冒険者の日記・13年5月その2

戻る


5月31日
*7個目!*
5月ラストのPSP円卓の生徒です。

最後のクランの欠片を探してあっちこっち寄り道していたら、アーレンティールにてイスリージュの反応が。
不死身のカロンへの対応策ですが、ミンツに何か考えがあるらしい。
こういうのはもう、ハカセ君(笑)にお任せですね。
アーレンティールからはモルロックの森と祭壇の島イーンシリンへ行けます。
そのうち、カロンがいるのはどうやら島のようです。
クランの欠片捜索は置いといて、まずはカロンとの決着を付けてしまいますか。

カロンとの決着の前に、ヤツの潜伏先を探さなければなりません。
島の入り口付近にある転移装置を使えば、地下の各階層へ瞬時に移動できるので楽ですね。
でもさ・・・
この祭壇の地下って、水で遮られて進入できない場所がかなりあったんですよ。
なので先生とチュップの二人旅で、水上を歩き回って怪しい場所を調べてみました。
すると、最下層の一郭に未踏のエリアがあることが確認できました。
が・・・
そこへ行くためには浮遊していることの他に、エルサを連れて行かなければならないようです。
でもエルサを連れて行くと浮遊できない。
だからって、浮遊のためにエルサを外したらそこへは入れない。
ダメですね(笑)。
この未踏エリアのことは覚えておいて、他を当たりましょう。
で、今度は転移装置を使わずに徒歩で地下へ。
すると、地下1階にてイスリージュの反応が。
そしてもうひとつ。

どちらかと言えばこちらが本命でしたね、宝物庫にてクランの欠片を発見します。
鍵で封じられた扉があったのをすっかり忘れてました。
これでクランの欠片が7個揃いました。
でもさ・・・
始めのほうに見つけた3個くらいは、何処で入手したかの記憶がないんですけど(笑)。

クランの欠片を見つけたら、ついでに(アレ?)カロンも倒してしまいます。
あらかじめ仕込んでいたミンツの秘薬の効果で、カロンの不死状態は解除。
こうなればしめたもので、簡単に蹴散らしてミッションクリアです。
イスリージュを手に入れたポポログの願いは「家族が欲しい」というものでした。
しかし、イスリージュに願っても特に何も起こらない・・・
何故なら、その願いはもう叶っているから、とのこと。
ポポログにとっては、もう円卓一行が家族なんですね。
という、ちょっぴりハートウォーミングなお話しでした。

5月29日
*先生とチュップの二人旅*
PSP円卓やってます。
まずはこの画像からどうぞ。

エルグ先生、めでたくレベルアップしてレベル28になりました。
その際、シュバリエールというスキルを習得したんですな。
名前だけだとなんのこっちゃ? なスキルですよね。
実はコレ、常時浮遊するというもので、罠の回避はもちろん命中や回避もアップするようです。
そして、足場のない奈落地帯にも堂々と進入できる優れものだったりします。
気になるポイントがいくつかあったので、早速調査に出掛けたいと思います。
が・・・
先生だけ浮遊していても、他のメンバーが浮遊していなければ奈落地帯には進めません。
かと言って、先生ひとりでは出撃禁止でしたから。
他にこのスキルを習得できるのは、新たな能力を覚醒させたルーミのみ。
でも習得までにはまだ時間が掛かりそう。
そんな状況の中、白羽の矢が立ったのがチュップでした。
フェアリーなら、スキルとか関係なしに始終浮いていられますからね。

そんなこんなありまして、先生とチュップの二人旅が始まりました。
まずは気になっていたここから、城砦のとある場所です。
目の前に宝箱があるのですが、どうしても辿り着けなかったんですよ。
しかし浮遊状態なら問題ないですね。
スイスイと進んで宝箱を開けることができました。
実を言いますと、この宝箱の中に例のクランの欠片が入っているんじゃないかと思っていたんですよ。
でも実際は他のアイテムでした。
まあ、そのアイテム自体もかなり重要なものだとは思いますが。
お次はドワーフの坑道の隠しエリアです。
昨日のリドル扉の先、特に何もないかと思われた場所です。
浮遊して奈落を突破してみたら、その先には鏡の転移装置が・・・
その鏡を抜けると出たのは、このエリアの中央部。
狭い範囲にトラップポイントが三つもあって、いわば稼ぎ場のような感じでしょうか。
しかし、だ。
先生とチュップの二人だけでは、高レベルのゴーレムとかまったく太刀打ちできませんから・・・
アイテムとか、何かしらの方法でメンバー全員を浮遊状態にしてからじゃないとですね。

二人旅は一区切りにして、ちょっくら攻略を進めます。
コイツは以前ボコられた鳥男君、名前はエルダーワイバーンですか。
前にコレと戦った時や、先日のモラミッタと戦った時もですけどね。
オーマの波動に対応することに気を取られてしまい、不死鳥のベールを使うのをすっかり忘れていたような・・・
なので今回は、まず不死鳥のベールからユニオンを発動させることにしました。
2ターン目でオーマの波動を弾く円卓の絆を発動させようと思っていたんですけどね。
5ターン目くらいまでうっかり忘れていたのはナイショでお願いします。
まあ無事だったから、それは良しとしましょう。
で、この画像ですが、隊列を乱されてもそれを直せるスペルがあったんですな。
どうやらレベル20で習得していたようです。
この前モラミッタと戦った時には、もう習得していたんじゃないかなあ・・・(汗)
それはさて置き。
今回は脱落者も出さずに鳥男の撃破に成功して、クランの欠片をゲット。
これで6個目、最後の1個は何処だ?

5月28日
*神様の名前 分かりました〜*
PSP円卓の生徒です。
魔王の待つ塔への突撃は置いときまして、やり残している課題をこなしていきます。
まず気になるのが、リドルが解けずに開かない扉です。
問題は「我らが神祖の名を答えよ」というものでした。
が、これがどうにも分かりません。

そんな時、ソウルランクがアップしたチュップがこの世界の神様について説明してくれました。
なのでそれを参考に、ドラゴンや精霊神などの名前や関連する言葉などを入れてみました。
うーん、ダメですよねえ・・・
フェニックスとか、以前から何度か試してたんですけど、やっぱり違うようです。
仕方ないので他を当たりましょう。
何かヒントは無いかなあと、あっちこっち見てみました。
ここで行き付いたのが、先生のステータス画面にある「クエストの確認」の項目。
そこには、これまでこなしてきた各クエストのあらすじが書かれていたりして。
むむ? これは気付いていませんでした。
そのあらすじを読み進めると、「○○の加護」とか「主神○○のみぞ知る」といった記述が。
見つけたー!
問題の扉のところへ行き、上の「○○」を入力したらビンゴ!
ようやく扉が開きましたぜ。
意気揚々と先へ進みましたが、トラップポイントが一箇所あるのみで他は何もナシ?
もう少し何かあるかと思っていたのですが・・・うーん。

お次はポポログ関連のイベント、水中神殿に逃げ込んだカロン討伐です。
昨日触れた愉快なガイコツ君の話を参考に水流を辿っていくと発見、バトルになりました。

先生、またもカロンに連れ去られる(笑)。
日記を読み返してみましたが、城砦でカロンと戦った時も先生が連れ去られてましたねえ・・・
こうなるとユニオンスキルが使えないのですが、生徒の皆さんは頑張りました。
運良くカロンが眠ったこともあって撃破!
しかし不死身のカロンはまたもトンズラしやがった。
どうやら、何か対策を立てねばならぬようです。

あとは水中神殿のエサ場を潰してしまいましょう。
最後の一箇所が非常に分かり難い場所にあって、行くだけでも難儀しました。

どうにかこうにかトラップポイントを押さえて、すべてを制圧することができました。
するとその場でクランの欠片を発見、ゲットしたんですけどね。
この直後、バーゴが衝撃の一言を発します。
「これも○○様のお導きか」と。
まるで答え合わせでもするかのように、このタイミングで神様の名前を口にしたものですから。
これには苦笑するしかありませんでした。
もしもしバーゴさん、先生は早くそれを教えて欲しかったんですけど・・・ねえ(笑)。
ところでクランの欠片ですが、これまでに全7個中5個を入手しているようです。
あそこにひとつあることは分かっているので、場所が分からないのはあと1個ですかねえ。

5月27日
*水中大決戦*
PSP円卓の生徒です。
ドワーフの坑道でのレベル上げを切り上げて、水中神殿の探索に戻ります。

探索を開始して早々にチュップが大物を捕獲しました。
これはチャンスです。
この機を逃さずに、一気に探索を進めてしまいましょう。
途中、愉快なガイコツから話を聞きつつ探索を進めると、例の祭壇に辿り着きました。
どうやら最後のリーアリスを発見したようです。
しかし、そう簡単にはリーアリスを手にすることはできないようで。

パジリスク以上の超大物、サーペントが襲ってきました!
実はこのサーペントには、急流を渡る際にお世話になってきたんですけどね。
しかし今は闇の力に魅せられているようで、バトルに突入です。
水中なので、たとえボス戦でも呪文は使えません。
いつもの不死鳥のベールで護りを固めて、ミンツがアイテムで早めに回復を心がけるのが基本パターン。
バトルでは後手に回らされないことが大事だと、この前のモラミッタ戦で学びました(笑)。
召喚モンスターのパジリスクはHPが1000ちょっとあります。
サーペントがそこを攻撃してくれればありがたいですね。
水棲生物同士の大激突は、さぞや迫力があったことでしょう。
攻撃、護り、召喚モンスターがうまく機能して撃破に成功しています。

しかし、問題はここからでした。
サーペントとのバトル直後、あのオル=ピロスが現れます。
バトルにこそならなかったものの、意味深な言葉を投げ掛けるピロス。
この後、100年前の光の騎士たちの敗北の真実が明かされます。
まあなんだ、光の騎士も人間だったんだなあ、と。
そしてピロスが去ると、ロンドエールでは精霊神フェニックスが復活したとかで大騒ぎに。
どうやら最終決戦が近いようですが・・・
慌てて突撃せずに、やり残している課題などを丁寧にこなしていこうかと思います。

5月25日
*村正を我が手に*
PSP円卓の生徒です。
昨日はルーミのイベントでしたが、今日はマイですね。
以前訪れた魔の森を再訪してみたら、例の折れた村正が反応しました。
どうやらここにマイの仇となるモラミッタが潜んでいるようです。
雑魚は適当に蹴散らしつつオークの砦まで探索を進めると、モラミッタを発見します。
鳥の足×10を持って来いという、訳の分からない取引を経てバトルに突入です!

遠い異国の地で主の仇を目の前にし、気合の入るマイさんです。
その時、折れたはずの村正が元の姿に復活しました。
おおっ?
思わぬ展開に、私も気合が入りましたよ。

早速マイに村正を装備させます。
これで勝ったも同然・・・かと思っていましたが、世の中そんなに甘くないんだ。
村正の一刀をはじめ、なかなか攻撃が当たらないんだな、これが。
そうか、相手はかつて村正を折っているくらいですから・・・
実際のところ、村正の能力値を見てみると何だか微妙なんですよねえ。

やがて盾役のルーミがやられると、あとはもうボロボロでした。
隊列を乱されて後ろに下げられた先生は攻撃が届かない。
弓を装備しているサウルも、アローバリアの呪文に阻まれて攻撃不可。
呪文も封じられて対応が間に合わない。
もうやけくそでマイに修羅を発動させてみましたが、まったく通用しませんでした。
一瞬で攻撃を斬り返されて、そのままマイも脱落。
更にはポポログも連れ去られては、もうどうにもなりませんな。
オーマの波動こそどうにか退けているものの、これはダメだな〜と諦めムード。
でもね?

最後に残った先生ひとりが踏ん張って、どうにか倒すことができたようです。
うーん、こんなんで良いんでしょうか?
ちなみに村正は、バトル後に再び折れてしまいましたとさ。
何だか釈然としませんが、これにてマイの敵討ちイベントも終了ですね。
って、そう言えば・・・
水中神殿でモラミッタの罠を疑ったりもしましたが、それも杞憂に終わったのかな?

その後はドワーフの坑道の隠しエリアでレベル上げ。
アイアンゴーレムとアースウィスプ×3相手に10ターンも掛かっているようでは・・・
宝箱を持ってトンズラされると、ムチャクチャ悔しいんですよねえ。

5月24日
*何か忘れてないか?*
PSP円卓の生徒です。
サウルのイベントを攻略する過程で、ルーミの求めていた聖剣をゲットしました。
ルーミのソウルランクも7になり、イザ聖剣を抜こうとしたのですが・・・
というところまでお話ししたかと思います。
なのですが、この聖剣を抜いてしまうとドラゴンが現れる・・・らしいのです。
理由は聞かないでください、私もよく分からないんですから(笑)。
なのでここは慎重に、事前のセーブやらなんやらを済ませてしまいます。
さあ、準備ができたらいよいよ聖剣を抜きますぜ。

と言うわけで、ルーミが聖剣を抜いたら本当にドラゴンが現れてしまいました。
このドラゴン、以前もちょっと登場したドラゴンの神様だよなあ(汗)。
オーマの波動は無いにしても、まずはしっかりと護りを固めます。
いつもの不死鳥のベールとルーミのディポーションに加えて、エルサにマジックウォールを使わせてみました。
効果は1ターンのみとのことですが、開幕直後の痛い一発とかを防げるだけでも御の字でしょう。
幸いと言いますか、護りがうまく機能してドラゴンの攻撃もどうにか凌ぐことができました。
数ターン後、攻撃陣がある程度ダメージを与えたところで、ドラゴンはこちらの実力を認めて去っていきました。
そして。

ルーミが新たな能力に覚醒し、それと同時に衣装も白を基調としたものに変わりました。
まあアレです、かなり胸元が強調されたデザインですよね。

もちろんデフォルメ絵のほうもチェンジです。
ウェディングドレスみたいでカワイイですね。
クラス名ですが、今までは単に「パラディン」だったのですが「Cパラディン」となりました。
「C」については、ひとつ上の画像参照です(笑)。

そして聖剣ですが、これだけのハイスペックだったりします。
単に攻撃力なら他にも強力な得物があるのですが、特殊効果の類が素晴らしいですね。
片手剣なので、同時に盾を装備できるのも大きいかな。
ところで、です。
このイベントに関しては、ちょっとした裏話があるんですよ。
前回のフューミの村を探索した際、途中で道具袋が満杯になってしまいました。
その状態で聖剣を発見したら、聖剣は倉庫へ送られたんですね。
なのに、聖剣を倉庫から取り出すのを忘れたままイベントが始まっちゃって・・・
や、ドラゴンとのバトルが始まったぐらいでそのことに気付いたんですけどね。
ルーミ本人はもちろん、誰も何も言わないのでまあ良いかなって(笑)。
そのままスルーしてました。
結局、聖剣を倉庫に置き忘れたままイベントをクリア。
いやはやなんとも。
聖剣に関するイベントなのに、肝心の聖剣を倉庫に忘れた状態でクリアできるとは・・・
これはまさかでしたねえ。

5月23日
*父カイル*
PSP円卓の生徒です。
引き続き水中探索も悪くなさそうですが、少し戻ることにします。
まず向かったのがエセルガルドの城砦。
礼拝所だったかな、開かずの扉があったんですよ。
でも究極の鍵が手に入ったので、ひょっとしたら開くかもしれません。
で、実際に行ってみたら問題の扉が開きました。
その奥にいたのは・・・

こんな鳥人間的なヤツでした(汗)。
魔王の配下とか言ってたでしょうか、ムチャクチャ強かったのだけは覚えています。
マイに続いてルーミにもクリティカル、そしてその後もバタバタと・・・
ここ、後回しにしよう(汗)。

次に向かったのがフューミの村、このゲームのスタート地点ですね。
サウルの父親に関するイベントがあるらしいので、行ってみましょう。
そこで久しぶりに遭遇したのが、あのムカブでした。
浮遊して谷を渡ったり、チョコレートを見て大はしゃぎしたりとかありつつ、谷の奥まで探索していきます。
そして発見した一振りの剣と、父のメッセージの書かれた手紙。

両親についての真実を知ったサウルは、一人前の騎士を目指すべく決意を新たにするのでした。
って、イマイチ面白みのない日記でしたね(汗)。
なのですが、この時に発見した剣が問題でして。
実はこの剣、ルーミが探し求めていた聖剣なんですな。
幸い、この直後にルーミのソウルランクが7に上がって、剣を手にする資格は得たようです。
じゃあ、その剣をいつ抜くか?
今でしょう・・・じゃなくて、ちょっと準備してからにしましょう。

5月22日
*おバカにな先生でゴメンナサイ*
PSP円卓の生徒ですよ。
どんな魔法で施錠された扉も開けてしまうという究極の鍵を作るべく、ミンツの研究を頼ります。
それによると、材料として城砦で入手した死者の鍵と、ムーンストーンという宝石が必要とのこと。
鍵のほうは既に持っているので問題ナシ。
そしてムーンストーンですが、ドワーフの坑道の隠されたエリアで入手できるとのこと。
ミストアイルから直接乗り込めるので、早速行ってみましょう。

このエリアはそれ程広くはないようです。
が、このようなリドルのある扉が二箇所ありました。
うち一つはどうにかクリアすることができました。
扉の先で、クランの欠片という重要アイテムをゲットしています。
ですが問題がこちらの扉でして・・・
うーん・・・
これ、円卓の世界の人々にとっては、常識問題なんだろうなあと思います。
我々の世界で言えば、キリスト教はイエスで仏教ならブッダとか、そんな感じですよね。
これがエルミなら、寺院の偉い人が神様について延々講釈してくれたんですけどねえ。
円卓の世界では、誰に話を聞きに行けば教えてもらえるんでしょうか?(笑)
きっと生徒の皆さんも、先生のおバカさ加減に呆れていることかと思います。
先生に呆れると言えば、これもそう。

トラップポイントにて遭遇したアイアンゴーレムですが、一発で先生を殴り倒してくれました〜(泣)。
や、イベントバトルとかじゃないので油断してました。
バーゴとルーミもかなりのダメージを負っているのは、後ろにいるアースウィスプの仕業ですね。
えーと・・・
そんなこんなで、事前にセーブしていたところからのやり直しということでひとつ(謝)。
そうそう、肝心のムーンストーンですが、適当に歩いていたら発見しちゃいました。

さて。
鍵を作る材料は揃いましたが、ミンツ曰く「それを製錬するためのエネルギーが必要」とのこと。
空飛ぶ城ロンドエールがどんな動力を使っているか分かりませんが、それでは足りないようです。
そこで、海の底に生息するモーマンというモンスター×3の放つ電撃が必要なんだってさ。
指定されたポイントへ出向き、エサとなる酒類を仕掛けて待つと、件のモーマンが現れました。
ミンツ曰く「相手が電撃を放つまで死んでも倒すな」だってさ(笑)。

相手を倒せない以上、こちらは護りを固めて耐えるしかありません。
ユニオンの不死鳥のベールと、ルーミのディポーションで備えます。
水中では呪文が使えないので、回復はミンツのアイテム2個を一気に使うスキルで。
そのまま数ターンが経過するとモーマンが電撃を放って鍵が完成、これにてミッションクリアですね。

オマケですが、この付近のトラップポイントにて、ウォーターウィスプ×3に遭遇しました。
が、こちらもボコボコにされてしまいました〜(泣)。
ちょっと殴られただけで、先生やルーミを持って行かれるのが痛過ぎました。
どのくらい痛かったかと言うと、あまりの事態に画像を撮るのも忘れていたくらいですね。
その後も何度かやり直してみました。
不死鳥のベール+ミスリルシールド付きのルーミのディポーションで、ガッチガチに護りを固めてどうにか倒せましたけどね。
ですがまあ、ちょっとレベル不足な感じは否めません。
少し戻ってレベル上げを入れつつ、回収できそうなイベントに取り組むことにしますかね。

5月21日
*円卓一行の初体験 水の世界*
週末は多忙で更新できませんでしたが、PSP円卓再開です。
ドワーフの坑道を抜けて辿り着いたのはミストアイル。
一面雪と氷に覆われた村でして、魔王の手から逃れたドワーフたちの隠れ里といったところかと思います。
代表のオッサンとすったもんだありまして、どうにか協力を取り付けることができました。
が。
肝心のリーアリスは沖合の海底にある水中神殿に隠してあるのだとか。
円卓一行、氷の世界ならぬ水の世界の探索に挑むことになりました。
気になる水中での呼吸については、先日モラミッタから作ってもらったアイテムで問題ナシ。
何だか都合が良すぎる気がするのですが、何か罠を疑うべきでしょうか?
それとも、ただ単にシナリオが甘いだけだったり?(笑)
そんなことよりも、もっと重大な問題が。

クロブラ経験者なら「あーあ」ですよね。
チームラ名物、水中では一切呪文が使えませんから。
なので、メンバーの選択にはより慎重にならなければなりませんね。
本当はね、しばらく留守番をしていたロロンとエルサを連れて行こうと思っていたんですけどねえ。
その二人よりも、アイテムの扱いに長けたミンツと、召喚モンスターを手駒にできるチュップのほうが良いでしょう。
前衛は、水が苦手なバーゴを外してルーミとマイで。
問題が四番手なんですけどね。

まるで狙ったかのようにこんな選択肢があったので、盛大に吹きました(笑)。
や、今回はサウルを連れて行くつもりだったんですよ。
でも、水中ダンジョンにポポログが探している宝石があるらしいのだそうな。
また二度手間とかは勘弁ということで、ポポログを連れていきます。
結局、先生・ルーミ・マイ・ポポログ・ミンツ・チュップのパーティ。
あれ?
ドワーフの坑道を探索したメンバーから、バーゴとルーミを入れ替えただけですね。

準備ができたら出撃です。
極寒の海へ飛び込むとか、考えただけで身震いがしますね。
水中では呪文が使えない他、ミニマップが表示されません。
一応大きなマップは見られるのですが、現在地が表示されないのが困りもの。
魔水晶というアイテムを使えばミニマップを表示できるのですが、商店の在庫にも限りがありますからねえ。
バトルは取りあえずアタックかスキル攻撃、ゲージが貯まればユニオンの突撃をかまします。
別に呪文が使えても使えなくても、やってることは変わりないような?
トラップポイントですが、地図を見てもおススメのエサが分かりません。
が、出撃時のヒント画面で酒類が良さそうです。
幸い、商店にビールの材料の麦汁が在庫無限で売られていましたので、これを使っていきましょう。
宝石を仕掛けて谷を渡る(その理由は割愛)ポイントをチェックしつつ、とある扉を発見しました。
どうやらこの扉は魔法で厳重に施錠されているようで。
それを開けるカギについて、ミンツに心当たりがあるらしいのですが・・・

5月18日
*MVPはキミだ!*
PSP円卓の生徒ですよ。
昨日端折ったミスリルの像の話題です。
実はこれ、バーゴの弟の魂が宿ったモノ・・・で良いのかな?
とにかくそんな感じです。
ドワーフの洞窟全域に光を取り戻す=すべてのエサ場を潰すことで動き出す仕掛けですね。
昇降機で移動できる階層のうち、一番上の聖暦と二番目の魔暦は歩き終わっています。
そして最下層の神暦ですが、ここはドラゴンに襲われて吊り橋から飛び降りた時の着地点でした。
広さはそれ程でもなく、簡単にエサ場二箇所を潰して終わりです。
そんなこんなでバトルです!

ミスリルの像はミスリルゴーレムとして暴れ出しました。
こうなるともう止めるのは不可能のようで、叩き壊すしかありません。
ダンジョンに出掛ける際の画面で「弱点はないが動きは遅い」とあったのは、コイツについてだったんですね。
うん、見るからにそんな感じです。
オーマの波動は使ってこないと思うので、取りあえず護りを固めておきましょう。
ユニオンスキルの不死鳥のベールを発動させておきます。
ミンツ君がこちらの守備力アップ、チュップが敵の守備力ダウン。
他のメンバーはとにかく攻撃。
まあ、イベントバトルはだいたいこんな感じです。

これはまだ1ターン目、バトルスタート直後です。
ミスリルゴーレムの攻撃から身体を張ってミンツを護ったのは、召喚モンスター枠にいるコボルト君でした。
危なかった〜(汗)。
もしも真っ先にミンツがやられていたら、その後の守備力アップや回復などが厳しくなっていたはず。
それを未然に防いだのですから、これはお手柄でした。
この編成では盾役がいませんから、そこをカバーしてくれたのは大きかったですね。
以下は特に問題もなく、勝ちを貰うことができました。
このバトルのMVPは、言うまでもなくコボルト君でした。
バトル後、ミスリルゴーレムの破片が鏡となって、一種の転移装置として機能し始めます。
取りあえず鏡を抜けると不思議の国・・・
じゃなくて、ドワーフの洞窟内の別の場所でした。
そこから外へ出てみると・・・

辺り一面、雪と氷に覆われた世界が広がっていました。
と言うわけで次回「円卓一行の初体験 氷の世界」と題してお送りします(笑)。

5月17日
*円卓ストーリーは突然に*
PSP円卓の生徒です。
昇降機が解禁になったので、早速利用することにしましょう。
移動できるのは3階層で「聖暦」・「魔暦」・「神暦」となっています。
このうち、今まで歩いていた地下1階的な部分が「聖暦」です。
なので、ひとつ下の「魔暦」へ乗り込みましょう。

バーゴの甘いものは嫌いだエピソードを挟みつつ。
探索していると突然、艶めかしい魔物と遭遇しました。
いわゆる、とっても大きなお姉さんというやつです。
この魔物の名前はモラミッタというのですが、とにかく大きいですね。
何やかんやでバトルになるのですが、例によって絆で魅了攻撃を弾き返してしまいますよ。
ある程度バトルが進むと、モラミッタは突然に態度を変えてきます。
そして、何故か「窒息しない肺を三つ持ってこい」的な話になっていくんだな。
(中略)
ブツを集めて持って行くと、「海竜の空気袋」というものに作り替えてくれました。
その後姿を消してしまうんですよね。
彼女の態度は、敵なんだか味方なんだかよく分かりませんでしたなあ・・・

モラミッタが姿を消した、その直後のことでした。
ミンツ君が突然「魔法の絨毯」とか言い出したので吹きました(笑)。
いやいやいや、いくらなんでも突然すぎるだろ。
もうちょっと伏線張るとか事前の準備があっても、ねえ。
それはさて置き。
この魔法の絨毯、ドワーフの洞窟内でしか使えないようです。
足場のない奈落地点でも進入できるのは嬉しいですね。
取りあえずミスリルの像(これについては後日)周辺の宝箱×3を回収しておきました。

帰還後、思いつめた様子のマイさんと面談することに。
すると、あのモラミッタが主君の仇という話になります。
そしてまさに突然ですよ、先生の目の前に妖刀村正が出てきました。
って、おいおいおい、マイさん村正持ってたんですかい!?(汗)
とまあ、これはかなり驚きましたけどね。
実はこの村正、マイさんの主とモラミッタが戦った時に折れてしまったようです。
そしてその時の怨念から、モラミッタの気配に反応して・・・(以下略)
そんなこんなありまして、マイさんから折れた村正を預かることになりましたとさ。
と言うか、村正も折れるんですねえ・・・

んー・・・
今回は(も?)ストーリー展開が突然すぎて、正直付いて行くのがやっとでした。
日記のほうもモノスゴク端折ってますので、何だかよく分からない感じになってます。
いやはや申し訳ない。

5月16日
*昇降機開通です*
5月後半もPSP円卓の生徒です。
引き続きの引き続きでドワーフの坑道の探索です。
闇玉扉のショートカットがオープンになったので、一気に奥へ進みます。

道中のトラップポイントにて。
エサには上等な獣肉がおススメとありましたが、生憎手持ちにありませんでした。
そこで、ミンツ君のスキルでその場で素材を調合してしまいます。
おー、イチイチ帰還しなくても良いので、これはなかなか便利ですね。
さすが、デキる男は違うものです。
ミンツ君も基本的なヒーラースペルを習得してきて、安心して治療回復を任せられるようになりました。
やがて、バーゴの弟君と遭遇します。
ここは悲しみを乗り越えてバトるしか!

あー。
本当に運悪く、マイさんが殴り倒されてしまいました〜。
盾役のルーミがいなかったからなあ。
このバトルに関しては、他にも画像をたくさん撮っていたんですけどねえ・・・
先生が激しく熱唱したりとか。
円卓の絆でオーマの波動を弾き返したりとか。
誰かの(笑)スキル攻撃で大ダメージを与えたりとかですね。
そんなこんなありましたが、マイさんがやられた以外は問題なく撃破に成功しています。
バトル後はミスリルハンマーをゲット。
そしてバーゴのソウルランクキャップも外れて7になりました。

さて、この後がまた怒涛の展開でして。
せっかく祭壇まで辿り着いたのに、肝心のリーアリスが見つからなかったり。
引き返そうとしたらドラゴンに襲われたり。
ドラゴンから逃げるために、一か八かで吊り橋から飛び降りたりもしましたねえ。

で、飛び降りた先で昇降機を発見しました。
エレベーター完備とは、さすがドワーフ謹製の洞窟は違います。
これで移動できる範囲が増えたと思いますので、また探索を進めることにしましょう。

(c)2012 KADOKAWA GAMES/Experience inc.