冒険者の日記・13年7月

戻る


7月14日
*冥王に挑むも・・・*
PSP円卓です。
冥府の城の3階へ乗り込みました。
4箇所あるトラップポイントは簡単に制圧して、冥王の待つ部屋へ突撃します。
以下、別ページです。

PSP円卓の生徒・冥王に挑むも・・・

7月13日
*再びの魔王*
PSP円卓です。
レベル上げは一段落、攻略を進めます。
ここからは主に女子チームで行くことにしましょう。
出掛ける先は冥府の城2階、闇王の間です。
ここでは各属性のウィスプが頻繁に出没するようです。
武器で殴っても良いのですが、エルサのスペルで弱点を突くのが楽な戦い方でしょうね。
トラップポイントに仕掛けるエサに火薬の実など、かなりレアなものを要求されます。
これも各属性のものでも構わないのですが、何しろ在庫が少なくて。
各地の商店を駆け回って、どうにか必要な分だけかき集めることができました。
エサ場をすべて潰して制圧したら、閉じられていた扉が開きます。
その先の階段の手前には、例によってこのフロアのボスが待ち構えていました。
何が出てくるかと思っていたら、かつてラスボスだったはずの魔王でした(笑)。

んー、いきなりボロボロです(汗)。
このバトル、ルーミが連れ去られて事実上終わりでした。
盾を失ったパーティ、メンバーが次々と倒されてしまいます。
先生も混乱させられてコマンド入力すらできませんから。
ゲームオーバーでタイトルからのやり直し、つまりはセーブ地点からリスタートになります。

と言うわけでテイク2です。
初っ端から先生がラストデザイアを発動、特殊攻撃無効の効果を得てしまいます。
これに加えてエルサがアローバリアを唱えれば、敵後列からの攻撃も無効になります。
マァリンやロロンもできるだけの補助呪文を発動させ、しっかりと護りを固めたいところです。
もちろんオーマの波動対策も忘れずに。
ある程度護りが固まったらエルサのファストキャストからスロー系連発。
そして攻撃陣が連撃を叩き込んでいきますぜ。

(中略)
マァリンとロロンにアクシデントはありましたが、魔王の撃破に成功しました。
このバトルの勝因は、ルーミを連れ去られなかったことでしょうか。
や、冗談じゃなくて、このゲームは本当に盾役の存在が重要ですから。
これにて冥府の城2階も突破、あとは冥王の待つ3階のみとなりました。

7月11日
*素材はダイヤモンド*
PSP円卓です。
昨日のダイヤスラッシャーを見て思い出しました。
ミンツからの提案で、ダイヤを素材にして新たな武器防具の開発ができるんでした。
シナリオクリア直後くらいでその話が出ていたのですが、何しろ素材がダイヤですから・・・
商店で買うとかなりの高額なので、そのまま放置していたんですよね。
ただ、バトルで入手していた宝石の類は、売却せずに倉庫に保管していました。
ダイヤそのものは入手できませんでしたが、ルビーやサファイアなどから合成して作れるとのこと。
幸い、倉庫にそれらの宝石が必要な数揃っていたので、合成してダイヤに。
それをミンツのところに届けました。
作成できるのは武器防具その他のアイテムで、全8種類かな。
ウィザードやヒーラー、それにドルイド専用のものがほとんどなのですが、レンジャー専用の弓矢がありました。

と言うわけで、早速このポイニースナイプという弓矢を作ってもらいました。
装備するのは、もちろんポポログです。
出来上がる前は、どんな性能かは分からなかったんですけどね。
これだけのハイスペックなら、ダイヤを注ぎ込んだ価値があったというものです。

早速試し撃ちです。
この弓矢は2回攻撃なので、攻撃力も上の画像の数値の2倍くらいは期待できます。
更に乱れ撃ち+貫通となれば、かなりのダメージを与えることができますね。
男子チームも攻撃陣は揃っているんですけど、盾がねえ・・・(笑)

それと、神殺しの斧も発注してみました。
これはドワーフ族に伝わる神器のようなものでしょうか。
ただ作成するためには、パールナイトという宝玉が30個必要なんですよね。
先生とチュップの二人旅で回収した宝箱の中身のほとんどが、このパールナイトでした。
倉庫に保管してあったのが13個程。
あとは各地の商店の在庫で10個くらいは確認できています。
斧が完成するには、あと数個のパールナイトが必要なはずです。
入手場所がマスターモード限定の隠しダンジョンとかだったら、泣く泣く見送ることになりますが?

そのチュップもソウルランク9に到達です。
竜の神様の件が片付いたので、妖精の世界に帰るようにとの指示があったようで。
チュップも悩んでいたのですが、円卓の仲間としてここに留まる決心をしました。
ところで。
男子チームでソウルランク9になっていないのは、サウルだけになってしまいました。
ここ最近、何かとやられまくってたからねえ(笑)。

7月10日
*コンパクトに当てていけ*
PSP円卓です。
女子チームは一段落、男子チームのレベル上げです。

こちらバーゴの新しい武器、ダイヤスラッシャーです。
斧系で、430オーバーの攻撃力はマイの持っている死の大斧を上回っています。
ただ、特殊効果が精霊に○くらいしかありません。
戦っている場所が冥王のお膝元ですから。
どちらかと言えば、不死に有効な死の大斧のほうが使い勝手が良いような。
それでも当たれば大ダメージです。
当たればね(笑)。

そのバーゴ、レベル35でジェノサイドのスキルを習得しました!
これは集中から7連撃を放つという超必殺技。
早速試してみました、が・・・
これが本当に当たらなくてさ(笑)。
スカスカスカって、7回空振りされると情けなくなってくるってもので。
改めてスキルの確認をしてみたら、攻撃と命中が劣化するとありました。
更に間の悪いことに、それまで装備していたミスリルブーツをマジェスティブーツに替えたばかり。
これだけで命中の数値が−2。
その他にも重装備が祟ってバーゴの命中値は14と、打撃陣の中では最低ランクになっていました。
せっかくのダイヤスラッシャーも、当たらなければ宝の持ち腐れですから。
ミンツやチュップのスペルでサポートしてもらうのはもちろんですけどね。
あえて5連撃のバーサクをチョイスして、攻撃が当たるようにしています。
少年野球のコーチが「大振りしないでコンパクトに当てていけ」とか指導しますよね。
まさにあんな感じかな、と。

ミンツとポポログのソウルランクが9になりました。
やはりと言いますか、ヤローのほうはあまり面白いネタがないようです。
それでもポポログからは、女子メンバーの中で誰が好みか? との話題が。
エルグ先生はもちろんルーミと答えますけどね(笑)。

7月9日
*お父さんと呼ばれて*
PSP円卓です。
ピロスとエラステを倒したので次のフロアへの道が開きました。
でもまあ、ここは急がずに。
男女各チームともレベル上げを入れることにしましょう。
まずは女子チームから。

ポイントは冥府の城の1階のトラップポイントです。
お馴染みの大悪魔さんたちが出てきますよ。
レベル上げのついでに、ラストデザイアの各効果について確認しておきましょう。
ラストデザイアを使うと、画像のように三つの効果が表示されます。
が・・・
これだけでは、どんな内容なのか分かりませんよね?
今回一通り試してみました。
「勇者の絆」・・・ユニオンゲージアップ
「大精霊の加護」・・・敵からの特殊攻撃無効
「神の涙」・・・状態とHPの完全回復
「光の翼」・・・パーティ全員の回避アップ
「闇の波動」・・・スペル効果アップ
「不死鳥の盾」・・・敵からのスペル無効化
「マナの泉」・・・呪文使用者以外MP完全回復
おそらく、この7種類かと思います。
ふっとばし系の効果はありませんでしたね(笑)。
ボス戦で使いたいのは「大精霊の加護」「神の涙」「光の翼」といったところでしょうか。

レベル上げもさることながら、ソウルランクのほうもきちんとケアしておきたいところ。
マイがソウルランク9になりました。
どうやら、ミンツの調合した薬品のマタタビの匂いで酔っ払ってしまったようで・・・
「自慢の耳をなでてほしい」と先生に甘えてきました。
もちろんネコ語で(笑)。
普段のマイからは想像もできませんが、これもギャップ萌えというやつでしょうか。

もうひとり、エルサもソウルランク9に到達です。
真剣な顔で先生に「お父さんと呼んでも良いですか?」って。
エルサなりに、先生との距離感で悩んでいるんだなと分かります。
各メンバーとも、ソウルランク10になった時のリアクションが楽しみですね。
女子チームはこのくらいで切り上げて、お次は男子チームの修行です。

7月7日
*これが女の底力*
PSP円卓です。
男子チームはボロ負けだったピロス&エラステ戦、次は女子チームで挑戦してみました。

このバトルは、プレイヤー的に一度戦っている経験を最大限に活用しちゃいます。
1ターン目から先生はラストデザイアを発動、特殊攻撃無効の効果を得てしまいます。
これで敵の攻撃がかなり緩和されるはず。
その間にエルサはファストキャストからスロー連発。
ロロンも積極的に各種の呪文を使って護りを固めていきます。
このバトル、敵からのアローバリア対策として、マァリンを前衛に出してみました。
が、結論から言うとこれは失敗でした。
ルーミが後衛に下がったことで、盾としての性能が激減してしまったようです。
かなり早い段階でマァリンが戦線離脱してしまいました。

かなり進んで16ターン目、ここでエルサがクリティカルを食らって脱落。
ラストデザイアの特殊攻撃無効も、既に効果が切れていたんでしょうか。
ルーミも護り切れなかったわけですが、やられているのがエルサとマァリン・・・
まさかヒロイン争いで有利に立つために、わざと護らなかったとかじゃないよね?(笑)
それは冗談として。
実際のところ、ユニオンゲージが低下しているところに不死鳥のベール切れですから。
かなり辛い展開なのは間違いないと思います。
アイテムで先生のMP回復→ラストデザイアも狙ってみました。
しかし、メンバー復活の効果は得られませんでした。
これ、後で各効果の内容を確認しておきましょう。

そしてコレです。
ユニオンゲージ不足に陥っているところにオーマの波動を食らってしまいました。
が、ソウルランク9のルーミは1ターンで復帰。
これは大きいですね。
ルーミさえしっかりしていれば、マイの攻撃から(笑)先生を護ることができますから。

さあ、大詰め。
まずは先生の連撃でエラステを撃破!
ソウルランク8の二人もここで復活します。
次のターンでマイの連撃が決まってピロスも撃破、勝ちが確定しました。
男子チームでは手も足も出なかったのですが、女子チームは見事な勝利を決めることができました。
ちなみに・・・
コピーを残しておいたデータから、男子チームでも再戦しています。
女子チームでの経験を活かして戦いましたが、またも結果はボロボロでした。
これはやっぱりアレですかね、本職とサブの差と言うヤツでしょうか。
特に盾とヒーラーとウィザードの三役ですね。
スキルにしてもスペルにしても、あとは各人の特性値とかもですね。
この辺りの実力差が、ハッキリと出た形かと思います。

7月6日
*まさかの回復?*
PSP円卓です。
冥府の城の1階西側半分の探索は男子チームで。
エサ場は簡単に潰して制圧、それと同時に今まで封じられていた扉が開きました。
ここはひとつ次のフロアの様子でも見ておくかと、軽い気持ちで行ってみたんですけどね。
そこに待ち受けていたのはピロスとエラステの二人・・・
って、またぁ?
もう出て来ないと思っていたのですが、使えるものは徹底的に使うのがチームラテイストなんですかね。
とにかくバトるしかないようです。

バトル序盤は護りを固めてどうにか対応していましたが、ここで崩されました。
バーゴがクリティカルを食らって戦線離脱。
ここで攻撃が一手剥がされたのはかなり痛いです。
その後も何とか食らいついていったのですが、敵のHPが高すぎてちっとも減りません。

そして、ついにコレを食らってしまいました〜(汗)。
ピロスとエラステでオーマの波動を連発してくるんだな。
ここまでどうにか対応してきたのですが、相手にその上を行かれてしまいました。
先生以外のメンバーが魅了されて万事休すかと思われました・・・
が?

2ターン後、全員の魅了が解けましたよ?
んんん?
まさかオーマの波動による魅了から回復するとは思ってませんでした。
今まで色々なキャラが、魔王に魅了されたからもう助からない、とか言ってたのはなんだったんでしょう。
メンバー全員ソウルランク8なので、10−8で2ターンで回復ということなのかな。
まあ、細かいことは良いや。
取りあえず、魅了されても回復するということだけは覚えておきましょう。
とは言いましても、もうメンバー全員ボロボロ状態。
ここまで頑張ったんですけどねえ・・・
この後は、ひとり、またひとりとメンバーが倒れていきます。
さすがに勝てる気はしませんが、最後まで諦めずに戦い続けました。
そして、このバトルは意外な形で終幕を迎えたのでした。

最後まで残っていた先生が連れ去られてゲームオーバー(笑)。
や、不謹慎かもしれませんが、あまりの結末に大笑いさせてもらいました。
とにもかくにも、再び現れたかつての仲間達ですが、まったく歯が立ちませんでしたねえ。
レベル、装備、ソウルランク、そして戦術。
足りないものがまだまだたくさんあるかと思います。
しばらくは修行かと思いますが、一応女子チームでも挑戦してみますね。

7月4日
*冥府の城へ*
PSP円卓です。
いよいよ冥王の座す城へ乗り込みます。
今回は引き続き女子チームで行きましょう。

冥府の城の1階、煉獄の間。
ここは全体的に炎っぽい感じになっています。
まず円卓一行の前に現れたのはサキュバスさんでした。
念のため、オーマの波動対策は忘れずに。
って、マイの弱い部分・・・
ネコミミでしょうか、それともシッポとか?(笑)
この他にも、際どいところも狙ってくるようです。
百合ユリな展開に、見ているほうもドキドキですよ?

この他にも、アークデビルやグレーターデビルなど、トップクラスの悪魔さんたちが襲い掛かってきます。
いずれもレベル50超とか、勘弁してくださいって感じです。
ここまで来ると一戦一戦がイベントバトルみたいなもので、常に全力全開です。
画像はマイの一撃、刀だとこうは行かなかったでしょうねえ。
このサブクラスは、うまく行ったかなと思います。
取りあえず1階の東側半分、トラップポイント2箇所を押さえるところまで進んでいます。
残り半分は男子チームで行ってみますか。

ルーミがソウルランク9に一番乗りで到達しました。
や、危うくバーゴが一番になるところでした。
最も親密なメンバーがバーゴってのは、さすがに勘弁して欲しいよねえ(笑)。
画像はキス・・・じゃなくて、人工呼吸です。
ルーミの手料理(!)で先生は意識不明の重体に。
そこで必死の人工呼吸というわけです。
一口食べただけで気絶とか、一体どんな料理だったんでしょうねえ・・・

7月3日
*刀を斧に持ち替えて*
PSP円卓です。
早速ですが、マイの刀問題から行きましょう。

レベルさえ上がれば・・・とか。
力の数値がもう少し上がれば・・・とか。
いつかもっと良い刀が手に入るんじゃないか・・・とかね。
そんな期待を胸にサムライとして刀で戦ってきたマイですが、死の竜との戦いを見て刀を諦めることにしました。
マイには最後まで生粋のサムライとして頑張ってもらいたかったのですが、ここは斬り返る・・・
じゃなくて、切り替えることにします。
ウチのパソ様、刀ネタだけにナイスな変換でした(笑)。
となるとサブクラスなのですが、何を付けるか考えました。
パラディンにして守備力無視のプロヴィデンスを放つ。
レンジャーにして後衛からレンジブレイク修羅的なコンボを狙う。
ウィザードにして旧ウィズ的な魔法剣士にしてみる。
アルケミストにして大河のヒロインのように銃で戦う、なんてアイディアもありました。
ですが、やはりマイは最前線に立って敵に斬り込んでいくスタイルかと思います。
順当かと思いますが、ファイターにしましょう。

そして肝心なのが武器、これも色々試してみました。
それこそピコピコハンマーとかね(笑)。
取りあえずはミスリルハンマーと聖者のフレイルを持ち歩けば、精霊と不死には対応できます。
が、サブのレベル上げをしている途中、死の大斧というアイテムを発掘しました。
装備すると運が下がるものの、攻撃力が350を超える代物。
おそらく、これまで発掘してきた武器の中でもトップクラスの破壊力かと思います。
この斧を振り回しての斬り込みは圧巻でした。
クリティカルの効果もありますし、コレで行くことにしましょう。

さて。
マイのサブがレベル7になって、連撃が撃てるようになったら一段落。
これまで集めた鏡の破片を持って魔城の2階へ行ってみます。
問題の鏡に破片をはめ込むと鏡が復活、冥王の待つ城への道が開けました。
が、円卓一行の前に、何処かで見たような妖しい女が現れます。

この女はキスキルリラ、以前戦ったモラミッタの姉とのこと。
奔放な妹に対して、こちらは一途に冥王を慕っているようです。
まあ、姉だろうが妹だろうが敵対するなら倒すだけですが。
画像の攻撃はマイの連撃中の一コマ。
これまでの不調が嘘のような大ダメージを叩き出しています。
エルサのファストキャストでスローを連発しているのもありますが、それにしても違うものです。
オーマの波動もありましたが、しっかりと備えているので問題ナシ。
このバトルは、先生・マイ・マァリンの連撃が炸裂して5ターンで快勝しています。
刀から斧に持ち替えたマイ、今後の活躍が楽しみですね。
にしても、この状態でもう一度ドラゴンと戦ってみたいものです。
円卓にはそんなオモシロシステムは無かったですよねえ?(笑)

7月2日
*刀を捨てるべきか・・・*
PSP円卓です。
各地巡りのラストかと思いますが、死霊の道に戻ってきました。
久しぶりに女子チームで出撃、毎度お馴染みですが鏡から裏マップへ。
何箇所かある常駐呪文消去→ダメージ床のコンボがちょっとイヤらしいですね。
でもそこはエルサがフォースウイングの呪文でカバー。
いつでも任意で浮遊できるのは、本当にありがたいものです。
三箇所のエサ場は比較的簡単に押さえることができました。
が、レベル50コボルトとか出てくると、倒すのも一苦労だったりします。
まあ、この後のボス戦に比べたらまだマシだったんですけどね。

既にバトルスタートから3ターン目だったりします。
画像にもありますが、コイツはデスドラゴン。
まあ、名前の通り死した竜というヤツです。
サムライのマイ、刀ではなかなかダメージを与えられません。
そこで、何となく持ち歩いていた鎖球で殴ってみました。
元がたいした武器じゃないのですが、それでも刀よりはダメージが大きかったりします。
うーん・・・
何なんだろうね、コレ?
他の攻撃陣はそれなりのダメージを叩き出しているのに、刀を装備したマイだけはダメダメのまま。
そんなことはないと思いますが、刀系のデータに何かミスがあるんじゃないかと疑いたくなってきます。
何か私が勘違いしていたり、見落としていたりすることがあるのかなあ・・・

数ターン経過しました。
ルーミがノックアウトした隙にロロンがクリティカルを食らったりして(汗)。
マァリンとロロンが戦線離脱してしまいました。
そこで先生は起死回生とばかりに、ラストデザイアの呪文を初めて試してみました。
でもさ。
肝心の効果のほうは、抽象的なタイトルしか表示されなくて。
適当に「大精霊の加護」(だったかな?)をチョイスしたら、特殊攻撃無効の障壁が発生しました。
できれば、戦線離脱したメンバーを復帰できるような効果が欲しかったんですけどねえ。
消費MPが大きいので、もうこの呪文は使えません。
今気付いたのですが、MP回復的なアイテムを使ってみれば良かったかも?

大幅に端折って24ターン目(汗)。
何とか4人で頑張ってきましたが、マイが死のブレスで脱落。
特殊攻撃無効障壁も、どうやら対応しきれなかったようです。
攻撃要員としてはイマイチだったマイ、ここまでアイテムでの回復役に徹してきました。
それがいなくなるんだから、もう泣きたくなります。
あとはルーミを盾にしながら、先生とエルサで攻撃するしかありません。
本音を言えばギブアップしてやり直したかったのですが、戦えるうちは頑張りましょう。

た、倒した・・・
バトルが終わった時に立っていられたのは、先生とルーミとエルサの3人だけでした。
さすが、主人公とメインヒロインは違いますね。
そんなこんなで、どうにか死の竜を倒すことはできました。
が。
このバトル、内容的にはとても満足できるものではありませんでした。
相手が強かったのは否めませんし、戦略的にも見直す部分があったと思います。
でもそれ以上に、マイがアタッカーとして働かないのは痛いですね。
選抜メンバーで攻略するなら即控え行きですが、今はチーム対抗ですから。
ここまでサムライとして刀を振り回して頑張ってきましたが、考える時が来たのかもしれません。

7月1日
*海の悪魔との死闘*
7月になりまして、今年も折り返しです。
当サイトはもうしばらくPSP円卓に取り組むことになるかと思います。
さて。
お次はミストアイルの海底神殿です。
水中なので呪文が使えませんから、エルサとロロンはお休み。
必然的に今回も男子チームで出掛けます。
例によって鏡を見つけたら裏マップへゴー。
呪文不可もさることながら、水流による移動が激しいので魔水晶のミニマップは必須ですね。
しばらく探索を進めると、渇きの回廊というエリアに出ました。
ここは水がないので、普通に呪文が使えます。
そしてエサ場を発見、また水流で移動するのも面倒なので潰しておきますか。
一度帰還した後、別ルートで流されていくとさっきとは別の渇きの回廊。
二箇所目のエサ場があったので潰してしまいます。
しかし、すぐ近くにあった三箇所目のエサ場は水の中でした(汗)。
んー、失敗しましたねえ。
三箇所とも呪文が使える場所かと思っていたのですが、見事に読みを外されました。
世の中そんなに甘くありません。
やはり一通りエサ場の状況を確認してから潰しに行くべきでした。
ですがまあ、致命的というわけでもないと思います。
サクっとエサ場を潰して制圧、呪文不可の状態でボス戦です。
ここまで前置きが長かったな・・・

ここのボスはキングクラーケン、見ての通りタコの親分です。
コイツはHPと守備力が高い難敵でした。
こちらの攻撃はなかなか当たらない。
呪文が使えないので、スローで守備力を下げたりとかもできません。
頼りにしていたゾンビワーカーも、イマイチ働いてくれないようです。
とにかく護りを固めたら、あとは少しずつでもダメージを与えていくしかないですね。
回復に関しては、ミンツのアイテム3連発スキルでカバーしています。

11ターン目ですが、まだ中盤戦くらいです(汗)。
隊列を乱された上にチュップを連れ去られてしまいました。
まあ、チュップ本人はそれ程戦力にもなっていなかったんですけどね。
ただ、召喚モンスターに対するケアができなくなったのが痛い。
この後すぐ、ゾンビワーカーはスタコラサと戦線離脱。
幸いパジリスクを捕獲していたので、チュップ不在ながらも新たにバトルに参加してくれました。
ちなみに隊列ですが、先生が笛を吹けないので直せませんよね?
瞬間的にバーゴが攻撃に参加できなくなったのですが、何かの拍子に前衛に出てくれてラッキー♪

さらに数ターン経過しています。
この間に子分のタコにポポログが連れ去られ、それを倒してまた復帰とかありました。
ちなみにこの時も、親分の後ろにもう一匹新手の子分がいたりします。
親分は召喚モンスターのパジリスクに1000ダメージとか、冷や汗もののバトルが続きます。
それでも、敵のHPも残りわずかになっていました。
連れ去られたままのチュップですが、HPの表示という大きな仕事をし続けてくれていたようです。
長かったバトルですが、終わりの時は確実に近づいていたのでした。

撃破〜。
3枚目の画像の直後でしたでしょうか、どうにかこうにか親分を倒すことができました。
それと同時にチュップも復帰。
そして後ろにいた子分を蹴散らして勝ちが確定しました。
バトル後の経験値ですが先生が3万オーバー、バーゴも2万。
サブを付けている4人は1万ちょっとくらいでした。
呪文が使えない状態での強敵とのバトルでしたが、どうにか乗り切ることができました。

(c)2012 KADOKAWA GAMES/Experience inc.