻撃無効を持っています。
ご覧のように、殴ってくれればこのダメージ!
なのですが、やはり悪魔さんは気まぐれのようで。
呪文を使うことのほうが多くて、滅多に殴ってくれないんですよねえ。
どちらかと言うと、生真面目なウラヌスのほうが殴り発動率は高いような気がします。
好みの問題(大とか小とか?)もあると思いますが、私はウラヌスのほうが使い勝手が良いかなと思いました。
そこっ、どうせならサキュバスを捕獲したかった・・・とか言わない!(笑)

アイテム面では大きな収穫がありました。
神器で、戦士のスキルのレイジングヒットです。
集中からの5連撃なのですが、これがレンジャーとの相性バツグン!
レンジャーの超集中は、一度集中してしまえば敵の攻撃を受けるまで集中し続けます。
なので、イチイチ集中し直さなくても連続で5連撃を放てるようになります。
トゥルースナイプで敵の守備力を下げ、レイジングヒットで一気に大ダメージとか。
今後のしずるさんの活躍が楽しみです〜。

8月22日
*天使様といっしょ*
今日のところはじっくりと取り組みたいデモンゲイズです。

めでたく9体目のデモンとなるウラヌスを捕獲しました。
プルトはちょっと置いときまして、レベル上げを兼ねてウラヌスの戦力分析をしておきます。
画像はウラヌスの攻撃で、1234ダメージは期待以上でした。
マルスには若干劣りますが、攻撃要員としては十分行けそうです。
また、護りも固くて打たれ強いという印象もありました。
スキル的には、敵からの魔法攻撃を軽減してこちらの命中を高めると。
攻防にバランスの取れたデモンのようで、使い勝手は悪くないです。
暴槍状態(笑)にすれば、更に攻撃力アップが期待できます。

こちらはグリモダール城突入時にも現れたアスタルトとのバトル。
えーと・・・
実はこの天使様、マナちゃんと同じような悩みを持っているんじゃないかなあ、と。
昨日の画像と二日前のプルトの画像を見比べると、ねえ。
自慢げに裸を見せつけるアスタルトには、思わず槍を投げ付けちゃったんじゃないかな(笑)。

とまあ、そんな冗談はさて置いて、ウラヌスの最大のウリはこれではないかと。
光のヴェールの効果で敵の後列からの物理攻撃を完全に遮断してしまいます。
いわゆるレンジブレイクですね。
この時、敵の後列にあのデュラハンがいて、執拗にマナちゃんを狙ってきました。
しかし光のヴェールでデュラハンの攻撃はすべて無効!
これは気持ち良いですよねえ。
強力な護りのスキルが入りました。
ちなみにですが、デモンゲイズではレンジブレイク+修羅的な戦術はできないのかな?
以前、後衛にいるしずるさんに修羅を装備させて仕掛けてみました。
しかし、敵の反撃が後衛まで届かなくてハイ終了〜でしたから。
多分できないんだと思います。
まあ、天使様の力を使ってズルしてちゃダメですよね。

8月21日
*デモンのご利用は計画的に*
何処かのクレジット会社のキャッチコピーみたいですが、デモンゲイズです。
暴走プルトは取りあえず置いといて、先にウラヌスを探しに行きます。
第2エレベーターから城の4階、夏のエデンというフロアへ。
サキュバスの誘惑もありましたが、簡単に全サークルを制圧してしまいます。
城1階エレベーター近くのサークルでしっかりとセーブしたら、暴走ウラヌスに挑戦です。

さすがは天使です、暴走モードでもちょっと可愛い(笑)。
何はともあれ、バトル序盤はしっかりと護りを固めていきたいところ。
お馴染みのアイアンシェル&ヒールシャワーは、このバトルでも大活躍。
画像はフラムのフォースガード、敵からの補助呪文消去を無効にするスペルです。
そしてレオナちゃんを筆頭にデバインアーマーを入れて、順次メンバーの防御力を大幅アップさせていきます。
フラムが仕事をしている間は、マナちゃんがホーリーシールド担当です。
ある程度防御態勢が固まったら、次は攻撃を強化します。
マナちゃんのデバインウェポンでエルグとしずるさんの攻撃力アップ。
そしてファストキャストからのスロー連発で、ウラヌスの守備力を下げていきたいところ。
護衛に関しては、マナちゃんのブースト闇系呪文が絶大な威力を発揮しました。
あとはデモンなんですけどね・・・

話が若干前後しますが、これは5ターン目くらいだったと思います。
マルスを呼び出しはしましたが、あっという間に潰されてしまいました〜(泣)。
暴走ウラヌスの攻撃力がハンパなくて、打たれ弱いマルスではとても耐えられませんでした。
バトル開始早々、攻撃の要を抜かれたようなもので、これは激痛でしたねえ。
マルスを失いはしましたが、まだバトルに負けたわけではありませんから。
攻撃陣が必死に食い下がり、次々と現れる護衛をようやくのことで蹴散らし終えます。

ウラヌスの回復は2200ポイントくらい。
メンバーの攻撃だけではなかなか削り切れないので、急遽ネプトゥヌスを呼び出すことに。
なのですが、ネプトゥヌスは回復を得意とするデモンだけに攻撃はイマイチで。
アクアボルトで50ダメージとかじゃあ、さすがにねえ(笑)。
さっさと見切りをつけて引っ込めることにしました。
ここでネプトゥヌスまで潰されたら、ヒールシャワーの恩恵を手放すことになりますから。
さすがにそれは許せませんよね。
ましてやクロノスを潰されるのはもっと許せませんから、あとはメンバーが踏ん張るしかありません。
しずるさんのトゥルースナイプとマナちゃんのスロー連発で、ジリジリトウラヌスの守備力を下げていきます。
ウラヌスもデバインアーマーで守備力アップを狙うのですが、そこはマナちゃんのフォースブレイクで阻止。
必死の攻防の末、ウラヌスのHPも少しずつ削れていきました。

そしてエルグの5連撃がクリーンヒットし始めます。
500×5で2500ダメージなら、十分回復分を上回りますから。
この直後、ついにウラヌスの撃破に成功しました〜。
バトル後は近くのサークルにて即セーブ。
時間を見ると、実に30分を超える大激戦でした。
このバトルは、序盤でマルスを潰されたのがあまりにも痛過ぎました。
デモンがスロットにセットされていれば、常駐スキルの恩恵を受けられます。
マルスの竜人の加護2で攻撃力40%アップ、それが受けられなくなったってことですよねえ。
デモンを呼び出すのは最後の切り札。
もう敵の守備力が下がり切って攻撃が当たりまくる状態になってからでも遅くないかなって。
デモンのご利用は計画的に。
これが今回の教訓でした。

8月20日
*悪魔の誘惑にご用心*
今日は攻略を進めたいデモンゲイズです。
光の天使ウラヌスを捕獲すべく、グリモダール城の3階を探索していきます。
が、巨大な盾にぶち当たり、そこから先へは進めません。
どうやらこの盾は三至宝のひとつで、撃ち破るためには同じく三至宝の剣が必要なのだとか。
でもその剣の封印を解くためには、すべてのデモンを捕獲しなければならないようで・・・
うん、他へ行くことにしましょう。
第2エレベーターからは他に城の4階と地下3階へ行けるのですが、気分で地下へ。
エレベーターで出た先は古王の道という、溶岩地帯を走る細道でした。
宝の地図に「溶岩の一本道」というものがありましたが、きっとここのことだったんですね。
後で回収しておきましょう。
敵を蹴散らしながら溶岩の道を抜けると、王の墓所的な場所に出ました。
そこで10体目となるデモンと遭遇します。
ん・・・?
こっちは9体目のデモンを探していたはずなんですけどね(笑)。

前置きが長くなりました。
こちらのいかにもなお姉さんはプルト、どう見ても悪魔ですよねえ。
チームラでプルトと言えばウィズエクス2に登場したロボっ娘の集団を思い出すのですが・・・
そちらとは直接の関係はないでしょうか。
ドクロマークの周辺がとても気になります(汗)。
バトルのほうは補助呪文を消されたりとかありましたが、無事に勝ちを貰っています。
ただ、マルスのHPがギリギリだったことを考えると、決して楽な戦いではなかったと思います。
さて、プルト撃破後も墓場を探索していきます。
マップは1枚だしサークルの数も少なめだし、ここは一気に行きたいところです。
既に探索している一般の方の墓場に繋がる扉も開いて、移動も楽に。
シークレットドアに悩まされたりもしましたが全サークルを制圧。
暴走プルトとの決戦を迎えます。

露出度がアップしたなあ・・・
なんて呆けている場合ではありません。
バトル開始早々、プルトはエルグを性の虜にすべく連れ去ってしまいました(滝汗)。
こうなるとデモンスキルは使えないし、デモンを呼び出すこともできません。
レオナちゃんとフラムで必死に護るも、マナちゃんがやられてしまいました。
これはダメかなあと思ったのですが、残った三人はここから粘りに粘ります。
レオナの護りとフラムの回復、そしてしずるさんは地道に護衛を潰していきます。
その状態で10ターンくらいは持ち堪えたでしょうか、エルグが戦線に復帰しました。
これで行けるかと思ったのですが、今度はレオナちゃんが連れ去られてしまいます。

護りの要を抜かれてからは早かった。
打たれ弱いマルスを潰され、フラムも戦線離脱。
そしてエルグもあっけなくやられて、残ったのはしずるさんただひとり。
そのしずるさんも次のターンでやられてしまい、久しぶりの全滅となりました。
今回の敗因は言うまでもなく、真っ先にエルグを連れ去られたことです。
ったく、性の虜にされている場合じゃないよ。
しかしながら、道具屋に連れ去り防止のフェイクドールが大量に売られていましたから。
次回はしっかりと連れ去り対策をした上で、きっちりとリベンジしたいと思います。
プルトのほうはもういつでも戦える状態なので、先にウラヌスのほうを探すことにしましょう。

8月19日
*気付いたら50時間*
本日のデモンゲイズはインターバル的な感じでお送りします。
攻略のほうは、昨日紹介したウラヌス戦からまったく進んでいませんから。
今日のところは途中経過報告とここまでの感想などを書いてみようかな、と。

現在の戦況はこんなところです。
気付いたらプレイ時間が50時間を超えていました〜。
同じくデモンゲイズをプレイされているuguiさんと比較すると・・・
私のほうが攻略が進んでいるにも関わらず、戦闘回数や敵の撃破数などは下回っているようです。
守備力重視が効率の良いプレイに繋がっているのかもしれません。

その護りの要になっているのが、パラディンのレオナちゃんです。
プレイ日記ではあまり活躍をお伝えできませんが、裏ではキッチリと仕事をこなしてくれています。
注目してほしいのは、やはり防御力の高さ。
防御力212は、もちろんメンバーで断トツです。
ちなみにエルグは110、他の三人は70ちょっとくらいです。
難易度「まるこげ」でプレイしているのですが、今のところは特に問題なくバトルをこなしています。
それも、盾役であるレオナちゃんの防御力あってこそでしょう。
クロノスのスキルの鉄人の加護3で、物理ダメージが45%軽減も大きいですね。
護りと言えば、もうひとつ。

そう、ホーリーシールドがありますね。
実は神器でホーリーシールドを発掘、ウィザードのマナちゃんに装備させています。
ヒーラーのフラムが他の仕事をしたい時など、もうひとりホーリーシールドの使い手がいると便利ですねえ。
この他にもマナちゃんは、キュアセットやサポートセットの神器を装備。
何だか、魔法使いから転職した司教のような感じになってます。
そんな感じで、今のところはバトルで大負けするようなことはほとんどありません。
実際、無限坑道の探索では一度も死者を出さなかったんじゃないかな。
むしろ敵の回復能力のほうが厄介で、それを超えるダメージを出せるかが課題になっています。

あとはここまでの感想など。
50時間程プレイしてきましたが、私的に不満点や気になった点などがほとんどありませんでした。
円卓をプレイして気になったところが良い感じに改善されたんじゃないかな、と。
ただ、竜姫亭の住人にしてもデモンにしても女性優遇と言いますか、女子率が高いなあとは思います。
女性優遇とか肌色成分とか、あとは竜姫亭のドタバタ騒ぎとかですか。
そういうのが苦手な人は、本作そのものが苦手になるのかなとは思います。
私はまったく問題ありませんが。
以上、これまでの経過報告でした。
引き続きガンガン攻略していきますよ!

8月18日
*光の天使降臨*
暑くて家から出られませんからデモンゲイズで過ごします。
まずは、ルルと手を組むかどうかですが・・・
待ち合わせ場所のシャーク教団の礼拝堂へ行くと、何故かシャーク様がご乱心で。
やむを得ずではありますが、シャーク様を倒してしまいます。
シャーク教団員はシャーク様の魔力で動いていたのかな?
最後にエレベーターの動力源となるミスリル電光石を残して逝ってしまいました。
そして、ルルの処刑が行われるという時計台へ。
そこでエルグの身に異変が・・・
スイマセン、この辺りCGがバンバン入った見せ場なんですけどね。
あまり詳しくやっちゃうとネタバレも甚だしくなりますのでこれくらいで。

ものすごく端折りましたが、何だかんだありまして再びこのルナとのバトルです。
デモンスロットには攻撃・護り・回復が一揃いあったのですが、途中でマルスが潰されました(汗)。
それでもどうにか踏ん張って撃破に成功しています。
結局ルルと手を組むことはありませんでしたが、このまま終わりではないでしょうねえ・・・
時計台にミスリル電光石をセットして、第2エレベーターも解禁です。

その後はレベル上げも兼ねて、宝の地図を頼りに各地でトレジャーハントしました。
新デモンのアストロですが、正直イマイチ?
アストロは魔力を司るデモンなので、当然のようにスペルを軸に攻撃します。
でもこれが思ったほど威力がないんですよねえ・・・
メンバーのMPを強化するスキルも、今すぐ役立つということもないようです。
フラムのマナコンバートもあるしね。
仮にチームウィッチ的なパーティでプレイしていれば、あるいは頼れる存在になったかもしれないのですが・・・

レベル上げが一段落したら、第2エレベーターで城の3階へ行ってみました。
ちょっと様子見程度のつもりだったのですが、二つ目のサークルで早くもデモンと遭遇(汗)。
このフロアのデモンはウラヌス、光を司る天使ですね。
見た瞬間、思わず「可愛い〜」って。
や、鬼っ娘や女神も決して悪くはないのですが。
いきなりのデモン戦なのですが、こちらは様子見のつもりでしたから。
デモンスロットには鉄板のクロノスの他は、決して悪くはないユピテルとヴィーナスでしたとさ(笑)。

このバトルはかなりの苦戦となりました。
ユピテルを暴走させて戦わせたのですが、ウラヌスの集中攻撃に潰されてしまいます。
二番手としてヴィーナスを出すも光属性の使い手同士、なかなか決め手になりません。
護衛を呼ばれてバトルは長期化、ウラヌスも守備力を上げつつ回復の逃げ切り態勢。
それでも、マナちゃんの闇系呪文などをぶつけつつ、しずるさんのトゥルースナイプも良い感じに決まります。
相手の守備力を下げることができればエルグの5連撃が炸裂!
どうにかこうにか勝ちを貰っています。

8月17日
*これぞ田村ゆかり節*
ちょっとネタバレかなと思う本日のデモンゲイズです。

無限坑道のサークルを全て制圧したところで、暴走アストロとの決着を付けに行きました。
もう探索補助のデモンは必要ありませんから。
デモンスロットにはマルスとクロノスとネプトゥヌスをセット。
攻撃、護り、回復といった万全の布陣で臨みます。
ただ、アストロは呪文攻撃がメインのようで、ヴィーナスを入れて備えるべきだったかもしれません。
とは言っても、呪文でダメージを食らってもヒールシャワーで余裕の回復。
マルスを暴走させて、次々と呼び出される護衛を蹴散らしていきます。
そしてアストロの回復能力を超えるダメージを叩き出すことができれば、撃破は難しくないでしょう。
これにてアストロの捕獲は完了ですが、今日の本題はここからです(笑)。
ネタバレを気にされる方はご注意を。

アストロとのバトル終了直後、あのルルが姿を現しました。
「ソル」というのはデモンの親玉で、このゲームのラスボスですね。
ルルはエルグに、ソルを倒すために手を組もうと持ちかけてきます。
そうは言われても、ルルとは先日の決闘騒ぎで決裂状態に陥っていますから。
そう簡単には信用できないところです。
しかし。

あの時はソルの力に呪縛されていたということのようです。
それまでの強気な表情から一転、こんな顔をされてはこちらとしても無下にはできないかと・・・
どちらにせよ、管理人さんたちと相談しなければおいそれと返事はできません。
ここは一度、竜姫亭に帰還しなければならないでしょう。
ところで。
このルルの声を演じているのは、声優の田村ゆかりさんです。
ゲームをプレイしていて「あれ?」と思ったのですが、公式を確認したらその通りでした。
田村ゆかりさんといえば、多くのアニメやゲームに出演されている超メジャーどころの声優さんです。
それを起用できるようになったとは、チームラも成長したものだと感心しました。
今回のルルにしても、ちょっと強気なチビっ娘キャラなどはさすがのハマり役。
これぞ田村ゆかり節ですね。

8月16日
*ミスリルとゴールド*
今日は簡単に済ませたいデモンゲイズです。
グリモダール城地下2〜3階、無限坑道の探索中です。
ある程度サークルを潰した結果、ゴーレムが少しだけ遠くに投げ飛ばしてくれるようになりました。
引き続き、着地した先のエリアを探索していきます。

やっとの思いで辿り着いたサークルにジェムを仕掛けたところ・・・
こちらのミスリルゴーレムが現れました(汗)。
円卓プレイ時、この手の上級ゴーレムに散々泣かされたような気がします。
相手はバカ力で殴ってくると思われますので、まずは物理攻撃に備えます。
クロノスのアイアンシェルが有効ですね。
ある程度護りが固まったら、しずるさんがトゥルースナイプを叩き込みますぜ。
クリティカルこそ発動しなかったものの、守備力ダウンが嬉しいですね。
余裕ができたら適当にヴィーナスでも呼び出して殴ってもらい、撃破に成功しています。
一方・・・

金色の卵の殻を被った恐竜の赤ちゃん、名前は・・・
ゴールデンドレイク・・・だったかなあ?
とにかく金色っぽい名前だったと思います。
これがまたトンでもない難敵で、こちらの攻撃はほとんど当たらない。
しかも特殊攻撃が厳しくて、メンバーも軒並み何かにやられてます。
コレはヤバいと察知し、コメットのフラッシュでトンズラを決め込みました。
今思うと、クロブラをプレイした時にやっぱりこの手の殻被りにやられたような・・・
ヴィーナスのスキルに特殊攻撃を緩和する障壁を作るものがあります。
次に遭遇した時は忘れずに、そのスキルを活用することにしましょう。

戦利品という程でもないのですが、こんな得物を発掘しました。
ゲートキーパーという名前を見て、オオっ? と思った人も多いのではないでしょうか。
決して悪い武器ではないのですが、もっと良いモノが出ているので使う機会はなさそうです。

(c)2013 KADOKAWA GAMES/Experience inc.